デイダラボッチの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 那須・朝日岳白銀彷徨

<<   作成日時 : 2015/01/29 09:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

【1月28日 那須・朝日岳白銀彷徨】 

画像
朝日岳山頂のヤッターマン

「那須岳に登りたいね」
何人かの意見が一致。
「何処がいい?」
「茶臼岳と三本槍岳はこの冬既に登っているから朝日岳だといいな」
「うん、自分たちもバリエーション・ルートでの朝日岳狙いなんだ」

すぐさま計画は仕上がったもののリタイア組と現役組の日程調整は中々に
難しいもので、1月28日(水)はテルちゃんと私とで下見、
2月4日(水)にtokuちゃんを加えた3人で本番に臨むことになりました。

益子5:00発〜大丸P7:05発〜峠の茶屋8:10発〜朝日岳11:00着
11:05発〜峰の茶屋跡11:55着(昼食)12:30発〜大丸13:30着


画像
雪煙が舗装路を駆けまわる大丸駐車場より

画像
同上。ここで雪山完全防備。防備が過ぎてロープウェイ乗り場で一枚
脱ぐ破目になりました。汗をかくのはご法度なのでね

画像
平成24年に再建された鳥居。今回は簡単に潜れそうでしたよ、〇〇ちゃん。此のころは薄日もさしてました

画像
明礬沢に下っている林道跡を利用して進みます。雪の表面は締っていたのでアイゼンのみでも10歩歩いて1回程度の踏み抜き

画像
視界が閉ざされているので勘便りで降りた明礬沢堰堤は一つ下段のものでした。「目的の沢に戻らずこの(沢状の)尾根を登ってみよう!」
「うん、登れそうだね」

画像
広〜い沢状の雪原にジグを切りながら登っていくと、いつしか明瞭な尾根に変わっていきます。踏み抜きもなく快適


この日の那須岳の天気予報は、
“低温(−14℃前後)・強風(西北西15m/s前後)・雷”と芳しくありません。
いくら「氷が好き!雪が好き!」とは言っても、
右手の指に不安を抱える私にとっての低温と強風は大敵中の大敵。
分厚いオーバーミトンを嵌めたままなので、
写真のほとんどはテルちゃんに任せたままです。

画像
とりあえず鬼面山から朝日岳への稜線上にあるコブを目指して登ります。ちょっと見には平易な雪原。でもジグを切らないとキツイ急坂であり、上部の灌木帯(ツツジとハイマツ)は踏み抜き地獄でした

画像
同上。なのに漏れる言葉は「超楽しい〜!」。この未知のルートが年寄りの好奇心と冒険心とを満たして余りあったからです。何は見えずとも

画像
トレース


ここから先は、
望むと望まざるとにかかわらず私の独壇場(どくせんじょう)になります。
目先のもの以外何も見えないのでテルちゃんの写真は必然的に“お尻フェチ”
状態になりますが、どうぞ悪しからず。

画像
登る!

画像
3シーズン振りに装けた冬靴(2.6Kgと重い)が快適。登る!登る!

画像
登る!「踏み跡を辿るのはラクチンラクチン」とテルちゃん。そうそう甘くないよ。大変なポイントになったら若手に交代してもらうからね

画像
四つん這いになって思い切り蹴りこみながら登る!急坂です

画像
岩を巻いて。目的地は決まっていてもブッシュに左右されてしまうので、右に行き左に折れ、一旦降っては登り返しとまるで彷徨です

画像
目的地を確(しか)と見据えて

画像
なだらかな場所を見つけて一休み。朝食抜きだった私が珍しくも先に燃料補給を申し出たからです。とは言ってもオーバーミトンを外しにくい状況だったので、テルちゃんが準備してくれたものを口に入れるだけ

画像
同上

画像
目的のコブ(岩)手前のピーク(隠れたブッシュ)。踏み抜き地獄

画像
ピークに登りつめると、鬼面山から朝日岳に伸びる稜線が目に入りました。風が勢いを増しました

画像
稜線に出ました。風が更に勢いを増しました。左手のコブと聳えている筈の朝日岳に向かいます

画像
目指していたコブが目前に。コブの奥は朝日岳?

画像
肉眼では朝日岳らしき姿がかすかに見えます

画像
岩尾根

画像
両側が切れ落ちた大岩を巻いて進みます。突風注意

画像
稜線に出てしまえば岩尾根伝いで朝日岳山頂、と甘く見ていたきらいがありました。ところがところが稜線上には再びブッシュのトラップが待ち構えていて・・・

画像
膝を使ったり、灌木を脚立代わりにして進みました

画像
立って歩いていてバランスを崩すと危ういので、四つん這い歩行が続きます

画像
山頂直下

画像
同上で風をやり過ごしながらルートを探します。この後私が右手を探っている間にテルちゃんが左手に活路を見出しました

画像
一足先に岩を登りつめたテルちゃんがエールを送ってくれます。一瞬たりとも気を抜けない岩と雪です。前回に経験したツルツルに凍てた氷はほとんどありませんでした

画像
追いつくと「ここからどっち?」「多分左上の方」と言い終わるか終わらない内に、「あれ〜?山頂標識だ〜!」とテルちゃんの喜びの声

画像
3本指のオーバーミトンは何とかシャッターを押せます。ヤッターマンのこの所作から喜びを感じ取ってもらえるでしょうか

画像
朝日岳山頂標識

画像
同上と周囲の形相。私たちはこの裏側から到達しました

画像
不自由な指で何枚か撮りました

画像
感動をありがとう!グッバイ朝日岳


その後朝日岳の肩から夏道を辿り、
雪崩や滑落が危険なトラバース路は剣ヶ峰を越えることでクリアし、
峰の茶屋跡避難小屋に潜り込みました。
室内はー6℃で快適。

画像
この日は2人だけの世界。誰に出あうこともありませんでした


次回2月4日に思いを馳せながら昼食を摂り、
状況にかんがみて茶臼岳はあきらめ峠の茶屋へ降ることに。

風雪ですぐにトレースは消えてしまうので他人に迷惑をかける心配は無用。
と言うより、平日・悪天候ゆえに初めから終わりまで2人だけの世界。
好き放題に雪原や樹林帯を彷徨いながら大丸に戻りつきました。

