雨巻山情報:宝篋山整備オール☆ズと雨巻山周回

【天気晴朗&眺望千里】

この日は晴天が約束されていたので、
大勢の仲間が遊びに来てくれる駐車場の様子は目に見えていました。
でも11人もの雨巻家族が顔を揃えるなんて・・・!全くの想定外でした。
図って、
林道~トレランコース~三登谷山~雨巻山~後は成り行き任せとなりました。

作業現場に寄って男子は丸太を担ぎ女子は杭や薪を持ちました。
三登谷山手前の修復現場と展望塔へ運び上げる為にです。
因みに76才のモリちゃんは昨日、
作業現場から23番標識まで丸太2本を担いで6往復もしてるんですよ~!

毎回同じような内容なので今回は簡単に記します。

画像
毎日のように見られる富士山だけどカメラ写りはイマイチですね

画像
ランチタイム。展望塔からは東京スカイツリーも浅間山も見えました

画像
雨巻山頂でそれぞれのコースへ

画像
私たちはアオイ隊長を先頭に御岳山方面へ

画像
猪転げ坂を降り、年の瀬の作業もあるので峠から駐車場に戻りました


三登谷山に向う途中、
門毛峠から登ってきたという水戸のナカちゃん一行に出会いました。
「一周して戻るからまた何処かで会えると思うよ」
「会えると嬉しいね」

ところが私たちが峠近くまで降ってからようやく出会いました。
「三登谷山から直進してトレランコースを歩いてきた。よく整備されてるね~!」
だって。
門毛峠~雨巻山~三登谷山~トレランコース~足尾山~御岳山~雨巻山~
門毛峠と歩いたならゆうに20Kmを越えます。
流石ナカちゃんとナカちゃんの仲間たちです。
それとも私たちがチョロすぎるのかな?



【和子&徹也さんと雨巻山周回】

和子&徹也さんは茨城県神栖市在住。
大海原は目前に果てしなく広がっているというのに、
山らしきものとなると何処も彼処も果てしなく遠い存在になってしまうようです。
最も近いのが宝篋山&筑波山、
次が奥久慈の山々とか雨巻山になるとのことでした。

そのお2人が見えられる情報を目ざとく捉えた家族7人も駆けつけてくれたので、
足尾山沢コースから時計回りグルリップして展望塔脇テーブルでランチ。
23番標識からトレランコースで林道に出て戻ってきました。

画像
足尾山山頂にて指差しポーズ。これは「標識や分岐の状況写真が必要」だと、
全作業が終了したと思い込んでいた後から言われたことによる追加作業です

画像
猪転げ坂。整備用資材が大量に運び込まれています

画像
猪転げ坂

画像
エッチラオッチラ私が背負っているのはハツちゃん提供のカマドですが、マサコ
さん提供の大鍋+水(6.5L)+食材+コンロセットが詰め込まれていたり、薪もあったりで結構肩と腰にきました


ここ数日鼻呼吸するとツーンと痛みが走るほどの冬日が続いてますが、
寒さなど物ともせずビシバシ&和気藹々闊歩して雨巻山頂に着きました。
とは言え吹きさらしの山頂は留まっていると寒いので、
陽だまりの展望塔ベンチに逃げ込んでランチを楽しむことにしました。

画像
展望塔脇のテーブルでランチの準備

画像
カマドと鍋。周囲には燃え易いものが多いので火気注意(消化水を用意しました)
だけど、至極使い勝手が良かったので、大晦日の年越しそばも元日のお雑煮もこれを使って調理します。椚や楢の薪は大量に運び込んであるので暖をとるにも最適かと・・・

画像
鳥南蛮そばを調理中。茹でこぼす必要がないので山食として最適です

画像
その鳥南蛮そば。3袋6人分を9人+幸手からの飛び入り2人で分けて食べました

画像
昼食風景。鳥南蛮そばは具沢山&熱々で大好評でした~

画像
大流行の柚子の甘露煮。美味しいレシピが流布してます

画像
これは甘酒。1度温めてから5~6倍のお湯で薄めていただきます


心もお腹も真ん丸になったところで山頂に戻りました。
冬ザレの樹林は隙間だらけの吹きさらしなのに、
飛び込んでくるのは雪雲を纏った山々の温かく感じられる美景ばかりでした。
「魅せてくれるね~、あったかいね~、冬の雨巻山!」

画像
山頂にて


三登谷山で一休み。
(私たちにとっては)嬉しい初雪の恵みがありました。

画像
徹也さんの腕に舞い落ちた初雪

画像
初っ端に紹介した通り、23番標識を直進して作業現場を和子&徹也さんに見て
もらいました。既に2回歩いたことのあるコースの変容振りと作業量の多さにビックリ!したかな?


遠方から3時間もかけて訪れてくれた和子&徹也さん、
ありがとうございました。
また遊びに来てください。
(徹也さんはこの翌日、アップダウンの激しい大子アルプス21峰を縦走してます)



【宝篋山整備オール☆ズと雨巻山周回】

24日の黄昏時に電子音が心地いい音色を奏でました。
「んっ?これはいい電話に違いない!」
案の定『宝篋山整備オール☆ズ』のOさんからの嬉しい知らせでした。
「あした何人か(?)で雨巻山に登ります!」

25日10時、
Kちゃん&川辺さん&私の3人が首を長くして待つ駐車場に、
Oさんを筆頭とするSさんたち『宝篋山整備オール☆ズ』6人が姿を見せました。
「やあやあやあ~」
「やあやあやあ!」
「お土産までありがとう!」
「どういたしまして!」
一頻りの挨拶を交わしてから足尾山沢コースに向いました。

「ここには宝篋山ほどの猪被害がないからいいね」
「んっ、だけどご覧の通り樹木が根こそぎ倒されてしまって・・・」
などと話題の中央に整備話がしゃしゃり出てくるのは「いと可笑し!」ですね

画像
足尾山山頂にて

画像
御岳山の岩場を登ってくるOさん。背後の山は足尾山

画像
岩場を登ってくる宝篋山整備オール☆ズ

画像
猪転げ坂を登る宝篋山整備オール☆ズ。3月以来鳴りを潜めていたアオちゃん
(写真左端し)&お孫さんと出会いました。「エッ・・・・・」と言葉を濁していた所を見ると体調を崩していたのかも。「また整備手伝うよ!」と元気だったのでホッ!でした

画像
雨巻山頂にて

私とKちゃんは観光課&環境課との打ち合わせが控えていた(後発の宝篋山
は、林野庁とつくば市との共同作業でほぼ調査終了だそうです)ので、
川辺さんに三登谷山方面の案内を頼んでメインコース迂廻路から下山しました。

『宝篋山整備オール☆ズ』の皆さん、また遊びに来てください。
私たちもまたお邪魔します。



【チューリングましこと足尾山&御岳山】

峠から御岳方面に向って刈り払い作業をしていたもののガス欠。
仕方なく駐車場に戻り峠コース登山口梯子の手摺付け準備をしていると、
イッシーが下山してきた足をユーターンして手伝ってくれるとのこと。
杭を打ち込み梯子脇にタンコブをつけたトラロープを張りました。
そろそろ完了という時分に『チューリングましこ』のSさんから、
「これから『チューリングましこ』の有志で雨巻山に向うんだけど今何処ですか?」
との携帯。
そんなことで作業現場から横流れし、
足尾山沢コース~足尾山~御岳山~足尾山尾根コースと歩きました。
この辺りまでの経緯は前回記した通りです。

その短い時間の出会いと会話の中で、
Sさんの奥さんが、
顔見知りの陶芸作家Aさんの長女であった(お父さんにソックリだね)こと、
Jさんが、
山行は元より仕事の面でもいろいろお世話になった、
『テコちゃん』(私より20才近くも年上の方)の息子だったことを知りました。
懐かしくなって10年ぶりに顔を出したところ大喜びしてくれました。
波乱万丈(現在は成功されて益子一大きな会社を営んでます)の生涯が、
悠楽塾の手によって本にされてました(1と2)。

画像
『てこちゃんの遥かなる道(1)』

この『チューリングましこ』のSさんから、
「元日に息子や息子の同級生の(?)高校山岳部員など8人で雨巻山に登ります」
との嬉しい連絡が入りました。
2014年も賑やかな年明けになりそうで楽しみ!楽しみ!
因みに31日のサンセットは年越しそば、
元日はお雑煮とその他の正月料理での『お・も・て・な・し』が決定しましたので、
皆さん足を運んできてください。
雨巻家族一同(まだ益子いくべ会ではないんです)お待ちしてま~す!



[お知らせ]
雨巻家族の『お・も・て・な・し』は

12月31日のサンセット
 15時頃駐車場発
 16時40分頃から展望塔でお日様を見送ります
 その後『年越しそば(鳥南蛮そば)』を用意しています
元日のサンライズ
 5時頃駐車場発
 6時40分頃から山頂でお日様を待ちます
 その後『お雑煮や正月料理』と『ワイン』などを用意しています

いつも何がしかのサプライズがあります。
皆さんも私たちと一緒に「感謝!」と「願い!」を捧げませんか!




[追記]
先般の前沢町有林の記述について
「シルバー人材センターの作業ではなく森林組合の請負だ」との指摘を受けました。
私は環境課の姿勢に疑問符をつけたのであって、
どちらであっても大差ないんですがここに訂正してお詫びします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のんびり夫婦の山遊び
2013年12月30日 13:03
デイダラボッチさん、こんにちわ!
12月28日(土)、雨巻山を大川戸~三戸
谷山~雨巻山~高峰~雨巻山~(メインコース)~
大川戸で歩いてきました。日頃の皆さんのご
尽力をつぶさに見させて頂きました。お手伝
いもせずに楽しませて頂き、ただただ頭の下
がる思いでした。
この日お会いしたハイカーは、高峰の1名を
入れて7名と少なかったものの、高峰へ向か
って下っているとマナスルも登られたことが
あるとおっしゃっていた11月27日に同席
された「いくべの会」のWさんにお会いしま
した。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎え下さい。
和子&徹也
2013年12月30日 16:46
デイダラボッチさん金曜日は、ありがとうございました。ご一緒してくださったみなさんありがとうございました。鳥南蛮蕎麦はとても美味しかった。心もも暖かくなって嬉しさが込み上げてきました。また、来年も宜しくお願いします。
2013年12月30日 17:27
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは。
28日も作業現場で荷上げや薪割りをしていたん
ですが、そこは三登谷山に登る登山道の手前にあ
るので会えなくて残念なことをしました。
それにしても高峰ピストンとは健脚ですね~!
あっそうそう、益子町にはマナスルに初登頂した
H先輩が確かにいますが、Wさんはヒマラヤの山
裾をトレッキングしただけです。協定に向けての
作業が終了し次第、結成に向けての諸連絡をしま
すのでもう少しお待ちください。
こちらこそよろしく!です。
2013年12月30日 17:33
和子&徹也さん、こんにちは。
芳しくなかった天気予報は上方修正されたし、
気の良い雨巻家族が沢山集まってくれたし、
美味しい熱々そばと絆で心底あったまったし、
五感と五体が喜ぶ楽しい1日でした。
こちらこそよろしく!です。
イケちゃん
2013年12月30日 20:32
デイダラボッチさんこんばんわ

雨巻山はみんながきて賑わってますね!

本日、年内の業務終了しました。
目標売り上げギリギリでクリア頑張った甲斐がありました。
12月は休み2日間だけ山に登りたいのを我慢ガマンで頑張りました。

もうひとつ良い報告があります龍くんのこと誘って誘って3回目で元旦、雨巻山に一緒に登ってくれるって☆~(ゝ。∂)
12月頑張ったプレゼントだとおもっます。
初龍くん雨巻山登山、みんな早く会いたいよ待っててね!
龍くんに日々みんなが整備している雨巻山を堪能してもらいたいです。
元旦は親子でお世話になりますのでよろしくお願いします^o^
2013年12月31日 07:56
デイダラボッチさん おはようございます
今年は以前の単独登山では感じる事のできなかった山の楽しみ方を知る事のできた1年になり、雨巻山と登山を介して知り合った多くの仲間の皆々様にこの場を借りて感謝しますm(_ _)m
今日はサンセット登山 展望塔からの夕陽の入りと仲間と食べる年越し蕎麦を楽しみに頑張ります(^_-)
2013年12月31日 08:39
イケちゃん、おはよう!
昨夜は疲れ気味で早めに休んでしまいました。
で、この時間になってメールを開いたんだけど、
龍君のことはKちゃんから聞き知っていたよ。
楽しみ!楽しみ!ロイミーちゃんも来るのかな?
真夜中の道は凍っているかもしれないから、
安全運転で来てくださいね。待ってるよ!
2013年12月31日 08:54
Kちゃん、昨日はお疲れさまでした。
宝篋山との交流が益々深まりそうで何よりです。
単独登山とグループ登山。一長一短あって人それ
ぞれによって評価は違ってくる。自由度では単独
に軍配が上がるけど、最も大切な心の通い合いで
はグループ登山ならではのものがあるからね。
雨巻家族の活き活きした表情(心の健康)や姿勢
(体の健康)はその証だね。
それでは今晩展望塔で!
ちい&カッチン
2013年12月31日 09:16
デイダラボッチさん、おはようございます。
もちろんロイミー♪も行きますよ。
今年もたくさんお世話になりました。
新年も雨巻山からスタートです。
よろしくお願いします
2013年12月31日 11:45
ちい&カッチ、こんにちは。
年の瀬特有の雑用が全て終わり、後はサンセット
とサンライズを待つばかりになりました。
今年は、良きにつけ悪しきにつけ如何にもデイダ
ラボッチらしき変幻の年でした。良いことの方が
圧倒的に多かったことが幸い!これからも良いこ
とばかり待っていてくれる予感がする
新年のスタートに雨巻山を選んでくれてどうもあ
りがとう。ロイミー♪ちゃん、待ってるよ~!
セとナ
2013年12月31日 12:46
デイダラボッチさん、こんにちは。
最後の頃になってバタバタしていて
PCを開ける暇もありませんでした。
当然山も・・・(涙)
みんな楽しそうだな~
何時登ってもデイダラボッチさんがいる、
誰かはいる、そんな雨巻山だから
素晴らしいし楽しいしみんなが集まって
来るんですね。

今年一年拙いブログにコメントをありがとう
ございました。
とっても嬉しかったです。励みになりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
2013年12月31日 14:20
セとナさん、こんにちは。
私も酷い風邪でブログを開く気力を奪われ、
皆さんに無礼とご無沙汰をしてしまいました。
セとナさんの忙しさは仕事が主流でしょうけど、
私の場合は、何と言っても「健康が一番!」と強
く感じさせられる1年でした。でも、いつも傍ら
に雨巻山があり雨巻家族がいてくれたので大助か
りしました。今日もこれからサンセットで、明日
もサンライズで雨巻山です。
こちらこそ感謝!そして来年もよろしく!です。
ヤホホ
2013年12月31日 19:07
明日の初日の出は、ちっちゃい恋人の(K君)と一緒に雨巻山えお登ります。紅白を見ていると寝坊しそうなので、早めに寝ることにします。
今年は(出会い)の一年でした。デイダラボッチさんのblogも良くみていたし、雨巻山で何度も会っていたのに(^○^) コメントから始まってトレイルラン(ボランティア)で家族の一員に・・・うれしい出会いでした(^^) 来年もよろしくお願いしますm(__)m
2013年12月31日 22:24
ヤホホさん、こんばんは。
2013年も残すところ2時間弱だというのに、
遊び惚けた末にボクシング観戦し、「皆さんにご
挨拶を」とようやく椅子に座ったところです。
今年は私にとってもメモリアル・イヤーでした。
いい出会いがてんこ盛り!雨巻山の未来が扇状!
こちらこそ来年もよろしく!ったってあと数時間
後には挨拶を交わすんだよね。楽しみ

この記事へのトラックバック