数字遊びの山・御在所岳(1212m)

’12年12月12日12時12分12秒に、
雨巻家族(18人中)12人が、
標高1212mの御在所岳(三重県と滋賀県の県境)に立ち、
「6、7、8、9、10、11、12、ヤッホー~!」の雄たけびを上げてきた。


画像
御在所岳ロープウェイ山頂駅レストラン・アザレアよりの御在所岳山頂



【12月11日 琵琶湖の竹生島観光】


益子4:00発~真岡IC~北関東道~東北道~首都高速~東名高速~名神高速~
長浜IC~長浜港12:30着13:15発~琵琶湖汽船~竹生島13:45着~
宝巌寺など見学~14:45発~長浜港15:15着15:25発~長浜IC~関が原IC
~R365~R306~R477~菰野町・湯の山温泉・湯の山ロッジ17:10着(泊)



近年にない大雪に見舞われたことで計画に破綻を来たす心配に悩まされたり、
参加者15~20人の目標に中々届かず苦戦していたにもかかわらず、
最終的には18人(20人中2人が事情あって不参加)ででかけることができた。

東京を抜けるまでは早朝発ということもあってウツラウツラ。
東名高速に入ってからはお目々パッチリ、口元も休まらず。

それに“バスなか”は何てったってビンゴだよね。
上位の商品は防水スプレーとか保温マグカップといった豪華商品?
下位の商品は雨巻山整備用の携帯火鋏とか山用ペティ・ナイフなどの実用品。
その全てがナップザック兼インナーに入っていてご丁寧にもビニール袋に包まれている。
外れなしなのでみんなニコニコだし、ビニール袋は“バスなか”のゴミ袋という訳。

画像
東名高速からの富士山。窓越しなので写りは芳しくないが、それはそれは見事なまでの美しさだった


初日は伊吹山(日本百名山)登山の予定だったのだが、
ドライブウェイ閉鎖のため、急遽、琵琶湖の竹生島観光に変更した。

画像
長浜城

画像
長浜港と竹生島を結ぶ琵琶湖汽船


所要時間30分で竹生島に上陸。
周囲たった2Kmの小さな竹生島には、
宝巌寺唐門(国宝)・都久夫須麻神社本殿(国宝)・宝巌寺観音堂(重文)・船廊下
(重文)・五重石塔(重文)などの他、三重塔・弁財天堂・護摩堂などの文化遺産が
点在していて、
70分の見学時間では物足りないほどだった。
ただし気温4度で冷たい雨が落ちていては長居は無用。
帰りの船は10分早く出港した。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

画像




【12月12日 銀世界の御在所岳登山】


「きのう、2012年12月12日はいわば12の日だった。西暦の年月日が同じ
数になる日はもう22世紀までない。この種の並びに無頓着な向きには
どうでもいい話だが、星占いの十二宮(きゅう)で知られる通り、12は
「宇宙の秩序」を表す数でもある。」
                             
                             13日の朝日新聞・天声人語より引用




昨日通った関が原IC付近は田畑も屋根も真っ白。
湯の山ロッジ周辺も凍っていたり雪が残っていたり。
そこで登山リーダーのモリちゃんとマーちゃんを伴って、
暗闇の中5:30発でコースの下見にでかけた。
1時間40分ほどの下見で「登れる!」と判断できたのでみんなに準備を促した。


湯の山ロッジ8:00発~裏道を登り、ダイレクト又はスキー場リフト使用で12人が~
山頂12:12着(残る6人の内4人はロープウェイ山頂駅からリフトで山頂、2人待機)
~レストラン・アザレアに集合して昼食、3つある山頂の1つで記念撮影~13:40発
~5人が中道を降り、13人はロープウェイで下山~湯の山ロッジ16:20着(泊)



画像
出発前の様子

画像
ロッジ側から見上げる御在所岳

画像
御在所岳と御在所岳ロープウェイ

画像
御在所岳の裏道コース

画像
見る見る間に雪が増えてきた

画像
同上

画像
雪の積もった丸木橋を渡る。「みんな、腰が引けてるよ!」


裏道は沢に沿って登る一般コース。
途中には2軒の山小屋もあるが、1軒は廃業(?)藤内小屋も閉まっていた。

画像
藤内小屋にて。ここでアイゼンを装けた人も

画像
フワフワ

画像
5合目。この付近には?ツバキが多く見られた

画像
兎の耳

画像
齢(よわい)75才の御在所岳登山リーダーのモリちゃん。御在所岳はモリちゃんの
ホームグランド

画像
藤内壁

画像
雪道を登る

画像
巨木


藤内壁や兎の耳などの岩場は見られるがどちらかと言えば裏道は沢沿いの樹林の道。
日当りが悪い分岩場よりも雪が豊富なので多少難儀する。
でも、雪って温かいよね~。
キレイだよね~。

画像
フカフカ

画像
ビューティフル

画像
国見峠で山頂に続く稜線に出る

画像
私は最後尾を担っていたので到着が遅れ、ロープウェイ山頂駅から山頂までこのリフトの世話になった


先頭グループの12人は色々な手段(登山道&スキー場を登るか途中からリフト使用)
を駆使して、何とか12時12分12秒をカウントする前に到着できたそうな。
18人中12人だけが間に合ったという事実には不思議な巡りあわせを感じますね~。

画像
7社のカメラマンが放列を敷いて待ち構えていたとか。ロープウェイで登ってきた客を
含め150人ほどが「6、7、8、9、10、11、12、ヤッホー!」を叫んだらしいが、
12時12分ギリギリセーフの雨巻家族が何故か中央に陣取っていて、
その日の夕方12121212・・・のイベントの様子としてフジテレビで放映された

画像
1212121212121212達成と、登頂記念証&記念バッジをゲットしてにニコニコ顔


テレビの取材。
「どこから来たんですか?」
「栃木県から11県を跨いでやってきました」
「へ~!そんな遠くから・・・?どうしてこのイベントを知りました?」
「私たちは昨年の11月にこの行事を決めていて、イベントは偶然です。
平成12年12月12日12時12分にも1212mの群馬県の高田山に登ったんですよ」
「え~!?御在所岳以外にも1212mの山があったんですか!?」

バラバラだった18人がレストラン・アザレアに集合して昼食を摂った。
余りにも寒かったので酒や焼酎をあおってしまった家族が数人いたりして。
ペチャペチャクチャクチャ・・・、ワイワイガヤガヤ・・・、ワッハッハアッハッハ・・・、
「・・・・・だっぺ~!」言葉が飛び交いレストラン内はいっとき訛り言葉の坩堝と化した。

この時点で、ほとんどの家族が歩いての下山を諦めていたようだ。
そしてタイムリミットの13:30、3つほどある山頂の内の1ヶ所で全員集合の記念撮影。

画像
雪で顔のこわばった笑顔。山頂の気温マイナス4℃


13人はロープウェイで降りることにし、5人だけが岩の多い中道を降った。
その中道には地蔵岩とか暴れ岩とかの奇岩怪石が数多く見られたのに、
私がミスを犯して写真はなし。
上の写真も下の写真もみんな借り物。
なんとも悔し恥ずかし雨巻家族に申し訳なし・・・。

画像
登頂証明、記念バッジなど



【12月13日 馬籠宿と妻籠宿】


湯の山ロッジ7:45発~四日市IC~小牧JCT~中津川IC~馬籠宿・妻籠宿散策~
R19~塩尻IC~長野道・上信越道・北関東道など~真岡IC~益子20:40帰着



ネットで探し当てた湯の山ロッジは、
リーズナブルな宿泊費にもかかわらず料理よし、お湯よし、(部屋は10畳に3~4人
でまずまず)、大満足できた。
みなさんも機会があれば是非ともお泊りあれ。

帰途は中山道の宿場に遊んだ。

画像
馬籠宿

画像
同上

画像
同上の吊るし柿

画像
妻籠宿

画像
R19からの南駒ケ岳と仙涯嶺

画像
R19からの御岳


自分自身にはミスばかりが付きまとったけれど、
参加者には概ね好評だったようなので、今、ホッと胸を撫で下ろしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

軟弱K
2012年12月17日 01:23
滋賀には毎年お盆に行きますが、たいていアルプス後なので何処にもそそられる事が無く・・・^_^;

12並びは帰りのラジオで知りました(-_-;)
御在所は遠いな・・・
モリ
2012年12月17日 09:59
何十年ぶりの雪に見舞われ、行程の変更を余儀なくされる等、
リーダーの心労はいかばかりだったかと思います。
12.12.12.全員が登れてよかったですね。
私も懐かしい山に登れたことと、
何より皆さんに喜んで頂けたことで大満足でした。
さて、名物のヤゲンボリはいかがでしたか?
御在所岳と雨巻山比較するには無理がありますが
これからも登山道の整備おねがいします。
ありがとうございました。
2012年12月17日 09:59
Kちゃん、おはようございます。
確かに御在所岳は遠かったけど、車内が静まる時なし、お湯よし、料理よし、山は勿論いうことなし、
行き帰りの観光もよし、+αいろいろあり、で、
ホント!たのしい数字遊びの山でした。
でもこうしたイベントの成否は、
結局は参加者の人柄に負うところ大なんだよね。
2012年12月17日 10:09
モリちゃん、おはようございます。
登山リーダーの大役、お疲れ様、そしてありがとう。
概ね喜んでもらえたようで私も大満足してます。
鈴鹿山脈の御在所岳とでは規模が違いすぎるので
一概に比較検討はできないけど、
「雨巻山にだけはヤゲン堀を造らせない」
「フカフカの道を取り戻す」
の信念は益々強くなりました。
お互い楽しく整備に当りましょう。
ほて
2012年12月17日 16:50
11~13日とお世話になりました。
モリちゃんには、良い山を案内していただきました。

姪の配偶者が長浜出身なので黒壁スクェアに興味があったのですが…竹生島も滅多にない機会だったので良しとしましょう(^^ゞ   
琵琶湖近辺は歴史ある名所、旧跡が多すぎて、栃木からは遠すぎて…

本来の目的である御在所岳登山はかなったし、藤内壁もこの目で確認できたし、雪山にむけての予行練習?にもなったし満足です。

雨巻山サンセット、サンライズ登山はかくかくしかじかの事情がありまして残念です

これからも、みなさまの登山道整備に感謝しながら歩かせていただきます。
2012年12月17日 19:55
ほてちゃん、こんばんは。
長浜には沢山の見所があるけど、何としても時間
が足りず竹生島だけで精一杯でした。残念無念!
でも御在所岳では、男性4人に負けじと岩々々の
中道を降り、地蔵岩を間近に眺め、暴れ石が倒れないように押し戻し、藤内壁の上にも立てたのだから、
万々歳だったよね。
サンセット&サンライズ登山は、
かくかくしかじかだけで了解。御身大切に。
セとナ
2012年12月18日 16:15
こんにちは。
寒くても雪山は別物ですね。
皆さんの笑顔からとっても楽しかった様子が伝わってきます。
遠かった分喜びも倍ですね。
2012年12月18日 19:29
セとナさん、こんばんは。
数字遊びの御在所岳は、121212121212
12を抜きにしても楽しめた山でした。
ちょっと遠かったけど車内も飽きることがなかったし、おしゃべりと笑顔も途絶えることがなかった。
「来年はアカヤシオやシロヤシオの頃に訪れよう」
との話が持ちあがっているほどです
和子&徹也
2012年12月19日 22:00
御在所岳の雪山ハイキング楽しそうですね。
皆さんの笑顔が素敵です。
御在所岳と馬籠宿・妻籠宿まで楽しんで最高でしたね。
車内の様子が目に浮かびます。
2012年12月19日 22:16
和子&徹也さん、こんばんは。
自分で言うと手前味噌になってしまうけど、
思い描いていた以上に楽しい山旅ができました。
Kちゃんへの返信にも書いたように
「事の成否は人次第」
のような気がします。
ヨンアとピヨコ
2013年01月01日 21:18
あけましておめでとうございます   今年もよろしくお願いします京都は楽しかったですか?京都は伝統文化があってわたしたちも行きたかったよ雪の中大変だったね今度また山へ連れて行ってね楽しみにしているよ    
2013年01月02日 17:51
ヨンアとピヨコちゃん、
あけましておめでとうございます。
今日、お年玉持って行ったのに会えなくて残念!
新学期が始まる前にまた遊びに行くから、元気寿司
にするかビッグボーイにするか決めといてね。
どこの山に登るかその時に相談しよう!

この記事へのトラックバック