森のランプ・レンゲショウマが灯りました

【8月7日 森のランプ・レンゲショウマが灯りました】

去年、
県民の森の宮川渓谷を訪れたのは8月25日、
森林公園の古賀志山麓を訪れたのは8月30日でした。
それらと比べれば何とも早すぎる花探訪計画。
でも何故か
「咲いていそう」
の予感が脚をくすぐるので、
アオイ(マルチーズ・メス)と連れ立って車を北に向けました。

管理棟下のP~宮川渓谷遊歩道~芝生広場~車道~宮川渓谷遊歩道~P~
矢板道の駅(昼食)~R293~森林公園・細野ダム奥の路肩~花探訪~


宮川渓谷沿いの遊歩道は全てがしっぽり濡れそぼっていて、
相棒は八頭身の美女じゃなく膝下のアオイだけど気分だけは相合傘。
歩くこと15分で「森のランプ・レンゲショウマ」の灯りを見つけました。
画像
最初に見つけた灯り
画像
ただの羅列でごめんなさい
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


渓谷を登り詰めると車道が通じている芝生広場に出ます。
暫らく車道を降ってから再び渓谷遊歩道に戻りました。
画像
シモツケ
画像
コバギボウシと芝生広場
画像
マツヨイグサ
画像
1度撮った花だけど光が差し込んでいるので別ものみたい
画像
同上

折角作っておいてくれたおにぎりを家に忘れてきてしまったので、
矢板・道の駅まで降ってアオイ共々昼食。
「ハテサテ、宮川渓谷が咲き初めだとすれば古賀志山麓は・・・?」
と躊躇する頭とは裏腹に車は森林公園に向けて走ってました。
画像
オオハンゴウソウ
画像
キツリフネ
画像
マツカゼソウ
画像
ヤマジノホトトギス
画像
タマアジサイ
画像
クズ。昨年は草地を席巻して天辺に咲いていたのに、時季が時季だけに草むら
の中にたった1輪だけ見つけました
画像
同上
画像
古賀志山にもたった1輪森のランプが灯ってました。なのに何故か傷んでる?
蕾は昨年以上に見つけました。楽しみですね~
画像
イワタバコ群生地。花はまだでした
画像
イワタバコ
画像
同上


宮川渓谷遊歩道2時間強、
古賀志山麓1時間強の腰養生を兼ねた楽々花探訪でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

セとナ
2013年08月08日 14:55
デイダラボッチさん、こんにちは。
レンゲショウマの花も久しく見てません(涙)
後から後から見たい花が咲き出し
困ったものです。
あっちもこっちも行きたい山ばかり
あ~困ったな。
取り合えず幸ちゃんと乗鞍岳目指します。
応援していて下さいね。
2013年08月08日 16:52
デイダラボッチさん こんにちは

宮川渓谷は2010年秋に登山を始めた頃 ガイドブックに選んだとちぎ「里・山」歩きでは秋のお薦めコースで紹介されていましたが、ハイキング的コース?と軽く思い込み紅葉時に行けば良いと思いながら今日まで訪れていませんでした。
でもこのレンゲショウマを知った今は、直ぐにでも行って見たい!撮りたいです!
先日のM山では迷走ならぬ迷歩してしまったけど、此処なら一人でも迷う事はないでしょ!
来週早々出かけてみます(^_-) Kでした。
2013年08月08日 20:20
幸ちゃん、
どこかのおじちゃんも応援してるから、
3000mを越える高い山・乗鞍岳を、
思いっきり楽しんできてください。
2013年08月08日 20:33
Kちゃん、駐車場の草刈りありがとう!
当方もガイドマップ編集の打ち合わせが終わり、
気にかけていた草刈りもブログも終わったので、
ようやく手すきになりました。
東奔西走、花を求めて飛び回ろうと思ってます。
和子&徹也
2013年08月08日 20:49
レンゲショウマ咲きましたか?
一寸早い様な感じです。
一昨年宮川渓谷で初めて見てガラス細工の様な花にうっとりしました。
古賀志山はこれからですか?
2013年08月08日 21:28
和子&徹也さん、こんばんは。
昨年と比べれば相当に早い感じだけど、何故か
「咲いてそう」っていう予感があったんだよね。
宮川渓谷はいつ出かけても大丈夫。
古賀志山は蕾が固かったしイワタバコが咲き始め
だから、来週辺りからポチポチってところかな?
2つのポイントとも「増えている」と感じられた
ことが収穫でした。
セとナ
2013年08月10日 15:44
初めまして
幸多です。
いやーどうもありがとうございます。
頑張って登ってくるよ!
何時か一緒に登ろうよ!
じゃーね。






   
2013年08月10日 19:02
幸多君、こんばんは。
あまり頑張らなくてもいいんだよ。
何てったって山は楽しく登ることが大切。
あとで「乗鞍物語」(どういうことなのか
セとナさんに聞いてね)を聞かせてください。
じゃーね。

この記事へのトラックバック