秋の那須岳逍遥:その1

【10月8日 沼原~三斗小屋宿跡~井戸沢~流石山】

ほぼ1年ぶりに訪れた三斗小屋宿跡には、
うらぶれた風情とは裏腹の明るく開放的な陽射しが注ぎ込まれていました。
その一角で60代半ばと思しきおじさんがウロウロキョロキョロ。
「会津中街道を歩きたくて三斗小屋温泉から降りてきたんだけど・・・?」
そこで知ったか振りのレクチャー。
「湯川右岸に沿って登り、道を見失ったら左岸のマーキングを探して渡渉・・・。
左岸に沿って登れば登山道が復活・・・。熊の糞だらけだから気をつけて・・・」

すると恐れをなしたのか
「あなたが遡る井戸沢なるものに同行させてください」

「とんでもない!ど素人だしロープも持っていないので1人でもやっとこ・・・」
と嘘も方便(ロープ・スリング・カラビナ・メットの全てを持ってました)で切り抜け、
もう1度図解してから会津中街道取っ付きまで案内して上げました。


画像
井戸沢核心の滝・15m


益子4:45発~沼原P6:10着6:15発~麦飯坂~林道出合7:15発
~三斗小屋宿跡7:40着(道案内し中街道取っ付き)7:50発~稜線
11:00発~流石山(1812.5m)11:05発~
大峠(1524m)11:35着
(昼食)11:50発~三本槍岳(1916.9m)13:00発~朝日岳ノ肩
13:45発~峰ノ茶屋跡14:05発~姥ヶ坂(牛ヶ首手前)14:20発~
姥ヶ平14:35着14:45発~姥ヶ平下14:55発~日の出平分岐
15:20発~沼原P15:40着15:50発~益子17:50帰着



腰の痛みに耐えかねて6日は回避してしまった井戸沢沢歩き。
それを「ヤッパリ歩いてみよう!」と決意したのは7日の夕食後でした。
「現況では、裏越後三山周回は家族に迷惑をかけるから断念せざるを得ない。
駄目元(駄目で元々)なんだからいつもの逆療法で腰の具合を試してみよう!」

重荷を背負うには不安が大きすぎるので登山靴は捨てて沢足袋のまま出発。
熊錫を鳴らしつつ麦飯坂を嫌という程降ってから湯川を渡渉して林道へ宿跡へ。
腰を庇いながらの歩みは遅いものの歩くほどに痛みは和らいでいきました。

画像
沼原湿原から三斗小屋宿跡へ

画像
湯川手前の沢に掛けられた丸木橋

画像
湯川。トラロープが張られた部分は水量豊富で渡れないので、ちょっと上流の
岩を跳び伝って渡りました。水没注意

画像
麦飯坂・林道出合

画像
戦死者若干の碑。戊辰戦争の時の三斗小屋宿の惨状を語っている・・・?

画像
三斗小屋宿跡。背後に見えるのが流石山

画像
宿跡周辺は微かな色づき。蒼い空白い雲

画像
鳥居

画像
白湯山神社

画像
苔むして・・・


件のおじさんを案内してから涸れ沢に入渓し、
堰堤を左から右に渡って乗越して(荒れてました)再び涸れ沢を行きます。
最初に出あうのは3mの堰堤状の滝。
続いて10mほどの滑滝。
ただ歩くのと違い無理な体勢をとるので時々腰が泣きます。
そしてまた、
昨年の安全靴(滑り難いが売り)より優れていると思って整えた足元の滑ること!

画像
井戸沢の堰堤。ここまでは涸れ沢で堰堤を乗り越えるとようやく水流を見ます

画像
堰堤状3m滝

画像
10mの滑滝

画像
同上


そんなこんなで井戸沢の核心部とも言える15m滝に出っくわします。
「すっばらしい~!惚れ惚れするな~!」
この年寄奴の血潮がたぎり、
胸が高鳴り、
心のときめきに鼻息を荒くします。
向って右の水に舐められてツルツルのリッジ状岩壁を攀じりましょう。
昨年度胸だけで越えた最上部の岩(ややオーバーハング)は、
スワミベルト+カラビナ+スリングで安全を確保してから慎重に乗っ越しました。

画像
15m滝に取り付くに当って初めて自画像撮りをしてみました。十分に年寄り!

画像
15m滝

画像
同上

画像
滝上の流れ。岩を乗っ越してから薮と笹を高巻いて降ると滝上に出ます

その後「沢登りルート120(山と渓谷社)」では約20ヶ所もの滝+連瀑+滑滝で
紹介されている井戸沢を爽快に遡っていきます。
空は高くて蒼いし、
水は心地よいと思える冷たさだし、
人っ子一人としていないし・・・みんなみんな最高だね!
でもこれ以降については、
沢のど素人なのでルートの説明は極力控え(間違っていると困るから)、
滝や景色の写真紹介により努めます。

画像
5m滝。ルートの説明は出来ませんが、登った方を広く撮るよう心がけました

画像
案内書では2m滝。実際には3mはありそう。滝が中央にあるのは左右どっち側
からでも登れたってことです

画像
連瀑

画像
同上

画像
同上


滝については曖昧でもハッキリ言えることは、
チンドン屋スタイルを沢屋3人組にしげしげと眺められてしまった地点までで
所要時間75分(昨年比15分超過)かかってしまったこと。
ほぼ水の涸れた上流部で好奇心が働いて右俣に入ってみたところ薮・薮・薮。
ということで流石山到着には3時間15分(昨年比で65分超過)も
かかってしまったことです。
案内書では稜線まで3~3.5時間となっているのだから、
るる勘案しても今年の方が妥当な時間なのかも知れません。

画像
昨年チンドン屋スタイルを見られてしまった滝

画像
その滝をちょっとアップで

画像


画像


画像


画像


画像


画像
同上

画像


画像
同上

画像


画像


画像
同上

画像
同上

画像


画像


画像
稜線が見えるようになってから水流はか細くなってしまったものの、
楽しめる滝がこれでもか!これでもか!と現われます。ウキウキワクワク

画像
同上。階段状の苔の滝です

画像
アップするとこんな状態です。人が踏んだ部分だけ苔が剥がれていますね


その2はこちら


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ヤホホ
2013年10月10日 17:52
滝の写真凄いですね。腕もカメラも最高です(^з^)-☆ あー、またまた興味津々。沢も登ってみたくなりますよ。あの山もこの山も、えーと沢も・・・体力アップ、せめて保持につとめないと(>.<)y-~ 腰はカナメ、お大事にしてください。
セとナ
2013年10月10日 19:00
デイダラボッチさん、こんばんは。
いいなぁ~
技術があったら絶対行きたい!
涼しげな沢、滝を見ていたら生き返りました。
冬布団出したのにこの所の暑さには参ったです。
裏越後三山はお天気が良さそうなので♪♪♪
でもテント泊なので荷物を軽くと言っても
相当な重さに・・・腰への負担も・・・
大事に気をつけて楽しんで来て下さいね。
私達は、日曜日は会山行、月曜日は区の行事、
久々のお天気のいい連休なのにね。
その後だと紅葉も終わってしまうし
あ~ぁ
飯豊はやっぱり遠いな~
yamasanpo
2013年10月10日 19:08
爽快ですね。
夏時季であれば尚更でしょうね。
素人どころか沢ヤそのものです。
その2も楽しみです。
ハッちゃん
2013年10月10日 20:27
こんばんは。
腰痛を心配していましたが、沢登り!凄いですね。いくつもの滝を登るのって、爽快なんでしょうね~。何にでも挑戦するデイダラボッチは青年のようですよ!そう言っても腰痛はとっても心配です。体は大切にしてくださいね。
2013年10月10日 22:38
ヤホホさん、こんばんは。
私は何処か体調の優れないところがあると
これまで「雨巻病院」に通院して直してました。
今回は通院が億劫になる程状態が良くなく・・・
更なる荒療治に打って出ました。好きなこと楽し
いことをすることこそが身体には良いのかな?
裏越後三山周回、何とか出かけられそうです。
2013年10月10日 23:01
セとナさん、こんばんは。
素人は素人なりに下手は下手なりに沢歩きは楽し
いですね~。「山歩きの良いところ盗り」ってな
感じがしてなりません。熟練者に着ければもっと
楽しくなること間違いないけど、こればかりはど
うにも巧くいかなくて・・・。
あれあれ、飯豊山はこの連休だと思っていたのに
無理なんですか?あまり遅らせると雨が雪に代わ
ったりする(追い返されたことがあります)し。
飯豊はイイけど遠いか~!
2013年10月10日 23:22
ハツちゃん、こんばんは。
八面六臂の大活躍はデイダラボッチなど足元にも
及ばないくらい凄いです。何より計画性がある。
こちとらは思い付きの無茶苦茶ばかり。
でも、裏越後三山周回に参加させてもらえそう?
な手ごたえを感じ取れた素晴しい山行でした。
2013年10月10日 23:26
yamasanpoさんたちも麦飯坂を下って周回したん
だよね。深山湖奥に停めれば会津中街道を降れ
る(ムキタケをゲット出来る)けど、今回は姥ヶ
平の紅葉も見たかったので、似たような遠回り周
回にしました。腰は何とか持ち堪えそうです。
toku
2013年10月11日 00:30
ここに沢ルートの詳細がありましたね。

沢登りも興味はあるものの・・・未知の世界!ここのルートいつかやってみたいものです!

凄いなあ。。。。
和子&徹也
2013年10月11日 07:49
デイダラボッチさん 流石山への沢ルート登れる方は少ないでしょう。
腰の痛みを逆療法で直して、裏越後三山に行くなんて凄いですね。
此方は今日那須に紅葉を見に行こうと思ってたんですが、天候が悪そうで取止めました。
天候が週末回復しそうですが、仕事や孫達が来ると言うので行けそうにないです。
2013年10月11日 08:36
tokuちゃん、おはよう。
文中にも書いたように「ど素人」だけど、イザ!
の時のお助けグッズを携えて行けば何とかなる。
要は興味を持ったなら行動を起こしてみること。
行動を起こさないと何も始まらないからね。
来年にでも登ってみませんか?
2013年10月11日 09:46
和子&徹也さん、お早うございます。
益子は今小雨。折角の休暇でも取り止めて正解
だと思います。8日の茶臼岳は雲の中。9日の
ウララたちは全くのガスガス。どうもこの所
天気が今一ですね。

腰の方は昨日整体陰にコルセットを忘れてきた
ほどで順調です。裏越後三山登れそうです。
tuku
2013年10月11日 22:26
こんばんは⌒o⌒*

沢ルート予約します。ご指南くださ~い!!!
2013年10月12日 07:45
tokuちゃん、おはよう!
昨夜は「甲武信岳・笛吹川東沢釜ノ沢東俣」を見
たくて、この時間はPCは閉じちゃってました。
素晴しかった!心底惚れてしまいました。
この沢への憧れの高まりを実践できるよう、
これから「70の手習い」を始めます!

この記事へのトラックバック