雨巻山情報

【5月23日 ジャケツイバラが咲きました】

5月12日から15日にかけての済州島・ハルラ山登山。
5月18日の袈裟丸山周回登山と19日の女峰山縦走登山。
それらの合間を縫ってほぼ毎日のように雨巻山に通い詰めています。

この時季の10日とか2週間とかは植物たちにとってとても慌ただしいようです。
淡紫色のトウゴクミツバツツジと入れ代わりに、
山を華々しく彩っていた朱色のヤマツツジは既に散り終えました。
ギンランもササバギンランも白花から茶花に変身してしまいました。
ヒメシャガ(姫射干)
[アヤメ科の多年草。主に日本海側の山地に生じ、高さはおよそ30cm。
葉は剣状。(雨巻山では)5月頃にアヤメに似た小形淡紫色の花を開く]
も例外ではなく、
咲き終えた縮れ花が目立ちます。
とは言え、
花陰で虎視眈々と機を窺っていた蕾が主役の座に回るので、
その華やかさにそれほどの衰えは見られません。
画像
大・雨・尾根コースのヒメシャガ(22日)

画像
同上

画像
同上。近付いてみると散った痕や蕾が見えます

画像
これは同じ日に栗・雨・尾根コースで写したものです。門毛峠コースや大・雨・
尾根コースに比べると、陽射しが少ない分1~2日遅れ気味に咲いています

画像
ヒメシャガにばかり気をとられている内にイワタバコもここまで大きく育ちました


23日は、
Kちゃんテルちゃんに手伝ってもらいながら栗・雨・尾根コースを整備しました。
昨日歩いた際に倒木が目立ち草木も生い茂っていたからです。
登山口に向う途中今年初見の花に出逢いました。
画像
ジャケツイバラ(蛇結茨)という落葉低木で、幹には鋭いトゲが生えています

画像
引っぱるとこんな感じの花です


林道の標識を修復している時に観光協会から電話が入りました。
「25日に雨巻山に登る予定のお客様から、ヒメシャガの開花状況と自生地に
ついての問い合わせがありましたので・・・」
とのことでした。
開花状況と自生地の説明をしてから
「25日は展望塔近くにいますので場所が分からない場合はお寄りください」

またKちゃんテルちゃんは上から4枚目の写真の現場を見て
「もし他が26日(に春日部のI家がヒメシャガを見に来ます)まで持たなくても、
ここならI家の人たちに見てもらえるね」
でした。
「I家の皆さ~ん、私の唾は効かなかったけど、Kちゃんテルちゃんのお墨付き
を得ましたよ~!」


登山道の整備と25日から26日にかけて行うテン泊訓練地の整地を終え、
展望コースを降りようと縦走路を三登谷山に向かいました。
時々登山道をそれてヒメシャガの様子伺いをします。
ここ数年ヒメシャガは、所構わずテリトリーを広げているんです。
画像
活き活きしてます


平日だというのにこの日も大勢の仲間に行き会いました。
「大賑わい」と言っても過言ではないかと・・・。

いつもいつも雨巻山を可愛がっていただき、ありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年05月23日 22:13
デイダラボッチさん こんばんは
今日三人で整備しながら歩いた栗・雨・尾根コースと下山に利用した栗・三展望コースは自分は初めて歩いたので、これで大川戸登山口で配布してる雨巻山イラストマップの登山道は略歩いた事になりました♪
「略」と言うのは栗・三展望コースを登山口まで下りずにショートカットで駐車した林道に戻ったからで、次回は⑱登山口から登ってみようと思っています。
でも、栗・雨・尾根コースでドリンク空缶、空ビン、捨てティッシュ等を拾い集めたら大きいスーパーバッグにいっぱいは「どうして此処に捨てる事ができるのだろう?」と疑問を持ってしまいました。
それも、ジャケツイバラ他栗・雨・尾根コース、雨巻山山頂~三登谷山間の縦走路のあちこちで見れたヒメシャガの群生は嬉しくて悔しさを忘れさせてくれました♪ Kでした。
2013年05月23日 23:00
Kちゃん、こんばんは。
社会生活でのマナーの低下が山にまで及んでいる
ことに落胆を禁じえません。
「雨巻山はゴミが少ない」と褒められる一方、
今日歩いたコースの一部は小鳥獲りという最も
性質の悪い人種の穴場だったところなので、
スーパーバッグいっぱいの結果になりました。
啓蒙運動で「ゴミ・ゼロ」を目指しましょう!
和子&徹也
2013年05月24日 18:38
デイダラボッチさん ヒメシャガ綺麗ですね。
明日はテン泊講習会楽しい事でしょう。
そしてウララさんの誕生日おめでとうございます。
何回目なのかな?
いつも、元気で朗らかで素敵なウララさんおめでとう!
ヤホホ
2013年05月24日 19:20
蛇結茨、古賀志で初めて聞いた名前でした。雨巻山にも咲いているんですね。近いうちお邪魔したいと思います。(週末は行けませんが)まだ、咲いているところは見ていませんので(*_*)テント泊、楽しい時間を(^-^)v
ちい
2013年05月24日 19:59
デイダラボッチさん、こんばんは。
ウララさん、お誕生日!?おめでとうございます
kさんテルさん、お心遣いありがとうございます。
7時半出発予定で雨巻山尾根コースで登ろうと思っているのですが・・
2013年05月24日 20:19
和子&徹也さん、こんばんは。
今月は24日分の21日は何処かの山に出かけて
いたことになります。明日も明後日も雨巻山だか
ら26日分の23日に変わるのも間違いなし。
そんな山漬けの毎日でカタワにならないように、
スケッチ教室、書道教室などを企画してます。
テン泊訓練というも名ばかりで、
実態は食事会と飲み会を兼ねた親睦会です。

ハテ、何回目なんだろう?
何れにしてもありがとうございます。
2013年05月24日 20:31
ヤホホさん、こんばんは。
ジャケツイバラが咲いている箇所は、
1:栗生尾根コースに向う林道右側
2:大川戸P手前の田んぼを鋏んだ左手山際
(ここは車で行け間近で見られます)
3:大川戸Pから林道を進んだ左右
4:地蔵院の側の林道の終点付近
です。
キレイな花にはトゲがありますが、ご覧あれ!
2013年05月24日 20:54
ちいさん、こんばんは。
それがイイかな。
でも尾根コースのヒメシャガは縦走路から1分
降れば見られるので、峠あるいは沢コースという
選択肢もあるね。ジャケツイバラを見て、テン泊
現場でお茶して、高峰方面の花を見て、三登谷山
に向えばそこ彼処でヒメシャガという構図です。
でも遠方から訪れる山歩きとしてはチョロすぎる
から・・・、高峰ピストンする?
ちい
2013年05月24日 21:06
デイダラボッチさん、またまたこんばんは。
そっかっ!では、沢コースで行って、テン泊現場でお茶して、高峰ピストンはせず(笑)、三登谷山にしようかな。ジェケツイバラ予習しておきます
ヤホホ
2013年05月24日 21:08
ありがとうございます。
最近トゲが無くなったかなぁ(-。-)y-~の山オバサン。雨巻山、楽しませて頂いてます。
山のマナー、盗掘が一番許せません。山で咲いてるからこそ生き生きしているのですから(^.^)
2013年05月24日 21:49
ちいさん、またまたこんばんは。
の中身は松坂牛かな?(しつこいね~
25日のメニューはスパゲッティ各種とタイカレー
と焼餅(磯部&納豆)、26日はホットサンドと
菓子パンと各種スープとみそ汁。
2食ともそれぞれの得意料理も並ぶ予定です。
I家の4人が到着するまでご馳走残ってるかな?
2013年05月24日 21:59
ヤホホさん、またまたこんばんは。
トゲがなくなったのは「人間がま~るくなった」
からだと受け取ることにします

生命ある限り「ゴミ・ゼロ」「盗掘・ゼロ」に
力を尽くします。
セとナ
2013年05月27日 14:01
こんにちは。
雨巻山のヒメシャガきれいですね。
中々雨巻山のお花に会いにいけません。
昨日、どうしてもツツジを見たくなり
白糸の滝~女峰山往復してきました。
稚児の墓までのツツジは今が盛り、
その上は硬い蕾も多かったので今週末頃?
ユキワリソウも綺麗でしたよ。

時間があればもう一度行きたい!
遥拝石まででも十分楽しめますね。
2013年05月27日 16:15
セとナさん、こんにちは。
女峰山登ってきたんですか~!
行きたいな~もう1度。遥拝石まででもいいから。
目の前をツツジ類、ズミ、ユキワリソウがちらちら
と行ったり来たりしてます。
でも何せ時間がない。
ルンルン山日記を見て慰めることにします。
石川@
2013年05月28日 04:04
おはようございます。
日曜日に、飯豊の山の案内人の会で聞いてきました。
飯豊町白川から喜多方市山都に抜ける大規模林道「飯豊・一ノ木区間 アスファルト2車線道路」
が、6月15日開通し、一般供与されるそうです。それも、生活道路としての利用も含めて。
これを使えば、剣ヶ峰経由で2時間も短縮できてしまいます。
おしいです。ディダラボッチさん達のスケジュールには間に合いませんね。
2013年05月28日 07:21
石川@さん、おはようございます。
テン泊訓練にちいさんたちが来て、その時、
石川@さんのことを「もっとばんからな人かと
思っていたらとってもシャイな人だった」と。
私は「あらゆる意味合いを含めて達人だ」と。
今朝のコメントの04:04を見たら達人+
超人だとも思いました。

とうとう開通しますか~!
長~い工事でしたね。呆れ帰るくらいに。
このところ小国からばかり入ってますが、
石転び沢が終わったら山都から入ってみます。
情報ありがとうございました。
2013年05月28日 08:01
上の文章。呆れ帰る→呆れ返るです。
全く呆れ返っちゃいますね~!

この記事へのトラックバック