白馬岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳 その1

体調が優れなかった訳でも、
活動を休止していた訳でも、
ブログを怠けていた訳でもないのだけど、
前回(8/27)の中禅寺湖グルリップから3週間以上経ってしまいました。

「古希は人生の折返点」
だと目標をアクティブに据えた時点以来、
残り少ない時間の中で70年分の活動をするためには、
散漫だった事象を凝縮する作業が多々必要になり、
ちょっとだけ忙しかったというのがその言い訳です。

中禅寺湖グルリップ以降、
燕岳・1泊2日の雨中テント泊、
那須の赤面山・北温泉起点周回縦走、
浅間の前掛山・天狗温泉からのピストン、
そしてタイトルの山々などを面白おかしくあるいは波乱万丈で歩いてました。
それらの合間に、
雨巻家族と山道整備に励んだり益子町のとある委員としての活動もしてました。

そのような訳で雨巻山情報も山行レポも溜まってしまったので、
時系列レポから逸脱してタイトルの最新の山々を優先してアップさせます。


画像
白馬岳付近の草紅葉天国歩道


【9月13日 栂池~小蓮華岳~白馬岳~村営頂上山荘】

益子3:00発~栂池高原7:30着8:00発~パノラマウェイ~栂池山荘
(1860m)8:50着9:00発~天狗原10:10着10:20発~乗鞍岳(2437m)
11:25発~白馬大池山荘(2380m)12:00着(昼食)12:35発~船越ノ頭
13:20発~小蓮華山(2769m)14:15着14:20発~三国境14:55着
15:05発~白馬岳(2932m)15:40着15:50発~白馬岳村営頂上宿舎
(2730m)16:20着(泊)


不帰キレットは7月にも2泊3日で歩いてますが、
今回はメンバーもコースも一新され、
栂池高原から爺ヶ岳登山口に抜ける3泊4日のちょい長山旅になりました。

画像
栂池パノラマウェイ

画像
パノラマウェイ終点の植物園付近。ここから物語りが始まります

画像
オニシオガマ。五輪尾根などでもよく見られますネ

画像
ゴゼンタチバナの真っ赤な実

画像
息を切らすこともなく緩やかに登っていると天狗原到着。ちょっと先が風吹大池
方面の分岐点です。この千国揚尾根と鉱山道はまだ歩けてません

画像
別天地!の~んびりしましょ

画像
オトギリソウ

画像



9月も中旬だというのに、
夏の名残の花たちが結構見られます(容量が尽きてしまうのでほとんどを割愛)。
まっ、
天狗原は湿原なのでイワイチョウの黄色にほぼ席捲されてましたが。

画像
イワイチョウの黄葉

画像
ナナカマド朱に燃えて

画像
イワショウブと思って通り過ぎたけど、手持の図鑑には紅葉すると書いてない?

画像
乗鞍岳への道

画像
ウラシマツツジは緑も中々のものだけど、辰砂色の紅葉は更に味わい深いネ

画像
乗鞍山頂のケルンにて

画像
白馬大池。ケルンから僅かに歩を進めるとこの絶景が!

画像
湖畔のごつい岩とやさしいチングルマ

画像
白馬山中のオアシスで昼食を摂りました。摂ったというよりも「楽しみをここまで
先延ばしして歩いてきた」というのが本音


第1日目を大まかに区分けすると、
乗鞍岳を越えて下った白馬大池は一章節目のようなもの。
とすると、
小蓮華岳を越えてたどり着く三国境は二章節目であり、
白馬岳の山頂を乗越して安堵を得る白馬岳頂上宿舎までは最終章になる?

それでは二章節目の三国境に脚を向けるとしましょう。

画像
盛夏にはハイマツの根元にリンネソウが羅列する雷鳥坂より振り返ります

画像
ウラシマツツジの稠密に負けじとダイコンソウも大葉を天に向けてます

画像
白い岩塊斜面は化粧を施したかのよう!

画像
船越ノ頭を過ぎると・・・

画像
花季の違いのせいだろうか?9月中旬ともなるとチシマギキョウに押され気味の
イワギキョウの紫がやけに目だって嬉しかった

画像
イワギキョウ

画像
小蓮華岳山頂を越し・・・

画像
小蓮華山を背中にしながら緩く下ると・・・

画像
長野県・新潟県・富山県が境を接する三国境に到着。イケちゃんは標識をグル
グル回って三県を何度も行き来


それでは最終章に向けて圧倒的な馬ノ背斜面を攀じるとしましょう。

画像
少し登ると二重山稜がハッキリ見て取れます

画像
ミヤマアズマギク?

画像
山ガールデビューし立てのイケちゃんに、どうしても見せたかったブロッケン現象
が立て続けに現われました。雲の隙間から漏れ届く弱々しい光源なので、
ハッキリ・クッキリとは言いがたかったけどラッキー!6人揃って手を振り
「千手観音~~~!」は見事だったけど撮り損ねました

画像
白馬岳山頂到着。丸見えの絶景、雲の切れ間からのおこぼれ景色、名残の
花々、草紅葉の天国歩道、自然現象などのお陰で予定を大きくオーバーして
いたので、山頂到着と同時に宿舎に電話をつないでおきました

画像


画像
まだイブキジャコウソウが咲き残ってました

画像
白馬岳村営頂上宿舎


当然と言うべきか必然と言うべきか?
生ビールと日本酒とワインが激しくテーブルを行き交います。
下戸のテルちゃんと私はまった~りコーヒーの香りと湯気をくゆらせました。



【9月14日 宿舎~杓子岳~鑓ヶ岳~天狗山荘~
                 不帰キレット~唐松岳~唐松岳頂上山荘】


宿舎5:35発~丸山5:50発~杓子岳(2812m)6:55着7:05発~鑓ヶ岳
(2903m)8:10着8:20発~天狗山荘(2730m)9:15着(コーヒーブレーク)
9:35発~天狗ノ頭(2812m)9:55着10:00発~不帰キレット(2411m)
11:25着(昼食)11:50発~不帰Ⅱ峰北峰13:15発~不帰Ⅱ峰南峰
13:30着13:40発~唐松岳(2696m)14:20着14:30発~
唐松岳頂上山荘(2620m)14:50着(泊)


2日目は、
白馬三山の一翼を担う杓子岳と鑓ヶ岳をクリアした後、
コーヒーブレークをしゃれ込む村営天狗山荘に到るまでが前半であり、
天狗ノ頭・天狗ノ大下り・不帰ノ嶮・不帰Ⅱ峰北峰と南峰・唐松岳を経て
唐松岳頂上山荘に褥を求めるまでが後半だと二分割できそうです。

雲が豊富すぎた初日よりも明らかに恵まれた出立になりました。

画像
剱岳を右に眺めながらの2日目のスタートです

画像
これから向う杓子岳と鑓ヶ岳と右端は丸山

画像
白馬岳も背景にして記念撮影三連荘

画像
剱岳

画像
剱岳・立山・槍ケ岳・穂高岳など

画像
みんないい顔してますね

画像
オマケの剱岳と立山

画像
オマケの槍ケ岳・穂高岳など。これじゃいつまで経っても目的地に行き着かない

画像
杓子岳山頂より、鑓ヶ岳・槍ケ岳・鹿島槍ヶ岳のヤリガタケ三兄弟

画像
鑓ヶ岳に向う登山道より、杓子岳と白馬岳を振り返り見ます

画像
同上より、絶景に見惚けます

画像
鑓ヶ岳山頂より

画像
白馬鑓温泉分岐でドッシリした鑓ヶ岳を背景にして

画像
ウサギギク

画像
シロウマタンポポ

画像
村営天狗山荘

画像
同上

画像
この豊富な残雪とスタッフの人柄とがオアシスを形成しているようです

画像
コーヒーブレーク


文字数の関係上ここからその2に移ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

イケちゃん
2013年09月21日 13:41
デイダラボッチィー
アップ楽しみにしてました(^○^)

前半は天気にも恵まれ剣、立山ながめながらの楽しい旅でしたね。

念願のブロッケンも雷鳥も見せてくれてありがとう(^∇^)
ウラシマツツジ、ダイコンソウ青空の下で真っ赤に咲いていてきれいでしたね。

雄大な山々や自然つい一週間前なのに懐かしいです。

第二弾も楽しみにしてます。
ヤホホ
2013年09月21日 14:56
おかえりなさい。台風が来ていたので心配していました。笑顔いっぱいの写真、見ている方もニヤニヤ。ヤホホは、一週間遅れで今白馬山荘にいます。富山湾も剣岳も見え360度見渡せる
最高の天気です。 いよいよ明日は不帰ノ嶮です。単独行動なのでさらに慎重に、でも楽しんできますね(^-^)/
2013年09月21日 15:07
イケちゃん、こんにちは。
その2の方も最終日に入るところだよ。
骨休めにブログの作成画面を閉じたらイケちゃん
からのコメントが入ってた。どうもありがとう。

何度も歩いているコースだけど、あれほどの悪天
候やアクシデントは初めての経験。今回の仲間は
活気に溢れていたから無事クリアできたんだね。

16日に何とか撮った写真でまともなのは2枚。
他は雨粒が酷くて使えず。貧弱な文章だけであの
状況を何とか伝えなきゃ!もう少し待っててね。
2013年09月21日 15:28
ヤホホさん、こんにちは。
やあ~、ヤホホさんはラッキーだな~!
一先ず大きな崩れはなさそうなので、360度の
眺望と不帰ノ嶮のスリルとを満喫してください。
それと天狗山荘でのマッタリもお勧めですよ。
単独行なの?「アンタは偉い!」
戻ってからの土産話楽しみにしてるね。
あっ、そうか、このコメントも読めるんだ~。
ガ・ン・バ・レ!タ・ノ・シ・メ!
和子&徹也
2013年09月21日 18:47
デイダラボッチさん 天気に恵まれた山旅でしたね。
前半だけですか?
ヤリガタケ三兄弟素敵な眺めでしょうね。
12日の槍が岳はガス模様でしたよ。
その2も楽しみにしています。
セとナ
2013年09月21日 19:05
デイダラボッチさん、こんばんは。
心配してました。
無事で何よりです。
私達は中止にしてしまったので
来年に楽しみは取っておく事にしました。
運動会が続いて山もままなりません(涙)
その2 凄い事がおきそうな・・・
楽しみに待ってますね♪
ハッちゃん
2013年09月21日 19:36
こんばんは。天気が良くて何よりでした。台風18号の接近で心配でしたが、元気な笑顔が見られて良かったです!アルプスはすっかり秋の気配ですね。前回参加して、大雪渓の辛かったこと、天狗山荘のコーヒーの香り等を思い出し、楽しく読ませていただきました。私は18日にツアーで焼岳に登りましたが、天気は快晴!穂高や霞沢岳、笠が岳等の絶景を見て大感動でした。いつの日かあの稜線に立てるかも?!でも行くときは、ツアーではなく・・・と思います(笑)
2013年09月21日 19:54
和子&徹也さん、こんばんは。
「年寄りの冷や水」と言われようが「やるべきこ
とは先延ししない」が信条なので忙しい忙しい。
(信条とは裏腹に動けなくなっているのも事実)
台風と真っ向勝負になったその2も仕上がってる
んですが、仲間が防水カメラで撮った写真待ちと
いったところです。私の山行は「天気待ち」でな
く「先に計画ありき」なのでこんなことはしょっ
ちゅう。でも「アクシデントもまた楽し」です。
2013年09月21日 20:15
セとナさん、こんばんは。
はっ!?コメントでその2の中身が漏れちゃっ
てたなんて、デイダラボッチは相変わらずアホ
だね~!「もうこれ以上洩らさないぞ!」って
和子&徹也さんへのコメントでも洩れてるね
何はともあれ楽しかった~!
その2を30分後にはアップしますね。
2013年09月21日 20:33
ハツちゃん、こんばんは。
「美人三姉妹が雨巻山に登ってた」って噂が益子
を飛び交ってるけど、ハツちゃんは知らない?
デイダラボッチも23日に、燕岳で同行した若い
ギャル2人をデレデレしながら案内する予定!

穂高岳・霞沢岳・笠ヶ岳か。
また登りたいな~!
特に4~5年ご無沙汰している笠ヶ岳には。
でもあの山は村八分的な位置にあるんでね。
差しあたっては120Kmに傾注しましょう。
テル&タカ3
2013年09月21日 22:37
デイダラボッチさん こんばんは
今回もまたまたお世話になりました。

初めて白馬大池が見えたときの感動、
青空に映える山肌は草紅葉の紅葉が始まり、
大池山荘のレンガ色と大池の水の色のコン
トラストは今でも目に焼き付いています。

又2ヶ月前に白馬岳頂上から見て、歩いて
みたいと思った小蓮華山~三国境~白馬に
つづく雄大な尾根を歩くことが出来るなん
て天気も良く最高でした!!

デイダラボッチがイケちゃんにどうしても
見せたかったブロッケン現象まで白馬頂上で
見ることが出来るなんてスゴイ!
本当に有難うございました。
2013年09月21日 23:10
テル&タカ3、こんばんは。
100%満足できる山行であればそれは最高!
だけどそんな山行なんて滅多なことでは訪れない
から、明確な目標を定めておいてその50%以上
が達成されたならば「よしっ!」とすべき。
その意味から今回の山行は「よしっ!」です。
紙一重だったけど自然現象や個々の事情に対して
、的確に対応できたと自負する部分もあるし。
内容の濃い3泊4日ではありましたね。
2013年09月24日 21:59
デイダラボッチさん こんばんは 会津祭りで賑わった会津からさっき戻りました。
「波乱万丈の山旅の報告をお楽しみに!」とのメールをいただいてたのでアップを楽しみにしていました♪
どの写真も良い天気の絶景だし、絶景だから?余裕から?かな、皆の笑顔が素敵です!
ブロッケン現象も見れたなんて、未だ見たことない自分には羨ましいなぁ~!何時か自分も見れるようがんばっぺ!
2013年09月24日 22:44
Kちゃん、こんばんは。
遠路の先祖供養、お疲れ様でした。
そう、がんばっぺ!がんばっぺ!
がんばればジェジェジェ!もあっぺよ。

この記事へのトラックバック