デイダラボッチの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 足尾・中倉山:横場山ルート〜上久保沢ルート周回

<<   作成日時 : 2015/02/26 12:22   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

【2月25日 足尾・中倉山:横場山ルート〜上久保沢ルート周回】

私が登ったことのある足尾の山は袈裟丸山・庚申山・備前楯山程度と少ない。
そんな私なのに“ひまわり娘のtokuちゃん”から、
「横場山ルートで中倉山はどう?」と鼻にかかった声で誘いがかかりました。
「メールはしゃべらない」だって?それもそうだね
急いで積雪期のレポートをピックアップして下調べ。
何とも手ごわそうな内容ばかりでしたが鼻の下を長〜くして「OK!

画像
“ひまわり娘のtokuちゃん”と、横場山ルート上にあるローソク岩

銅(あかがね)親水公園6:50発〜横場山(1017m)7:30発〜キレットを回避〜
ローソク岩10:10着(写真・昼食)11:00発〜中倉山(1500m)11:20着〜
1539mピークまでピストン〜中倉山12:00発〜仁田元川林道13:20発〜
銅親水公園14:10着


画像
親水公園より、これから取り付く横場山を望みます。その奥に見えているのは中倉山手前のピークです

画像
P〜吊り橋〜堰堤下〜堰堤上〜水道管橋と進んで横場山取り付きへ

画像
同上

画像
水神様。このすぐ脇から灌木と茅戸(茅が生えた山腹や原のこと)とザレの急斜面を、足場を拾いつつ登ります

画像
茅戸はこんな感じ

画像
横場山を越えて稜線を降っていくと、赤茶けていて如何にも脆そうなキレットが見えてきました。「形相悪いな〜・・・」

画像
ここがキレット。脆い岩同士が密着せずにただ重なっている状態のヤセ尾根。触っただけで岩が崩れます。両サイドは切れ落ちていて危険極まりありません。一つの命題に対して「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とか「君子危うきに近寄らず」のように二律背反する諺がありますが、私たちは即後者を選択しトラバース(と言うより危険回避)することにました。ロープが活躍する場面など何処にも見いだせなかったし・・・

画像
上の写真にもアイゼンを履きピッケルを持ったtokuちゃんが見えますが、凍てた土と砂利、崩れるザレとガレにはこれより他に安全策が見いだせません

画像
相当に標高を下げながら斜めトラバース。危険個所を通過してもすぐには登り返さずに水平トラバースを続けます

画像
同上

画像
同上。足元が安定してきたので、上の写真の枝尾根で稜線に復帰

画像
稜線に戻りました


この日は高曇り。
時々陽の輪郭がこぼれたり雲間に青空が覗く程度でしたが「暖か〜!」
早々に上着を脱いで、下着2枚とシャツだけで最後まで押し通したほどです。

画像
荒涼とした岩壁から一気に水が噴き出し沢となって駆け下っていきます。保水力があるとも思えないこの山にしてこの光景。自然の不思議発見!

画像
南側の山並み。見えているのは北斜面になるので白いけど、足尾という場所は極端に雪が少ない(現地の人の話によります)ようです

画像
このような岩稜をアイゼンで歩いています。ミックスした足元は厄介そのもの

画像
グチャグチャ、氷、ザレザレ、ガレガレ、脆い岩、雪。中途半端なミックス

画像
中倉尾根にあってはシンボリックな存在のオベリスク・ローソク岩が・・・

画像
ローソク岩を目指して

画像
岩稜伝いに歩けばほとんど雪を踏まないで済みますが、ローソク岩に立ち寄ろうとして樹林に入ると膝上まで潜ることも。鹿道に逃げたけど大差なかったな〜

画像
ローソク岩を横から

画像
ローソク岩を斜め上から

画像
ローソク岩と、5H(芯の固い鉛筆)で線を引いたような鋭い稜線

画像
ローソク岩基部でポーズを要求されて・・・

画像
ローソク岩で男体山をバックに

画像
同上


ローソク岩の真横に9:50着でパシャパシャと景色の切り取り。
樹林帯の雪を漕いだ基部からもまたパシャパシャ。
中倉山山頂到着のタイムリミットを12:00に設定して行動してましたが、
順調に進んできたのでオベリスクや男体山に見守られるベスト・ポジションで
優雅なランチをいただくことに。

画像
優雅この上ない50分間のランチ。私のランチは奥白根山と全く同じ

画像
ランチ場所から程なくして中倉山(1500m)山頂

画像
同上。

画像
同上。大平山方面

画像
中倉山とtokuちゃんと男体山

画像
中倉山にて

画像
中倉山には11:20に着いたので、12:00までの40分間を有効活用して1539mピークをピストンしました。途中の鞍部に孤高のブナ(稜線上なので目立つだけで、他にもたくさんあるそうです)

画像
同上

画像
孤高のブナの股から男体山を捕えます


無事目的を達成できたので上久保沢ルートで下山にかかりました。
地元のとある人が私的に作ったマップで、
「下山時にこの尾根を下りないように」と書かれている1390mでルートロス。
遮二無二藪とザレとガレを降ったのでした。
「ワイルドだろ〜!」(古っ!)

“ひまわり娘のtokuちゃん”は歩き始めから
「ヤバァ〜」「ヴギャァ〜」「オリャァ〜」「グギャァ〜」、挙句の果てには
「オギャァ〜」とあまり行儀のよくないオノマトペを連発してましたが、
私が「ヴギョォ〜」「ギャオォ〜」と冷やかしたところ
「最後の発音はみんな“ァ〜”で終わっている」とのこと。
ランダムかと思っていたら変なところに法則性=こだわりがあるんだね
兎にも角にも「楽しい山旅をありがとね


今回もまた
「ビバ!足尾アルプス 中倉尾根」

*tokuちゃんから沢山の写真提供を受けてます*

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
デイダラボッチさんこんにちわ

足尾の中倉山tokuちゃんらしいルートですね!
慎重にいかないと‥危険なとこもあったりで、行ってみたいなぁ(^^)
またまた、ひまわり娘さんと晴天に恵まれた楽しい山行でしたね。ところでローソク岩は登ろうと思えば登れるの?
イケちゃん
2015/02/26 13:17
イケちゃん、こんにちは。
自分のページには何も反映されていないのに、
ブログ作成中に公開されてしまったみたい。
13:25に公開をクリックしたらイケちゃん
からのコメントが飛び込んでいてビックリ!
ローソク岩の上にはケルン状のものが人為的に
積まれているので昔は登れたみたいだけど、現
在は大きく剥離していて危険すぎるから、登れ
るのはイケちゃんぐらいのものかな身体が沸騰するほどスリリングで楽しい山でした。
デイダラボッチ
2015/02/26 13:35
デイダラボッチさん、こんばんわ!
冬の安蘇の山を楽しまれましたね。中倉山は
足尾銅山の関係で見晴らしが良いので、何れ
はと思っていましたが...何とスリリング
なこと、時期を選ぶ必要がありますね。
日光連山の眺望、素晴らしかったですね。
のんびり夫婦の山遊び
2015/02/26 20:57
ひろさん&ようちゃん、こんばんは。
確かに展望の良い稜線で、男体山・半月山・
社山・大平山・皇海山・袈裟丸山・備前楯山
などが終始見えてました。奥白根山らしきピ
ークも見え隠れ。初対面だけど、時期を選ぶ
よりも横場山&井戸沢ルートは完全除外して、
上久保沢ルートからの沢入山ピストンに限定
して歩いた方が賢明=楽しいと感じました。
デイダラボッチ
2015/02/26 21:29
こんばんは⌒o⌒*

今回、誘いにのって頂きお世話になりありが〜ございましたm(_ _)m
昨年、何度か正規ルート行き林道から・・・あの上を歩きたい!雪ある時に!と思い調べれば、『う〜ん。ここは、一人でいっちゃいけないよ〜な?』で救いをお願いしてしまいました。。。
快く承諾頂き、安心して歩くことができ感謝です。
振り返ってみるヤセ尾根稜線にわくわくでした!
足尾は荒々しくていいところですよね〜。

また、『ここは〜一人じゃヤバイかなぁ』のところご一緒して頂ければ有難いです。
☆ビバ! 足尾アルプス 中倉☆ ですね!!

toku
2015/02/26 21:49
tokuちゃん、おはよう!
このおじじを誘惑してくれてありがとう。
未知への好奇心とスリル克服と、両の眼の保養
と心の栄養、それら全て叶えてくれて感謝!
正直あれほど「ヤバイ」とは思ってなかった。
ロープの支点さえ取れないものね。××でルー
トが消されている意味もよく理解できた。次回
は上大久保沢から沢入山の見晴らしピストン、
そして何れはオロ山を抜けて庚申山までつなげ
ましょ。「ビバ!足尾アルプス中倉尾根」
デイダラボッチ
2015/02/27 07:26
中倉山っていいですよねえ〜。もう何年か前ですが、この中倉山〜沢入山ピストン、〜更庚申山〜皇海山縦走と何回か、行ったのですが、稜線が晴らしく、何回行っても行きたい気がします。当然、季節は夏・秋で上大久保沢から登ったのですが。今度、春にでも「いくべ会」で沢入山ピストンってのもいいですよね?
シバ
2015/02/27 13:25
シバちゃん、こんにちは。
私にとっては初めての中倉山。ほんのさわりを
歩いただけなので大層なことは言えませんが、
銅親水公園〜上久保沢〜中倉山〜沢入山(の
先の1700mピーク)ピストンなら『益子いくべ
会』の面々も満足してれそうですね。正直な所
井戸沢上部のキレットはオンボロボロで、穂高
岳のジャンダルムより余程手ごわかったです。
デイダラボッチ
2015/02/27 16:13
デイダラボッチさん、こんばんは。
凄い尾根ですね。
気にはなっていた所です。この周辺!
別な季節に
沢入山まで行こうと思っていました。