「ビバ、朝日岳!」

*テルちゃん、同行してくれてありがとう!写真をありがとう!*

画像
赤線が今回のルート。青線が次回に予定しているルート

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
デイタラボッチこんにちは(^o^)
イヤ〜ァ!凄いの一言です。
写真からは極寒 烈風 険しさが伝わって来ました。
この時期は許された者のみが立ち入れるルートなのでしょうね。
2/4は天気にな〜れですね(^o^)

カッチン
2015/01/29 11:10
ちい&カッチン&ロイミー♪ちゃん、今日は。
以前に沢から登っていて周囲の状況は分かって
いたし、地形図も頭に叩き込んであったからル
ート的な不安はなかった。それより何より未知
の世界に対する好奇心と冒険心の方が勝ってい
た。2/4は斜度45度以上距離200mほど
を登ることになるのでワクワク(^○^)
「天気にな〜れ!」それだけを願ってます。
デイダラボッチ
2015/01/29 11:30
デイダラボッチ お世話になりました。
デイダラボッチが一緒だから、どんなルート
からでも挑戦できる安心感。
冬山・雪山の厳しさ素晴らしさを経験し
ますますのめりこみそうです。
まつげを凍らせながら、ブッシュの中で
さんざんはまりながら、それでも楽しい
雪山又ご一緒させて下さい。
雪山最高です!
テル&タカ3
2015/01/29 15:38
デイダラボッチさん、こんばんは。
このルートを歩いている人を下から眺めて
「凄い!」と思っていました。
デイダラボッチさん、テルさん凄いです!
45度、聞いただけで背筋がゾクゾク!
でも石転沢を登ってるのだから問題ないかな。
気をつけて楽しんできて下さいね♪
セとナ
2015/01/29 17:31
デイダラボッチさん テルさん凄いですね〜。
この気温に風で体感温度はマナス30°ですか? 
31日仕事が無くなったので、那須に行こうかとな〜と甘い考えでした。
明日の積雪の状態で筑波山にする事になるかも。
和子&徹也
2015/01/29 17:35
テルちゃん、こんばんは。
イケちゃんタイムとランチタイムでの応接&カ
メラマン役、どうもありがとうございました。
極楽あれば賽の河原も釜の縁もあり。天気に恵
まれなかったのにこれだけ楽しめるんだもの、
雪山は病みつきになるよね〜。
2月1日と4日、天気になあれ!
デイダラボッチ
2015/01/29 19:12
セとナさん、こんばんは。
未知のルートだったけど雪崩などの自然災害の
心配は全くなく、自分自身の安全に気を配れば
済んだので心底楽しかったです。次に予定して
いる沢は急こう配なので降雪直後だと赤信号が
点くけどね。臨機応変雪と戯れてきます。
デイダラボッチ
2015/01/29 19:21
和子&徹也さん、こんばんは。
突風に身体を持っていかれるようなことは何度
かあったけど、気温は予報より高かったので寒
さを耐えるようなことはありませんでした。
避難小屋の中でオーバーミトンを外しただけで
それ以外は手袋4枚+貼るカイロで歩いていた
ので、右手の指も十分持ち堪えました。
31日は降雪直後の純白の那須へどうぞ!
デイダラボッチ
2015/01/29 19:38
デイダラボッチさん、こんばんは。
テルさん共々相変わらず強靭なお身体をお持ちですね!
すごいの一言につき、これだけ雪が深いとかなり体力を消耗するでしょうね。我々みたいな初心者、2月14日からの大丈夫ですかね?(写真を見ているだけでかなりびびってます。(汗))
しんちゃん&ふみちゃん
2015/01/29 20:08
しんちゃん&ふみちゃん、こんばんは。
踏み抜きながら歩いたのは1時間足らず。その
他の時間はアイゼンが有効に働いてくれたよ。
2月14日からのルートもシッカリ圧雪されて
いるので恐れる必要なし。唯一気がかりなのは
天気だけど、こればかりは心配してもね〜。
デイダラボッチ
2015/01/29 21:31
こんばんは⌒o⌒*

朝日攻め!かっこいいーっ!!
こんなルートでトライできる事がとても楽しみです
ルート提示で鬼面山も気になっているところですが沢攻めわくわくです〜!
沢攻めなんて考えてなかったルートですから。。。

そして剣が峰のお地蔵さんに会いたいです。
さすが強風那須!朝日の海老ちゃんもいい感じーっ!

当日、快晴360度満喫那須山堪能の旅になりますよ〜ねがってます。
よろしくお願いしますm(_ _)m

因みにもうひとつの旭もわくわくの所ですよ〜!

toku
2015/01/29 21:42
tokuちゃん、こんばんは。
年寄はソロソロお休みタイム。SWを切る時に
コメントが入っていることに気づきました。
鬼面山・沢攻め・地蔵岩・強風・海老ちゃんと
tokuちゃんは随分欲張りだこと。それらの願い
をみんな叶えるには何度も通わないとね。
旭は確かにカッコイイ!そそられるね〜!
デイダラボッチ
2015/01/29 22:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
那須・朝日岳白銀彷徨 デイダラボッチの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる