雨巻山情報:トレール・ド・益子+α

 【3月7日 トレール・ド・益子下見】

今日の同行者はモリちゃんとケイちゃん(本人の希望によるニックネーム)。
下見をして歩いた場所は、
堂ケ入沢林道終点~作業路を整備しながら~トレール・ド・益子コース~
整備をしながら地蔵院~林道終点~別の地点の茅刈り

全コースの詳細な様子は実際に歩いてからお知らせすることとして、
今日は
「ちょっとだけよ~~~!」(古っ!)

画像
真っ盛りのマンサク

画像
別の場所のマンサク

画像
ヤブツバキも咲き出した

画像
綱神社と大倉神社

画像
綱神社

画像
大倉神社

画像
地蔵院本堂

画像
天然記念物

画像
天然記念物


上記5点は何れも国・県・町指定の重文であったり天然記念物であったりします。
他に宇都宮家累代の墓などもあります。



【3月8日 雨巻山の花情報】

今日も今日とて雨巻山。
3月に入ってからの皆勤賞は少なくも10日までは継続しそう。

雨巻山に出かける前に“よこやま・花の山”に立ち寄った。

画像
よこやま・花の山のキクザキイチゲ

画像
同上(9日に撮ったものを追加しました)

画像
同上のユキワリソウ

画像
同上

画像
同上(9日に撮ったものを追加しました)

画像
同上

画像
よこやま・花の山のセツブンソウ(9日に撮ったものを追加しました)

画像
同上のシュンラン(同上)


芳賀青年の家に3月16日の同行者名簿を届け(保険に加入するために住所・
氏名や年齢・性別などが必要)に出向いたところ、
スタッフ総出で雨巻山へ下見に出かける準備をしていた。
「ご苦労様!」

私は駐車場周りをチョコチョコっといじってから林道~大・雨・沢コースを進んだ。
丹念に生育地を覗きながら歩いたのだが、
キクザキイチゲにもエンレイソウにも出逢うことはなかった。
「今年は寒かったからな~」

山頂には7~8人。
挨拶をしてからカタクリ園地に向った。
この日はポカポカ陽気だったので途中にある展望塔に遠景はなかった。

画像
珍しいラン:ヒトツボクロの葉(花はまだまだ先)

画像
カタクリ:双胴にマストを上げ帆を張るのはいつ?


山頂に戻るとナベちゃん、イワちゃん、ハツちゃん、ウララの雨巻家族が昼食
を準備しているところだったので、ご相伴にあずかった。
そこへ芳賀青年の家のスタッフを含め三々五々仲間が到着して昼食着座。
その喧騒の最中ベンチを独り占めして昼寝をむさぼる大物も。
「愉快!愉快!」

一足先に退座して三登谷山経由で大川戸へ向った。
マンサクはこれからのもの、真っ盛りのもの、盛りを過ぎたものなどいろいろ。
ダンコウバイは?ようやく咲き出した。

画像
ようやく咲き出したダンコウバイ。この暖かさなら10日には・・・

画像
ダンコウバイ



【お知らせ】

[3月10日 トレール・ド・益子]
益子町町民会館P:6:30発 総距離:26.5Km 所要時間:9時間30分
現在の参加者:23人 A・B2班に分かれて行動
A班は雨巻山・高峯ピストン(2.5時間)を追加し、益子の森で合流
*いつものように飛び入り大歓迎!です* 


[3月16日 芳賀青年の家主催 雨巻山登山]
募集は締め切ったようです


[3月31日 フラワートレック!第1弾:鍋足山のミスミソウ]
ミステリーツアー同様yamasanpoさんの案内で歩きます
集合場所と時間:道の駅さとみ(常陸太田市の国道349号沿い)8:00までに 
登山口:笹原(道の駅から10分ほど移動)
コース:笹原~本峰・Ⅰ峰・Ⅱ峰・Ⅲ峰・Ⅳ峰・小ピーク・三角点峰~笹原
所要時間:6時間 ミスミソウ:3ヶ所ほど見られる予定
*参加を希望される方は至急連絡amamaki5333@sky.plala.or.jpください*


“リ・リーフ運動”にご協力ください
「フカフカした登山道を復活させる」など、
“キャタピラー大作戦”や“ウッドチップ・プロジェクト”と同じ目的。
“リ・リーフ運動”のリはリサイクル=再生利用すること。
リーフはリーフ(leaf)=葉のこと。

登山道脇に無尽蔵に散り積もっている枯葉を登山道に戻そうという趣旨です。
山中のアチコチに熊手が置いてあります。
2~3分で結構ですので熊手を動かしてみてください。


“キャタピラー大作戦”にご協力ください
他の山でも“朽木を登山道に敷く運動”を見かけるけれど、
その運動の名称を聞いたことがありません。
この雨巻山においては「芋虫さん」が率先してこの運動を始めたので、
芋虫=キャタピラーということで私は“キャタピラー大作戦”と名付けました。
登山道脇に無限に散らばっている朽木を、
凹んだ場所や木の根が露わになった場所に崩して敷き詰めることによって、
美観や自然環境が護られる上登山道を元の形態に戻すことができるので、
一石三鳥にも四鳥にもなり得ます。
誰にでも簡単にできる作業なので是非是非ご協力ください。


“ウッドチップ・プロジェクト”にもご協力ください
「フカフカした登山道を復活させる」など、“キャタピラー大作戦”と同じ目的。
しかし“ウッドチップ・プロジェクト”は、水切り作業や土留め作業と同時進行
で行う必要があるので、まだご協力いただける段階に到っていません。
準備が整った折にはウッドチップの運搬に是非是非ご協力ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ちい
2013年03月09日 08:28
デイダラボッチさん、おはようございます。
せっかくだからA班で歩いて見たいです。
ついて行けるか心配ですけど(汗)
明日よろしくお願いしまーす。
2013年03月09日 09:02
ちいさん、おはようございます。
オ~!これは伊藤家の力関係を如実に表す
“ちいママ”の何と心強いお言葉であることか!
剛の者そろいだけど、ついて行くんじゃなく堂々
と先頭を張って歩いてください。
軟弱な私たちB班は一足先に益子の森に戻り、
ホッ!とできるものを準備しておきます。
ちい
2013年03月09日 09:37
えーと心配になってきました
やっぱりB班にしようかな(笑)
明日の朝決めてもいいですか?
2013年03月09日 14:03
ちいさん、こんにちは。
今日も雨巻山に出かけ、その昔はよく通った茸狩
り用の微かな踏み跡を辿って降りてきました。
進入禁止の禁を犯した訳ではありませんからね
もうA班に名前を打ち込んでしまったから変更は
聞き入れられません
なんちゃって!
石川@
2013年03月09日 19:12
こんばんは。
雪への思いも立ちきれず、今日は五頭山です。
午前中は曇っていて、風もあったのですが11時頃から青空です。やっちゃいました。GPSに電池が入れてない。そう言えば、予備の電池も充電器に差したままでした。エネループ、便利なんですけど私には向いてないみたいです。
気が付いたのは、山頂でした。あ~あ。また、やっちゃった。
明日は、高陽山を登ろうと思うので、非常用の電池でシッカリログを残してきます。
和子&徹也
2013年03月09日 20:50
デイダラボッチさん トレールド・益子の準備ご苦労様です。
天気も良さそうで、素晴らしトレッキングが期待できますね。
31日のフラワートレッキング参加しますので宜しくお願いします。
2013年03月09日 20:53
石川@さん、こんばんは。
やりましたか~!私も時々充電というトラップに
嵌って悔しい思いを味わっている1人です。
ところで五頭山って新潟県の山ですよね。
飯豊山や佐渡島を展望できる山と記憶してます。
明日の高陽山(未知の山)では必ずログを残して
ヤマレコにアップしてくださいね。
2013年03月09日 21:10
和子&徹也さん、こんばんは。
結局は22人になりました。
健脚者11人にはより長くより早く歩くことで、
普通の人11人にはマイペースで歩くことで、
お互いストレスが溜まらない配慮をしました。
天気間違いなし!楽しいことも疑いなし!
31日に鍋足山で会いましょう!
セとナ
2013年03月11日 16:43
こんにちは。
珍しい茅葺の神社を残していくのは大変だけど
何時までも残っていてほしいですね。

ヒトツボクロの花はまだ見たことないので見てみたいです。
可愛い花ですね♪
葉っぱに特徴があるので葉だけは見た事あるとセは言うのですが・・・
ダンコウバイも咲き出して雨巻山は花の山ですね。

雨巻山に行くのは
たぶん31日になると思うので今回はお会いできないかも?
残念です(涙)







2013年03月11日 21:53
セとナさん、こんばんは。
見るも無残に朽ちてしまった屋根を大勢の人々の
努力で修復した途端、烏が茅を引き抜く悪戯!?
遊びに飽きたのか最近ようやく収まりました。

ヒトツボクロは珍しい存在のランなのですが、
小さくて細かくて花が咲いていても気付かない程
地味です。上手く撮れたならなら紹介しますね。

雨巻山ではマンサク・ダンコウバイに続いてシュ
ンランも咲きだしました。31日だとカタクリ・
キクザキイチゲ・エンレイソウ・ネコノメソウ
などが見頃を迎えるかな?

会えなければ会えない分だけ思いは募りますね

この記事へのトラックバック