官ノ倉山(344.7m)と金勝山(263.9m)

【2月21日 官ノ倉山と金勝山】

埼玉県熊谷市の南西に、
JR八高線と東武東上線が平行して走っている部分がある。
そこに位置しているのが小川町で、
今回の舞台の地であり外秩父七峰縦走コースの基点の町でもある。
画像
北向観音に向かう

狭い小川駅前ではバスの停車は無理なので、
いつも通り、町外れの八幡神社の駐車場を出発点とした。
画像
駐車場の周辺は、ローバイや白梅が真っ盛り
画像
八幡神社:暫らくの間トイレがないのでここでトイレを使わせて
もらってから出発

“外秩父七峰縦走コース”などと聞けば、
誰しもが峰の連なった山岳コースを連想することだろう。
あにはからんや42.195Km のコースのほとんどは町県道であり、
田舎道であったり里道であったり林道であったりする。
画像
穏かな日和に恵まれ、ノンビリと田舎道を行くE・Tの27人
画像
いよいよ山道に踏み入るのかと思いきや、丘を越えるショートカット道
画像
ショートカット道の土手には“冬のヒマワリ”フクジュソウ

丘を越えてから再び田舎道を歩く。
画像
何とものどか。これもまた好し
画像
なおも田舎道は続く。おしゃべりが楽しい。道中に登山者用の
トイレ新設現場があった。ありがたいことだ
画像
田舎道が途切れて里道に変わる。その里道を左折すれば
北向観音、そして石尊山への山道になる

北向観音50m手前の、
針葉樹林に囲まれ薄暗く湿っぽい場所にトイレがある。休憩。
トイレを使わせてもらった仲間は
「出るものも出なくなっちゃう」
と言っていた。
建物はシッカリしているのだが、管理が行き届かないのだろう。
人里近く管理し易い新設中のトイレの完成が待たれる。
画像
北向観音
画像
北向観音におまいりするために15mほど登る

登山道は最初人工の針葉樹林を貫き、やがて常緑樹を加え、
落葉広葉樹と岩が目立つようになると石尊山山頂に到着する。
画像
針葉樹林の登り

暖かすぎて東京のビル群も陽炎の彼方にボンヤリ浮かぶだけ。
赤城山や日光の連山もクッキリスッキリという訳にはいかなかった。
それでも笠山や大霧山など近隣の山々を含め360度の眺望が
得られるので、ザックを降ろし一息入れた。
画像
石尊山山頂:私のコンデジは画角が狭いのでようやく全員が収まった

指呼の距離にあり同標高の(石尊山は244.2m)官ノ倉山を目指す。
軽く降って軽く登り返すとそこが官ノ倉山山頂だ。
石尊山山頂同様360度の展望が得られる。
多くの仲間たちが昼食中。
その一角で私たち27人も昼食を楽しんだ。
画像
官ノ倉山山頂
画像
昼食:この時季なのでカップ麺が多かったし、熱い飲み物も好評だった
から、N添乗員と2人で5リットルほどの湯を沸かした

官ノ倉山からは再び針葉樹林を下り、竹沢の里に降り立った。
のどかな田園風景が広がるこの地区でも登山者用トイレを
新設中だった。
「小川町、ヤルね~~~!!!」

やがて竹沢の町まで下り十字路に差し掛かる。
当初はここを左折して車道を歩き、
南登山口から金勝山に登ることにしていたのだったが、
東武竹沢駅でトイレを使わせてもらうために直進した。
画像
東武竹沢駅前のツツジ通り
画像
東登山口を目指す:ツツジ通りを直進すれば反時計回りで金勝山に
向かえるので、予定を変更して東登山口を目指した

車も通らない。
人も歩いていない。
JRと東武の2つの駅を抱えてはいるが、典型的な田舎町の風情だ。
「第1村人発見~!」
線路をはさんだ向かいの庭先で、
茶飲中のジッチャン、バッチャンたちが人恋しげに手を振っていた。
線路沿いのサクラとツツジの道を離れて左折すれば金勝山への
山道になる。
ただし案内標識は金勝山でなく“小川げんきプラザ”なので要注意。
画像
相変わらず針葉樹と常緑樹の道だ
画像
金勝山山頂:低い標高にもかかわらず展望はイイ。しかし山頂標識の
前に背の高いベンチやボックスがあって記念撮影が難しい

