ビバ雪山!日光白根山リベンジ編

【4月12日 ビバ雪山!日光白根山リベンジ編】

前回2月16~17日の避難小屋泊1泊2日日光白根山は、
13時までに外山鞍部に到達できずに撤退を余儀なくされてしまった。

その頃傷めていた私の指もほぼ復調したので「頃合いよし!」と判断したらしく、
イッシーとテルちゃんから「日光白根山にリベンジ!」との話が持ち上がった。
天気予報とニラメッコし、
ケイちゃんも加わり、
晴れマークの12日に、男4人で速戦即決の日帰りで実行することにした。

画像
山頂にて


地肌が現われ早々と閉鎖された湯元スキー場は、
25cmほどの新雪をプレゼントされたので再び一大ゲレンデと化していた。
そこに4人のトレースをカッキリ刻んでいく痛快な作業は、
カンバスに向い絵を描く人の心に通じるものがあるのではないだろうか。

登山口上でアイゼンを装着。

画像
アイゼン装着中


いよいよ外山鞍部目指しての急坂ジグザグ歩行が始まった。
まだまだ指先に痛みを感じる私はピッケルを脇差にして両手を温めつつ登る。
脛で雪を掻き分け足裏でトレースを確かめながらの歩みは肉体的負荷が大きい
から、すぐに体と指先が温まりピッケルを持てるようになった。

画像
外山鞍部に向けて急坂を登る。ピッケルは持てても、グローブを外して薄物の手袋ではまだカメラを扱えないので、この付近の写真はみんな借り物

画像
外山鞍部までの急坂をクリアして、白無垢雪原を快適に進む。夏道を捨て、尾根通しに歩けばルートファインディングもさほど難しくない。何せ今日は「最高にいい天気!」

画像
樹林帯の緩い傾斜の鞍部にあたる天狗平(地図によって位置が違っているようだ)から一登りした場所が「天狗の遊び場」(勝手に命名)。前白根山は目と鼻の先、日光白根山が雄々しく眼前に迫る

画像
同上からの3人と前白根山と日光白根山

画像
同上

ここから軽く降って軽く登り返せばだだっ広い前白根山頂だ。
日光連山の盟主白根山が、彫りの深い面魂で春の陽光を跳ね返している。
乱反射によって益々その白さが増幅されているように思えた。

画像
前白根山到着

画像
前白根山頂からの盟主・日光白根山

画像
同上

画像
同上

画像
日光白根山と五色沼

画像
前白根山山頂にて。3人と輝く日光白根山

画像
同上

画像
同上から日光白根山と白根隠山


暫し展望を堪能してから避難小屋を目指す。
地肌が現われていたかと思えば吹き溜まっていたりクラストしていたりと、
変幻自在な雪面を白根隠山方面に進んでから右に折れて樹林帯に入る。
樹林帯の斜面はトレースの面影など何処にもなし。
経験と山勘とでドンピシャ避難小屋に着いた。

画像
避難小屋を目指す

画像
同上

画像
避難小屋入り口は吹き溜まった雪で埋まっているので窓から入る。ここで初めて休みらしい休みをとった


避難小屋を出て平坦な雪原を暫し進むと標識が現れるが、
その少し手前からダケカンバ林を斜めに突っ切って直登コース(コースなんて元々ないが)に進路をとった

画像
爽快!

画像
ダケカンバ林を登る

画像
ダケカンバ林を抜けてからは、五色沼側をダイレクトに登った

画像
ダイレクトに登る

画像
雪原も雪稜も急斜面もズ~ッと先頭を担ってきたが、山頂手前岩峰が確認できたのでテルちゃんにトップを交代してもらった。最後尾の楽なことと言ったら!


岩峰に登り詰めればそのすぐ左側が夏道。
付近は強風帯ゆえにカリカリに凍てていて、アイゼンが軽やかな歌を奏でた

画像
カリッカリッ、カリッカリッ

画像
白根神社にて


そしてとうとう日光白根山頂が目前に!

画像
この冬2回目の対面だ

画像
遮るものの何一つとしてない日光白根山頂で歓喜の雄たけび

画像
同上。3人三様にとっているので似たような写真ばかりでごめんなさい


避難小屋で腹ふさぎはしたものの既に12時を回っていたので腹ペコ。
12時45分をリミットと決めてランチタイムに入った。
青空に少しだけかげりが見られたものの無風の山頂は暖かい。
暖かかったけどやっぱりラーメンは胃に染みたな~!

さあ、再会を約して下山するとしよう!

下りにダイレクト・コースを使うのは危険極まりないのでトレースは捨てた。
そして夏道側の大雪面にジグを切ることにした。
3人はダブルストックだけなので細かく、深く、丁寧にステップを切りながら
大きくジグを描いた。

画像
慎重に降る

画像
同上。ダケカンバ林で行きのトレースと合流

画像
避難小屋はスルー。夏道により近いルートを辿って登り返したが、すぐに行きのトレースと合流した。前白根山への登りがきつそうとの心配は杞憂に帰した


下山時にもいろいろ楽しんだがこれ以上続けるのは蛇足というもの。
この辺で締めるとしよう。

画像
16時30分のゲレンデの雪はほとんど解けていたが、再び雪が舞いだした。まだ暫らくは「ビバ日光白根山!」を楽しめそうな気配だ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

toku
2013年04月14日 22:20
おぉーッ!いいな。いいなぁ⌒o⌒*
こんな写真をみたら・・・やっぱり白根に行きたい!とふつふつと。。。。

本日、男鹿岳行ってきましたよ。予想外の山頂のすばらしき景色に魅了されました。
やっぱ山遊びはたのし~ですね。


2013年04月14日 22:49
tokuさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

白根山、よかったですよ~。
ホントに!ホントに!!

ところで男鹿岳は何処から登りましたか?
詳細を知りたいです。
tuku
2013年04月15日 00:06
メジャーな福島から・・ 釜沢橋に車を止めて林道歩き→大川峠→栗石山→男鹿岳です。
今週降った雪が15cm位が層になり、下山時ぐずぐずで滑りました。アイゼン勿論装着してますが・・あっ!アイゼンだけで行けました。

気温が上がったら藪が顔をだしそうなところ多数あり、山頂はまだ十分雪はありました。
昨年、塩那から攻め藪と雷、時間で撤退してまて・・、残雪期の男鹿岳がこんなにも景色がよいところとは思っていませんでした*⌒o⌒*

白根、がんばってみようかと妄想中です!

和子&徹也
2013年04月15日 06:17
デイダラボッチさん 天候にも恵まれてのリベンジ最高ですね。
イッシーさん、テルさん、ケーさんも満足されたでしょうね。
白根山の雪は今月末迄残っていますか?
2013年04月15日 07:06
tokuさん、おはようございます。
早速教えていただきありがとうございます。
あの山塊の状況はどこも似たり寄ったり。
大佐飛山も薮が顔を出したり押さえつけられたり
を繰り返しつつ、雪解けに向っているようです。
その面日光白根山は元々登山道があるので楽勝。
どうぞお出かけあれ。
ヤホホ
2013年04月15日 07:09
白根山 達成感が伝わってきます(^^)d
オババ三人組は慎重な山歩きですが、できる限りのチャレンジはしていきたくなりました。
昨日、古賀志(559)のヒカゲツツジはドンピシャ最高でした。お急ぎ下さいね(^-^)
2013年04月15日 07:22
和子&徹也さん、おはようございます。
強風帯の2つの山頂付近を覗けば十分な積雪量が
ありました。この暖かさで雪が腐ることはあって
もなくなることはないと思います。
当日の下山時も雪が降っていたほどなので・・・。
どうぞ計画してみてください。

私たちが4月27~28日に出かける会津駒ケ岳
は異常に雪が少ないとのことなので、
こちらは薮漕ぎで苦労しそうです。
ハツ
2013年04月15日 07:27
山頂の画像からは、その達成感が伝わってきます。皆さん、大満足ですね!輝いて見えます!
やっぱり雪山は良いなあ~!私もいつかは登ってみたい・・・体力アップに頑張ろう~!
白根山は久しく登っていませんが・・・・私も今年は登ろうかな?!夏山だけど(苦笑)  
2013年04月15日 07:33
ヤホホさん、おはようございます。
日光白根山という大カンバスに、
自分たちが描いた絵(線)だけがクッキリ浮かび
上がっている様を振り返り見ては、
3人とも感慨に耽っていました。
素晴しい達成感でした。

ヒカゲツツジ情報ありがとうございました。
2013年04月15日 07:43
デイダラボッチさん おはようございます
4月の雪山は冬山じゃないって言われそうでも自分にとっては初めての完全冬山登山
大丈夫と煽てられて参加を決めてからも、水は1.5LでOK?レイヤードは?初めての10本爪アイゼン装着で歩けるか?等不安がいっぱいでした。
最適所でのアイゼン装着指示、ジャケットのファスナー開封でのベンチレーション指示は的確で、一度のミスも無かったルートファインディングの正確さに安心して着いて行けました。
前白根山から見た本白根山の神々しい姿は目に焼きつき、忘れられない最高の冬山紀行になりました。
デイダラボッチさん ありがとうございました。同行した仲間にも感謝しています。Kでした。
2013年04月15日 07:45
ハツちゃん、おはようございます。
3人とも大満足だったことは疑いなし。
何せ雪山としては稀有な条件に恵まれたからね。
でも私の方は感動とか達成感よりも無事に戻れた
安堵感の方がズ~ッと大きい。
今回順調に歩けたからと言って雪山を軽んじたら
罰が当る。大佐飛山と会津駒ケ岳が終わるまでは
気が抜けません。
その内燧ケ岳か至仏山辺りにご一緒しましょう!
2013年04月15日 08:00
ケイちゃん、おはようございます。
雪山であって冬山でないことは確か。
でもアイゼンデビューとしては最高に恵まれたね。
湯元から山頂までの往復のルートに関しては、
迷いのないスッキリした線が描けて我ながら満足
してます。振り返り見た絵は素晴しかった!
天気が良かったからに他ならないけどね。
写真沢山使わせてもらいました。
ありがとう。
yamasanpo
2013年04月15日 10:39
白根山、雪たっぷりでまだ楽しめそうですね。
那須にしようか白根山にしようか迷っていたところです。
大佐飛山の予定はいつなのでしょうか?
自分は明日から地元の付き合いで永平寺参拝を兼ねた旅行です。マラソンの疲れを癒してきます。
2013年04月15日 20:01
yamasanpoさん、こんばんは。
大佐飛山は「お転婆~」の希望で16日です。
3:00出発だというのに、スウェーデン人の
知人を案内していて帰りが今になりました。
兎に角様子を見てきます。
その結果を報告しますのでそれから何処にするか
決めてもいいんじゃないでしょうか。
気をつけて旅行を楽しんできてください。
くに
2013年04月15日 21:39
紺碧の空と白い山、やはりきれいですね~!
私も次は日帰りをしてみようかと思います。

南会津は今年は雪が少ないようですね。
さてはて、いつにしようかしらん。
4月の連休にしたらデイダラボッチさんと小屋で
お会いできるかと目論んでいたんですけど、
同行のベッティ氏の都合が悪いそうで・・・。

2013年04月16日 20:31
くにさん、おはようございます。
これから大佐飛山に出かけるんだけど、
21時前に寝たものの23時40分に目が覚めて
しまい後はウツラウツラ。1時10分に起きだし
てしまいました。これで体力持つかしらん?

くにさんやベッティさんと会えたら嬉しいけど、
どうもasanoさんとの相性には負けるみたい。
(25日にasanoさんの二ツ箭山に登ります)
でも飯豊あたりでまた会えそうな予感がします。
テル&タカ3
2013年04月17日 21:41
三度目の正直!

那須・白根と挑戦して強風や深い雪に阻まれ敗退しそれでもいつかはと思っていましたが今シーズン中に、頂上に立つことが出来るとは。
一緒に登ってくれた皆さんに感謝します。
前白根から初めて見えた白根山は忘れられません。又皆が交代で前になり後ろになりながら作り上げた1本のトレース 我々が白根山に登った証を見上げた時の充実感
また味わいたいと思います。
これからも宜しくお願いします。
2013年04月17日 22:26
テル&タカ3、こんばんは。
滅多に画像に登場しない私が、テル・カメラマン
のお陰で数多く登場できました。39!
大佐飛山も登頂達成!できたので、課題の那須岳
リベンジと会津駒ケ岳を成功させましょう。

~栃木県で最も遠い山大佐飛山~も、メール貼付
写真を使わせてもらって作成中です。
石川@
2013年04月18日 06:24
おはようございます。
いいなぁ。
峰から峰への渡り鳥。憧れます。
高い山の解禁まで、あと10日。(勝手に自分で線引きしている)
あ~ぁ、待ち遠しい。
2013年04月18日 07:51
石川@さん、おはようございます。
私の場合、今は消滅している「益子いくべ会」の
残党(?)とか、雨巻山で知り合う「雨巻家族」
の要望に応えて年間計画を立てて行動してます。
だから日程と大人数に縛られ通しです。
思った時に思った所へ出かけられる石川@さん、
yamasanpoさん、ちいさんを羨ましく思います。
まっ、今年一杯で30年担いできた肩の荷を
降ろす心算でいますが・・・。
セとナ
2013年04月18日 13:38
こんにちは。
白根山、大佐飛山登頂本当に良かったですね。
雪の白根山は金精峠が開通(湯元からは冬道が~・・・)
してから行ってこようかな?と思っている所です。
計画しても計画倒れになるのが多くて(涙)
会津駒ケ岳、晴れるように祈っていますね。


2013年04月18日 15:51
セとナさん、こんにちは。
日光白根山は100%自分たちのトレースを刻め
たし、好条件に恵まれたので大満足。
大佐飛山は雪解けが進んで夏道が現れていたり、
黒滝山から先はトレース泥棒になったけど、
踏み抜きも何もなく戻れたのでこれまた満足。
那須岳のリベンジが残っているけど、これは時期
的に見て何ら問題なく解決しそう。
難題は会津駒ケ岳。
御池~大杉岳~会津駒ケ岳は、苦労する場所は
あっても迷う場所はないので問題なしだけど、
会津駒ケ岳~三岩岳~窓明山は尾根がだだっ広い
ので道迷いに要注意。周りが見えないと怖い。
お天気頼みの一面があります。
「“haretara”いいな~!」

この記事へのトラックバック