明日の天狗岳・・・いいな〜♪
セとナ
2015/02/27 19:47
セとナさん、おはようございます。
今日の天狗岳。予定より1時間早く目覚めて
しまい時間を持て余してます。中倉山とか沢
入山とか聞きかじってはいたけど全く無知。
誘われてから調べた状態なのにのんびるさん
もシバちゃんもセとナさんも気になっている
そうな。皆さんが研究熱心なことに脱帽!
それでは(まだ1時間も先だけど)、
天狗岳楽しんできま〜す(^○^)
デイダラボッチ
2015/02/28 01:26
今晩は。
恐れ入りました。
その筋の方々をして、「横場山からキレット越えは、もう一度はチョット・・・」と言う方が多いようです。もちろん私なんぞは近づく事すらできませんですが。
以前あったローソク岩(ゴジラ岩)のケルンは最近無くなったと聞いておりましたが、またまた出現と言う事は・・・、恐ろしや〜。
ぶなじろう
2015/02/28 20:44
拝見しまして、うーん、流石!デイダラボッチさん達の行動力と楽しむ力、そしてあの状況で客観的にレベル評価なさっている点が今までに無く凄いです。この尾根ちょっと興味を持っておりましたが自分には楽しめそうにないので長期的課題(笑)にしておきます。ところで自分もあの降りで思い切り外してしまい(安易に)難渋しました。もう次のお山に行かれておられるのですね。お疲れ様でした。
みー猫
2015/02/28 21:02
ぶなじろうさん、こんばんは。
21時頃に天狗岳絶景探訪旅から戻ってきて、
写真整理などをしていたらもうこの時間です。
ローソク岩のケルンの件。私は初見なので元々
どのようなものだったのか全く知りません。
“ケルンを積んだらしき痕跡”と説明した方が
当を得ているのかも知れません。
キレットは本当に怖〜いところでした。
デイダラボッチ
2015/02/28 22:36
みー猫さん、こんばんは。
中倉尾根の件は
「年寄りの冷水」と笑い飛ばしてください。
今日は北八ヶ岳の天狗岳でした。あの山は立ち
位置が良いので、上久保沢の「遮二無二」では
なく「無二」の絶景と豊富な雪とに恵まれ、
いい気分で戻てこられました。東京から近く人
が多すぎるのが“玉に瑕”ですがね。
デイダラボッチ
2015/02/28 22:57
たそがれオヤジと申します。
デイダラボッチさんのブログはよく拝見させていただいております。
好きな足尾の山の記事につき、失礼ながらコメントさせていただきました。
この時期のキレット通過、すごいですね。私の場合、虎穴に入らずんば…を選択いたしましたが、死ぬ思いでした。二度とゴメンとは思いながらも、あの通過した際の快感はいまだ忘れずにおります。何せ強烈でしたから。
二回目はトラバースと思っておりますが、トラバース記録をなかなか見ることがなく、デイダラボッチさんの記事を拝見し、なるほど、なるほどと感心しながら拝見いたしました。
下りは上久保ダムですか。下りで使われるとは、恐れいります。3回ほど歩いたことはありますが、いずれも上り使用でした。下りは未体験です。
これからも、足尾の山もご贔屓に。
しかし、中倉山の雪も一気に少なくなりましたね。
たそがれオヤジ
2015/03/01 21:44
初コメントありがとうございます。
“たそがれオヤジのクタクタ山ある記”は以前
からお気に入りに登録されていて、コメントこ
そ入れていませんが興味を持って読ませてもら
ってます。今も「登り納めの中倉山」を覗いて
きたところです。足尾の山にはマニアとも言え
る方々が大勢いらっしゃるようで、たそがれオ
ヤジさんを筆頭にMさん・Bさん・RRさん・
Hさんなどの名前がすぐに思い浮かびます。
「虎穴に入らずんば・・・」でしたか!無事通
過された時の快感、私にはよ〜くわかります。
でも「命あっての物種」。私は遠慮仕ります
初めての中倉山でしたが、足尾の山々の魅力を
十分感じさせてくれるものでした。あの界隈に
はちょくちょく通うことになりそうです。助言
宜しくお願いします。
デイダラボッチ
2015/03/03 17:00
中倉山に先日行ってきました。ローソク岩の前に行きました。
シバちゃん
2015/08/06 22:28
シバちゃん〜ありがとうございす
ウララ
2015/09/30 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
足尾・中倉山:横場山ルート〜上久保沢ルート周回 デイダラボッチの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる