雨巻山情報

【12月7日 嬉しい手紙】


月1回の割合で
「月別雨巻山登山者人数」を益子町役場産業観光課観光係に報告している。
今年の雨巻山登山者は11月末現在で23300人ほど。

その際「嬉しい報告がありますよ」と渡されたのが益子町長宛のハガキのコピー。
〇〇〇〇スポーツクラブ内 栃木百名山トレッキングクラブ Nさんからのものでした。
原文のまま伝えさせてもらいます。

「前略 一昨年に高峰、そして11月28日に三登谷山~雨巻山~足尾山を縦走いたし
ました。大川戸の駐車場、イラストマップ、登山道の整備、案内看板の設置など、
町産業観光課、観光協会の皆様のお骨折りを大変嬉しく感じました。
私たちは栃木百名山を楽しんで登るグループですが、
今回参加した17名は皆さん全員が「感謝」の言葉を発しました。
益子焼を購入するため町内を散策したりしていますが、
雨巻山で益子町の暖かい心を見たような気がします。
これからのご発展を心から祈念します。県内で一番です!」 




【12月9日 間伐材伐りだしや搬出など】



画像
アイダ宅に設えられたベンチ。ここで夢を語り合いながら昼食をご馳走になった。おはぎ、ぼた餅、稲荷寿司、おにぎり、お汁粉、
けんちん汁、お浸し、漬物などなど


益子町山本地区のアイダ宅に集合したのは、
アクツさん率いる栗生組が8人、雨巻家族が5人だった。

手分けして作業に当る。
既にきらめ樹間伐しておいた檜を伐り倒して庭先まで運ぶ。
間伐して開けた一帯を除草機で刈り払う。
檜数本を間伐して搬出する。
植林したサクラの日当りをよくするためにコナラの大木を切り倒す。
庭先にベンチを造る。
そのベンチに座ってみんなで食事をご馳走になる。
オマケで、K宅の杉林の間伐材を林道傍まで下ろす。

画像
作業の途中でお茶休み

画像
檜を間伐

画像
コナラを伐り倒す準備中。作業者はこの道のベテランTさん

画像
「倒れる~!」二股になっていたもう1本ともども狙い違わず見事な着地

画像
この日運び出した間伐材。一部檜皮も剥いた


私たちが駐車場で作業をしていると時々、
「ログハウスを建てるんですか?」などとトンチンカンな質問を受けることがあるが、
多くの方々は作業の趣旨を理解してくれていて
「ご苦労様!」とか「ありがとうございます!」と声かけしてくれる。
それはウッド・チップ作業でも同じことが言える。

それだけではなく、
トイレットペーパーや芳香剤を定期的に持って来てくれる人がいるかと思えば、
手洗場の石鹸を持って来てくれる人とか
「募金箱を設置すべき」だと提案してくれる人もいる。


雨巻山は着実に“みんなの雨巻山”になりつつある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

栗生A
2012年12月10日 19:14
昨日は、お疲れ様でした。
美味しいおはぎご馳走様でした。
雨巻山で、暖かい心を感じて、
雨巻山は県内で一番です!・・・
素敵なコメントは、
本当に嬉しい手紙ですね。
もっと沢山雨巻山に、
行けるように頑張ります。
2012年12月10日 20:54
栗生Aさん、こんばんは。
ハガキのコピーを既に見ているということを
知らない観光係のとある女性が、
今日わざわざコピーを持ってきてくれました。

明日4時発で御在所岳に出かけるというのに、
まだバタバタしてます
現地は何十年来の大雪に見舞われてしまったので、
登ることができるかどうか微妙なところです。
雨巻山は13日まで休ませてもらいます。
和子&徹也
2012年12月10日 21:47
デイダラボッチさん 色々な皆さんの協力により雨巻山が素晴らしい山なんですね。
今年の登り納めは雨巻山にと思ってます。
御在所岳無事登れる事を願ってます。
2012年12月13日 22:49
和子&徹也さん、こんばんは。
11日は伊吹山から琵琶湖の竹生島観光に切り替え。
12日は5:30に家族2人と下見に出かけた結果、
「何とか登れる!」と決断して登山を決行。
雪・雪・雪の上山頂は氷点下4℃でしたが、何とか
目的は達成しました。それどころか、思ってもみな
かった記念バッジをもらったり、その夕刻のフジテレビで家族数人が映し出されたり・・・。

私自身はカメラ操作をミスして全てをパーにしてしまったけど、後ほどどのような形かで超愉快だった様子を何とか伝えたいと思ってます。
記憶に残る山旅でした。
セとナ
2012年12月14日 11:07
お帰りなさい。
目的達成できてよかった♪
文面からとっても楽しかった様子が伝わってきて見ているほうも楽しくなりました。

カメラは残念だけど楽しさ&愉快さは伝わると思います
2012年12月14日 21:18
セとナさん、こんばんは。
押し寄せる荒波の波間を縫っての御在所岳でしたが、往復の車内と竹生島観光を含め、不安の占める割合が高かった分私自身は大満足できました。
今日は事後処理と中3日空いた雨巻山の1日。
明日は借り物の写真で報告したいと思ってます。

この記事へのトラックバック