山頂直下に、小川げんきプラザ(埼玉県営だそうな)のプラネタリウム
やら天体観測施設やらが見下ろせる。
息を荒げる暇もなく施設に到着する。
相当な投資を必要とした施設に思えるのだが、
閑散としていて人っ子一人として見かけなかった。
今日は日曜日なのに・・・。
画像
研修棟、体育館、宿泊棟、キャンプ場などの複合施設らしい
画像
ダンコウバイ?:花好きの仲間たちも私も首を傾げた花だったが、
香りは間違いなくダンコウバイそのものだった

迎えのバスに乗り込み“パトリア小川”で汗を流して帰途に着いた。
「登山には物足りずハイキングにはチョット厳しいかったな?」
と言った感じのまったり山歩き。
今年のデイダラボッチの山歩きは軟弱すぎるね。

*27日(土)と28日(日)大川戸駐車場9:00集合で、
 旧大川戸鉱泉付近の桧残材整備(除去)作業をします。
 手すきの方の協力をお願いします*
*3月6日(土)益子町中央公民館駐車場7:00発で
 “ツール・ドましこ”を歩きます(所要時間9時間30分ほど)。
 里や雨巻山の花々がイイ頃です。現在の参加者は14人。
 飛び入り歓迎です*
*3月23日(火)にバスツアーで43人(現在のところ)が雨巻山に
 やってきてくれます。火曜日なので手が足りません。
 大川戸駐車場9:30発。どなたかボランティアをお願いします*

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

軟弱K
2010年02月23日 10:55
日曜は近所に来られたのですね、寄ってくれれば・・・手を振ったのに(~_~;)
結構忙しい日曜でした(^^ゞ
明日はマッタリ雪と戯れてきます。
2010年02月23日 16:43
今回は熊谷から県道11で小川町に入ったけど、
外秩父七峰縦走の時なんかは嵐山小川ICで乗降
したほどだから、東松山はホントすぐ隣だね。
手を振ってくれるだけじゃなく、差し入れしてく
れるんだったら遠回りしたのに・・・
八ヶ岳、思いっきり楽しんできてください。
谷川岳、日程が合えば連れて行って欲しい
軟弱K
2010年02月25日 11:46
朝の差し入れですか?
拉致られるのが目に見えている(@_@)

昨日、ちょっと無理をしたら大腿筋に炎症が・・・若くありませんです(-_-;)

谷川にご一緒でいたら楽しいですね(^O^)/
2010年02月25日 16:28
素晴らしい天気と雪に恵まれた、文句のつけよう
のない八ヶ岳だったようで羨ましい限りです。
爺はもっぱら低山歩き。21日:官ノ倉山、22
日と23日が雨巻山、24日は藤坂ロックガーデ
ンで岩トレ、25日も雨巻山。
25日の雨巻山は降雪が続いた後にポカポカ陽気
がやってきたので、マンサクが一斉に咲き出し、
山中黄緑色でにぎやかです。
谷川岳の計画、連絡待ってます。
2010年02月27日 19:36
谷川岳の計画・・・ヨダレでますね・・・。
しかし今年は、オイラはムリか・・・泣
朝日も行きたいんだけどね~・・・。
今期は忙しいので、来期にウップンを晴らすべく復活するぞ~~~!!楽しんできてください・・・号泣
2010年02月27日 21:33
予定は未定で燕巣山同様谷川岳もどうなるかな?
でもヨーロッパアルプスの計画があったり、
個人的に大きな計画があったりで、
今年の爺は忙しくなりそう!
さしあたっては、お袋さんの90才の誕生祝いと
かち合ってしまって実現できなかった2並びの燕
巣山へ、数字にこだわらずに出かけようかな?

この記事へのトラックバック