新春の日光高山雪遊び

【1月3日 新春の日光高山行き遊び】

新春の登り初めは元日の雨巻山。
大勢の仲間たちと一緒にご来光を拝み交友を深めた。
2回目の登山も雨巻山。
知人や友人に次々と出会っただけでなく、
「アッ、Y さん!」
と2組から親しく声をかけられた。
2組6人とも記憶からこぼれていてゴメンナサイ!
そして新春3回目の登山が“日光高山雪遊び”というわけ。
画像
ダケカンバとズミの林から仰ぐ男体山(今回登った高山は、低山かつ
目立たない場所に位置しているので全体像は撮れてない)

今回の雪遊び仲間はツカさんとクリちゃん。
「竜頭の滝上駐車場8時集合」
の号令に従い7時35分には駐車場に到着したのに、
2人とも準備万端整えて(トイレと朝食を済ませ)先着していた。

青空が広がり風も弱く文句のない好条件に恵まれた。
しかしながら、私たちが“雪遊び”などと軽々しく祭り上げている
フィールドは日光の大自然だから、気構えにも装備にも
コース取りにもおさおさ怠りがあってはならない。
万全を期して出発!
画像
出発前の駐車場にて
画像
夏道のトラバース地点には雪崩というトラップが仕掛けられている。
そこで、登山口からダイレクトに尾根を伝うことに。暖かくて・・・、
積雪量が少なくて・・・、余裕綽々
画像
と思った途端この通りで苦笑い

小さなピークを越えると夏道と合する。
この地点からは中禅寺湖の湖面がよく見えていたのだが、
瞬く間にウラジロモミ(ツカさんに教えて貰った)に目隠しされた。

夏道はほぼ尾根通しに延びている。
新春の山の場合でも、尾根のトップを歩くことが積雪量も少なく
迷いもなく効率的なので、忠実に尾根上で雪と戯れることにする。
ナンテ言うのは机上の空論、夢物語。
画像
スノーシューもカンジキもアイゼンも受け付けない新雪&深雪。
トレースも全くないので、雪遊びどころか悪戦苦闘が始まった
画像
下手糞写真からは汲み取れないが、傾斜が急なので引きずり落とされ
見た目以上にキツイ!キツイ!
画像
身体全体を使って登るので必然的に太いトレースになる

ツカさん、クリちゃん、爺の車はそれぞれがフルタイム4駆。
路面凍結の奥日光を苦もなく駆け抜けてきた。
ところが高山の雪は四肢を駆動させてもスタックさせられる。
エンジンが快調に回っているときはサスペンションがいかれる。
エンジン、サスペンションとも快調なときに限ってラジエーターが
オーバーヒートを起こしたりもする。
高山という低山ではあってもやはり奥日光の自然の一部だから、
雪遊びなどというカテゴリーには収まりきれないマッス(量感)を
有している。
画像
お助けグッズはどれもこれも役立たず。カンジキもザックに括り
つけられたまま。無用の長物の見本に成り下がってしまった
画像
直線的に山頂を目指そうとしたが、深雪に拒まれて左の尾根に
逃げ出した。もうすぐ稜線だが急坂に苦戦は続く
画像
雪が深い!雪が柔らかい!身体が沈む!顔が見えない!
画像
身体がよじれている。写真まで斜めになっちゃった~!
画像
真裏に男体山:無風、ポカポカ陽気という絶好のシチュエーション。
男体山が尻押ししてくれる
画像
まだ、まだ!
画像
それ、それ!
画像
四肢だけでは足りず五体をフル稼働させて泳ぐから、
1人のトレースとは思えない荒れよう
画像
ツカさん:トレースを忠実に辿ってさへ尚埋没する
画像
最後のあがきを続ける2人
画像
山頂近くになってどうにか2足歩行できるようになった

普通に歩いて80~90分の行程に180分を要して山頂着。
「それだけの時間雪と遊べた」
などと言うと見栄を張っているように思われそうだが、
山頂に到着してしまうと
「喉元過ぎれば熱さ忘れる」
の類で、苦しかったことは全て忘れて楽しいことだけが蘇ってくる
ものなのだ。

高山の山頂は、山の容量とか標高とは比較にならないほど広い。
真っ平ではないが、太いダケカンバが爽快に枝を広げているだけ
なので空が明るく、山岳重畳だけではない中禅寺湖や西ノ湖などの
印象的な景色も得られる。
ただ、それら全てを撮り損ねてしまった。ア~ア!
画像
ツカさんとクリちゃんの笑顔が弾ける山頂
画像
単独行者と夫婦連れが登ってきたので撮ってもらうことに。
爺も加わってグ~!サイン。高山、サイコ~!

