フラワートレック!第2弾:古賀志山のヒカゲツツジ

【4月4日 フラワートレック!第2弾:古賀志山のヒカゲツツジ】

画像
ヒカゲツツジ


フラワートレック!第1弾は、
ミステリーツアーを兼ねて山中を彷徨する鍋足山のスハマソウだった。
今回のフラワートレック!第2弾は古賀志山のヒカゲツツジ。

画像
茨城県神栖市と水戸市の仲間も加え参加者16人。宇都宮森林公園P9時発。駐車場で偶然一緒になったTちゃんグループと一緒に歩く。周辺にはヤシオツツジ、シダレザクラ、ヤマザクラ、エイザンスミレなど花・花・花・・・

画像
北登山道に入る

画像
北登山道の沢沿いでカタクリとキクザキイチゲに歓迎される

画像
北登山道脇のパイプから、滔々と流れ出る湧水を味わうテル&タカ3のご両人

画像
丸太橋で遊んでいるのか?怖がっているのか?おどけているのか?


上の写真でお分かりのように、
水場を過ぎるとすぐに北登山道を離れて丸木橋を渡り、
左の踏み跡へと入って行く。
すると
画像
ひろ~いカタクリ自生地は春の陽光をイッパイに浴びて・・・

画像
アチコチに点在する自生地をウロチョロ覗きながら沢形を登り詰めると、
東稜コースに合流する

画像
東稜を行く

画像
東稜の岩場を登るお転婆(おてんば)。私たちはおてん婆~(おてんばあ~)と呼びならわしている

画像
古賀志山山頂にて


振り返って数えてみると私とて10数回は登っている古賀志山だけど、
その都度季節が違いコース取りも違っているので案内する程の知識には欠ける。
なので、
宇都宮在住という地の利で古賀志山に明るいナベちゃんにも同行を頼んだ。
80とも100とも言われるコースに精通した仲間がいなくもなかったのだけど・・・。
画像
花粉で紗のかかった日光連山。ナベちゃんの提案で予定外の三本松へ

画像
途中の御岳山

画像
ヤシオツツジと男体山

画像
三本松手前で休憩

画像
三本松でランチタイム


期待したほどのヤシオツツジに恵まれなかったので、
ランチタイムの後すぐにユーターンして山頂・富士見峠・559ピーク・弁当岩へ。
ところが、
ヤシオツツジに加えてヒカゲツツジをもと欲張った559ピークと弁当岩間でも
再び期待は裏切られてしまった。まっ、岩トレができたからよしとしよう。

目的の花に恵まれないのではやるかたないので、
急で狭くてスリルに富んだ間道を降って、林道跡経由で二枚岩を目指すことに。
その途次、ヤシオツツジやヒカゲツツジを目にすることができた。
画像
ヤシオツツジ

画像
ヒカゲツツジの木がイッパイ。葉っぱも味がある

画像
ようやく見つけたヒカゲツツジ

画像
同上


林道跡に降り立つとそこにはカタクリがあり美味しい水がある。一服。
反対側斜面を中尾根方面に登り返す途中でトラバース気味に支尾根を進むと、
そここそが今回のフラワートレックの取って置きのポイント二枚岩!
画像
二枚岩と私(テルちゃん提供)

画像
二枚岩のテッペンより

画像
二枚岩付近のヤシオツツジ

画像
同上

画像
二枚岩付近のヒカゲツツジ
画像
同上

画像
同上
画像
花と同様葉にも味がある


ほとんどの家族がヒカゲツツジの花初見だったので大喜び!してくれた。
あ~あよかった~!
二枚岩から緩く降り、ペチャクチャとおしゃべりしながらも林道をスタスタ。
画像
林道沿いのキクザキイチゲ


5時間と読んでいたトレックは、
ポカポカ日和過ぎたので動きが緩慢だったり、
ちょっと遠回りし過ぎたり、
蜜を吸う時間が長かったりで7時間を要した。
でも16人それぞれの家族にそれぞれの7時間があったようで何よりだった。

帰途、孝子桜・ホンダの桜・安住神社・他にも立ち寄ったので紹介すると共に、
写りの悪い私の写真に加えてテルちゃんの写真を併せて紹介します。
画像
孝子桜

画像
安住神社の金箔の狛犬(長崎大浦天主堂の平和祈念像の作者、北村西望の作)

画像
安住神社。陽が沈むまでよく遊んだな~

画像
カタクリ

画像
ヤシオツツジ

画像
ヒカゲツツジ

画像
エイザンスミレ

画像
キクザキイチゲ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

テル&タカ3
2013年04月05日 23:47
古賀志山お世話になりました。

カタクリ・アカヤシオ・キクザキイチゲ・エンザンスミレ等のたくさん花々があちこちで我々を迎えてくれ素敵な山でした。
特にヒカゲツツジには感動しました。

またあちこちに岩場がありチョット若返ってワイワイガヤガヤ皆で楽しませていただきました。楽しいコース設定と案内 ナベちゃんありがとうございました。

古賀志山を十分に楽しませていただきました。
(たぶん我々が二人で行ったら迷うでしょう。)
また宜しくお願いします。
デイダラボッチさん、ナベちゃん有難うございました。
ミッキー
2013年04月06日 00:52
フラワートレック。
その名のとおり、素敵な花あり、登るにも下るにも難攻な岩場ありと1日で多くの山行きを体験できました。

岩場は経験が大事と誰かが言っていたように、この経験が次の山行きに活きるのだろうと思います。

天気も最高で、眺めも最高で、いい一日でした。
お世話になりありがとうございました。
和子&徹也
2013年04月06日 06:00
デイダラボッチさん、ナベちゃんお世話になりました。
古賀志山想像以上の素敵な山でした。
適度な岩登りも楽しかったです。
花の時期はまた訪れてみたいですね。
お昼も沢山の差し入れでお腹一杯でした。
またお世話に成りますので宜しくお願いします。
2013年04月06日 06:47
テル&タカ3、おはようございます。
思惑が違って無駄足した所がなくはなかったけど、
岩トレを楽しめた、新しい道を覚えたと前向きに
考えれば全くの空手でも素手でもなかった。
まっ、面白かった山と言うことで括ってもらえて
幸いでした。
次、また。
2013年04月06日 06:55
和子&徹也さん、おはようございます。
遠路駆けつけただけの収穫はあったでしょうか?
古賀志山は岩・岩・岩、花・花・花の面白い山。
今回は希少種のヒカゲツツジを楽しめたので、
次回同じく希少種のレンゲショウマ(モリのラン
プ)を愛でることにしましょう。
またお出かけください。
2013年04月06日 07:01
ミッキー、おはようございます。
最近では珍しいほどの好天の元、景色と岩と主目
的の花を楽しむことができ、先ずはよかった。
今日出かける場所に景色はなさそうですが、
この曇り空だと落ち着いた色合いのミツマタ、
イワウチワ、カタクリが楽しめるでしょう。
これはこれで楽しみです
セとナ
2013年04月06日 11:39
こんにちは。
二枚岩のデイダラボッチさん、かっこいい!
青空にアカヤシオの優しい色合いが何とも言えないな~
ヒカゲツツジの柔らかな黄色が大好きです。
古賀志山のレンゲショウマは見た事ないんですよ。
今年はどれだけヤシオが見られるか・・・?

今日は思ったよりお天気がいいので楽しんでいる事でしょうね。
私は明日から温泉旅行で~す♪

くに
2013年04月06日 16:47
ヒカゲツツジ、やはりいいですね~。
去年も二枚岩を目指していったのですが見つからず。
今年はだいぶ見当がつきましたので行きつくかな~。

ヒカゲツツジ、再来週では遅いでしょうか?
2013年04月06日 18:07
セとナさん、こんばんは。
アカヤシオの優しく儚そうな色合は勿論のこと、
ヒカゲツツジの奥ゆかしい色香には全員メロメロ
になりました。なんとも難っくき花です。

古賀志山のレンゲショウマは簡単に観られてしま
うのがミソ。何せ車道脇が自生地なので。

いいな、いいな~!
温泉旅行行ってらっしゃ~い!
モリ
2013年04月06日 18:11
古賀志山天気もよく花も岩もありいい山でした。
ミステリー的なコースもあり楽しい1日でした。
登山道は入山者が多いこともあり木の根が露出していてウッドチップを敷くといいなとも感じました。
またの機会もよろしくおねがいします。
ありがとうございました。
2013年04月06日 18:52
くにさん、こんばんは。
山の中から二枚岩に向おうとすると無茶苦茶分り
難いです。簡単なのは、細野林道を40分ほど歩
いた左カーブ地点(祠と丸太の椅子などあり)の
左山側にある登山口から登る方法。15分程度で
登れてしまいます。その先にも明確なトレースが
あるので、地形を読みながら歩けば559Pへも
中尾根にも行けます。

私が知っている場所は二枚岩以外では559P
付近、松島コース程度なので「早稲と晩稲があ
るので多分大丈夫」としか言えません。
仲間からの情報を細かく発信していきます。
2013年04月06日 19:26
モリちゃん、こんばんは。
絶好の行楽日和に、気が置けない雨巻家族といい
山を歩けて本当に幸いでした。それにしても、
花や岩を楽しみつつも登山道に目が行ってしまう
のは、雨巻家族の悲しい性なんでしょうかね~。

7日の大佐飛山は昼前後の強風予報(丁度大長山
と大佐飛山の樹木のない雪稜を歩いている時間)
のため中止にしました。
近辺の天候次第で何処かの山へ声かけします。
ハツ
2013年04月06日 19:46
古賀志山は2度目でしたが、今回は、岩場・鎖場と変化にとんだコースを歩いて、山の奥深さと面白さを知り病みつきになりそうです?!(笑)  ヒカゲツツジは初めて見ましたが、レモンイエローの花は気高く気品さえ感じ感激しました。ヤシオツツジやカタクリの群生にもビックリです。これからの季節、イワカガミやレンゲショウマも見られるなんて!これからの企画も楽しみにしています。ありがとうございました。
石川@
2013年04月06日 19:47
こんばんは。
ヒカゲツツジが良いですね。
秘密の場所の、鍋足山と御前山を訪ねていったのですが、穴しかありませんでした。秘密の場所と思っていたのは、結局自分だけでした。
長崎沢、如来沢、小田貝沢、初原川を完了しました。
後は、八溝山の徘徊を残すのみ。しかし、ここズット毎年のように八溝石楠花を探しているのですが見つかりません。民家の庭先には、昔山から採ってきた大きな八溝石楠花が有るんですがね。雲巌寺や山本不動にも沢山有るので、きっと山にも手付かずの物が有ると思うのですが。
2013年04月06日 22:56
石川@さん、こんばんは。
鍋足山と御前山はヒカゲツツジですか?
方々の山で当り前に見られた植物や、秘密の場所
として逢瀬を楽しんでいた花々がいつしか絶えて
いってしまうのは忍び難いことです。

八溝石楠花の話、ミステリアスですね~!
低山の花園山にあるのだから八溝山にない謂れは
ないし、事実山麓の民家や神社に実在するのなら
信憑性の高い話なので俄然興味が湧きました。
2013年04月06日 23:13
ハツちゃん、こんばんは。
今日の「フラワートレック!焼森・鶏足山+α」
お疲れ様でした。明日の「ビバ雪山!大佐飛山」
悪天候で中止になり残念でした。「フラワートレ
ック!古賀志山」喜んでもらえたようで何より
でした。
ヒカゲツツジの花はレモンイエローね。
醸し出される雰囲気は気高さね。
言えてる。
よっちゃん
2013年04月06日 23:52
こんばんは。
古賀志山は何回か登っていますが、こんなにたくさんのお花に会えるなんて知りませんでした。
素晴らしい!の一言です。
二枚岩も始めて知りました。
お花、岩場、鎖場と変化があって楽しそうですね。
私も今度はお花の時期に訪ねたいと思います。





ヤホホ
2013年04月07日 00:01
雨巻山でも何度かお会いしています(^^)dが、古賀志山で下山したところでお見かけしました。アカヤシオ、カタクリ、エンザンスミレを楽しんで、孝子桜も見て春を満喫しました(^^)
古賀志山は親切に案内してくれる方がいらっしゃるので、毎回ワクワク楽しめる山ですね(^o^)
石川@
2013年04月07日 06:49
花園の石楠花もだいぶ少なくなりました。
花園の奥の奥の柳沢辺りに、赤い石楠花が咲く山と、黄色い石楠花の咲く山が有りました。
営林署の巡視の厳しさも今は一体どこへ行ってしまったやら、スッカリ杉の植林となってます。でも、前みたいな大群生では有りませんが、ホンの少々の名残の石楠花が残っています。
ほて
2013年04月07日 07:21
鍋足クリニックで治ったはずの風邪、汚屋敷の草むしりに精を出したらぶり返し、大佐飛に向けて必死に養生し6日は早々と就寝…がぁぁぁあ~ん、中止になったんですね
また来シーズンてことで・・・
只今、お昼の弁当を炬燵でぬくぬくと食べています。

計画を見ると木曜日が多いので変更しました
サクラ
2013年04月07日 07:49
古賀志有難うございました。一人で歩くと決まったコースしか歩かないので良かったです。鈍った体を鍛えることが出来ました。
大佐飛、今年はもう無理なのでしょうか?
お天気に振り回されますね。
次の山、楽しみにしてます。
2013年04月07日 08:27
デダイラボッチさん おはようございます
フラワートレック古賀志山は自分にとっては、案内無しでは絶対に味わえない”ミステリー”のテキスト加えた山旅だったです。
559ピークの北?斜面でひっそりと!でも凛!と咲いてたヒカゲツツジは最高♪
岩登り、孝子桜のオプションもすごく楽しく、良かったです!
デダイラボッチさん、案内役をかってくれたナベさん ありがとうございました Kでした。
2013年04月07日 10:28
よっちゃん、コメントありがとうございます。
正直な所私は古賀志山に詳しくないんですが、
花のポイントやルートを探すという、目的意識を
持って登った下見山行が大いに役立ちました。
古賀志山は変化があって本当に楽しい山。
また会えますよう!
2013年04月07日 10:34
ヤホホさん、コメントありがとうございます。
何度かお会いしているんでしょうが、見覚えは
あっても顔と名前が中々一致してくれません。
今度雨巻山なり古賀志山でバッタリ!があった
なら是非声をかけてください。
老いた脳みそにインプットしますから。
2013年04月07日 10:50
石川@さん、こんにちは。
沢を遡行していたかと思えば八溝の山奥に出没。
神出鬼没の鬼神のようですね。
それでも探し求める植物に出逢えなかったり、
あった筈の場所が穴だらけだったりするのだから
世も末。
日本人のモラルも地に墜ちたものです。嗚呼!
2013年04月07日 11:03
ホテちゃん、こんにちは。
大佐飛山は迷いに迷った末、肝心要の場所付近が
強風との予報なのでやむなく中止にしました。
雨なら何とかなるけど、大長山から大佐飛山に
かけての樹木のない大雪稜で吹かれた日には
「命あっての物種」だからね。
鍋足山での申し込みを忘れて(ボケが進んだ?)
中止連絡せずにごめんなさい
2013年04月07日 11:14
サクラちゃん、こんにちは。
「古賀志山に精通した仲間・・・」というのは、
暗にサクラちゃんのことを指してる。勘違いし
そうになった時指摘してくれてありがとう。

ヤマレコなどで調べてみるけど、6日から7日に
かけての爆弾低気圧は、大佐飛山に果たして
雨をもたらしたのか?雪をもたらしたのか?
今後登ることが可能かどうかはそれ次第だね。
難しくなってしまったことだけは間違いなし。

2013年04月07日 11:26
Kちゃん、こんにちは。
Kちゃんのお陰で「フラワートレック!古賀志山」
のミステリー・ルートが描け助かりました。
自分でスラスラ描けるよう努力します。

古賀志山の花と岩、OPで回った桜と神社、
参加者に喜んでもらえたようで何よりでした。
企画者冥利に尽きます。

8日、9:00より、雨巻山全域の放射線量測定
をしたく考えてますので、(Kちゃんのみならず
雨巻家族の協力を)お願いします。

この記事へのトラックバック