飯豊連峰:石転び沢雪渓とハクサンイチゲ・1日目    

フラワートレック!第8弾は飯豊山のハクサンイチゲでした。
太陽と風と、
残雪と緑と、
絶景と花々と、
に恵まれた3日間の様子をお伝えします。


【6月8日 天狗平~石転び沢雪渓~梅花皮小屋(泊)】

今回のメンバーは
長老モリちゃん、元気印のテルちゃん、気は優しくて力持ちのイシちゃん、
PC指南役のKちゃん、「登山・花日記」のyamasanpoさん、そして私の男性6人。

益子3:00発~天狗平7:45着8:05発~石転びの出合10:15発~
                     石転び沢雪渓~梅花皮小屋14:20着(泊)


画像
石転び沢雪渓


天気よし。
気分も上々。
天狗平をスタートします。
画像
イザ出立


丸森尾根も梶川尾根も天狗平から直接取り付きますが、
石転び沢へは、新緑のブナの懐に包まれながら30分ほど林道を行きます。
クライマックス場面を迎える石転び沢雪渓歩行(最大斜度44度とも言われます)
に向けてのプロローグとして、ここは最適なシチュエーションにあります。
画像
5人の精鋭(?)が飯豊の森を行きます

画像
温身平:1400m頭上に今日のホテルがあります

画像
「うまい水」で喉湿し

画像
割れた「うまい水」の看板

画像
オオバキスミレ

画像
サンカヨウ

画像
キクザキイチゲとカタクリ

画像
カタクリ

画像
タニウツギ


梅花皮沢の雪渓は、
時に暴れ時には水流を見せつつブリッジを造っているので容易に乗れません。
でも、ほぼいつもの地点で雪渓に乗り移ることができました。
画像
さあっ!「石転び沢劇場の始まり始まり~」とは言ってもまだここは梅花皮沢

画像
傾斜が緩いのでアイゼンはまだ装けません

画像
大雪渓を行く!

画像
シラネアオイ:梅花皮沢の雪渓取り付き地点までには多種多様な花々を見ることができましたが、雪渓脇でもたくさんの花が見られました

画像
咲き初めのシラネアオイ

画像
ショウジョウバカマ

画像
ウワミズザクラ

画像
なおも梅花皮沢を進みます

画像
昨年は水が得られた石転び沢出合に水がなかったので休まず進みます

画像
石転び沢雪渓にて

画像
石転び沢を行く!

画像
振り返るとこんな感じです

画像
少しガスが出てきて視界を遮りだしました。落石多発地帯(頭ほどの岩を筆頭に、計10ケほどの落石がありました)なので頭上と左右に目をやりながら登ります。時々「ラク~ッ!」の叫び声とけたたましい警笛

画像
yamasanpoさん

画像
ベテランのモリちゃんとルーキーのKちゃん。気付くと私たちの他にも20数人が登っていました(雪上歩行&ザイルワーク訓練中のN山岳会10数人も)

画像
既に40数度の斜度がありそうですね

画像
斜度44度の石転び沢雪渓最上部に差し掛かりました。ジグを切りつつ慎重に登ります

画像
稜線手前でちょっと斜度が緩むので、全く見えなかった梅花皮小屋が突然姿を現します


石転び沢雪渓の雪・雪・雪から一変、
小屋の周辺はハクサンイチゲやハクサンコザクラなどに埋もれてました。
画像
ハクサンイチゲと梅花皮岳

画像
?ハタザオでしたっけ


混雑が予想された室内は、
大多数が2階に寝床を作ったので私たち+4人だけで1階を占領。
豊富な治二清水で豪華(?)夕食を仕込み、早々とシュラフに潜りこみました。
深夜、
満点の星空のきらめきと、天球を流れる天の川とを堪能しました。
星の名前はよく解らないものの「幸せだな~!」

*yamasanpoさんとKちゃんから写真の提供を受けています*





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

和子&徹也
2013年06月11日 20:35
デイダラボッチさん 皆さん凄いですね~
残雪、展望、花、どれを見てもため息が出ます。
そして、満天の星空ですか?
行った人しか味わえませんね。
昨年の撤退のリベンジが出来ましたね。
2013年06月11日 21:15
和子&徹也さん、こんばんは。
いい山旅でした。
これで写真と文章が上手ければ鬼に金棒のブログ
になるんでしょうが、ないないづくしの上、
山行にも日々の暮らしにも余裕がなくては
どうにもなりませんね。
非日常的な時刻の流れの一部だけでも
伝えられればいいんだけどな~。
くに
2013年06月11日 21:20
いいですね~。
私も今年こそは石転び沢を登りたいと考えております。
デイダラボッチさんたちの今回の行程で行ければベスト
なのですが、どうも仕事が忙しくなってしまって
2泊の日程が取れそうもなく、どうしようかな~と思案中です。

あ~頼母木から朳差のハクサンイチゲ、すごいんでしょうね~。
レポの続きを楽しみにしております!
サクラ
2013年06月11日 22:56
こんばんは。
飯豊はいいですね~。
左右前後と思うように動かない首をかばいながら
レポを羨ましく、楽しく見てます。
石転び沢の雪渓は登ったつもりになりました。
ハクサンイチゲも・峰サクラも・・・

医者にヘリコプターで運ばれないように良く考えてなんて脅されました?
次の山、万全の体制で参加したいと思ってます。
2013年06月11日 22:59
くにさん、こんばんは。
飯豊山も花の山としてとみに有名だけど、
ことコマクサとシラネアオイに関しては右に出る
山が見当たらないほど岩手山は素晴しいですね。

くにさんが石転び沢を登りたいのと同様、私も
岩手山のシラネアオイに会いたくなりましたが、
毎日サンデーなれどやはり日程が・・・。
東北の山は近そうで結構遠い存在ですよね。
2013年06月11日 23:47
デイダラボッチさん こんばんは
会津生まれの自分にとって子供の頃から見てた夏でも白き雪を持つ飯豊山は、登山を始めた2年半程前から何時かは登ってみたいと憧れてた山でした。
思ってもいなかった満天の星空で見た天の川、目覚めた朝の雲海とご来光、ハクサンイチゲ他の大群生は「スゲェ~!スゲェ~!」言葉しか出なかったです。
天気に恵まれた3日間はこれからの登山日の青空を先取りしちゃって…(>_<)なんて心配しています。
参加申し込み時から不安がいっぱいでしたが、予定コースを無事完歩できたのは良きリーダー、良き仲間にめぐり会えたからと確信しています。この場を借りて皆に感謝です。
ありがとうございましたm(__)m Kでした。
イケちゃん
2013年06月12日 04:19
デイダラボッチさんおはようございます。

みんな無事でおかえりなさい
他にも、たくさんいい山あるのでしょうけど石転び沢の雪渓みたら来年挑戦して見たくなりました*\(^o^)/*
ワクワク
本当に山、花、ステキな仲間と楽しい3日間でしたね(^∇^)
2013年06月12日 07:43
Kちゃん、おはようございます。
「初めての飯豊連峰が石転び沢雪渓からだった」
となると、前代未聞かも知れないね。今も昔も、
選ばれた人だけが登るコースであることに
少しも変わりはないから。
何れにしても、稀有ともいえる自然現象の数々に
触れられた、思い出深く意義深い山行でした。
次、また。
2013年06月12日 07:58
イケちゃん、おはようございます。
飯豊山は3拍子も4拍子も揃ったいい山。
その山で自然現象にもいい仲間にも恵まれたと
なれば、結果が悪かろう筈もないよね。
>他にも、たくさんいい山あるのでしょうけど
石転び沢の雪渓みたら来年挑戦して見たくなり
ました*\(^o^)/*ワクワク
いいねいいね~!女は度胸だ!!
2013年06月12日 08:13
サクラちゃん、おはようございます。
寝違いも馬鹿にできないね。庚申山までに
シッカリ治して元気な顔を見せてください。
フラワートレック第9弾!
燧ケ岳とトガクシショウマの花はバッチリです。
天気が少しばかり気になりますが・・・
のんびり夫婦の山遊び
2013年06月12日 22:36
デイダラボッチさん、こんばんわ!
飯豊山、眺望も花も素晴らしいですね。花は
種類が多く、特にハクサンイチゲの群生は凄
く綺麗ですね。
なかなか歩けない山ですので、レポ楽しませ
ていただきました。
toku
2013年06月12日 23:52
こんばんは*⌒o⌒

ステキすぎです。いいなぁ、いいなぁ
行ってみたい!!!

休みが・・・・でも来月谷川馬蹄する予定です。
沢山休みがほしいです~。。。
セとナ
2013年06月13日 15:33
こんにちは。
ハクサンイチゲの咲く時期にこのお天気の良さ、
やっぱり何か持っていますね。
それにしても石転雪渓の40数度の傾斜は凄い!
見ているだけでも足が攣りそうです。
続編楽しみにしています。

トガクシショウマの写真も見たいです。
慌てず急いでアップしてねぇ~
2013年06月14日 19:42
のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんは。
私は明確な目的を持って山行を計画してます。
お会いした袈裟丸山はヤシオツツジ、
飯豊山はハクサンイチゲ、
そして昨日今日の尾瀬はトガクシショウマ。
ただ、山に登っていない時も何かと忙しくて、
レポが間に合いません。
どうぞ気長にお待ちください。
2013年06月14日 19:51
tokuちゃん、こんばんは。
毎日サンデーのおじちゃんおばちゃんたちを
羨ましく思うのはよく分かるけど、
働きたくても働けない日は必ずやって来るもの。
「休みが少ない」ことの裏返しは「幸せ」です。

貴重な休みが晴天に恵まれるよう祈ってます。
2013年06月14日 20:02
セとナさん、こんばんは。
先ず報告です。
「トガクシショウマはバッチリでしたよ~!」
それにしても
>慌てず急いでアップしてねぇ~
エッ!!ナさんは何とわがままなんでしょう
ところで「登山・花日記」のコメント欄に
「みー猫の山旅風景写真」さんのURLを入れて
おきましたのでご覧ください。
私たちがこの現場を通過したのは、おおよそ
1時間後のことでした。軍艦見てます。
石川@
2013年06月14日 22:28
こんばんは。
そ〜ですか。
大橇沢のトガクシショウマ咲いてましたか。
では、私も今週は秘密の場所へ!
2013年06月14日 23:30
石川@さん、こんばんは。
茂倉岳、コラボだよ!見ました。
花、なかなかのものでしたね。

燧ケ岳は残雪が多くて難儀し、燧小屋到着は
何と18時!力量が不均衡なので・・・ね。
トガクシショウマ、咲いてはいましたが年々数を
減らしているような気がします。ウ~~~ム。
雨巻山のシモツケ、私は未確認ですが下部ごと持
ち去られたそうです。ウ~~~~~ム。
石川@
2013年06月15日 06:14
おはようございます。
ハァ、凄い素人もいるのですね。
そう言えば、芳賀で造園業をしている友達も、山に植えていた出荷前の植木を持って行かれたとボヤイテいました。
庭に、茶室なんか有るなら別でしょうが、あんなの庭に植えて、万一根付いたら横に伸びて、大変でしょうね。
うちは、トマトとナスで十分です。
2013年06月15日 07:48
石川@さん、おはようございます。
目新しいものを見ると何でも欲しがる輩が横行
していて困ったものです。
次の雨巻山情報で健在だった時の様子を流します
が、養分の少ない岩場で健気に咲いていてこそ
美しいのにね~。FM放送の取材(12日)で確認
した2日後には姿がない現実、悔しいです。
*株が下部だなんてお恥ずかしい!*
みー猫
2013年06月15日 16:49
こんにちわ。
軍艦が滑っていくのを横目(下目?)で見ました~。さらにブログつながりでデイダラボッチさんとの間を登られていた「山楽番」さんが出合での映像をアップされておられましたので、拙ページにリンク入れさせていただいてます。目指すところが同じなのは意識しておりましたが、まさか同じ日に入山とは・・それにしても上の景色も素晴らしかったですねぇ。燧ケ岳のほうも、楽しみに待ってます♪
2013年06月15日 18:08
みー猫さん、こんにちは。
あの映像は精神衛生上非常に悪いです!
直接見ないで済んで幸いでした。
私たちは落石を避けるために、石転び沢出合から
左岸寄り~中央~右岸寄り~小屋直下と歩きまし
たが、途中何度「ラク~~~ッ!」の注意喚起を
促したか数知れません。その都度新潟山岳会の
ホイッスルも鳴り響きました。上部がガスってい
たので、下方の人たちが落石を視認するには時間
が必要でしたからね。

その日の内に御西小屋入りとはスゴイです。
あの近辺は大石山に比べると1週間以上花季が遅
れるので、ハクサンイチゲはこれからが見ごろ?
セとナ
2013年06月15日 18:15
こんにちは。
「山楽番」さんの動画で見ました!!
あんな物が音もなく迫ってきたら・・・と思うと
足が攣りそうなんてのん気な事を言ってられませんね。
背筋がゾ~としました。
危険と背中合わせの山だから達成出来た時の
喜びは格別なのかもしれませんが、
十二分に気をつけたいと改めて思いました。

トガクシショウマもばっちりで
良かった、良かった♪
慌てずゆ~くりアップしてねぇ~
2013年06月15日 22:25
セとナさん、こんばんは。
みー猫さん、山楽番さん、N山岳会、竹爺さんの
映像を見たけど、「大海原を滑る戦艦大和」の
表現は的を射ていると思いました。
私たちは碇を下ろしている大和を見ただけなので
まともに歩けたけど、迫り来る場面に直面したな
ら、その後歩けなかったかも?です。
ハイ、ハイ。慌てずゆ~くりアップします。

この記事へのトラックバック