デイダラボッチの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 那須岳(朝日岳・茶臼岳)絶景紀行:その1(朝日岳まで)

<<   作成日時 : 2015/02/05 15:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

【2月4日 那須岳(朝日岳・茶臼岳)絶景紀行:その1(朝日岳まで)】 

画像
厳冬期にあっては稀有とも思われる、ほぼ無風ほぼ晴天の那須岳に招かれた私たちはしばし、気高くも厳かな朝日岳の囚われの身となりました

1月28日の下見の後に20〜30pの降雪があったようです。
より神々しさとより白さを増した穏やかな那須岳が手招いてくれています。
「ウキウキ、!ワクワク!」

ダイジェスト版で紹介した通り、
大丸〜峠ノ茶屋〜明礬沢〜沢と尾根〜朝日岳〜剣ヶ峰〜峰ノ茶屋跡
(昼食)〜茶臼岳〜ダイレクト・ルート〜峠ノ茶屋〜大丸

と歩きました。
メンバーはテルちゃん・tokuちゃん・まーちゃん・私の4人。

画像
重複するので峠ノ茶屋近くの鳥居からスタートします

画像
この山旅でたった1人だけ出会ったベテラン・スキーヤーとの会話。「登山道はこっちだよ」「明礬沢からダイレクトに朝日岳を目指すので・・・」「そうかい。昔雪崩で流されたことがあるんだ。今日の雪なら大丈夫だろうけど。気を付けて!」「了解!」明礬沢へ尻セードで降ってから枝沢へと侵入開始

画像
時々先頭を交代しながら沢を詰めていきます

画像
ほぼ無風ほぼ晴天なので、寒がりのデイダラボッチだけどフードを被ったり外したりしながら、この程度の身支度で終始行動してました

画像
グイグイ登ります

画像
こんなところを登ってます

画像
小さな木々が雪の下でトラップを仕掛けてきます

画像
踏み抜き地獄で苦戦中

画像
岩に逃げても時々トラップにはまります

画像
どうにか人心地つけました

画像
秀麗・茶臼岳

画像
朝日岳山頂2つ手前の岩峰にて

画像
同上

画像
アップダウンを繰り返す内、正面に朝日岳が迫ってきます

画像
ご機嫌な2人

画像
朝日岳山頂に取り付く基部は注意を要する岩場。その1ヶ所のためにだけロープとガチャ類を背負ってきてます

画像
同上

画像
テルちゃんが先頭で登り指示と手助け。私は最後尾から見守るだけ。まーちゃんは登り終え、tokuちゃんと私が岩溝を攀じります


最後の岩峰や岩溝を登り始めた場所から、
ノーマル・ルートより先回りして写真を撮りまくっているベテラン・スキーヤーの
姿を山頂に捕えていました。
光を待つ間に私たちの姿をもビシバシ撮ってましたが・・・?

画像
満腹の朝日岳山頂の4人(スキーヤー撮影)

画像
同上

画像
満腹の朝日岳山頂の3人

画像
晴れ晴れ!

画像
同上

画像
晴天下に神々しく鎮座する朝日岳

画像
去りがたし

画像
同上。茶臼岳

画像
同上。朝日岳

画像
同上。朝日岳

画像
同上。茶臼岳

画像
同上

画像
同上

画像
この尾根の裏側を登ってきたんだね

画像
去りがたし

画像
神々のおわす世界

画像
2/8、tokuちゃんから届いた写真を追加


4人あわせて550枚(手元には460枚)もの写真を眺めていると、
どれもこれも張り付けてしまいたくなり心がざわめいてます。
でも、限がないのでその1(朝日岳まで)はこの辺で切り上げることにします。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
那須楽しかったですね!
朝の内は茶臼や朝日も雲に隠れたり、顔を
出したり、しかし朝日の頂上に着いた瞬間
私達を待っていてくれたかのように青空が
どんどん広がり60枚以上の写真を撮っても
まだ去りがたい最高の天気でした。
年に数日しか無いような素晴らしい天気の
雪山に、素晴らしい仲間達と一緒に登れた
事に感謝しています。
デイダラボッチ・マーちゃん・トクちゃん
ありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
テル&タカ3
2015/02/05 16:43
一目でベテランと知れるあのスキーヤーも、
「年に数日しか得られない好条件」と夢中で
シャッターを押し続けていた。私たちだって
あれほど長居したというのにそれでもまだ去
りがたかった気持ち、十分に理解できるね。
絶景と仲間に恵まれた今回の那須岳は、自分
にとっても忘れえぬ思い出になりそうです。
一緒に登ってくれてどうもありがとう!
デイダラボッチ
2015/02/05 17:32
デイダラボッチさん、こんばんは。
いつもの如く、達人たちの登りっぷりには
ただただ脱帽するばかりです。
写真からも、段々と天候が回復し年に数回の絶景が
ひしひしと伝わってきますよ!
それにしても、まーちゃんすごいね。雪上訓練ばっちりですね!我々も頑張らねば‼
今週末、ふみちゃんだけ(笑)よろしくお願いします。
しんちゃん&ふみちゃん
2015/02/05 20:13
デイダラボッチさん、こんばんわ!
厳冬期の朝日岳、天気が良くて無風なんて超
ラッキーでしたね。これだけの絶景では写真
枚数が多くなるのもやむを得ないです。
この時期はノーマルルートでさえ大変なのに
達人の皆さんは本当に凄いです。
のんびり夫婦の山遊び
2015/02/05 20:48
デイダラボッチさん、テルさん、まーちゃん、tokuさん凄すぎます。
天気も4人のパワーには脱帽みたいですね。
素晴らしい絶景にまた行きたくなりますね。
次回はチャレンジしたい気持ちが湧きあがります。
和子&徹也
2015/02/05 21:03
和子&徹也さん、こんばんは。
降雪を見て間もない?にもかかわらず雪が安定
していたので不安なく登ることができました。
ほぼ無風ほぼ晴天に加えてこの上ないに恵まれ
たので楽しく歩けました。烈風の那須岳を知る
徹ちゃんだからこそチャレンジしたくなります
よね。タイミングが合ったらご一緒ください。
デイダラボッチ
2015/02/05 21:22
しんちゃん&ふみちゃん、こんばんは。
コメントの反映に時間的誤差が生じたようで、
順番が狂ってしまいました。tokuちゃんとまー
ちゃんは確かに強いです。経験と質が違うから
同行してもらうことができた訳で・・・。
その内しんちゃん&ふみちゃんも登ろう!
デイダラボッチ
2015/02/05 23:04
ひろさん&ようちゃん、こんばんは。
今回の那須岳は全ての条件に恵まれすぎです。
滅多にこんなことはないと思うから不自由な指
でたくさん撮りました。オーバーミトンを嵌め
ているのでシャッターに触っている感覚が鈍く、
1ヶ所で同じ構図を6〜7枚も撮っている有様
ですがね。何れ一緒に歩きましょう!
デイダラボッチ
2015/02/05 23:13
こんばんは⌒o⌒*

朝日をこんなルートで登ることができ、とても勉強になりましたし、一緒でなければ朝日最後の岩場は登ることができなかったでしょう。
デイダラボッチ・テルちゃん・まーちゃん大変お世話になりありがとうございました。
登って行きながら、朝日山頂、映りゆく雪山絶景に『こんなに見させてくれてありがとーっ!』って大騒ぎしっぱなし〜でした。

こんなに穏やかで那須岳遊びができたことにとても感謝してます。ほんと穏やかでしたよね〜!

またご指南くださいまっせーっ*⌒o⌒*
toku
2015/02/05 23:52
デイダラボッチさん、テル3、まーちゃん、tokuちゃん厳冬期の朝日岳登頂おめでとう〜
好条件とは言えなんかみんなすごいところ登ってますね〜
カッコいい!朝日岳は登ったことないと思ってたけど20年前に知り合いに連れられ足を捻挫した山でした!
冬の朝日岳行ってみたい〜
イケちゃん
2015/02/06 06:53
tokuちゃん、おはよう!
2人の“ひまわり娘”に圧倒されたのか?
那須岳特有の烈風も極寒も鳴りを潜め青空まで
広がってくれた。ピッケルやストックを突き刺
す度キュルキュル歌う雪原、思わずかじりつき
たくなる“エビのしっぽ”、そしてシュカブラ
と氷の華と白銀と岩の世界。この年寄りも幸せ
いっぱいでした。また一緒に歩こう!
デイダラボッチ
2015/02/06 07:07
イケちゃん、おはよう!
ここ2回続けて登ったルートはラッセルもある
し踏み抜き地獄もあるけど、本当に注意を要す
るのは朝日岳山頂直下の岩場だけ。何処を登っ
ても最終的には山頂一点に絞り込まれているの
で、ルートファインディングも比較的易しい。
この冬再びチャンスが巡ってきたら登ろう!
デイダラボッチ
2015/02/06 07:17
素晴らしい経験をありがとうございます。
緊張するなか手早く準備、スタートは見慣れた景色でしたが、グイグイ高度を上げるとワッホー🎵青空も景色も〔ヤバイ・ヤバイ〕うわぁ〜
tokuちゃんが〔ラッセル代わります〕って、自信は無いけど私も・・・初めは雪を崩すばかりで進めない、コツを掴んでやっと、ラッセルらしく。最後の難関はテルさんのアシストで岩をクリア。
頂上に立った時、込み上げるものがありました。〔ありがとう・幸せ過ぎる〕独りでは成し遂げられないこの経験、皆さんのお陰です。
(*^-゜)vThanks!
まーちゃん
2015/02/06 21:51
まーちゃん、おはよう!
景色を見晴るかしながらのラッセル登行、
踏み抜き地獄と岩コブでの悪戦苦闘、
山頂での雪の華とシュカブラと絶景、
「ヤバイ!」「ヤバイ!」の意味が分かるよ。
もう1度登りたいね。
デイダラボッチ
2015/02/07 06:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
那須岳(朝日岳・茶臼岳)絶景紀行:その1(朝日岳まで) デイダラボッチの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる