デイダラボッチの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 笠間の山周回+お知らせ

<<   作成日時 : 2014/12/27 12:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

【12月21日 笠間の山周回+お知らせ】

笠間の山周回、
という成句だけで「フムフムあの辺りかな?」と思い浮かべられるのは、
その地元の方か余程の熟れ者に違いない。
かく言う当事者の私も、
メジャーな難台山・愛宕山以外は見るもの聞くもの初めてのものばかりでした。
そんな山を案内してくれたのはセとナさん。

画像
一旦笠間市(旧岩間町)の愛宕神社Pに集合してから羽梨山神社に移動。メンバーはセとナさん、石川@さん、ちい&カッチン、和子&徹也さん、テルちゃん、私の9人

画像
セとナさんのブログによく登場する羽梨山神社

画像
今年はどこもここもユズの外れ年なのに「オ〜ッ、たわわ!」

画像
羽梨山神社の御神木“相生の杉”。見事!

画像
ちょっと車道を歩いてから入山(ショートカットの“セとナ路”があるようです)

画像
館岸山新ハイキングコースの標識。セとナさんたちの整備のお蔭で快適に歩けます

画像
水場に寄り道。現在は湿地状だけれど、ちょっと手を加えれば素晴らしい水場になること間違いなし

画像
波石。褶曲現象でしょうか?珍しいものを見せてもらいました

画像
歩いてきた道筋には延々と土塁が続き平坦地が見られ、目にも肌にも『館岸城址』を感じます

画像
セとナさんの裏山:館岸山

画像
加賀田山。セとナさんたち地元の人たちにとっては北山だそうです

画像
石川@さんが持参した濃厚な甘酒に水と砂糖を加え加熱。みんなで
「ファフィーッ、美味い!あったまるー!」

画像
古道が山道を分断してます。急な下り急な登り。滑ります。へっぴり腰も仕方なし


ワアワア、キャアキャアと少年少女に戻った9人は快適トレイルを闊歩します。
「ウ〜ン、闊歩するにも疾駆するにも最適なコースだな〜!
道幅はたっぷりあるし、アップダウンも適度だし、距離も十分だし・・・」
いつの間にかトレラン実行委員の目で観察している自分がそこにはいました。

吾国山から難台山への縦走路に飛び出る前に再び古道を横切りました。
長沢集落から山襞を縫って延びるこの道(車は走れないけれど県道認定?)は、
すずらん群生地・長沢集落・道祖神峠と歩いた思い出の道のようでした。

画像
ピークで縦走路と合流した途端雨巻山が目に飛び込みました。そして、
トレイルランナー2人でしかなかった仲間との出会いが一気に増えました

画像
雨巻山と、その奥はたっぷりと雪を頂いた高原山

画像
難台山への縦走路は、防火帯を担っているので幅広いのが特徴。そしてまた急こう配で滑りやすいことでも知られてますね

画像
冬の陽は弱いけれど、風もないので陽だまりハイクそのもの

画像
標高を上げるにしたがって日光連山が姿を現しました

画像
ブナが豊富に見られます。暖地性植物と寒地性植物が仲良く共存してます。
雨巻山に通ずるものがあります


今日のコース中で最も標高の高い難台山に到着。
広い山頂の一角に陣取って、お待ちかね&お楽しみのランチ!ランチ!。

画像
難台山山頂の立派な方位プレート

画像
さあっ、昼飯!昼飯!昼飯!

画像
各自持ち寄った手料理が激しく行き来します。カッチンは“餃子の満州”の
ヤキソバを焼いてます


難台山から愛宕山神社までは下り指向。
とは言っても距離は十分アップダウンも程ほどあって気は抜けません。

画像
難台山を後に一路『悪態まつり』の愛宕山神社を目指します。既に時間的ソゴをきたしていたし悪態の種もないので、名所や景色を楽しみながらマイペース

画像
マイペースは表向きの言葉。食べ過ぎてしまい、お腹を抱えながらの歩みだったのです。屏風岩着

画像
屏風岩からの筑波山方面の景色。「素晴らしい!」

画像
途中『タイタニック岩』の親分のような『獅子ヶ鼻』に立ち寄り、見覚えのある
『団子岩』へ

画像
団子岩峠の案内板

画像
団子岩峠をまたいでからも愛宕山展望塔までは容易くない距離

画像
展望塔から「オッ、会場が見える」と私たち。「そろそろ山頂に向けて登り始めた時間だな〜。間に合うかどうか」とセさん

画像
愛宕神社Pから長い階段を登りつめた愛宕神社の『悪態まつり』会場です。お餅や撒き物をビニール袋に詰めた人たちと激しく交差したので、遅きに失したことは悟ってましが・・・残念!(悪態はつかなくても良いけれど、欲張りだからお餅が欲しかったんだよね)

画像
仲間を褒めぬくことはあっても悪態はつくことのなかった愛宕神社。東京からのバスの来訪があったりして、有名な神社&有名なおまつりなのだと再認識させられました


皆さんからお土産をたくさんいただき、
羽梨神社で再開を約しつつサヨナラしました。
「いい山歩きでした。
若々しくて美男美女ぞろいの皆さん(悪態まつりに逆らって褒め抜きます)、
ありがとうございました!」


【お知らせ1:チューリングましこ25周年記念イベント】

画像
羽梨神社から戻ってすぐに『チューリングましこ』(益子にあるポタリングクラブ)の結成25周年記念式典に参加
画像
会場の様子
画像
女性は歩ちゃん。結成当時は小学生で一緒に走ったこともあります。自転車競技でアジア大会にも出場しています
画像
コンサート
画像
我が母校・真岡高校出身で2014年度年間チャンピオンに輝いた川田優作選手


【お知らせ2と3:雨巻山のサンセット&サンライズ】

長年続けてきたこの2つの行事を大晦日と元日に行います。
この1年の感謝を込めながら日の入りを見送り、
新しい年の幸せを願いながら輝かしい日の出を迎えましょう。
ちなみに、
大晦日の日の入りは16:40頃、
元日の日の出は6:45頃です。
元日には『益子いくべ会』による“お・も・て・な・し”があると思います。
詳しくはー益子いくべ会通信ーをご覧ください。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
デイダラボッチさん、こんばんわ!
笠間と言うよりは岩間の山、お仲間と楽しま
れましたね。私達も難台山はトレーニングで
歩きますが、館岸山や加賀田山は未踏です。
「悪態まつり」の餅は、残念でしたね。

なお、サンセットにはお邪魔させていただく
予定でおりますので、お会いできることを
楽しみにしています。
のんびり夫婦の山遊び
2014/12/27 18:00
デイダラボッチさん、こんばんは。
笠間の山旅、美味しかったじゃない、楽しかった〜。
ついついデイダラボッチさんがトレラン目線や整備目線になっちゃうのも職業病みたいなものですね(笑)
杭から外れてた丸太をチョイチョイって直しちゃったり。
ホント、素敵な仲間との山登りはコデランネ〜
ちい
2014/12/27 21:24
こんばんは。
色々とお世話になりありがとうございました。
楞厳寺から雨巻山・茂木町逆川から雨巻山
どちらも狙っているんですが、中々実現できないでいます。
その内、変な所から雨巻山へお邪魔します。
石川@
2014/12/27 21:31
のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんは。
偏屈な私はこの日を「褒めまくりの日」と決め
本心で褒めまくっていました。この日だけでな
くいつも褒めあっていれば世の中は丸く収まる
んでしょうね。このところ「こんなに幸せで良
いんだろうか?」と首を傾げる山旅とイベント
が続いているのは、「周りの人たちの思いやり
のお蔭に違いない」と感謝しています。
サンセット、お泊りの心構えでお越し下さい。
サンライズもにぎやかになりそうですよ。
デイダラボッチ
2014/12/27 21:41
ちい&カッチン&ロイミー♪ちゃん、
             こんばんは。
うん、笠間の山旅は確かに美味しかった。
楽しかった。愉快だった。コデランネかった。
また『褒めまくりまつり』企画してください。
そうそう、サンセットの場合はシュラフ持参、
サンライズは柿(二日酔い防止)持参でね
デイダラボッチ
2014/12/27 21:58
石川@さん、その節はお世話になりました。
最近あの界隈には水戸の方々が出没していて、
仏ノ山峠から仏頂山や鶏足山を繋いでますね。
このところ私も変な所(桜川と深沢)ばかり
歩いているので、その内バッタリできるよう
期待して藪を選ぶことにします。
デイダラボッチ
2014/12/27 22:16
デイダラボッチさん、こんにちは。
あんなに褒められたらコデランネ〜(笑)
楽しかった〜
あれからセも心して?褒めるようにしているのか?
夕べも「このキムチはうまいな〜」
カスミのキムチだけど嬉しかった〜(笑)
又褒めに来て下さいね!
セとナ
2014/12/28 10:56
セとナさん、こんにちは。
感謝の気持で接していると、カスミのキムチが
手作りキムチなみに美味しくなるんだ〜。多分
ナさんの盛り付けに心がこもっていたからなん
でしょうけどね。ん〜、でもこれは新発見!
『悪態まつり』は年に1回しかないようだけど、
『褒めまくりまつり』ならいつでもできるでし
ょうから、イニシャルIグループでまた企画し
てください。
デイダラボッチ
2014/12/28 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
笠間の山周回+お知らせ デイダラボッチの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる