出会いの山・宝篋山+α

【11月9日 出会いの山・宝篋山】

牛久市の馬目ご夫妻に案内やら説明やらをしてもらいながら、
「負んぶに抱っこ」で興味津々宝篋山に登り、
『宝篋山整備オールスターズ』に出会ったのはついこの間の出来事。
なのにそれから2回歩く機会を得、
4回目となる今回もまた馬目ご夫妻と訪れて様々な出会いに恵まれました。

画像
宝篋山山頂にて

所用で真岡へ遠回りし『母ちゃんの店』で買い物をしと道草ばかりしていたにも
関わらず、
『小田休憩所』には早く着きすぎてしまいました。
T代表は家族旅行とかで留守でしたが、
週2回の割合で整備に携わっているSご夫妻が来られたので挨拶。
間もなく馬目ご夫妻も到着し定刻9時に極楽寺コースへ踏み出しました。

画像
笠(屋根)付の地蔵菩薩立像


五輪塔はパスして沢沿いの登山道をユックリ登ります。
シャラシャラと水音を聞き、
飛沫際立つ幾つもの小滝を愛で、
木漏れ日と秋の風を肌で感じとる・・・、
言うなれば『癒しの小径』です。

画像
『癒しの小径』の『こころの滝』

画像
こころの滝のベンチで一休み

画像
小径を行きます。何気なく振り返ると雨巻家族のSちゃんご夫妻の顔が・・・!


宝篋山に巡らされているコースを大まかに分ければ、
小田休憩所側からは東通りの常願寺・中央の極楽寺・西通りの小田城の3つ、
山頂の北西側からは山口1・山口2・新寺の3つになるようです。
そしてもう1つ登山道より連絡路と表現したいような、
常願寺と極楽寺と小田城の各コースを結んでいる純平歩道があります。

画像
太郎こぶし:純平歩道とTの字形に合流する左手前にあります。太いです。背が
高いです。威厳があります。キレイな花を咲かせます


Tの字を右折して純平歩道を少し歩くと左折。
ここからちょっと急坂になって薮椿群生地・大岩群・山桜の森・こぶしの森へ
と誘われていきます。
この付近は剛柔が混在している上『こぶし展望所』があり『城址』があり、
電波塔への車道を活かした『バイオトイレ』も設置されているので、
人波の絶えることのないポイントです。
「山頂は風が強く寒くて・・・」とのSちゃんご夫妻とも再会。

最後僅かに舗装道路を踏むと宝篋山山頂(461m)です。

画像
馬目さんに撮ってもらいました


山頂では『万博記念の森』で整備の残り作業を終えたSご夫妻とも再会。
風の避けられる下浅間で昼食を摂るべく一緒に下りました。

画像
トリカブトが沢山咲いてます

画像
秋の実。名前を聞いたけど・・・忘れてしまいました

画像
それぞれあらぬ方向を眺めているのは何故?・・・これも忘れてしまいました

画像
冷たい風を避けられる下浅間でランチ。Sご夫妻は一気降りしたようです

画像
6人がランチを楽しんでいるところへ、オールスターズのOさん&宝篋山登山
〇百回の兵Sさん&マラソンやトレイルランを趣味とするこれまた兵のTさんが
やってきました。雨巻山トレイルランの試走など多方面で強力な味方が!


硯石・七曲を過ぎると左に純平歩道を分けます。
今回は素直に『要害展望所』を目指さずその歩道に入りました。
その後は地図に記されていないルートなので詳細は省きます。

画像
薬師寺跡

画像
福来(ふくら)みかん:七味唐辛子に入っている陳皮(ちんぴ=みかんの皮を
乾かした生薬)に使用するみかんだそうです。普通のみかんもありました。
いつの時代か人間が生活していたのでしょう


下山後国指定史跡の平沢官衙(昔の役所)遺跡で説明ビデオ観賞。
まだ訪れたことのない山口1と2コースと新寺コースを、
馬目ご夫妻に案内していただいてから宝篋山にサヨナラしました。
馬目さん・わぐりさん、
お2人との出会いが私にとっての必然であったように、
一緒に歩かせていただくと必ず必然の出会いが待っていてくれます。
案内と沢山の出会いをありがとうございました。



[テント泊訓練について]
前回の雨巻山情報で、
「整備内容・装備品・訓練内容については担当者からメールで」と伝えました。
ところが「メルアドを公開したくない会員がいるかも知れない」との意見が。
そこでKちゃんが、
参加者への一括送信でありながら当事者以外のアドレスが表示されない方法を
検索&送信テストしてくれました。
送信テストは成功しました。
しかしながら立ち上げ途次ということもあって、
アドレス不明の参加者もいましたので今回はこのページからの連絡にしました。

テントを持参してくれる参加者へ:これまでの打ち合わせの中で、2~3人用7張、
  1~2人用1張を見込んでいます。忘れずに持参願います。
  駐車場へは予備テント3~4人用を、現場までツェルト2~3人用を持参します。
整備内容:16日は大・雨・尾根と峠の2グループに分かれ、傷んだ登山道修復と
  標識の交換、篠と小枝払いなどの作業をします。
  17日は三登谷山を経由して鉄塔下までの登山道修復と標識の交換をし、
  鉄塔下で檜皮剥きや丸太割りの体験をします。
装備品:16日の昼食(17日午後に跨った場合は駐車場付近のお店で昼食)・
  16日夕食と17日朝食及びコンロや食器は担当者側でまとめて準備します・
  (今回はバーナー・コッヘル・フライパンなど全て山仕様の道具で調理します)
  マット・シュラフ・防寒着・ヘッドランプ・アルコールやコーヒーなどの嗜好品・
  個人的に必要とする物(貼るカイロなども有効)
  なお、団体装備品は分担して背負い上げてもらいます。
訓練内容:テント設営と撤収・ツェルトの設営・ロープワーク・各種料理のテスト



[送電鉄塔下の作業風景]
ほぼ毎日のように誰かしらが作業しています。
今日13日は5人が集まり伐採地下方から太い丸太を何本も引っぱりあげました。
不注意に歩いていると鉄塔に頭をぶつけてしまう作業道を造りなおしました。

画像
見苦しいまま無為に朽ちていく伐採材を資材化しています

画像
このように井桁に組んだ資材がアチコチに積みあがりました

画像
同上

画像
檜皮剥き現場

画像
太くて丈夫で握りやすいロープで丸太を引っぱり上げます

画像
クサビを失ったカケヤの頭が抜けて吹っ飛んでいきました。ヤバイ~!

画像
左下に見えるのが在来の道。これで鉄塔に頭をぶつける心配なし

画像
満足!満足!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

イケちゃん
2013年11月14日 07:53
デイダラボッチさんおはようございます

テン泊内容確認しました。
夜は寒いかもしれないけど飲めば体の中から暖まる㊙️があれば大丈夫(*^^*)
宝篋山まだ雨巻家族と登ったことないのでみんな案内しますよ!
馬目さんも元気そうだしまた宝篋山でお会いできるの楽しみにしてます
2013年11月14日 16:01
イケちゃん、こんにちは。
体の中から温められるイケちゃんが羨ましい!
デイダラボッチは貼る〇〇〇で外から温めるしか
方法がないからね。ところで、ミステリーツアー
に宇都宮&春日部支部(?)から参加ありです。
楽しくなりそうだね。
ヤホホ
2013年11月14日 20:43
テント泊、お世話になります。寒さ対策、私も中から燃えないので〇〇〇用意しました。すみませ~ん、初心者緊張していますがよろしくですf(^_^)
ヤホホ
2013年11月14日 20:47
追伸
宝筺山、まだ登っていません(..)ガイドよろしくですm(__)m
2013年11月14日 23:11
ヤホホさん、こんばんは。
今の今まで二ツ箭山のレポ作っていたんだけど、
ズ~ッと同じ姿勢だと腰が持たないので止めに
したところです。明日は数人で多少の荷上げ。
女性陣は食料の買出し。着々と準備は進んでい
ますが、私も寒さ対策には骨を折りそうです。
宝筺山の件、ガイドするには不相応だけど素晴
しい山なのでどうぞご一緒ください。15・16
・17・18日と23・27・30日を除けば
OK。都合の良い日をメールください。
イケちゃん
2013年11月14日 23:44
からだ
イケちゃん
2013年11月14日 23:58
オット体の中から暖まりすぎてポチッとどこか触っていたようです(._.)
暖まりすぎるとこのような間違いが起こることもあるようですがテン泊楽しみにしています。
買い物、荷揚げなどお手伝いできませんがよろしくお願い致します。
2013年11月15日 07:08
イケちゃん、相当に温まったみたいだね。
この頃デイダラボッチは布団の中で温まってた。
大した買い物も荷上げもないから心配無用だよ。
当日「微笑みの天使」の笑顔でみんなをしく明る
く温めてくれたならばそれで十分!待ってるね。

この記事へのトラックバック