フラワートレック!第3弾:二ツ箭山のアカヤシオ

【4月25日 フラワートレック!第3弾:二ツ箭山のアカヤシオ】

「フラワートレック!第3弾:二ツ箭山のアカヤシオ」は、
「がんばろう東北!」の第1弾(昨年からでは第7弾目)でもある。
参加者は18人。
バスを仕立てて出かけた。

画像
アカヤシオツツジとアセビ


益子~水戸IC~いわき中央IC~二ツ箭山時計回り~湯本温泉・さはこの湯
~小名浜・ら・ら・ミュー~いわき勿来IC~水戸IC~益子



私が初めて二ツ箭山を訪れたのは10年ちょっと前のことでまだ日は浅い。
旧駐車場から反時計回りに周回。
宝石を見つけたかのように欣喜雀躍して下山してから車を移動し、
背戸峨廊の最奥にまで脚を運んで渓谷美を満喫!意気揚々とんぼ返りした。
50代後半で十分に若かったのだ。
それから毎年1回以上は脚を運ぶ。
二ツ箭山は私の「お気に入り」の山なのだ。

画像
トイレ(循環型のトイレだが水が全く出ない)付きの広い駐車場がある。準備運動

画像
砂利の車道をちょっと歩くと旧駐車場。そこにある登山口の標識

画像
砂利道終点の分岐を左折すると、チゴユリやニリンソウ、ヒトリシズカが初々しく、
水音が清々しく出迎えてくれた。やがて御滝。オ~ッ、見事!これまでで最も水量豊富で豪快だった

画像
御滝の脇の濡れた岩を登る

画像
同上

画像
爽快な沢を行く。いいんだよな~ここは!いいんだよな~これが!

画像
同上

画像
同上


やがて〆張場。
一服。
ここは変則十字路になっているが、
直進の沢コースと右折の迂廻路(下山に利用する尾根道とつながっている)は
私たちの計画になく、左折(最も安全なノーマルコース)して二ツ箭を目指した。

画像
〆張場

画像
同上

画像
二ツ箭を目指す

画像
トンネル状態のアセビ林があり、まだ白い花を残しておいてくれた

画像
息せき切らせて登っている仲間もいたので平坦地で一服。半袖姿の土浦の
イケちゃんは2週間前までは見ず知らずの他人。今や完全なる雨巻家族

画像
狙い通りにアカヤシオが出迎えてくれた

画像
巻き道(女性や初心者向き)を左に見送りながら進むと、男体山と女体山の鞍部
に続く40mの鎖場が現れる。気を引き締めてトライ!

画像
同上


18人が難なくクリア。
それは当然のことだが、恐れを知らぬお転婆~たちが次々に男体山にアタック!
40mの鎖場を全員が登り終えたことを確認してから私も後を追った。

画像
男体山山頂にて。何と!18人中15人が登りきってしまった。女体山をバックに
意気軒昂な老爺老婆たち。ロージーローバーって響きよくない?

画像
男体山で昼寝するモリちゃん。74才でジャンダルムを縦走し今は御年76才なり

画像
テルちゃんを掌の上に乗せる目論見なのに、場所が悪い上に、「上か下か、前か後ろか」と聞いてもカメラマンに意図が伝わってなかったみたい

画像
男体山から見下ろす女体山の鎖場

画像
女体山の鎖場を登るお転婆~たち

画像
男体山から女体山


隊列が少しく乱れてしまったので、
「月山で全員集合して昼食~!」の掛け声の下二ツ箭山頂へ、山頂へ。
山頂への途次、
あるものは愛らしくまたあるものは妖艶なアカヤシオの競演にトップリと浸かった。

画像
ハワイが見える?女体山山頂

画像
妖艶なアカヤシオ

画像
同上

画像
アカヤシオとアセビ

画像
山頂のお転婆~ファイブ。オテンバーファイブの響きも悪くないね


そんなこんなで三々五々登山道を進んで月山に到着した。
男体山に登らなかった先発3人は既にお口モグモグ中。
そうそう、途中で出会った2人組みから、
「遠くから見えられるというので(ブログで知ったとか)、失礼があっては
いけないと思い整備しながら登ってきました。楽しんでいってください」
と声をかけられた。
嬉しいじゃありませんか!

画像
山の食事は何時だって何処だっておいしいね~

画像
月山神社を真ん中にして、ハ~イ、カシャッ!

画像
男体山と女体山を背景にして、ハ~イ、バターッ!

画像
月山からの男体山と女体山


暖かすぎてハワイは見えなかったものの、
二ツ箭山の水と緑・岩と花に迎え入れられ、家族と食にも恵まれて言うことなし!
急坂を踊るように転げるように降った。

画像
下山途中から仰ぎ見る男体山と女体山

画像
もてるナベちゃん。背が高くて、色男なのにお金もあって、優しくて、と4拍子
揃ってる。力は・・・?知~らない

画像
更に降って見上げる箭(矢のこと)は勇ましかった


下山後の湯本温泉・さはこの湯は湯よし人よし。
立ち寄った小名浜漁港・ら・ら・ミューは寿司美味し魚貝よし。
このように、真面目に、タップリ12時間遊んでから再会を約し、
思いっきり手を高く振り別れたのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2013年05月02日 17:53
デイダラボッチさん こんにちは
二ツ箭山 沢あり、滝ありは爽快で、男体山と女体山の岩場鎖場ありはちょっとしたロッククライミングをスリル感を持って楽しむ事ができました。
そしてなんといってもアカヤシオ!綺麗だったです!
さらに 湯本温泉・さはこの湯 良かったぁ~~~!何がって…? お湯良し♪そして今時入浴料金は220円\(^o^)/これなら毎日でも入りたいなぁ~~~♪ Kでした。
2013年05月02日 18:48
Kちゃん、こんばんは。
忙しすぎるけど、3日の準備も済んだので、
25日の二ツ箭山がようやく仕上げられました。
会駒が未着手なのに、3日のレポも迫られるだろ
うし、計画外の4~5日の山行とハルラ山も控え
てるしで、まだシッチャカメッチャカですが。
早いことだけがとりえのブログだったのに

3日のテンプラレストランは、
杉並区・八潮市・春日部市・守谷市・土浦市・
筑西市・水戸市・宇都宮市などから予約が入っ
ている状態なので満員御礼間違いなし!
明日も獅子奮迅の大活躍お願いします。

モリ
2013年05月02日 20:42
二つ箭山いつ行ってもいい山ですね。
今回は新人も含め大勢の参加で楽しい1日でした。
アカヤシオの花も満開でよかったです。
また秋にでも行きたいものです。
ありがとうございました。
ハツ
2013年05月02日 21:37
初めての二ツ箭山はアカヤシオと展望と鎖場と、大勢の仲間と一緒で楽しかったです。しかし、残念なことに男体山は途中までで引き返してしまったのでした!!
秋にはリベンジ!したいので、またよろしくお願いします。
2013年05月02日 22:28
モリちゃん、こんばんは。
明日の準備作業、自分の担当が今終わりました。

アカヤシオの二ツ箭山、温泉とショッピングも
含めてすごく楽しかったね。
今回のメンバーに紅葉も見せてあげましょう。
年間山行計画は11月初旬になってます。
2013年05月02日 22:38
ハツちゃん、こんばんは。
男体山には15人が登ったと思っていたのに、
登頂写真には13人しか写っていなかった。
その1人がハツちゃんだったんだね。
二ツ箭山は花だけでなく紅葉もお勧めなので、
その時までに足腰を鍛え(腕力は鍛えないで!)
リベンジしてください。私はただ見守ってます
イケちゃん
2013年05月02日 23:33
デイダラボッチさんこんばんわ
二ツ箭山スリル満点みんなで楽しかった(^_-)-☆また秋に必ず行きます
鎖場はファイト一発を思い出させるような所、真剣勝負
アカヤシオを見ればホット心をなごませてくれ
雨巻家族たちはみんな天真爛漫いつでも春のよう(((o(*゚▽゚*)o)))
これからもよろしくお願いします。
2013年05月02日 23:55
イケちゃん、こんばんは。
もう完全なる雨巻家族の一員だね。
イケちゃんが加わったことで家族のポジティブ
さが更に増した感じ。歓迎すべきことです
二ツ箭山は秋にもまたやるけど、
先ずは明日のテンプラレストランをよろしくです。
みんなで待ってますよ。
hutatuyanosiki
2013年05月03日 06:28
おはようございます。
ようこそおいで下さいました(笑
皆さん満喫されたようで何よりです。
正直、今年はアカヤシオが不作ですが
当日は今年一番の見頃だったのではないでしょうか。
お疲れ様でした。
和子&徹也
2013年05月03日 06:28
デイダラボッチさん 二ツ箭さん楽しそうな山ですね。
今度秋の計画には参加したいです。
岩場も有り花も綺麗で楽しみな山です。
今日のテンプラレストラン大盛況でしょうね。
残念ですが仕事で行けません。
5日に息子夫婦と孫達連れて雨巻山に行こうと思ってます。
2013年05月03日 06:59
和子&徹也さん、おはようございます。
二ツ箭山ならR51で来て那珂か東海辺りで落ち
合えばOK。秋の計画には是非ご参加ください。

テンプラレストランは、徹也さんが昨年お会い
した牛久市のMご夫婦も見えられるとのこと。
大盛況で
533.3mの内0.3m程度低くなってしまうかも?

5日の私は年間計画外で鳥海山に出かけていて
お会いできません。残念!
ウララもバーゲンの手伝いでNG。でも間違いな
く大勢の家族に行き会うと思います。
新しい出会いが待っているかも・・・ですね。
ただし込み合うので裏道がお勧めです。
2013年05月03日 07:09
hutatuyanosikiさん、おはようございます。
二ツ箭山は相変わらず清々しくて、花があって、
その上スリルと展望があるので、
初参加の家族もいたく気に入ったようです。
わざわざ登ってきてくれた地元の2人組も
「いつもならモットすごいんだけど・・・」と
言ってましたが、私たちにとっては十分でした。
秋にまたバスを仕立ててお邪魔します。
石川@
2013年05月04日 05:44
おはようございます。
お怪我の方は、いかがですか。この時期、体のどこか一部でも不具合が出ると、皆はアッチへコッチへで余計に気だけが落ち込みますよね。
こんかいは、『よされよされの雪が降る』風雪流れ旅でした。でも、一応目的は達成したので大満足です。
今度は、高陽山のログをとってます。ここ良いですよ。
穴場ですから。晴れれば飯豊連峰が、眼前にドーンと広がります。ブナの芽吹きの時期と十月中旬の紅葉時期が素晴らしいところです。十五夜沢から高陽山山頂までの尾根は、急勾配ですが、登りきれば頂上から高森山までの尾根が、サッカー場みたいな真っ平らな広い残雪の尾根が広がります。高森山まで行けなかったのが残念ですが、また出かける理由ができました。
YMOのY
2013年05月04日 07:49
お久しぶりにコメントさせていただきます。
大勢でお出かけいただき、また、二ツ箭山の良さを存分に紹介していただき、二ツ箭all☆sとしては大変ありがたいことです。感謝いたします。
今年は、アカヤシオの花が少なく、チョット寂しい感がありますが、天気にも恵まれ、春薫る二ツ箭山を満喫できたのでは?
また、いわきららミュウでお買い物までしていただき、いわき復興を願ういわき市民として大変感謝いたします。
またのお越しを楽しみにしております。
2013年05月06日 08:24
石川@さん、おはようございます。
忙しすぎるので全く持ってアップが追いつきま
せんが、何を隠そう当方も会津駒ケ岳・鳥海山
と立て続けに追い返されました。
まっ、どちらも空手で戻る筈がありませんが。
様々な意味で収穫はタップリでした。
ところで、飯豊連峰展望の山としては倉手山
とか二王子岳しか知りませんでした。
高陽山、詳しく調べてみます。
2013年05月06日 09:10
YMOのYさん、おはようございます。
18人の内15人は初めての二ツ箭山でしたが、
既にその魅力の虜になったようで
「秋の計画にも参加する」
と今から鼻息を荒くしています。
益子からでは結構な距離があるのでいつも同じ
登山・温泉・ショッピングの行程になってしま
いますが、秋、また楽しませてください。
和子&徹也
2013年05月06日 13:28
デイダラボッチさん 鳥海山は如何でしたか?
5日に雨巻山に息子夫婦+孫3人で何とか登って来ました。
展望台の脇でシーちゃんとモリさんに御会いしました。
モリさんは雨巻山の整備の為の皮剥き中でした。
鳥海山に置いてかれたと言ってましたよ。
シーちゃんは朝から私達が来ると知って駐車場で待ってたり、山頂で遅いと心配していたそうです。
抹茶を準備して待っててくれるなんて感激しました。
シーちゃんまたご一緒してください。
2013年05月06日 17:37
和子&徹也さん、こんにちは。
鳥海山は秋田県側の矢島口から登りましたが、
グループの力量内でどうにかして山頂に立つこと
はできても、吹雪とホワイトアウト状態では降れ
なくなる危険性が高いと判断し、
1950m付近からやむなく撤退しました。
自己責任で済む単独行とグループ登山とでは、
責任度合が全く違うので仕方ありません。

雨巻家族はスゴイでしょ。
モリ&ケイちゃんとも毎日のように整備してくれ
ているし、シーちゃんがお茶を点ててくれました
か~!感謝!感謝!の家族ですね。
ただ、鳥海山は私が友人に誘われて同行した山で
あって、結果的に雨巻家族3人が同行したけど私
が誘ったわけでも望んだ形でもないんです。

遅くなりましたが、雨巻山まで脚を運んでくれて
ありがとうございました。本来なら私も雨巻山に
いた筈なんですが、残念なことをしました。

この記事へのトラックバック