雨巻山情報

【8月27日 中禅寺湖グルリップ】

画像
(Kちゃんが作ってくれた)中禅寺湖一周マップ

一週間も以前のレポです。

9月末予定の「東京ー益子120Km(のんびり)ウォーク」の足慣らしに、
参加者有志6人で中禅寺湖を一周してみることにしたそうな。
ということで120Kmウォークの発起人である私にも誘いが来たのでしたが、
新規購入したテント(後述)の試し張りを早くしたいが為に、
心は涸沢やババ平に飛んでいて虚ろ。

虚ろなまま具体的な計画も準備もなく26日9時30分には床に入ったものの、
27日午前2時過ぎのウララの動き出しで目覚めてしまいました。
「テン泊準備は1時間もあれば整うけど、ウ~ム・・・、
テントの金を出してもらった手前ウララやみんなと一緒に歩くとするか~」

益子出発時は篠突く雨。
途中で上がりルンルン気分で歌ヶ浜Pを発ったものの又もや小雨に見舞われ、
折畳傘、折畳傘+雨具下のみ、雨具上下、ポンチョと
それぞれのスタイルで防御。
画像
雨のない歌ヶ浜Pを出発
画像
ナヌッ!?小雨?
画像
ご覧のようなバラバラのスタイルで雨を凌ぎます
画像
オッ!木の間越しに見えるのは日光白根山じゃないかな?


何故か花芽の見当たらない「中禅寺湖南岸名物」シャクナゲ・ロードに突入。
この頃になってようやく雨も上がり涼風が湖面を渡り始めました。
「これって秋の風だね~」
なんて呑気に構えているとヤバイ。
湖岸に沿ってほぼ平坦だった遊歩道もちょっとだけヤイバ(刃)を(ヤイバは
大げさ。ヤエバ(八重歯)程度かな)剥きだすからです。
露わな木の根、岩の巻道、少しだけどアップダウン、急斜面を貫く細道・・・。
画像
日陰+開けた部分ではサワサワ狭い部分ではスゥ~ッと流れる涼風。
「気持いい~~~!」
画像
湖に突き出した白岩から男体山を拝します
画像
金峰山の大日岩を連想させるような岩も随所にあります
画像
梵字岩。梵字岩標識から200mほど戻った説明板の下にあるにはありましたが、
文字らしきものは見当たりませんでした

日光市が遊歩道や登山道の整備にどれほどの費用と労力を注いでいること
だろう?
私はいつも感謝し感心すると共に時々落胆(業者任せなので利用者の意に
沿っていなかったり、悪く言えば手抜き工事が多い)をも感じています。
梵字岩の標識と説明板との位置の食い違いを筆頭に路程標の表示間違いも
多々。
1度や2度の大雨で崩れたり壊れてしまう階段や手摺(地中深く打ち込まれて
おらず(手抜き)見かけ重視だから)も散見。
高い種を蒔いても実り薄いのでは「勿体ない!」と思うんですよね~。

などと考えさせられながら歩いていると目的物が現われました。
画像
この標識を見れば千手ヶ浜はすぐそこだと知れます
画像
千手堂跡。人物の入った雰囲気ある写真を消してしまった挙句、SDカードも
全画面削除かけちゃった~!バカだね~


ロゼット状の葉だけのクリンソウと、
地面を覆い尽くしてはびこるフッキソウだけが目立つ遊歩道から、
浜辺のベンチ(orテーブル?)に移動して早めの昼食。
定番のおにぎり・パン・ラーメン・稲荷ずし+漬物などと、
Kちゃん特製のレタス+ハム+ミニトマト+ジャガリコサラダ大盛りが1皿ずつ。

太平洋のように広い湖も後方羊蹄山のようにデッカイ山も、
空も雲も光も風も全てを7人占めにできるベストポジションは心地よかったけど、
クリンソウ園地内にあった人家は焼失していてご主人が後片付け中でした。
山中の一軒屋らしき風合いのある家だったのに・・・何ごとが起きたんだろう?
画像
千手ヶ浜をスタート
画像
ちょっとボケてしまったセンブリやアケボノソウに似たこの花は?
画像
まだこの頃は快適なリズムを刻んでます。脚ごしらえはそれぞれで履きなれた
登山靴・軽登山靴・ジョギングシューズ・ウォーキングシューズなど
画像
清々しい栃窪の浜辺と森。相当前のことだけどここに人家の痕跡がありました
画像
栃窪を過ぎると赤岩に向っての登りになります
画像
赤岩よりの手前から栃窪、熊窪、千手ヶ浜。左手に社山や黒檜岳も窺えます
画像
この時季千手ヶ浜への定期便は運行されていないものの、夏休み中とあってか
観光船がひっきりなしに航跡を描いていました。この頃からウララの足指に違和感が・・・
画像
菖蒲ヶ浜のスキー場跡はハンゴンソウ(奥の方)に占拠されて・・・
画像
そのハンゴンソウ
画像
菖蒲ヶ浜Pからの男体山


菖蒲ヶ浜から一旦遊歩道を離れ竜頭ノ滝・菖蒲ヶ浜船着場と車道を歩きます。
川を渡る橋がないからです。
何故ここだけが中途半端なままなのでしょう?
菖蒲ヶ浜船着場から再び遊歩道に入ります。

中禅寺湖北岸は車道に沿っている関係上、
釣り場やボート係留所・公園・トイレ・各種施設などがあり、
遊歩道と車道(関係者用)共用の部分も何ヶ所かあります。

南と名がつくと普通は「明るい」を連想するのに南岸は山が迫っていて日陰が
多く、その逆の北岸は道路や施設も整っている上陽射しも満点。
この主客転倒的なあり方が何故か面白かった。

**ここまで入力したところでPCが機嫌を損ねてしまいました。PCオンチの
私が色々くすぐっても笑顔は戻りません。そこでKちゃんにお出まし願った上で
<故障に関するお問い合わせ>窓口とやり取りした結果(途中経過は省きます)、
銀行口座残高の足りないことが判明(ガクッ!)。入金した途端機嫌が直るとは
現代のギアも現金ですね~。まっ、何ともお恥ずかしい顛末ではありました**

画像
大崎。ここでちょっとだけ車道と合し再び遊歩道に入ります
画像
遊歩道からの社山
画像
遊歩道からの黒檜岳
画像
栃木県施設の屋上から半月山・社山・黒檜岳
画像
ハンス・ハンターという人の別荘跡のロックガーデン
画像
同上。この付近には公衆トイレも多く儲けられていてありがたい
画像
別荘は消失したとの事。焼け残った暖炉だけが残っています


千手ヶ浜からだと、
北海道を連想させるような山紫水明の遥か彼方にポツンと見えていた歌ヶ浜が、
この辺からなら私には指呼の距離に思えます。
でも三角形の二辺を歩くことを承知しているウララの脚は留まることが多くて・・・。
そこで私は時間調整にウロチョロ。
画像
二荒山神社と男体山
画像
船着場と半月山・社山・黒檜岳
画像
湖畔にこんな物がありました
画像
その地点から見える男体山は8合目なんですね
画像
ネットで一躍有名になった精肉店が営むレストラン。昼前後の僅かな時間のみ
の営業なので閉まってました
画像
もうすぐ歌ヶ浜


急ぐ旅でも雨に追われる旅でもなかったし、
奥日光の自然を味わい尽くしながら歩いた結果、
案内書では7時間程度と紹介されているコースに9時間30分もかかりました。
でもこれでよし!
画像
温泉に浸かって、ぶなじろうさんやみー猫さんもごひいきにしている「れんがya」
でやきそばを食べてチョンチョン



[アライテント エアライズⅡ]
ここ30数年ほどは、
益子いくべ会やガイドなど大人数で歩く山行が主流を占めていました。
たまの個人山行や少人数山行は、
小屋泊だったりツェルトだったり仲間のテントだったり。
逼迫した必要性に迫られなかったこともあり、
私が所有しているテントはクロノス・ドーム(モンベル・3~4人用)という低山用。
高所で強風に吹かれたなら耐え切れない代物でした。

今回「先棒を担ぐ」ことから降りたので個人山行が多くなることは必定。
そこで1~2人あるいは2~3人の山行に適したテントを購入することにしました。
それが「アライテント エアライズⅡ」
一刻も早く試し山行をしたいものです。


[燕岳]
9月7~8日 
24人の大所帯でバス貸切による山行 内私と他2人がテント泊
(予報は芳しくないけど)天気に恵まれますよう!


[栂池~白馬岳~不帰キレット~唐松岳~五竜岳~
              八峰キレット~鹿島槍ヶ岳~爺ヶ岳~扇沢]
9月13~16日 昨年大キレットを歩いた仲間(コンセーレハイキングクラブ)と
一緒に歩くもので総勢6人。
昨年は極々順調に歩けました。
今年も天気に恵まれ安全に歩けますよう!


[東京-益子120Km(のんびり)ウォーク]
9月28~29日 
時間にはこだわらず(とは言えおおよそ28~30時間 16~18万歩)、
アチコチ立ち寄って見聞を広めながらの~んびり歩きます。
11人の行列は目立ちそうですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ぶなじろう
2013年09月03日 22:29
中禅寺湖一周、お疲れ様でした。
私は船に乗り遅れ、図らずも一周が2度ほどあります(yamasanpoさんのように快速では歩けないので)。夕暮れドキ間近で、北岸は薄暗いイメージでしたが、どうやら思い違いのようです。
赤岩手前に人家があったのですか!あそこの紅葉はとびきり美しいので住めるものなら住んでみた~い。
2013年09月04日 09:18
お早うございます。
栃窪の名称はトチノキが多いことに由来。
そしてそのトチノキは、そこに住む人(番屋的な
物だったらしい)が食料とするために持ち込んだ
ものであって、一般的にはもっと標高の低い場所
に自生するようです。
テントが許可されるなら泊まってみたいですね。
ほて
2013年09月04日 09:20
ご無沙汰しております。
あれから(悪沢・赤石岳)中央アルプス宝剣~三の沢岳、お盆、クラブで水ノ塔籠ノ登山~池の平湿原ゆったりハイキング、義兄の訃報、個人ガイドでの栂海新道と8月はあっという間に過ぎました。残念ながら“森のランプ”は来季までお預けです。
中禅寺湖岸一周は下界の猛暑を忘れさせてくれる涼しい一日だったことでしょうね。若~いとき(高校時代)霧雨の中、そして20年程前亡夫と紅葉の中歩きましたよ。

栂海新道を歩きながら、登山道を拓く、守る事がいかに大変か…雨巻山のデイダラボッチが脳裏をよぎり感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。

栂海新道はタイムリミットで日本海には至らずとも9割方歩き、聞きしに勝る登山道を実感、ただ今充電中です
お江戸~益子120キロウォーク楽しんで、お気をつけて行ってくださいね。←ちょっと未練が^^;
2013年09月04日 10:11
ほてちゃん、暫らく。
デイダラボッチの8月は南ア南部とジャン程度で
グータラ過ぎました。活発なほてちゃんに拍手。
エッ!?ほてちゃん120Km歩かないの?
何で?どうして?・・・暑いから?
理由が解からないけど未練があるなら歩くべし!
セとナ
2013年09月04日 10:23
デイダラボッチさん、こんにちは。
中禅寺湖を一周すると又違った
楽しみ方になりますね。
私達はまだ半周にも満たない?
ミツバツツジの咲く時期に
竜頭の滝から黒檜岳に行った事がありました。

最近のテントは使い心地抜群でしょうね。
余りにも古いので・・・
大蔵省の決済がおりれば新しくしたいな~(笑)


2013年09月04日 14:24
デイダラボッチさん こんにちは
歌ヶ浜から阿世潟までは何度か歩いていましたが、一周は初チャレンジ
阿世潟から千手ヶ浜までは、来年のシャクナゲ開花時期の再訪を仲間と約束できても、千手ヶ浜の桟橋が木立の隙間から何度も見え隠れしてても遠かったなぁ~!
灼熱に晒されるのではと心配してた菖蒲ヶ浜から歌ヶ浜までの帰路は、殆どが木立下に遊歩道が整備されてて気持良く歩けました。
車では何度も通った北岸は、車からでは全く見れなかった南岸の社山~黒檜山の山並みを見れたのは何より嬉しかったです♪
2013年09月04日 15:22
セとナさん、こんにちは。
「こんにちは」の「は」の表記と同様「大蔵省」
表記は古いですね~!今は「財務省」ですよ
この文面で行くとセとナさん家の財務大臣は
セさんですか?我が家はウララに全権を掌握され
てます(ったって、元々無いものを必死に護って
るだけだから可愛そう)
2013年09月04日 15:52
Kちゃん、こんにちは。
中禅寺湖一周は思いのほか変化があって楽しかっ
たね。だけどあの距離だと日本橋-草加程度。
アップダウンを考慮に入れてもちい&カッチンの
春日部辺りかな?残距離イッパイで楽しみだね!

テント泊でバリエーションルートを歩きたくて、
北鎌、横尾本谷右俣・左俣、北穂東稜、前穂北尾
根、剱岳北方稜線など、歩けそうなところをPC
と首っ引きで調べてます。みー猫さんに刺激され
て易しそうな沢も。「あ~忙しい、忙しい」
和子&徹也
2013年09月04日 18:21
ヂダラボッチさん 御無沙汰してます。
ブログの更新が無いので心配してました。
中禅寺湖一周してたんですね。
こちらは、今週北アルプスの計画がこの天気で諦めました。
来週の天気が心配です。
2013年09月04日 19:32
和子&徹也さん、こんばんは。
元々8月は大した山行が計画されておらず、また
この暑さと腰痛では雨巻山が精一杯でした。
ようやくレポしようと思えば残高不足でPCがダ
ウンしてしまうし踏んだり蹴ったりです。
ヤッホー宇都宮というグループで7~8日燕岳に
登るので、燕山荘でバッタリ!があるかもと期待
していたんですが・・・残念ですね~。こちらは
参加者24人・バス貸切・小屋予約済みなので
変更もままなりません。行ってきま~す。
テル&タカ3
2013年09月04日 21:49
デイダラボッチさん  こんばんは

120kmウォークの高地トレーニングとして
中禅寺湖一周企画しましたが、歌ヶ浜から
千手ヶ浜までは桟橋が見えてからでも歩けど
歩けど一向に近づかずけっこう大変でした。
ゴールの歌ヶ浜に戻って来た時には足がパン
パンになっていましたし。
日本橋から益子間はこの5倍強無事完歩出来る
のでしょうか?
太もも、ふくらはぎ、膝がもつのか?
足の裏が耐えられるのか?
120kmウォークて半端じゃないんですね!
イケちゃん
2013年09月04日 22:25
デイダラボッチぃ~こんばんわ

ずっとブログの更新がないのでどうしてるのかなぁーなんて思えないほど!?私も忙しかっけど気にしていたらやっとアップされていて、みんな元気そうでよかったです(^○^)
ほてちゃんと同じく120キロウォーク未練が‥‥でも仕事が入りそう‥‥
お盆の前から私の会社に静岡の浜松から北海道目指して歩いて旅してる
人が旅費稼ぐのに少しの間仕事してるよ、やっぱり足の裏が痛いらしく時々シビレたりしているようで気合入れないと歩けないのですね(´Д` )
その前にに不帰かぁ^_^;
2013年09月04日 23:03
テル&タカ3、こんばんは。
人には厳しく当るくせにこの所全てが軟弱に流れ
ていてダラダラ過ごしてる。「責任」から開放さ
れるとこうも違うんかね~?困ったもんだ!
でも120Kmウォークは雨が降ろうが槍が降ろうが
決行するからね。これまでいつも実力+αで押し
通してきた事だし、タイム・リミットもないから
自分を信じれば必ず歩ける。
何故に70才を越えた爺さんが3年も連続して
120Kmを歩くのか。それは楽しいからに他ならな
いし今現在の自分が人生で一番若いんだから!
2013年09月04日 23:14
イケちゃん、こんばんは~。
「変なおじさんが本気で応援してる」って、浜松
から北海道を目指している人に伝えておいてね。
計画を完遂することは必要なことだけど、それよ
り以前にそれをやり遂げようと発想し実践する気
持が大切。そう、何ごと前向き前向き!
不帰キレット。「微笑みの天使」を受け入れてく
れないはずがない。イケちゃんには必ず微笑む!
ところで槍ヶ岳は登ったの?
のんびり夫婦の山遊び
2013年09月04日 23:21
デイダラボッチさん、こんばんわ!
中禅寺湖一周、時間かかりそうですが、紅葉の
時期に歩くのも良さそうですね。
9月は北アルプス2回と120kmウォークと
凄い計画ですね。
私達も近いうち天気の安定を待って、唐松岳~
五竜岳を歩こうかと考えていますので、どこか
でお会いできることを期待してしまいます。
2013年09月04日 23:54
のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんは。
後立山縦走はそれなりにハード(ここで会えたな
らサプライズですね)だけど、燕岳も120Kmウォ
ークもお遊び。この3つが終えてしまうとフリー
になるので、個人的に出かけたい山が目白押し。
Kちゃんへの返信の他谷川岳・裏越後三山縦走・
東北への紅葉遠征など。
暇はあるし腰痛との付き合いは慣れているけど、
問題は〇〇が続くかどうかです
ヤホホ
2013年09月06日 08:50
週末の天気が気になり、天気予報を検索してばかりです。次の連休、白馬から不帰ノ嶮、唐松岳 デイダラボッチさんたちより1日遅れで行く予定です。その先はまた今度・・・カレンダー通りにしか休めないので(*_*) 休みが出来るようになると〇〇〇の問題が・・・体力の不安も(-_-) 〇〇〇ナントかなるさ~元気な身体さえあれば でしょ(^-^)v
2013年09月06日 11:26
ヤホホさん、こんにちは。
雨巻山の峠コース登山口で作業してましたが、
雨が落ちてきたので逃げ帰ってきました。
私たちも当初は14~16日でヤホホさんと同じ
行程だったんです。でもわざわざとなると大変な
ので八峰キレットまでつなぐことになりました。
7~8日の燕岳&来週末の天気、ヤキモキさせら
れますね。でも前向き!前向き!
イケちゃん
2013年09月08日 22:15
デイダラボッチぃー
おかえりなさい(^○^)

燕岳雨だったのですね天気ばかりは
仕方ないですね
白馬岳は禁断のてるてる坊主をつれていこうかと‥‥^_^;
龍に白馬岳から縦走の話や映像など見せたら
お母さんなら、なんてことないだろっと(T_T)剣岳のときはあんなに心配してくれたのに
槍ヶ岳はまだ日にちなど決まってないけど
白馬岳縦走思いっきり楽しみましょうね(^∇^)
2013年09月09日 14:49
イケちゃん、こんにちは。
燕岳は2日間とも見事に雨。そんな時は別の楽
しみを見出しながら歩けば雨もまた楽し!
そうは言っても禁断の「ゴアテックスのテルテル
坊主」持参だけはゴメンこうむります
龍君が心配してくれないことを不満に感じている
ようだけどそれはお門違い。「龍君の信頼を勝ち
得た」と自信を持った方がいいんじゃないかな。
槍ヶ岳を1泊2日のピストンでは勿体ない。
現役組にとっては難題なんだろうけど、できれば
2泊3日で計画してみてくださいね
デは9日:雨巻山整備、10日:那須・赤面山、
11日:浅間山(前掛山)と大忙しです。

この記事へのトラックバック