デイダラボッチの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 性懲りもなく前白根山

<<   作成日時 : 2015/01/19 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

【1月17日 性懲りなくも前白根山】

前白根山に登る計画があることは何処からとなく耳に入れていましたが、
「前白根山は高山や社山とは別次元の山。この指の状態では・・・」
との畏敬と畏怖の念に洗脳されている昨今では心も動かない始末。

なのに16日夕にあった1本の電話で何故か?洗脳が解けました。
何故か?の疑問は何故か?のまま。
「思考回路がショートしたことで洗脳が解け守から攻へと突然切り替わった」
多分そんな単純なことだったかと思ってます。

仕掛け人はラインでつながった春日部支部・土浦支部・笠間支部の面々。
そこにテルちゃんとデイダラボッチが乗っかった、という構図です。
そのような訳で「性懲りもなく前白根山」に向かいました。

画像
山頂到着。私のザックカバーが飛ばされそうな強い風に見舞われています。
気温は風下で−13℃ほど


湯元スキー場の駐車場でたった2台だけが準備していると、
大宮ナンバーの単独の方が滑り込んできて一足早く出発していきました。
5分遅れて私たちも出発。

画像
意気揚々なれど天候は波乱含み

画像
ひたすらゲレンデを上ります

画像
私たち以外に動いているものは圧雪車のみ

画像
黙々と

画像
ようやく登山口間近。ちいちゃんはコダマをリフトに乗せて担保撮影してたっけ

画像
時折雲に窓が開いて青空が。「昼頃には回復するかも?」。一縷の望み

画像
ゲレンデを離れ、一先ずの目標地点である外山分岐を目指します

画像
遮二無二登ります。大宮のご仁のアイゼンだけのトレースを泥棒します

画像
高山や社山と同様積雪量は少な目

画像
なんて言ってるとトラップにはまって身動きが取れなくなります

画像
燃費の悪いイケちゃんの為に燃料補給タイム(通称イケちゃんタイム)を加え
ながら、外山分岐に到着。大宮のご仁はワカンに履き替えて「一足お先に〜」

画像
トレース通りに歩いてもアイゼン組は苦戦してます

画像
苦戦と引き換えに「ウ〜ン、キレイ!」

画像
針葉樹もキレイ

画像
スノーシュー組、ワカン組、アイゼン組と3通りで登ってきましたが、アイゼン組もたまらずワカンに履き替えました

画像
再スタート

そうこうしている内に、
昨冬の日光白根山下山時に道迷いを体験したピークに到着。
みんなでシッカリと地形と特徴と確認ポイントを確かめてからトップ交代〜!

画像
先頭を若手にお願いして前白根山に向かいます。時折烈風

画像
烈風が通り過ぎるとそこにはメルヘンチックな世界が展がっていて・・・

画像
なだらかで特徴のないこのような平では、視界を失った場合を考慮してシンボリックな樹木を頭に叩き込みます

画像
頭上には時たまお日様と青空がお出まし。期待を持たせてくれます

画像
私が勝手に「天狗の遊び場」と呼んでいる絶景ポイントに到着。遠景はなくただモノクロの世界が辺り一面を支配していました

画像
烈風に逆らって前白根山を目指します

画像
立ち止まり、腰を落として烈風をやり過ごします

画像
荒涼とした前白根山頂手前

画像
7時発〜11時30分到着。所要時間4時間30分なり

画像
記念のショット。「ヤッタネ!」「ヤッタネ!」「イエ〜イ!」。でも、鉛色の重い雲に押しつぶされそうになりながら、前白根山特有の咆哮を聞くのみでした

画像
たったの5分で退散

画像
退散中にも時々おとぎの国が

画像
エッサカホイホイ降ります

画像
セッセノセーと降ります

画像
何本かあるシンボルツリーの内の1本

画像
幻夢


画像
天狗平の中ほどにおとなしい風を見つけたので、みんながお待ちかねのランチタイムに突入

画像
風を避けつつ

画像
熱々ではないけど暖かいおでん

画像
熱々ではないけど暖かいチャーハンだっけ?五目御飯だっけ?

画像
尻セードでルンルン降ります

画像
吹き溜まり(雪庇の下部)に雪洞を掘っている4人組が!結局この日に出会った仲間は、1:スキー場上部にテン泊(前白根山ピストン)2:大宮のご仁(左に同じ)3:雪洞の4人(日光白根山狙い)5:テン泊または避難小屋泊のご夫婦(日光白根山狙い)の8人でした

画像
外山分岐付近

画像
ゲレンデ最上部に戻ってきました

画像
駐車場に無事到着。「バンザ〜イ!」


この後白濁した硫黄温泉に1時間ほど浸かって身体の芯まで温め、
除雪作業車を次々にかわしながら家路についたのでした。

“貼るカイロ”と“プレゼントされたミトン”に守られた指は、
痛みはしたものの何とか持ち堪えてくれました。
同行してくれた仲間と、
100%写真を提供してくれた春日部支部と、
雄きな自然に感謝しつつ“公開”をクリックすることにします。









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
デイダラボッチさんコンバンワまたまたお世話になりました。
1月の前白根にまたご一緒できて感無量ですッ
とは言っても無理は禁物ですがまた企みにご一緒して下さい。
ご一緒してくれたみんなにも感謝です。
ありがとうございました。

