デイダラボッチの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トレラン益子2014−続編その1ー

<<   作成日時 : 2014/12/19 15:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

【トレラン益子2014−続編その1ー】

『益子いくべ会』という山の会が、
『トレラン益子2014』を実行委員会形式の元成功裏に終えることができた
のは、上大羽自治会・寺や神社や地主さん・地元の識者・後援団体・
協賛各社・そして山を愛する登山者やトレイルランナーの絶大な協力が
あってのことでした。
ー続編その1−を認める前に先ずもってお礼申し上げます。

「ご支援とご協力、どうもありがとうございました!」

さて、それぞれの配置場所から相当数の写真を寄せてもらいました。
進行状況を順に追っていけば怠惰に流れるのは覚悟の上で、
1枚1枚丁寧に張り付けていきます。
その中から大会の雰囲気を感じ取ってもらえれば、と思っています。

画像
6:30頃の会場。山間ゆえに会場はまだ目覚めきっていませんね

画像
まだ閑散としたスタート地点。地面はちょっと凍てていたりして

画像
7:30頃の会場。盛り上がってきました

画像
同上

画像
横断幕を作ってくれた2人

画像
スタッフ.。混みあわないうちにパチリ

画像
この大会用に作った『益子いくべ会』のスタッフベスト

画像
腕章をつけているスタッフは救護班です。9ヶ所設けました

画像
8時少し前に、スタッフの作業内容を説明したり確認したり。8時にはそれぞれの配置に散っていきました

画像
受付の様子です

画像
雨巻茶屋がセッティングしてくれた音響装置

画像
宝篋山の仲間の姿が見えました

画像
最高齢出走者のSさん。「嬉しくもあり恥ずかしくもあり」だそうです

画像
受付の人たちは、靴の下にダンボールを敷いてる。冷える中御苦労様!

画像
親水公園駐車場の様子。大きな駐車場がないのでアチコチ分散して停めてもらいました

画像
地元・上大羽自治会の『こぶし会』と『ひまわり会』がおもてなし役を担ってくれました

画像
協賛していただいたミナト製薬様・HOKA様・アルトラ様のブース

画像
益子町長・大塚朋之氏と日本女子トップクラスのゲストランナー・上宮逸子様

画像
町長の左奥は、町長の弟で(株)もえぎ様の社長。入賞者10人に益子焼を提供してくれました

画像
ゲストの挨拶

画像
町長の挨拶:「ここ雨巻山、上大羽地区は益子町のパワースポットです。走るとどんどん元気になります。皆さんがんばってください」(12/19のよみうりタイムスより)

画像
間際になって消防署が点検に

画像
報道陣

画像
大塚町長の号砲一発で『トレラン益子2014』スタート!

画像
トップ集団

画像
スタート直後

画像
最終でゆっくりスタート

画像
大川戸の雪解橋付近。楽な車道はここまでで、ここから板橋林道(砂利道の登り坂)を経て山道に入っていきます

画像
同上

画像
同上

画像
同上

画像
CP2(ゼッケンチェック)の板橋林道を駆けるランナー。全員は紹介し切れないのでランダムです

画像
同上

画像
同上

画像
同上

画像
同上

画像
同上

画像
同上

画像
同上

画像
同上

画像
同上。スウィーパー

画像
CP1の綱神社鳥居。スタッフと応援の方々

画像
同上とランナー

画像
板橋林道の頂点から山道を緩く下って町道へ。町道を400mほど走ってから鳥居をくぐり、綱&大倉神社の参道を

画像
神域である参道を走らせてもらいます


12/14の『下野新聞』と12/19の『よみうりタイムス』に、
この大会が詳しく紹介されています。

ー続編その2ーへ(少々お待ちください)




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
トレラン益子は期待以上に大成功でしたね〜!!しかし、第一回目がこんなにスムーズにいくとは・・・嬉しい限りです\(^o^)/
私はタイタニック岩の担当だったので、開会式や会場の様子がわからずでしたが、このブログで状況が良くわかりました。ランナーの表情が良いし、多くの関係者の協力があって大成功となったことも実感として伝わりました。いくべ会の一大イベントとして継続してOKだと思います
ハッちゃん
2014/12/19 18:17
トレラン益子2014大成功です。
参加者も、スタッフも、地元の皆さんも笑顔、笑顔でしたね。
当日の朝の寒さは神栖市とは雲泥の差でした。
二次回、三次会に出席できず残念でした。
前もって連絡くれれば準備して来たのに。
来年は参加者倍増ですね。
和子&徹也
2014/12/19 19:08
ハツちゃん、こんばんは。
ちょっとは時化るだろうと思っていたけど、
漕ぎだしてみたら嬉しいことにべた凪だった。
実は今日、視察に来ていた那珂川町のお2人が
やって来て、私たちの豆知識を吸い取って帰っ
ていきました。私たちにとってさえ初物ずくめ
なのに「大事なノウハウ」として扱ってもらい
ました。そのうち那珂川町へもお手伝いに出か
けることになるでしょう。『トレラン益子』、
「ヤル!」と決めた限りは継続しましょう!
デイダラボッチ
2014/12/19 20:55
和子&徹夜さん、今晩は。
遠方からのボランティア、どうもありがとう。
反対の人たちがいるのも事実なので諸手を挙げ
ては喜べないけど、位は許されるかな?
傍目には、山に登る人間とトレイルランナーの
合作だったことが奇異に映ったみたいですね。
この二者は“水と油”と信じられているから。
共存のモデルになれればいいんだけど。

二次会&三次会&ビバークは想定外でした。
来年は徹ちゃんもビバークの準備をお忘れ
なきよう!
デイダラボッチ
2014/12/19 21:22
昨日は、貴重なお時間を頂きありがとうございました。
那珂川町小砂の藤澤です。13日のレースを拝見し、昨日いろいろな事を教えて頂きましたことにより、「日本で最も美しい村」小砂の第一回トレイルランが、また一歩実現に向けて近づいたきがいたします。今後とも、何かとお世話になると思いますが宜しくお願い致します。
Jiff
2014/12/20 12:34
トレラン益子2014 大成功ですね
おめでとうございます 
来年は参加希望したいですが 走れるかな?
雨巻山に今だ登っていませんが 是非年内に登ってみたいです ランナーと登山者 仲良く共存できれば良いが
達成感は皆同じです 自然が好きな人間として共感できれば良いですね
山好きよっちゃん
2014/12/20 14:38
「日本で最も美しい村」小砂の、
第一回トレイルラン大会開催に向けて車輪が動
き始めましたね。スムーズに回転させるために
はまず凸凹を均さなくてはなりませんね。
地味な作業だけどこれこそが大切だと思います。
いつでも応援に駆けつけます。
遠慮なくどうぞ。
デイダラボッチ
2014/12/20 17:08
山好きよっちゃん、こんばんは。
今日は町民雨巻山登山でした。埼玉のトレラン
ランナーも参加していて、帰りには我が家で交
遊を深めていきました。各地での成功事例や失
敗事例を話してもらったので、私たちも大いに
参考になりました。
結論として共存は可能ですね。
雨巻山に来られる時はどうぞ連絡ください。
デイダラボッチ
2014/12/20 17:21
トレラン益子大成功でよかったですね。
ランナーも登山者も皆さん喜んでいましたよ!
微力ながら参加できたことを誇りに思いました。
また賞までいただけるとは嬉しい限りです。
これからも皆さんに楽しく歩いて頂けるよう、
登山道の整備をしていきましょう。
ありがとうございました。
モリ
2014/12/20 20:00
オッ、パソコン直ったね。
初めてにしては上出来だったよね。
登山者の応援はあれどトラブルはなし。
モリちゃんのお蔭で登山道のダメージもなし。
雨巻山という山を共有して共存することは十分
に可能だと感じました。
これからも環境整備に励みましょう!
デイダラボッチ
2014/12/20 20:57
日曜の雨巻山にも、もりちゃんの車が停まっていました。〔きっとどこか気になる登山道を整備しているんだろうなぁ〕と思いながら久々の1人歩きをしました。コツコツ坑を担ぎ上げ、怪我をしないように・登山道が崩れないようにと頑張るもりちゃんには頭が下がります。
まーちゃん
2014/12/21 18:25
まーちゃん、こんばんは。
ホント、モリちゃんには頭が下がります。
私とテルちゃんはイニシャルI7人(セとナ
さんの案内)と一緒に、羽梨神社〜館岸山〜
北山〜難台山〜愛宕山と笠間の山々を巡り、
『悪態まつり』にも顔を出してから帰って
きました。笠間の人間は益子、 益子の人間
は笠間。これもまたアリ!ですね。
デイダラボッチ
2014/12/21 21:52
山本様 先日は大変お世話になりました。すごく苦しくて楽しいレースでした。ラスト、ゴールを見落として公民館あたりまで走ってしまいました!大会もアットホームで良かったです!
つばめツアー 田実
2014/12/22 14:07
田実さん、こんにちは。
らしいですね。ゴールインしてからも真っ直ぐ
駆け抜けていく様を呆気にとられて見ていたよ
うですよ。「何か理由があるんだろう?」と。
救護班のスタッフは「脱水症状で朦朧としてい
たのかもしれない」でした。何はともあれ楽し
んでもらえたようだし、来年のリベンジを画策
しているとの噂も届いてきているので、私たち
はより楽しい大会になるよう努めることにしま
す。本番では駆けられないけど、練習の時は一
緒に駆けてみたいのでまた遊びに来て下さい。
お仲間にもよろしく!
デイダラボッチ
2014/12/22 14:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
トレラン益子2014−続編その1ー デイダラボッチの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる