雨巻山情報:小さな春見~つけた

両手指先に異常が出てから、
痺れたり痛んだりの症状のためキーが打ち難く、
またどうしても気が乗らずに打ちかけ打ちかけで日が過ぎてきてしまいました。
でも当人はいたって元気!
2月は28日中24日は山に登っているか整備にでかけているかでした。
3月になっても皆勤賞です。

「リアル・タイムで雨巻山の情報を発信する」
という雨巻山情報の趣旨からは程遠いブログになりましたが、
「遅ればせながら・・・」です。


画像
“岩の道・階段の道”標識の手前から、右手奥の尾根を黄色に染めている
マンサク(2月22日に撮影)


2月20日 大・雨・沢コースはまだ真冬

画像
ミニ華厳の滝

画像
渦模様

画像
凍える岩

画像
ミニ竜頭の滝



【2月22日 カタクリ園地の篠刈りをしました】

今年の冬が如何に雪多く寒さきつく自然に厳しいと言えど、
3月ともなればカタクリが枯葉の布団の下で地下茎をグングン伸ばす。
なので、
地下茎を傷めないための2月中の篠刈りは恒例行事となっている。

この日手伝ってくれたのはAちゃんとMちゃんの2人。

篠刈りの範囲を北斜面下部にまで広げる(後々周回コースとするため)と共に、
それに伴う倒木処理も丁寧に行った。
28日には周回コース予定地に仮ロープを張り、
コース内のカタクリを花季終了後に移植する予定。



【2月24日 小さな春見~つけた】

実際には20日に確認していて撮影したのも22日。
しかしながら指の不調でパソコンに触れる気も起こらず、
1週間遅れの今日(27日)の報告になりました。

画像
マンサク

画像
同上

画像
同上

画像
同上

画像
コシアブラの木

画像
本シキミの蕾はまだ固かった

画像
ミヤマシキミ



【お知らせ】

“済州島・ハルラ山登山”については詳細を伏せていましたが、
「金額の問い合わせをした上で不参加はし難い・・・」との意見が寄せられました。
旅行代金、他は下記の通りです。

旅行代金:119000円
以下別途料金
燃油サーチャージ:6000円ほど(原油価格により変動があります)
国内空港使用料:2040円
旅客保安サービス料:500円
海外空港税:2000円
宇都宮・成田往復バス料金:6500円ほど(参加人数により変動があります)
*1人部屋希望及び個人的な海外旅行保険加入も別途料金になります*

なお、魅力のポイントは、
1:気心の知れた自分たち20人限定のツアーです
2:済州島の3つの世界遺産を訪ねます
3:花の最もキレイな時季にあわせました
4:天候次第で2日目と3日目のメニューを交換できます
5:海鮮料理、カルビ焼き、石焼ビビンバなど食事にこだわっています
6:4日間をフルに活かした(朝から晩まで無駄なく行動する)企画です

(注)3月3日現在の確定者は14人です




【2月26日 赤羽保育園の“がんばりハイク5”雨巻山登山】

画像
赤羽保育園・総勢43人による記念撮影


赤羽保育園の“がんばりハイク5”雨巻山登山は、
園児26人+父兄13人+先生方4人+園児見守り隊11人の54人構成。

明日は雪から雨の予報だけれどこの日は上天気。
小さな体格の園児にとって危険極まりない凍結部分は改善済み。
マンサクも咲き出している。
園児26人にマンツーマンで対応しても余裕あるサポート隊。

万全の環境に恵まれてシュッパ~ツ!

画像
理事長の挨拶

画像
デイダラボッチの挨拶

画像
林道を行く。予定コースは駐車場~林道終点~大・雨・尾根コース(通称幼稚園コース)~山頂~メインコース迂廻路~林道~駐車場

画像
林道を行く

画像
大川戸鉱泉跡のアムとマルに挨拶してから林道終点で一休み。「ここからが山登り!」と理事長先生から発破をかけられる。父兄に向けた言葉かな?

画像
通称“幼稚園コース”を元気よく登る

画像
2度目の休憩。マンサクを説明しても園児たちは興味なし

画像
更に登る

画像
縦走路出合で3度目の休憩

画像
再スタート

画像
縦走路を行く。“園児見守り隊”のメンバーのニックネームを教えたところ、すぐに覚えてしまった。最後尾を歩く一番人気のIちゃん


4月には小学校に上がる年長組にとって雨巻山はチョロイようで、
元気を持て余したまま呆気なく山頂に着いてしまった。
父兄も先生方もみんな若いので余裕綽々。
理事長先生は?と言えば、
勝田マラソンに仲間6人と出場(5時間強。最上位成績は2時間50分の父兄、
最下位成績は6時間強の女子先生とのこと)して完走したほどだし、
劔岳などアルプスにも登る山男なので心配ご無用!

火曜日だというのに山頂は結構な賑わい。
小貫の愛宕神社から高峯を越えてやってきたyamasanpoさんとヨシエちゃんの
顔も見られたし、雨巻家族のY&OちゃんやHちゃんなどにも出会えた。

画像
雨巻山頂。すぐにお昼ごはん。順番に展望塔へ

画像
yamasanpoさん&ヨシエちゃん、お尻だけでごめんなさい

画像
山頂の様子

画像
記念撮影。ン?!1人足りないゾ。1番目の写真には全員写ってるネ

画像
“園児見守り隊”の11人


小1時間山頂を楽しんでから全員元気よく下山

画像
下山。いつものことながら、帰りには仲良しになって手をつないで歩きました

画像
モリちゃんに手伝ってもらって急遽補修した“階段の道・岩の道”の凍結部分
です。間に合ってヨカッタ!


駐車場に戻ると園長先生から、
園児見守り隊に対する飲み物とご厚志をいただいた。
加えて、
雨巻山整備基金にも寄付をいただいた。感謝!感謝!



【2月26日 平均年齢68.5才、スケッチにチャレンジ】

先生はハツちゃん(保育園の子供たちがクララと命名してくれたので近く
ニックネームを変更するかも?)。
生徒はモリちゃん、イッシー、テルちゃん、ヤナちゃん、ウララ、私の6人。
それぞれの作品は一応スキャンして取り込んだけれど、
まだお見せする段階にあらず。
その内お見せする機会が・・・・・あればいいんですが・・・・・。



【2月28日 カタクリ園地のロープ張り終了】

少しだけ刈払いの範囲を広げたりしてから、
周回遊歩道敷設予定部分の地面にロープ張りをしました。
このロープ内に咲いたカタクリを、
園地内に移植してから杭打ちをして遊歩道を完成させる段取りなので、
本格的な運用は来春になります。
乞うご期待!



【3月2日 女峰山敗退の記】

2月23日24日は“ビバ雪山!第5弾:女峰山”だったのだけれど、
私の両手指先の不調で中止の憂き目を見た。
そのことがなんとも悔しかったので、
保温性の高いグローブを買ったり軽量化(小屋内に張る3~4人用のテントから
ツェルトへ、コンロセットを2組から1組になど)を図ったりして
1人でコッソリ出かけた。

益子5:20発~白糸滝P6:45発~殺生禁断碑7:45発~稚児ケ墓8:25発
~水場9:00発~1750m付近10:00着(食事)10:15発~1913m地点より
退却10:45着発~白糸滝P12:30着


日光宇都宮道路からは男体山も目指す女峰山も見えず。
「いい天気の予報なのにな~?」

画像
白糸滝Pからちょっと下って石段を上る

画像
登山口となる行者堂

画像
殺生禁断碑

画像
稚児ケ墓。ここまで雪はほとんどなし。これ以降は雪がつながった

画像
水場。笹原&強風帯&日当りがいいので雪がない

画像
白樺金剛。落葉松とダケカンバとツツジの混合林なので積雪は股下程度ある。
でも表面がクラストしているので20~30歩に1度程度落ち込むだけ

再び笹原になって雪が着いていない場所に出る。
風は周囲の梢を揺すり続けていたが、
無風スポットを見つけたので朝食昼食兼用の食事を摂った。
保温性の高いグローブを装けていてもカメラを構える度ごと指先がジンジンした
が、食事のため5分だけ薄手の手袋でいたところ痛みを感じ出したので、
急いでグローブを装着した。
「体感気温はそれほど低くないのに・・・?」

再出発。
八風手前で尾根に出ると結構な風。
な~んにも見えず雪まで舞いだした。
風花などと言う生易しいものではなく明らかな降雪だ。
黒岩遥拝石10:45着で昼食の予定だから、
既に済ませた昼食時間を差し引けばドンピシャの時間で歩いていることになる。
あと2時間も樹林帯を歩けば唐沢小屋に入れる。
ちょっとした風と雪だけで破綻を来たすような要件は見当たらない。
「だけど指が・・・指先が痛い!」
痛みは気力をも奪う。
一瞬の逡巡もなく踵を返した。



【3月3日 マンサク満開近し】

雨巻山はマンサクが満開に近く、ダンコウバイも今週中には開花間違いなし。
シキミもクロモジも蕾を膨らませています。
どうぞ遊びに来てください。

画像
今日のマンサク

画像
“雨巻山スタンダード”キャタピラー大作戦の成果

画像
“雨巻山スタンダード”リ・リーフ運動実践中のイシちゃん

画像
“雨巻山スタンダード”ウッド・チップ・プロジェクトの成果

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

石川@
2013年03月04日 04:06
♪庭のさんしゅの木 鳴る鈴かけて
ヨーオー ホイ
鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれヨ♪
まさに、そういう感じですね。
春、近し。
どこへ行こうか、悩みは深くなるばかりですね。
2013年03月04日 07:36
石川@さん、おはようございます。
グッド・タイミング。私の庭のサンシュユの黄色
もチラホラ目立ち始めました。
トサミズキ、クリスマス・ローズ、ムスカリも。
雪山がダメと分かったので、石川@さんのように
フクジュソウやセツブンソウなどの花に癒しを求
めようかと思います。私の家から1時間圏内にも
結構なポイントがあることだし。
穴場的お勧め処がありましたら教えてください。
石川@
2013年03月04日 09:54
おはようございます。
まだ、時期的にどこも早いので悩むところですよね。
昨日は、今年初のヤマウドを採ってきました。水戸の高速道路の近くの篠藪の中です。ここは、日当たりが良く、毎年ひそかに楽しませてもらっています。たぶん、yamasanpoさんのお宅の近くです。
この才丸の福寿草は見てくる価値は有ります。
原種です。個人の家の裏山に、一万株も有るなんて凄いですよね。当然、無料です。
道は、常磐道を北茨城ICで降り、花園神社に向かいます(県道153号線)。水沼ダムを過ぎ県道27号線にぶつかります。するとそこに、右折 才丸と標識が有りますので、これを道なりに進むと才丸の部落に出ます。部落の入口の左側の最初の家です。車は路肩に止めるしかありません。1~2時間は広いので楽しめます。なお、門扉を開けてもらわなければならないので、家人に声を掛ける必要が有ります。ここで、それなりに楽しんだら道を戻り、和尚山辺りか花園奥の院山が良いかと思います。
30分ぐらいで登れてしまいますが。
2013年03月04日 16:10
石川@さん、こんにちは。
懇切丁寧なコメント、ありがとうございます。
10年も前のことですが、栄蔵室や花園山付近を
たった2度とは言え歩いたことがあります。
石楠花が見事だったこと、付近にタラノメの群生
地があったことなど覚えています。
3月中にフラワートレックを数回予定しているの
で、才丸の福寿草を早速計画に載せてみます。
和子&徹也
2013年03月04日 18:15
デイダラボッチさん 指の調子は如何ですか?
先日頑張りハイクで園児達と雨巻山様子をyamasanpoさんのブログで拝見しました。
ブログの更新がないので心配してました。
ちい
2013年03月04日 20:39
デイダラボッチさん、こんばんは。
凍傷が治っていないのに毎日精力的ですね。
元気でなによりです。

トレールド益子まだ参加枠ありますか?
2013年03月04日 20:49
和子&徹也さん、こんばんは。
両指とも親指人差指はOKだけど中指、薬指、
小指の順に痛みが酷くなっていきます。普通にし
ていても痛むのでこの冬の雪山は諦めました。
でもいたって元気。毎日雨巻山に通ってます。
10日に会えることを楽しみにしてます。
2013年03月04日 21:03
ちいさん、こんばんは。
出発時間が早いのでちょっと心配していたけど、
「きっと連絡が来る」と信じてど真ん中の特等席
を空けておきましたよ
現在確定しているのは15人だから、合計18人
(ロイミー♪ちゃんも来るよね)になるかな?
温かいものをタップリ準備しておきます。
ちい
2013年03月05日 07:28
デイダラボッチさん、おはようございます。
ロイミー♪はその日は親睦会(?)なので
残念ながら参加できません。
が春休み中には是非雨巻山に行きたいそうです。
セとナ
2013年03月05日 10:54
こんにちは。
指先は冷たいだけでも痛いのに
温かい春がきて早く良くなりますように・・・

28日中25日、三月は皆勤賞・・・
皆勤賞は無理なのでせめて週一くらいは山通いしたいな~

三月後半に山の会で雨巻山予定しています。
ダンコウバイの花は待っていてくれるかな?
カタクリはまだ早いかな?
整備された登山道を感謝しながら歩きたいと思ってます♪
2013年03月05日 16:30
ちいさん、こんにちは。
やっぱりロイミー♪ちゃんに振られたか~!
でも春休み中には会えるんだね。しなびた首を
長~くして(オ~、気持悪ッ!)待ってます。

参加者はどんどん増えて23人ほどになりそう。
嬉しい悲鳴です。
今晩雨巻山情報を発信する予定だけど、そこで
益子町町民会館P6:00発を6:30発に変更
します。千葉県境から参加の仲間もいるので。
2013年03月05日 16:49
セとナさん、こんにちは。
今日は10日に歩くトレール・ド益子コースの
下見と整備を兼ねて出かけていて今戻りました。
まだ案内標識を一切設置してないことから、入口
を分かり難くしたり塞いだりしています。
なのに結構歩く人がいるようで、コースは概ね良
好に保たれていました。道を保つのも傷めるのも
み~んな人次第なんですよね。
3月後半ですね?
何かしらの花は見られる筈です。
連絡をもらえれば喜んで駆けつけます。
和子&徹也
2013年03月05日 20:16
デイダラボッチさん 雨巻家族の皆さんキャタピラ作戦や、リリーフ運動お疲れ様です。
トレールド・マシコ出発時間まで気をつかって頂いたのに参加できなくなりました。
残念です。
和子の父親が入院、和子が風邪を治らず微熱が続いています。
フラワートレッキングに期待します。
2013年03月05日 21:17
和子&徹也さん、こんばんは。
“トレール・ド・益子”はいつでも歩けます。
先ずはお父さんの治療と和子さんの治癒に努めて
ください。山はそれから。
とは言え、
フラワー・トレッキングでは会えますよう!

この記事へのトラックバック