山頂で至福のひと時を送る間に下山コースを検討した。
往路を戻ることはのっけ(初め)から除外。
次いで、登りで3時間も要してしまい11時30分を回っていたので、
アップダウンと深雪で歩きにくい中善寺湖畔の道も除外。
結局は無難なところで無名峠から低公害バスの走る道路に向かい、
しゃくなげ橋から駐車場に戻るコースを選択した。
ただしそれだけではあまりにも味気ないので、夏道は捨て、
無名峠に延びる小さな尾根を辿ることにした。
積雪季にのみ許されるコース取りだから。
画像
山頂から無名峠まで直線でトレースを引いた。山頂に居残った3人は
「またトレースをお借りします」と言っていたっけ
画像
楽しげにトレースを辿るツカさん

11時40分に山頂を発ち、11時55分に無名峠に到着。
無雪季に夏道を辿ったって15分では降りられやしない。
積雪季に歩く者の特権であり醍醐味でもある。
画像
無名峠から鹿侵入防止柵のゲート目がけ転げるように駆け下る
画像
ウッカリすると雪のトラップにはまる
画像
低公害バスの走る道路目指して、落葉松から白樺やズミへと
移行していく疎林を進むクリちゃん
画像
サスペンション(膝)を労わりながら進むツカさん
画像
イイ男も逆光で黒く塗りつぶされてしまっては台無し
画像
手前の2人が主役なのか・・・、バックの男体山が主役なのか・・・?
画像
山頂を後にする頃は雲の動きが怪しかったが、
私たち3人の上空にはいつも青空が着いて回ってくれていた

天気を読むことも時間を計算することも、ましてや余力を量ることも
必要なくなったので、存分過ぎるほどに空や山、雪や木々と語らい
ながらノンビリ歩いた。
身体が自然に溶け込んで1体になれる貴重な時間であり、
価値観を同じくする3人の心の絆が強く結ばれる時間でもある。

新春の日光高山雪遊びは笑顔と握手の交換で終わった。
ありがとうツカさん。
ありがとうクリちゃん。
何か爺は病みつきになってしまいそうな予感!がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

軟弱Kっす
2010年01月04日 12:26
仙人、きのうはお疲れさまでした、楽しかったですね。
あっても膝程度の雪でらくらくハイキングかと思っていたのでとても得した気分になれました。
さてと、次はどこに行きましょうね(*^_^*)
軟弱Kっす
2010年01月04日 12:37
そうそう、帰りに汗っぽかったのでやしおの湯に寄りました、いつも通りの混雑ぶりでしたがゆっくりさっぱりできました。
高速はUターンラッシュと事故渋滞で混んでいたので下道で帰宅したのですが館林のR122で渋滞にはまり・・・ちょこっと遠回りして帰宅いたしました、カーナビは万全ではありませんが地図としても使えるので便利ですね(~_~;)
2010年01月04日 13:55
高山山頂にお飾りを着けた雪だるまを作りたい
と思うほど楽しかった。
次ぎの山ね~。スキー場からの日光白根山や
去年歩いた沢コースから尾根へ出ての社山、
那須岳、安達太良山、クリちゃんの大好きな
谷川岳なんかが候補かな~?
爺のお勧めは明智平から茶ノ木平経由半月山。
ちょっとキツイけど、50代には新春一番目の
山として足繁く通ったもんです。
誰にも踏まれてないからラッセル覚悟だけどね。
2010年01月05日 22:11
3人ともお疲れ様っす。
この日はホント天気が良かったよね。
宇都宮から日光連山を望んでみたら、楽しい悲鳴が聞こえてくるような気がしたよ・・・。毎年3日は恒例山行になっているから一緒に行きたかったな・・・。用事が無ければね~。まぁ、今は仕方が無いっすね。

でも雪山行きて~な~。
今シーズンで1回は行けるかな・・・。
連れて行ってあげたい人もいるから、何とか行きたいんだけどね~・・・。まぁ、あせって行くもんでもないから、気長にチャンスを伺おうかね(笑)
2010年01月05日 23:33
上に掲げた山以外で候補に挙がるのは会津駒ケ岳
とか燧ケ岳など尾瀬の山だろうね。
他には今晩アップした2並びの燕巣山。
1泊できれば八ヶ岳なんかも候補に挙がるん
だろうけど、Nちゃんが連れて行ってあげたい
“愛人28号”のことを思うとグレード面からし
てチョットきつそう。雪遊びできる山を考えよう!

この記事へのトラックバック