デイダラボッチの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スッカン沢と桜沢の氷瀑と氷柱

<<   作成日時 : 2015/02/02 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

【2月1日 スッカン沢と桜沢の氷瀑と氷柱】

『益子いくべ会』の冬山山行第3弾はスッカン沢。
雲竜氷瀑の20人に続き28人のパーティーに膨れあがってしまったので、
急きょバスを仕立てての優雅な山旅を目論みました。
その顛末や如何に?

画像
高原・山の駅に戻る途中の『雷霆(らいてい)ノ滝』にて

参加者28人(益子乗車21人、矢板道の駅乗車7人)と、
万が一の事態に対応するためのドライバー2人を乗せた中型バスは、
黒々とした路面を見せる高原道路をブイ〜ン!ブイ〜ン!と上っていきます。

県民の森分岐を過ぎた辺りからは急激に雪が目立ちだし、
1050mの高原『山の駅』に至ると辺り一面は深々と真綿を被っていました(*'▽')

画像
『山の駅』に青空はあれど風はなし。絶好のスノー・トレッキングになりそう!早速アイゼンを装けて雪と氷に備えます

画像
30pの新雪があり、トレースがあり、スノーモービルの軌跡もあります。色々な楽しみが得られるので時計回りを選択。シュッパ〜ツ!

画像
美・サイレント

画像
“イケちゃんタイム”。これって全国区?

画像
トレースも軌跡もありアイゼン歩行で何ら問題はなし。でもせっかく持参したカンジキを試し履きして歩いてみましょう。何ごと「覚えるより慣れろ!」ですから

画像
「曲がる〜曲〜がるよ雪道は曲がる〜♪」?「曲り道ク〜ネク〜ネ〜♪」?

画像
カンジキ装着で遅れた後続グループが先頭グループを見下ろして「オ〜イ!」

画像
県道を離れていよいよ白一色のスッカン沢へ。ハイ・テンション!

画像
フッカフカのスッカン沢歩道。鼻歌が飛び出そうです

画像
新雪&深雪に包み込まれるシ・ア・ワ・セ

画像
スッカン沢特有の水の色

画像
仁三郎ノ滝付近の氷柱群

画像
展望台からスッカン沢の円形劇場を遠望。初対面の仲間が結構多かったので暫しの歓声と喧騒

画像
スッカン沢の円形劇場に降っていきます

画像
沢の中央で凛として天を突く、名物・スッカン沢の桂の大木

画像
円形劇場の貴賓席は埋まっている(通路を独占して食事を摂っている輩の多いことと言ったら!)ので立見席からです

画像
例年より小規模ながら、雪が載っているのでなかなかに見栄えします

画像
「君子危うきに近寄らず」とか?君子でなくとも遠くから撮ります

画像
別角度から

画像
『雄飛ノ滝』

画像
クラゲ氷柱。燭台に見えたりして・・・


立見席からとは言え、
同席した観客や仲間と一しきり歓声を上げ賛辞を送ったので昼食にします。
ここには雨巻山のような28人が一堂に会せる巨大テーブルはありません。
なので少し進み、
桂の大木を回り込んだ階段下のわずかなスペースを、
分け合い圧し合いしながら(*^-^*)・ランチタイムにしました。

画像
歩道だけを空けて。狭いスペースだとご馳走の回りも早いねっ!

画像
クラゲ氷柱の傍らの階段は落石で壊れていて要注意です

画像
クラゲ氷柱を階段の上から見下ろします

画像
柱状節理の岩と氷柱群

画像
小規模ながら近くから拝むと大迫力で迫ってきます

画像
階段を登り詰めた高台から振り返ると、スッカン沢円形劇場のほぼ全容を望むことができます。「ウ〜ン、満足」

画像
『山の駅』への分岐を見送って真っ直ぐ進むと『咆哮霹靂ノ滝(ほうこうへきれきのたき)』です。咆哮は「たけり叫ぶこと」。霹靂は「激しい音響の形容」だそうです。「凍っている」との情報でしたが・・・、氷瀑と呼ぶにはほど遠い姿でした

画像
『山の駅』に戻りましょ

画像
『雷霆ノ滝(らいていのたき)』にて。雷霆は「激しい雷の音」とか

画像
何とはなしに“凱旋”気分です

画像
童心に還って雪合戦

画像
童心に還って雪遊び

画像
若い2人ははしゃぎまくり

画像
“トドめ”は“トド”のスタイルで!?


雲竜にしてもスッカン沢にしても、
雪や氷や流れなどの造作は自然のおぼしめしによるもの。
巨大氷柱を見慣れた仲間には物足りない一面があったけれど、
初対面の仲間たちからは「感動」と「称賛」の言葉を送ってもらいました。
この山行をリードしてくれた仲間、楽しさを共有してくれた仲間たちに
「感謝!」


*私たち『益子いくべ会』は、
『益子いくべ会通信』のコメント欄と幹事長へのメールとで,
文字による報告や連絡などのコミュニケーションを図っています。
1月22日に幹事長が把握していたスッカン沢山行の参加希望者は14人。
の筈が1週間後の1月29日に参加希望者を確認し直してみると26人に、
31日には28人といった風にアメーバ的に増殖してました。
参加者が増えるのは好ましいこと。
でも6台もの車を連ねて雪道を走るのではリスクが高すぎて一考を要します。
運よくバスをチャーターできたから良かったけれど・・・。
会として考え直さなければならない裏事情でした。
他の山の会のように運営手法を成熟させるには時間を要しそう!*

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
デイダラボッチさん、こんばんは。
昨日のスッカン沢山行ありがとうございました
初めて見るしんちゃんからすると大きな氷瀑?でした。
ところで、デイダラボッチさんとイシちゃんに対しコメントするのは生意気だと思いますが、参加希望の期限を切ってはどうでしょうか。予定は未定では立ち行かなくなってしまいそうで。
しんちゃん&ふみちゃん
2015/02/02 23:57
デイダラボッチさん、こんにちわ!
皆さんと先週に続きスッカン沢では、大変お
世話になりました。お蔭様で、氷柱観賞ばか
りではなく、滝や雪景色などスッカン沢を
堪能することができました。今年の氷柱は
小振りとのことでしたが、それでも感動
しっぱなしでした。
またのご一緒、よろしくお願いします。
のんびり夫婦の山遊び
2015/02/03 13:37
しんちゃん&ふみちゃん、おはようございます。
喜んでもらえたようで何よりでした。
申込締切日は必要ですね。再結成する以前の
個人的で名ばかりの『益子いくべ会』時代は
そうしていたのだけど、73人という大所帯
だから尚更に徹底しないとね。組織化されれ
ばされたなりの難しさもあって・・・、
これからの課題です。
デイダラボッチ
2015/02/03 13:45
デイダラボッチさん 日曜日は風も無く最高の雪山ハイクでしたね。
私達のトレースはスノーモービルに掻き消されたみたいで。
28人は凄いですね。
和子&徹也
2015/02/03 19:55
ひろさん&ようちゃん、こんにちは。
今年の氷柱は相当に小さ目だったけど、新雪
が化粧を施してくれていたので「見るに堪え
ない」というほどではなかったですね。
最初に最高の姿を見てしまうと次には落胆し
かないけど、今回は次への期待へとつながっ
てくれるので「よしっ!」としましょう。
こちらこそ次もまたよろしくお願いします。

デイダラボッチ
2015/02/03 20:11
何やかや欲深いことを口に出してしまうけど、
28人が共に行動する条件としては最高に整っ
ていたかもしれません。徹ちゃんたちが残して
くれたトレースもバッチリ残っていたしね。
明日は再び明礬沢から朝日岳と茶臼岳に登って
きます。吹雪かれなければいいんだけど・・。
デイダラボッチ
2015/02/03 20:19
今回のスッカン沢、氷は少なめでしたが
雪が豊富でしかもパウダースノーで大変よかったです。
ありがとうございました。
余談ですが、タイタニック岩の手前は雪が多くて仕事になりませんでした。
モリ
2015/02/03 20:29
しんちゃん こんばんわ!
耳の痛いご意見、どうもありがとう参考にさせて頂きます
ブログの文中にもあるように運営手段を
成熟させてゆくには、もう少し時間がかかるかも
何せ会としても、まだまだ始まったばかりなので、
皆、慣れていないだけなんだけどね!!
これはいずれは、時間が解決してくれると考えています。

今までも遠方への山行と少しテクニカルな山行については、
参加人員を限定したり、申し込み期限を決めていたのですが、
今回については、少し見通しが甘かったなと反省しきりです!
デイダラボッチさんには迅速に対応していただき、ありがとうございました!!
幹事長 イシちゃん
2015/02/03 21:42
みなさん、楽しそうですね。私はこの日は、別の会のCLで日光の庵滝に行ってきました。規模は小さいですが結構、面白かったですよ。最近、流行ってるみたいですよ。
シバちゃん
2015/02/03 22:34
デイダラボッチさん、こんにちは。
再びの朝日岳そして茶臼岳を楽しんでいる頃かな。
今年はスッカン沢行けそうにないので
ブログで楽しませて頂いていま〜す♪
28名とは凄いですね。
私達の山の会も何年か前までは
それなりに勢いがあったんですけど・・・
残ったのは私達を含め年齢の高い人ばかり^^;
今は山より登山道整備&飲み会(笑)に
力を入れています(汗)
セとナ
2015/02/04 10:54
モリちゃん、こんばんは。
総合的に見れば、ポカポカの日和・パフパフの
新雪・納得のいく氷柱群・気のいい仲間たちな
ど、多々恵まれたいい山行だったと思います。

ほぼ毎日の整備作業、ご苦労様。感謝!感謝!
私は今日、絶景の那須岳を堪能してきました。
デイダラボッチ
2015/02/04 20:08
イシちゃん、こんばんは。
会の運営って難しいよね。締切日を設定したこ
とも勿論のことあったけど守られなかった事実
が現にあったし・・・。(自分も連絡漏れが度
々('◇')ゞ)「覚えるより慣れろ」ですね。
デイダラボッチ
2015/02/04 20:22
シバちゃん、今晩は。
『庵滝』は最近ちょくちょく耳にしますね。
まだ訪ねたことはないんだけど。
ところで、『ベルクフェックスの山日記』を覗
いてきて“お気に入り”に入れました。
デイダラボッチ
2015/02/04 20:28
セとナさん、今晩は。
コメントをクリックしてもらった10:54頃
は、踏み抜き地獄と格闘してました。ただし、
歓声を上げ満面の笑顔で。春夏秋冬何度訪ね
たやも知れぬ那須岳から最高のオ・モ・テ・
ナ・ シを受けていたからです。
乞う!絶景紀行(同行者からの写真待ち)。

デイダラボッチ
2015/02/04 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
スッカン沢と桜沢の氷瀑と氷柱 デイダラボッチの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる