デイダラボッチの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 那須岳(朝日岳・茶臼岳)絶景紀行:その2(茶臼岳を経て)

<<   作成日時 : 2015/02/06 07:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

【2月4日 那須岳(朝日岳・茶臼岳)絶景紀行:その2(茶臼岳を経て)】

画像
茶臼岳山頂にて

分不相応なまでの朝日岳からの“オ・モ・テ・ナ・シ”に、
ついつい45分も長居してしまいましたがそろそろ暇乞いしましょ。

長居の間中tokuちゃんは「ヤバイ!」「ヤバイ!」と叫び続けていました。
それは、揺り動かされてやまない「感謝!」「感動!」「感激!」という、
魂の発露だったに違いありません。間違いなく。

一方私めは、声を発することさえ忘れただただ絶景に溺れていました。
両の眼と微笑みとその挙動で「歓喜!」だけは伝わりあっていたけれど。

画像
この絶景、見納めにしましょ!

画像
未練を断ち切って降ります。一緒に映りこんでいるのがかのスキーヤー

画像
後ろ髪をひかれて振り返る先には朝日岳とシュカブラとトレースと雪の華

画像
同上

画像
シュカブラ

画像
茶臼岳と日出平と剣ヶ峰

画像
同上

画像
一路剣ヶ峰へ

画像
同上。テルちゃんらしき絵

画像
剣ヶ峰への道より


剣ヶ峰をトラバースして峰ノ茶屋跡避難小屋に続く路にトレースはありました。
でも前回に続いて山頂を経由します。
安全を図る意味とお地蔵様に逢いたいがためでした。

剣ヶ峰は、厳冬期の束の間を除けば全く注目されることのないピークです。
でも実際にそのテッペンに立ってみると、
その立地条件の良さを存分に発揮する好展望ピークであることに気づかされます。

画像
剣ヶ峰山頂

画像
同上より隠居倉方面

画像
剣ヶ峰山頂にて茶臼岳を背景に

画像
剣ヶ峰山頂にて朝日岳を背景に

画像
剣ヶ峰山頂の子抱きお地蔵様

画像
同上

画像
tokuちゃん側が前です


下見の時より1時間の遅れを見ています。
昼を回ってお腹もペコペコです。
「ここだって十分すぎるくらい危険地帯だよね」
などとつぶやきながら峰ノ茶屋跡避難小屋に潜り込みお腹を満たしました。

13時30分。普段なら麓に直行する時間です。
「どうする?」
「滅多に得られない好条件。15時30分までには大丸に戻れる。ゴ〜ッ!」

画像
イザッ、茶臼岳へ

画像
同上

画像
同上

画像
一足早く茶臼岳に到着したので絶景独り占め。当然のこと誰もいません

画像
山頂の岩の間からの景色

画像
 “エビのしっぽ”の祠

画像
祠と大倉・三倉・三本槍岳

画像
祠を斜め後ろから

画像
3人が到着

画像
「ヤッタネッ!」

画像
祠と朝日岳

画像
祠と三本槍岳

画像
2/8、tokuちゃんから届いた写真を追加
画像
同上


さてさて、今回も明礬沢から攻めあがったり剣ヶ峰を越えたりと、
趣向の違った歩きを続けてきたけど山旅の〆も冬限定の闇ルートを降ります。

画像
夏道のとある場所から、トレースを残さぬよう岩場を伝って降ります

画像
時間が押しているので日陰が追いかけてきます

画像
でも朝日岳上空はまだこの青さ

画像
朝日岳の枝尾根に、沢から乗り上げた時の私たちのトレースがクッキリと残ってます。「あんなところ登ってたんだ〜!」興奮が蘇ります

画像
追いかけてくる陰の早いこと・・・

画像
急いで降りましょ

画像
最後は峠ノ茶屋めがけて尻セード


茶臼岳山頂で写真撮りまくりだったにもかかわらず、
大丸Pには15時20分に無事戻りつきました。

稀有とも言える好条件の那須岳と心底信頼しあえる楽しい仲間たち。
その相乗効果なのでしょうか?
今年干支を迎えた私めでさえ、
カルチャー・ショック的な魂の爆発と五感への衝撃を感じました。
大自然に、信頼の仲間に、どうもありがとう!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
何回見直しても素晴らしい青空が広がった
那須の山々を思い出しては、感激しています。
これ程までに好天に恵まれた無風の雪山に
登れるとは、きっと誰かさんが日にちを間違
えたお陰と感謝しています。

それにしても、いくべ会の女性陣強いですね
tokuちゃんのパワー、マーちゃんの持久力私も
見習わなくては。(少し身体を鍛え直さないと
お荷物になりそう)

素晴らしい天気と・自然の造形美・そして
素晴らしい仲間達に感謝します。
またご一緒させてください!
テル&タカ3
2015/02/06 09:39
テル&タカ3、こんにちは。
「雪が積もれば雨巻山へ」が叶わなかったので
家にいたところ、雨巻山帰りの仲間が次々と。
これまでの雪に加えて3p載った景色は中々に
見事でした。私も負けずに那須岳の写真を披露
してあげると、一様に「フェ〜!」でした。
心底楽しく思い出に残る山旅だったね。
またいい山旅を作り上げましょう!
デイダラボッチ
2015/02/06 11:09
那須岳 景色紀行その2  拝見しました
美しいですね 素晴らしい景色 その場所から離れたくない気分 ですね 天気に恵まれた山旅が自分に伝わります 嬉しく感じます
 全ての写真が展覧会の作品の様に感じられます ー度は見たい景色です 有難うございます
これからも安全第ーに登山を続けください
山好きよっちゃん
2015/02/06 13:09
デイダラボッチさん、こんにちは。
ため息が出てしまいます!
素晴らしい絶景、女性の方も凄いですね。
もしかして岩間山の会に所属していたもろちゃん?
だったらすごいな〜\(^o^)/
人違いだったらごめんなさい^^;
今朝は難台山で雪遊びしてきました。
真っ白な雨巻山に向かって
「デイダラボッチさ〜ん」って呼んでみました(笑)
セとナ
2015/02/06 14:18
山好きよっちゃん、こんにちは。
『那須岳絶景紀行』と大げさに銘打ったからに
は絶景を披露する義務が生じるわけだけれど、
何せ指先が不自由なのでいい写真は撮れず、
ほとんどは仲間から提供されたものです。
私たちの感動が少しでも伝わってくれたなら
嬉しい限りなのですが・・・。
よっちゃんたちの高山も見事でしたね!
デイダラボッチ
2015/02/06 15:00
セとナさん、こんにちは。
『岩間山の会』に所属していたことは初耳だけ
ど確かに“もろちゃん”です。気立てが良くて
行動的で実力派で、ホープと言える存在です。
引き抜いた形になって申し訳ないけど、
私たちの間では通称“まーちゃん”
その内お目通しの機会があるかも?です。
デイダラボッチ
2015/02/06 15:31
那須岳 景色紀行その2凄いです。
心がワクワクします。
360度の展望は登った人しか見れない景色。
エビの尻尾の祠も中々見れないでしょうね。
これから雪山の修行積んでから御一緒願います。
和子&徹也
2015/02/06 20:32
和子&徹也さん、こんばんは。
私の明日は赤城山・11日は愛鷹山。
そして14〜15日は待ちかねた八ヶ岳ですね。
晴天を期待してます。会えることを楽しみにし
てます。沢山山談義をしたいです。イニシャル
I(アイ)に伍して梅酒でも舐めながら・・・。
デイダラボッチ
2015/02/06 21:02
こんばんは⌒o⌒*

お地蔵さんに会えてよかったです〜!
そして、昼食終えて『茶臼どうしますか?』の質問に『ゴー!』やったー!と心でガッツガッツポーズしとりました。

海老マックス祠、闇ルート!有難き幸せ〜でした。
またわくわくルート教えてください。
那須山サイコー
toku
2015/02/07 01:47
tokuちゃん、おはよう!
朝日岳ダイレクトルート、子抱き地蔵さん、
海老マックス祠、闇ルート、などいろいろ体験
できたことで満足してもらえたかな?
那須岳サイコー(^○^)また登ろう!
デイダラボッチ
2015/02/07 06:02
こんにちは。
やっぱり!元気で良かった〜
増々パワーアップしていてビックリです(@_@)
もろちゃんが抜けた山の会は山屋じゃなくて
飲屋になりつつあります(笑)
そのうち会えるといいですね。
那須は雪が落ち着いた頃(ラッセル苦手)に
行ってみようかな〜♪
セとナ
2015/02/07 10:54
セとナさん、こんばんは。
今日は『ちい&カッチン』が主催した赤城山山
行に潜り込んで、那須とは一味違った絶景を堪
能してきました。青空の下に真っ白な雪山が連
なり、そよ吹く風の一つもなく、モフモフ雪は
たっぷり。おまけに気の合う仲間たちが13人
もいたから“花丸五つ山行”になりました。
デイダラボッチ
2015/02/07 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
那須岳(朝日岳・茶臼岳)絶景紀行:その2(茶臼岳を経て) デイダラボッチの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる