雨巻山情報

【10月17日(水) 久しぶりに純粋な雨巻山登山】


10月に入ってからの私の雨巻山通いは5・6・8・9・10・13・14・15・16日と
異常なほどにマメだ。
とは言っても整備で登った13日と14日以外は山頂に届いていないのだが。

IさんとYさんから「17日にイッシーの600回登山のお祝いを山頂でしましょう」
との声がかかったので、久しぶりにアオイを同行して作業のない純粋登山をした。
とか何とか言いながらも水切り作業などの“ながら登山”になってしまうのは、
“雨巻山のデイダラボッチ”としての悲しい性なんですかね~。

私たちは三登谷山から山頂へ。イッシーは1周した後に大・雨・沢コースから。
山頂でそれぞれが持ち寄ったご馳走(煮込みうどん、お汁粉、煮付け、煮物、
果物、コーヒー、ノンアルコールビールなど)を並べ
「おめでとう~!」

私の雨巻山登山道整備も何とか18年目に突入した。
自分自身に対してひそやかに「よく頑張ってきたね~!」



【10月18日(木) 車止め用檜材搬出作業】


車止め用材としての間伐材が欲しい私と、
檜林を間伐して欲しい山本地区のAさんとの思惑が一致したので、
アクツさん率いる栗生組5人と私とミッキーとの7人で雨中の作業を敢行した。
木がかり(伐った木が立ち木に引っかかってしまう)が頻繁に発生したり、
時季が悪いので檜皮がなかなか剥けなかったりと思いのほか苦労した。

そんな訳で作業は完遂できなかったものの、
必要本数の2100mm×33本を上回る40本を駐車場まで搬出することができた。
全ての段取りを推し進めてくれたアクツさん、
雨中ずぶ濡れになりながら手伝ってくれた皆さん、
どうもありがとうございました。

そして山本地区のAさん、
間伐材の提供だけでなく温かく美味しいうどんまで・・・、どうもごちそうさまでした。

折を見ながら檜皮を剥いで、
雨巻家族と協力しつつそれほど多くはなくなった作業を仕上げるつもり。



【10月19日(金) 檜皮剥き】


駐車場へ檜皮剥きに出かけた。
イワちゃんを見送り、1周して戻ってきたイッシーを迎えて協働作業。
必要な本数33本に対して皮の剥き終わった丸太は19本でしかないので、
少なくとも14本の檜皮剥き作業が必要。
だけど、最も苦手な中腰姿勢の檜皮剥きは腰に堪えて苦痛でしかない。
なので僅かの作業だけで中止して、
昼食後、イッシーが必要としていたシュラフを求めに小山市のモンベルに出かけた。
マイナス4℃(最高マイナス15℃まで対応)の3シーズンシュラフとシュラフカバーとで
4万数千円也の出費。
更に求めたばかりのザックが体にシックリこないというので、
40~50Lほどの容量のザック探しに費やしたが納得いくものに出あえなかったので、
後日アルペン&ワイルドワン・好日山荘・ICI石井スポーツに出かけることにした。

イワちゃんの友達で「山を始めたい」人たちが3人いるそうなので、
そちらにもお付き合いしてアドバイスをしてあげようと思っている。
初心者は、誰にも相談することなく買い求めてしまって失敗するケースが多いからね。



【10月20日(土) 春日部支部会員3人と雨巻山】


春日部のカツマサさん、ちいさん、ちいさんのお父さん(81歳)は
「イッシー・ファンクラブ春日部支部会員NO1~3」だそうな。
その3人とウララとアオイとで、8:40発で雨巻山を時計回り1周した。
遠来の客を迎えておきながらも私は相変わらずの“ながら整備”。

81歳とは言え月一程度の山歩きを長年続けているので相当な健脚。
足尾沢コースのロープのかかった岩場でも、脚運びに全く揺らぎがなかった。

足尾山から御岳に向うクサリ場に、万が一のトラブルに備えてクサリの補強をし、
御岳山頂で一服。
すると登り初めに出会ったトレランの若者と再開した。
ってことは1周で1時間ほどしか要していない計算になる。若さってスゴイ!

画像
春日部のI家
ご一行。アイドルのロイミー♪ちゃんは「倦怠期」?中につきお休み。
ロイミー♪ちゃんの「山好き高校生の日記」でもちいさんの「少年・・・みたい・・?」でも顔は非公開なのに
勝手に公開しちゃいました

画像


画像



山談義しながら更に順調に歩を運んでいると“猪転げ坂”でイッシーから電話。
山頂で腹ペコで待っているに違いない。
作業も程ほどにして11:30山頂到着。

I家のカツマサさんとちいさんは共同作業で美味しいホットサンドを作ってくれ、
ウララは大量の稲荷寿司やら味付け卵などを並べ、ランチタイム突入。

画像
ちいさん

画像


画像
大賑わいの山頂

画像


画像
バウルー?で作るとっても美味しいホットサンド

画像
自治医大の看護師さんたち


展望塔まで腹ごなし。
降られる心配はコレッポッチもなかったけど何故か霞がかっていて遠望は筑波山まで。
まっ平な関東平野の何処にもツリーやらビルやらの突起物は見当たらなかった。
それはそうと展望塔の傷みが目立ってきたな~。
構造材の交換とか補強が早急に必要な感じ。

画像
トリカブト

画像
コウヤボウキ大当たり。ツクバネは外れ


下山は標識の改良・変更・交換・増設の“ながら歩き”で三登谷山を目指した。
これで少しは見やすくなったかな?

画像


画像


画像


画像



駐車場に戻りつくとAさんが1人で檜皮剥きの作業中だった。
イッシーと私も共同作業に加わったものの、私の腰が拒否するのですぐにリタイア。
代わってカツマサさんとちいさんが挑戦。

画像


画像
一朝一夕でコツを習得できる筈もないが、時間の経過とともに見る見る上達


前回の整備作業を含め遠方からどうもありがとう。
またね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちい
2012年10月22日 17:32
デイダラボッチさん、こんばんは。
20日は大変お世話になりました。いつも家族や夫婦や一人で登っているので、大勢で歩くと楽しいねぇとおじじも喜んでいました。イッシーさんももう一回登ってくれてありがとうございました♡
P.S. 顔を出す時は遠目で美人に見えるやつでお願いします(笑)
2012年10月22日 18:16
ちいさん、こんばんは。
最近は、誰に対しても如才なくふるまう人を軽んじて「八方美人」って言うようだけど、本来の意味は「どの点から見ても欠点のない美人」なんだよ。
ちいさんのためにあるような言葉だね
谷川岳、最高でした~!

この記事へのトラックバック