前袈裟丸山

【5月18日 前袈裟丸山】


画像
アカヤシオの中間に富士山が浮かんでいます


年間山行計画書のフラワートレック!第4弾は「袈裟丸山のアカヤシオ」
アカヤシオやシロヤシオについては、
各地から「花付きが悪い」「大外れ」の声が届いてきます。
最後の砦の袈裟丸山も決して例外ではないとのことです。
まっ、
小雨が曇りに変わり晴れマークまで現われてきたのだから、
それだけでもラッキー!だと捉えることにしましょう。

今回のメンバーはテル&タカ3、Kちゃん、ハツちゃん、イケちゃん、ミチヨちゃん
という僅か1ヶ月から半年前に知り合ったばかりの6人とモリちゃん、栗生Aさん、
そして私の9人編成。

折場橋付近からバリエーション・ルートで前袈裟丸山に登り、
賽の河原まで一緒に降ってから渓谷美の塔ノ沢を降る班と、
尾根コースで折場登山口に降る車回送班に分かれる計画です。
今回はこのルートを熟知しているテルちゃんにリーダーを務めてもらいます。

画像
取り付き地点付近の景色

画像
取り付き地点

画像
ご覧の通り道はありません

画像
シャクナゲ

画像
シロヤシオ

画像
大岩の一本松。「登山口付近の景色」の中に見えている松です

画像
笹薮漕ぎ

画像
アカヤシオがチラホラ

画像
いい天気!

画像
サクラも散見

画像
アカヤシオ

画像
四姑娘(スークーニャン)

画像
富士山に見参。見えるでしょうか?

画像
「富士山が見える~!」

画像
雪山が見えてきた。いい気持!

画像
ホント~に気分のいい日だ

画像
トップの写真をちょっとアップ

画像
日光白根山と、手前右から庚申山・鋸十一峰・皇海山

画像
前袈裟丸山の山頂を目指して一直線に登ります


一般的なルートではないので説明を端折りましたが、
山頂直下で小丸山からの登山道と合流します。
ゾロゾロ・・・、すごい数の登山者が押し寄せてきます。

画像
袈裟丸山へのアプローチの途次何度か顔を合わせたので、合流地点で
バッタリした際お声かけしたところ、yamasanpoさんの「登山・花日記」の
コメント欄でお見かけする「のんびり夫婦の山遊び」さんでした

画像
前袈裟丸山山頂にて

画像
同上


山頂にもいい空といい景色が広がっていました。
何とついていることでしょう!
ここで早めの昼食を摂りました。

画像
右から至仏山・上州武尊岳・谷川岳・苗場山

画像
至仏山・笠ケ岳方面

画像
上州武尊岳方面

画像
谷川岳・苗場山方面


至福のひと時を送り下山にかかると、
山頂直下の最もすれ違い難い急坂で渋滞に出合ってしまいました。
そうは言っても降りはラクチンです。

画像
避難小屋付近に見られたヒメイチゲ

画像
同上


避難小屋から小丸山に登り返す辺りからアカヤシオの色が濃くなりました。
濃いけど例年の半分から3分の1程度かな?

画像
小丸山から袈裟丸山を振り仰ぐ。小屋でもここでも「のんびり夫婦の山遊び」
さんに出会いました

画像
アカヤシオ

画像
小丸山から賽の河原に向う途次、アカヤシオの下で幸せ一杯!な家族

画像
賽の河原にて。テルちゃんと私はここで7人を見送り笹薮に突入しました

画像
笹薮漕ぎの途中から贅沢な景色が得られました

画像
同上

画像
同上

画像
ニリンソウ(訂正:サンリンソウだそうです)

画像
ヤマエンゴサク

画像
寝釈迦


賽の河原から折場橋付近の車まで40分で降ってしまったので、
塔ノ沢登山口の駐車場に車を回送してもまだまだ余裕の時間がありました。
寝釈迦に向けて歩を進めてみます。
大岩と清流の渓谷沿いに緑がしたたる素晴しい登山道です。
でもいつも見られるヤマツツジの繚乱がありません。
やはり今年はツツジ類の外れ年なのでしょう。
外れと言っては失礼ですね。
1シーズン英気を養っているのでしょう。

30分弱登ってニコニコ顔に再開しました。
「いい山だったね」
「ん、いい山だった~!」

*賽の河原で別れてからの塔ノ沢の写真は当然のことないので、
  他の部分も含めて栗生Aさんからお借りし貼り付けました*

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

テル&タカ3
2013年05月21日 06:31
デイダラボッチ おはようございます。

袈裟丸、天気も良く・ヤシオ・上州の雪山・おまけに富士山を見ながらの上りの藪漕ぎ、特別付録が犀の河原からの下りの藪漕ぎ、イヤー!楽しい1日でした。

それにしてもダイジェスト版のコメントの返事が00:45
とは筋金入りの不良ですね! 脱帽です!!
2013年05月21日 09:30
テル&タカ3、こんにちは。
バリ・ルートを登って薮漕ぎをして降りてくる。
年寄りには十分過ぎるくらい刺激的&冒険的で
「これだから山はたまらん!」ってな感じです。
テルちゃんは次の日も更に刺激的だったしね。

「筋金入りの不良の仲間入り」
光栄です!!
栗生A
2013年05月21日 09:34
デイダラボッチさんテルさん有難う御座います 
おはようございます。4年前秋、弓の手コース
から見た笹原の大きな、のどかな庭園をいつか
登ってみたいと、地図と睨めっこしてました。
念願の大岩と一本松に立て、アカヤシオの中、
笹原を急登し、まっ白い至仏山に会え、安心して
沢山の写真が取れました。下りの塔ノ沢コース
新緑の明るい沢に、小さな花々・コバイケイ・
三輪草・二輪草・ハタザオ・ヤマエンゴサク・
クワガタソウ・ヒゲネワチガイソウ・ツチグリ
素敵な優しい下山ができました。別な山を二度
・三度歩いたような不思議な気持ちです。
ご馳走になり、笑顔だらけの山行、とても気持
よかった、有難うございます。写真撮りに熱中し
真っ逆さま、サヨーナラー 以後気を付けます。
2013年05月21日 10:24
栗生Aさん、こんにちは。
写真、たくさん使わせてもらえて助かりました。
ありがとうございます。

バリ・ルートは当然のことながら、あまり歩かれる
ことのない塔ノ沢コースには、新鮮な魅力が満載
されてますね。標高差も長さもあるので敬遠され
がちだけど、1度歩いた人は2度3度と歩く。
これからも変化に富んだコース作りを心がけます
ので、折を見て参加ください。
セとナ
2013年05月21日 14:41
こんにちは。
分刻み(ちょっと大袈裟かな)の日程にびっくりです。
どの山もお天気よし、花よし、そして仲間との楽しい山行が伝わってきます。
これからも益々ハードスケジュール♪
晴れる様に祈ってますよ~
2013年05月21日 16:29
セとナさん、こんにちは。
「溜まった写真を整理してブログを作ろう」と
久しぶりに家にいるんですが、等間隔で
1~2時間ずつ家族が遊んでいくので、
作業がサッパリ進みません
でもCDを持って来てくれたり山行報告や打合せ
に来てくれるありがたい家族ばかりです。
筋金入りの不良老人、
もう一がんばりします~!
ぶなじろう
2013年05月21日 22:19
今晩は。軟弱不良中年です。
袈裟丸のパリルート、研究してみます。
青空とアカヤシオの取り合わせ、何とも云われぬいい感じです。パソコンを400%に拡大したら富士山見えましたよ。登るのはきらいだけれども、見るのは好きな富士山です!
2013年05月21日 23:09
ぶなじろうさん、こんばんは。
バリ・ルートって書いているけど踏み跡は明瞭、
笹も倒れていて1本尾根、迷うような場所は
どこにもありません。
「地図には載っていないルート」に訂正です。
賽の河原からの降りも沢に沿っているので、
ルートファインディングの必要なしでした。

ぶなじろうさんが軟弱だとしたら、
強硬と言える人は存在しないことになります。
来季、スキー教えてください。
モリ
2013年05月22日 08:33
袈裟丸山天気もよく最高の一日楽しませてもらいました。
バリルートの藪漕ぎは辛かったですがその分アカヤシオや富士山に逢えてよかったです。
ありがとうございました。
2013年05月22日 09:03
モリちゃん、こんにちは。
いいメンバーでした。
いいコース取りでした。
いい天気と花でした。
これからもこのような豊かな山遊びをしたいね。
2013年05月23日 21:22
デイダラボッチさん こんばんは
袈裟丸山登山は好天に恵まれ、急登と聞かされてたバリエーションルートも「皆で登れば怖くない!ルンルンルン♪」で、富士山他庚申山、鋸十一峰越しに見た皇海山、日光白根山の遠望も楽しむ事ができました。
山頂からは至仏山他遠くの雪山も遠望できて凄く良かったです。
今年は花付きが少ないと言われてたアカヤシオの群生も自分には余りある充分なものでした。
自分達の為にバリエーションルートの下見登山してくれたテルちゃんにもこの場を借りてありがとうです♪ Kでした。
2013年05月23日 22:35
Kちゃん、こんばんは。
突然の不幸による里帰り、戻った途端の整備、
お悔やみ申し上げます。そしてお疲れさま!

袈裟丸山は天気・メンバー・コース取り・花・
展望に恵まれて大満足してます。
それより何より袈裟丸山が有する自然が
私たちに優しくしてくれたと思います。
全てに、ありがとう!

この記事へのトラックバック