ジャンダルム(3163m):その2

【8月18~19日 ジャンダルム(3163m):その2】

その1はこちら

画像
馬ノ背を登ってくる3人とジャンダルム

[2日目(8/19)の計画]
テント場3:45発~第4お花畑5:00発~天狗のコル(2820m)5:55着(朝食)
6:20発~ジャンダルム7:55着8:20発~ロバの耳山頂~馬ノ背9:25発
~奥穂高岳(3190m)9:45着(昼食)10:10発~紀美子平11:25着
(前穂高岳(3090m)ピストン)12:30発~テント場14:10着(撤収)14:40発
~上高地16:30発~沢渡17:05着(入浴)17:40発~益子22:00着
[2日目の実際の行動]
テント場2:50発~天狗のコル5:00着(朝食)5:15発~ジャンダルム
6:50着(コーヒータイム)7:20発~ロバの耳山頂7:55着8:00発~
馬ノ背8:40発~奥穂高岳8:55着(昼食)9:25発~紀美子平10:55着
11:00発~前穂高岳11:30着11:50発~紀美子平12:10着12:20発~
テント場14:20着(テント撤収)14:45発~岳沢小屋14:55着(コーヒー)
15:10発~登山口16:40発~上高地17:05着17:20発~沢渡(温泉)~
夕食~益子22:50着


ジャンダルム東側基部のトラバースを終えればロバの耳はすぐそこ。
滅多に登られることのないこの山頂には去年立ちました。
今年も立ちます。
でもその前に
画像
奥穂高岳(中央)、馬ノ背(手前)、ロバの耳(右手前)の位置関係
画像
ロバの耳基部からのジャンダルム。カッコイイ~~~!
画像
ロバの耳から一気降りして手前のガレを登り返します。険しく見える割には容易く登れてしまいます。馬ノ背で手を切らなければ奥穂高岳到着、というストーリーが読めます
画像
その1にも似た写真がありますが撮っている位置が違います
画像
その映像を左に振るとこんな絵になります

前置きが長くなりました。
いよいよ滅多に人の立つことのないロバの耳山頂です。
この頃私たちは
「滅多にない好天。もう1日テントに泊まって明日帰ろう」
と話し合っていました。
もとより予備日が1日ありましたから。
画像
ロバの耳山頂のyamasanpoさん
画像
ロバの耳山頂からガレの基部をダイレクトに見下ろすと・・・
画像
ロバの耳を下ります
画像
ガレ登り
画像
ガレを登ってくるyamasanpoさん
画像
ロバの耳からの険路を降って登り返すと、眼前に刃状の馬ノ背岩稜が光ります
画像
その地点で振り返ると、おどろおどろしい世界(ジャンダルムとロバの耳)と平和
な世界(乗鞍岳と御嶽)が共存していました
画像
その地点で振り返ると、おどろおどろしい世界(ジャンダルムとロバの耳)と平和
な世界(笠ケ岳)が共存していました
画像
しつこくジャンダルムとロバの耳。何せ何人ものカメラで撮っているものだから

奥穂高岳への最後の難所馬ノ背に取りかかります。
ジャンダルムと同様経験のあるyamasanpoさん先導で歩いてもらい、
私は背後からその雄姿を狙います。
画像
馬ノ背に取りかかる3人
画像
馬ノ背を登る3人
画像
雄姿をアップ
画像
追い越して先に回り、上から狙います
画像
同上
画像
同上
画像
馬ノ背をクリア!「ヤッタ~~~!」


今回のタイトルはジャンダルム(主峰の前に聳える岩峰=憲兵・衛兵)。
それはどこから臨んでも堅固な護りを誇ることに対し敬意を表する意味からです。
でも、
盟主が奥穂高岳(3190m)であることに変わりはありません。
画像
奥穂高岳山頂の3人とジャンダルムを神社側から
画像
デイダラボッチもたまには登場させましょうか
画像
奥穂高岳から常念岳・大天井岳・燕岳方面
画像
同上からもう1度ジャンダルムと西穂高岳方面


今朝は早々2時に起きだして行動を始めたので、
正午には3時間も間がある9時前にもかかわらず昼食を摂ることにしました。
祠前の石畳広場に堂々と陣取って。
内容はパン・アルファ米・コーヒー・菓子類といったごくシンプルなものなのに、
笑顔の真ん中で「北大路魯山人の手にかかった美食を味わうがごとく・・・」
の見事な食べっぷりでした。
私はと言えば、
朝食にアルファ米をスプーン2~3杯、
昼食は残りをお粥状にしてようやく胃に落とす・・・始末でした。
少食・貧食の極みです。

絶景もおかずに加えての食事中に
「今夕から明日午前中にかけて雨」
の情報を得ました。
それではもう1泊する意味合いが薄れてしまいます。
即「今日中に下山しよう!」で一致。
前穂高岳・岳沢目指して吊尾根へレッツ・ゴ~!
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
要注意箇所がなくはないものの吊尾根も随分歩き易くなりました。前方左が
前穂高岳、正面は明神岳
画像
名残惜しくて何度も何度も振り返ります
画像
前穂高岳北尾根と常念岳と蝶ケ岳
画像
そうこうしている内呆気なく紀美子平(2920m)に到着。みんなメットを被ってます。「スポーツショップで勧められてつい買ってしまった」的な穂高ファッションのような気がしないでもありません
画像
紀美子平にて
画像
前穂高岳(3090m)山頂へ一っ飛び。ったって30分近くかかってるけど
画像
奥穂高岳とロバの耳とジャンダルムを未練がましく何度も何度も・・・
画像
焼岳と西穂高岳。2年怠けたから来年は西穂高岳からにしようかな~?


さあっ、それではフィナーレとしましょう。
画像
重太郎新道
画像
雷鳥広場(2820m)
画像
かもしかの立場(2520m)
画像
岳沢パノラマ(2170m)。私たちのテント2張りだけが見えます
画像

画像

画像

画像

画像

画像
岳沢テント場付近のお花畑
画像
テルちゃんと芋虫さんのテント


ジャンダルムよ穂高よ。Goodby!
いい山旅をありがとう。
全ての人たちにもどうぞ幸せを恵んでください!
感謝!感謝!感謝!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

幸ちゃん
2013年08月24日 14:04
こんにちは
ジャンダルムすごい所だね。
大人になったら登ってみたいな。
乗鞍岳は楽しかったよ。
すごく疲れたけどね。



2013年08月24日 16:04
幸ちゃん、こんにちは。
ジャンダルムには険しい所もあるけど、
登った時の感激はものすごく大きいんだ。
セとナさんも近い内に登るんじゃないかな?
幸ちゃんもきっと登れるようになると思う。
頑張り屋さんだから。
いつでもどこでもおじちゃんは応援してるよ。
yamasanpo
2013年08月24日 18:46
レポ、何度読み返したことでしょう。
写真一枚一枚にその場のことが思い出され、
繰り返し蘇ってきます。
感動をありがとうございました。
2013年08月24日 19:54
yamasanpoさんに倣って、
私もその1その2を読み返してしまいました。
文章が下手なので感動を伝えきれていないな~。
もっと詳しく説明すれば少しはマシなレポになる
んだろうけど、文字数に制限があるので・・・。
紹介した10倍はある写真(テルちゃんのものも
含めて)をベタ張りすればよかったかな?
こちらこそありがとうございました。
芋虫で~す
2013年08月24日 21:20
何度も読み返し写真を見ながら、感動に浸っております。デイダラボッチさん膝、腰、食欲など心配でした。ご自愛ください。追、お気に入りokになりました。
  ありがとうございました。
テル&タカ3
2013年08月25日 00:57
デイダラボッチさん こんばんは
何度見てもジャンダルムすごいです!
こんな険しい山に無事登れたなんて?
デイダラボッチの的確なアドバイスと
kちゃんの青いお守り効果?
すばらしい山行有難うございました!!
2013年08月25日 09:05
デイダラボッチさん こんにちは
険しかったその1よりも更に険しい岩々を踏破 凄い! そして羨ましい!良いなぁ~!が素直な気持です♪
掲載写真はどれも素晴らしいけど、やっぱり自分の目でも実感したいです!
何時か?自分も…と思いを持たせた4人に感謝 そして感動ありがとう♪
Tちゃん 無事の踏破は実力の証ですヨ!
2013年08月25日 09:15
芋虫さん、おはようございます。
そうそう、テン場で膝が外れてしまったっけね。
何せ半月板が断裂したままなので・・・。因みに
大腿四頭筋も先天的に3本しかないそうです。

腰痛はいつものことだから仕方ないけど、腰骨が
細過ぎるのでベルトがずり落ちてしまい、ザック
の荷重が肩にだけかかるのは困りものです。

食べない・飲まないもいつものこと。山を降りれ
ば普通に食べられるので栄養は摂れてる?

五体満足で山を歩いている人は芋虫さんくらいだ
と思いますよ。日頃の努力の結果だけど、そのこ
とに感謝しなくちゃなりませんね。

「お気に入り」知ってしまえば簡単。良かった!
2013年08月25日 09:35
テル&タカ3、おはようございます。
Kマークの入った青ヘルメットのご加護もあった
ろうけど、Kちゃんの言う通り気力・注意力をも
含め破線コースを踏破できる実力があったからに
他ならないと思ってます。
努力を続けて、破線さえ描かれていない沢や岩に
もアタックしてみたいものですね。
2013年08月25日 09:49
Kちゃん、おはようございます。
益子いくべ会が雨巻家族向けに作っている年間山
行計画のほとんどは「実力+α」で構成されてい
ます。でも大きな破綻なく消化できてきている。
凄い!羨ましい!良いなぁ~!だけじゃなくて、
「やっぱり自分の目でも実感したい」と思うKち
ゃんがいる限り、もっと積極的に行動すべきだと
思いますよ。Kちゃんにはできる!
セとナ
2013年08月25日 19:28
デイダラボッチさん、こんばんは。
ジャンダルム憧れです!!
以前計画した事あるのですがお天気が悪かったので
断念したままになっています。
近い内は無理だけど何時かは登ってみたいなぁ~

2013年08月25日 20:29
セとナさん、こんばんは。
年齢的なこと腰痛のことなどいろいろあってまと
め役からは降りてしまったけど、個人的にはコレ
ッポッチも山を止めるつまりはありません。
ジャンダルムにも登り続ける心算。
折を見て感動を共にしましょう。
ぶなじろう
2013年08月25日 21:49
今晩は。
怖そうなものを見るのは大好きです。そう、見るだけです。あの薄っぺらい所に登ろうなんて考えた事もありませんです!
でも、こうして登る人がいるんですねぇ~。
また、いつかジャンダルムを見る機会があるかもしれませんが、知っている人があそこを伝わったのかと思うと、ますます怖くなりそうです。
ちい
2013年08月25日 22:03
デイダラボッチさん、こんばんは。
次元が違いすぎてコメントのしようがないっ、
って所です。
強いて言うなら、かっこいいなぁ・・・です。
2013年08月25日 22:11
ぶなじろうさん、こんばんは。
地図・詳細データ・GPS・磁石などを駆使しな
ければ目的地に辿りつけない、薮や沢を行くその
手の人たちの行動をいつも畏敬と尊敬の念で見て
いるけど、そんなもんなんですかね~!?
私たちが歩く部分は破線だけれど安全は図られて
いるので、いつになったらぶなじろうさんやみー
猫さんのような歩きができるかな~?ってのが本
音。着いていけるような計画があったら(邪魔で
しょうけど)是非誘ってください。
2013年08月25日 22:36
ちいさん&カッチン、こんばんわ。
今日は「は」じゃなくあえて「わ」です
デイダラボッチがみー猫さんやぶなじろうさんに
抱いていると同様の感覚は理解できるけど、剱岳
がそうであったように「案ずるより生むが易し」
だと思いますよ。アルコール3Lを担ぎ上げる労
力も岳沢は剱沢の半分の労力で済むし・・・。
モリ
2013年08月27日 15:41
PCが治りましたのでコメントしてみます。
ジャンダルム天候に恵まれてよかったですね。
やはり山は天気が一番仲間も元気で最高!
私も体が空いている時は雨巻通いです。
また他の山もよろしくお願いします。
2013年08月27日 19:56
モリちゃん、こんばんは。
誘われて中禅寺湖を一周してきました。「東京-
益子120Kmウォーク」の足慣らしだそうです。
歩き始めにちょっと降られたけど、その後は初秋
を思わせるような涼しい風に恵まれ、快適に歩き
抜けました。ただし中禅寺湖の外周は21Km程度
なので「本番では5.7周分歩くことになる」に
ビックリ!してました。 
ハッちゃん
2013年08月28日 14:03
こんにちは。中禅寺湖畔一周、お世話になりました。
若干の心地よい疲労感もあり、今日はゆっくりとブログを読ませていただいてます。
ジャンダルム!良い響きですね。そして物凄い岩場!
青空と槍ヶ岳、360度のパノラマでの4人は実に「かっこ良い~!」し、他のみんなが言うように、うらやましい~!!槍も穂高も登ったことがない私でも、もしかしたら?いつか挑戦する日が来るかもしれない?その時に備え、日々のトレーニングを続けようと思いました。
絶景画像は、テレビで見るよりも、知っている家族が登っているということで臨場感があります。誰かも言ってるけど、「感動をありがとう~!」
2013年08月28日 18:15
ハツちゃん、こんにちは。
「こちらこそ」です。
槍ヶ岳・穂高岳・ジャンダルムは明らかに魅惑的
な標高や展望や器量と容量を持った山だけど、
「チャンスに恵まれず登れなかった」のであって
「登れない山」じゃないよ。「雨巻家族が登って
いることで臨場感が増す」のであれば「雨巻家族
が登っているんだから自分にも登れる」と考えた
方が合理的&積極的でハツちゃんらしいと思う。
冬の社山・スッカン沢を筆頭に、燧ケ岳周遊・鋸
十一峰ピストン・八ヶ岳周遊・霞沢岳とクラシッ
クルート・不帰ノ嶮・南ア南部周遊と列記すれば
既にいっぱしの山〇〇〇(自分でこれと思う言葉
をはめ込んでください)だと言えるし。
一緒に登れる日が来るよう、トレーニングし企画
しそしてこの年寄奴も誘ってください。
和子&徹也
2013年08月28日 22:26
ジャンダルム、ロバの耳なんて心がワクワクするんでしょう。
晴天に恵まれ、仲間に恵まれ最高の登山でしたね。
こちらは、不幸事があってただいま休息中です。
9月には槍ケ岳と思ってるんですけど。
燕岳、大天井岳経由で槍に行こうと思ってるんですけど脚力が心配です。
2013年08月28日 22:57
和子&徹也さん、こんばんは。
いい仲間といい山を満喫できました。
不幸事があって8月は山に登れなくても9月に
槍ヶ岳が控えているというのは励みですね。
燕岳~大天井岳~槍ヶ岳は雲上のプロムナード。
「脚力が心配」だなんて2人揃ってご冗談を!
9月には私も槍・穂高界隈を考えて(未定)ます。

この記事へのトラックバック