カッチン
2015/01/19 19:31
みなさん 凄いです〜ね。
何と言っていいか、レベルが違い過ぎます。
この日は等圧線が縦じまなので、風が強そうなので地元の池の周りを2週歩いて足慣らししてました。(約10キロ)
昨日は筑波山の梅林で紅梅、蝋梅を楽しみながら4時間程足慣らしでした。
和子&徹也
2015/01/19 21:08
ちい&カッチン&ロイミー♪ちゃん、今晩は。
高山〜社山〜前白根山と一歩一歩前進してきた
から次に狙うのはやはり盟主日光白根山だね。
グローブを外さなければ「大抵のことは可能」
だと前向きに考えられるようになったので、
少しだけ欲も出てきました。がその前に赤城山
&八ヶ岳&安達太良山をよろしくです。
デイダラボッチ
2015/01/19 21:22
和子&徹也さん、こんばんは。
みんな前向きな考えの持ち主だしそれに見合っ
た根性も持ち合わせているから、益子いくべ会
も安泰です。ところで八ヶ岳に同行とのこと。
私も参加の方向でいるのでよろしくです。
デイダラボッチ
2015/01/19 21:32
御世話になりました。
前白根までの雪山登山でしたが、スキー場のあっせつされ圧雪されたゲレンデ歩きはスノーシューで(人´ з`*)♪   そこから急斜面に、ひいこらひいこら登りは氷点下でも暑くなります。前を歩いてくださった男子ありがとうございます。お陰でへこたれずに頂上に・・・飛ばされそうな強風の中で、写真を撮りすぐに下山。なんとか風の当たらない所でお昼ですが、寒さのあまりささぁっと。尻セード、方向転換できるテクあり等々楽しい下山でした。
温泉で、冷〜たくなった○○がジンマシン、かゆ〜い。手足はジンジン。
でもやっぱり、楽しかったんです。懲りない面々でまた( `・ω・´)ノ ヨロシクーです
まーちゃん
2015/01/19 21:58
こちらこそお世話になりました。
グループ登山は共同作業によって成立するんだ
よね。リーダー任せになりがちなツアーとは大
違いに。そして人数分だけ楽しくなるんだよね。
特に雪山の場合はそう言える。益子いくべ会の
面々はみんな積極的だから尚更で、ブログを書
いたりコメントを入れたりできるようになって
きたのもみんなのお蔭です。ありがとう。
デイダラボッチ
2015/01/19 22:25
おお〜!
指は大丈夫でしたか!?
風が強いと途端に厄介になりますものね。

私も外山分岐までのぶかぶかの雪の急登が
なんだか恋しくなっちゃいました〜。
くに
2015/01/19 22:31
デイダラボッチさんおはようございます。
いやぁ〜またまた楽しかった!
指も機嫌をそこねないで、良い子いい子でよく動いていているようだし
なによりですね(^○^)
白い恋人の本命は顔も出してくれなかったけど、この冬の間にまた会いにいきたいなぁ❤️
ご一緒してくれた皆さんありがとうございます!

イケちゃん
2015/01/20 06:07
くにさん、おはようございます!
対策を怠らなけいこと、絶対に脱がないこと、
を守りさえすれば指は雪山を許してくれます。
今年雪のある山を3回体験して少しずつ自信が
ついてきたので、日光白根山にお礼参り?に出
かけなくちゃ〜!それ以前に、天気と相談して
もう1度前白根山まででもいいかな。ふかふか
雪に恋する乙女さん、出かけてみませんか?
デイダラボッチ
2015/01/20 06:43
イケちゃん、おはよう!
指はどんどん親孝行をいとわなくなってきてる
し、まだ分厚いオーバーミトンのお世話にはな
っていないから、まだまだいけると思う。くに
さんへのコメントにも書いたけど、白い恋人に
逢いに行きたいよね。恋する乙女同士相談して
この年寄奴を誘惑してくださいな。
デイダラボッチ
2015/01/20 06:56
デイダラボッチさんおはようございます。
前白根お世話になりました。それにしても
ブログの早いアップにおどろいています。
指の方は少しは調子が良さそうでホット
しています。高山・社山・前白根と続け
ざまの雪山への復活に大変喜んでいます。
でもあまり無理はせずに、これからも
宜しくお願いします。
そして、一緒に登った楽しい仲間たちへ
感謝・感謝
また一緒に宜しくお願いします。
テル&タカ3
2015/01/20 11:17
デイダラボッチさん  今日は 冬山白根山のブログ拝見しました 思い出します 苦しみながら白根沢を雪をかき分けながらやっと前白根に登った苦しみが懐かしいです 冬山の
虜になった自分です 吹雪で景色が見られず 残念な思い
かな それ以来冬の白根山は登っていません
山好きよっちゃん
2015/01/20 12:17
テルちゃん、こんにちは。
パソコンの前に座ると30分と持たない指が、
大好きな雪山に登っている時は長持ちする。
ということは、指に限らず身体の不調は精神的
要素で左右されている明らかな証拠ですね。
何回か雪山に登っている内に自信らしきものが
ついてきて、ブログも早めに仕上げられるよう
になりました。ただしブログ仲間へのコメント
はご無沙汰が多い状態。心身ともに元通りに戻
るのはもうちょっと時間がいるかな?
デイダラボッチ
2015/01/20 13:09
山好きよっちゃん、こんにちは。
多いと聞いていた今冬の積雪は、高山も社山も
前白根山も少な目。ましてや雪が安定していた
ので白根沢を登ってしまおうかと考えたほど。
景色には恵まれなかったけど、納得のいく山行
ではありました。何せすごくいい仲間なので。
デイダラボッチ
2015/01/20 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
性懲りもなく前白根山 デイダラボッチの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる