雨巻山情報:ありがとうございます

【1月16日 ありがとうございます:Vol-1】

当ブログからは雑多なお願いを時々発信させてもらっています。
朽木を踏み潰して土に返す『キャタピラー大作戦』への協力要請とか、
熊手で登山道脇の枯葉をかき寄せる『リ・リーフ運動』への参加依頼などなど。
山道の途中にデポしてある資材の荷上げもそれらのお願いの中の一つです。

最近その資材の荷上げを、
自主的かつ積極的に担ってくれる方々が目立ちます。
今回は直接お会いしたKさんに登場してもらいますが、
私たちと顔を合わせることもないのに陰日向なく協力いただいている方々に、
この場から「ありがとうございま~す!」

画像
三登谷山頂にて。筑西市のKさんが、23番標識から数回に分けて割り丸太を荷上げしている現場を、同じく杭の荷上げ中の雨巻家族が通りすがり、雨巻山・御岳山・足尾山・タイタニック岩・堂ヶ入沢・大川戸Pと同行したそうです


私は、
狭山市のSさん一行(21人)からの資材荷上げ協力の電話に応えるべく、
順路に当る『峠』まで杭を運んでデポしてから林道に下り、
トレラン気取りの空身で山頂まで駆け登り(歩きかな?)ました。

画像
展望台脇に設えられている大テーブルを私たちは『おもてなしテーブル』と呼んでいます。現在雨巻家族内で流行っているのは、茹でこぼさずに済む『鳥南蛮そば』と『鍋キューブ(塩味・醤油味・キムチ味の鍋の素)』を使った創作?料理です。麺つゆよりは高上がりになるけど軽いことが何より。これは塩味のうどん

画像
これはキムチ味のうどん

画像
こんなパッケージです

画像
湯気を見ただけで美味しさが伝わってきますね

画像
おもてなしテーブルにて

画像
Kちゃんが腕をふるって作ってくれたうどんをいただいています。血の巡りの悪い私はこんな時も手袋をはめています。変ですね。3日後その手が大変なことになりました・・・

画像
おもてなしテーブルにて

画像
タイタニック岩にて。みんなは遠回りしたけど、私はテーブルから食い逃げでとんぼ返りしました



【1月18日 ありがとうございます:Vol-2】

この日私は8人連れ立っての日光白根山登山(避難小屋泊)の為不在。
でも狭山市のSさんグループ21人が雨巻山に遊びに来てくれていて、
時計回りに周回し峠にデポしてある杭を荷上げしてくれる手筈。
そしてまた佐倉市のN夫妻も荷上げを主目的に雨巻山を訪れてくれる筈。
そんなワクワクするような好日です。
それらの方々と歩調を合わせたり協同して作業に当るべく、
雨巻家族も大川戸から地蔵院からと9人が山頂へ山頂へ。

日光白根山の8人も絶好の天気と眺望に恵まれ雪山を満喫していましたが、
雨巻山も大盛況だったとか。
Sさんグループの他にも、
茨城空港近くの市町からのバス(26人)や聞き漏らした20人グループなどが、
入れ代わり立ち代り山頂や展望塔に姿を現し大賑わいとのことでした。
嬉しいですね~。  
 
その場にいなかったので写真の羅列になってしまいますが、
当日の様子や雰囲気が少しでも伝えられたなら嬉しく思います。

画像
Sさんグループのバスは、狭山市を5時に出発したそうです

画像
Sさんグループは足尾山沢コースから時計回りに周回。峠にデポしておいた杭を猪転げ坂まで運んでくれました。その杭を、地蔵院から登った雨巻家族が杖代わりにして坂の上へ

画像
 『お・も・て・な・しテーブル』の様子です。この日も『鍋キューブ』による創作?料理を楽しんだようです。中央がSさん。立っている人がおっちょんさん(http://blogs.yahoo.co.jp/yamamurayuji/)。これほどまでに懇切丁寧な雨巻山記事を、これまで読んだことがありません。一読ください

画像
雨巻家族の長老モリちゃん(ほとんど毎日のよう荷上げしてくれています)と、荷上げを主目的に佐倉市からかけつけてくれたSご夫妻

画像
手作りのチョコレートケーキが差し入れられたようですね

画像
『お・も・て・な・しテーブル』の様子です

画像
『お・も・て・な・しテーブル』の様子です

画像
『お・も・て・な・しテーブル』の様子です

画像
Sさんグループの後姿。写真が少ないのは「もてすぎて応接が大変だから、写真は載せないで」との要請があったからです

画像
雨巻山頂のSさんグループ。遠路ありがとうございました。整備に使用するロープ(ザイル)の寄付もありがとうございました。安全の確保に使わせていただきます

画像
雨巻家族もすまし顔


今日21日現在、
作業現場に山積みだった資材は底をつきました。
家族と図って「そろそろ整備に取り掛からねば!」



[お知らせ]
*雲竜情報*
雲竜に続く林道の舗装工事を
「今月中は行わない」との確認を家族のIちゃんがとりました。
安心してでかけて良いようです。
*スッカン沢情報*
画像
19日。Kちゃん提供のスッカン沢の氷柱です
画像
同上
*日光白根山情報*
画像
18日。天狗の遊び場からの日光白根山
画像
18日。前白根山で歓喜の雌たけび!
画像
19日。日光白根山頂にて


[お願い]
先般、整備用に準備したロープが持ち去られてしまいましたが、
今回(18日から19日にかけて)は、
『お・も・て・な・しテーブル』脇にデポしてあった釜戸まで持ち去られました。
直径40cm強、高さ55~60cmほどもある大きさなので、
日中では目立ちすぎて誰かしらにとがめられることから、
18日の遅くあるいは19日の早くの何れかに確信的犯行に及んだのでしょう。

山中には作業用の工具が方々にデポされていますが、
私たちにとってはどれもこれも大切なものばかり。
どうか持ち去らないでください。
自然を愛する仲間内にそうした人がいることを心から悲しく思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

栗生A
2014年01月21日 22:44
山本様今晩は!モリチャン・のんびり夫婦さん
18日はたくさんの材木を何往復も運び上げ
ご苦労様でした!     ところで、
「お・も・て・ね・しテーブル」脇の釜戸は、
私が18日、のんびりサン・モリチャン・ウララ達と
お食事中に脇の方にさ下げて起きました。
11人もいて誰も気付かなかった?
最近会員が、登山者の方たちから釜戸と積み
上げた薪と燃え滓を見て「ここで薪を燃して
もよいのですか?」と聞かれ言葉に詰まったと
聴いていたのを思いだし山から降ろそうとしま
したが荷物がありすぎて無理でした。よろしく
お願いします。いよいよ私達三登谷会は赤法花
や東向き観音周りの、ヤマミチ整備に精を出さ
なくてはと、急かされています。雨巻山の猪道
も走り回りたいし、時間が足りません。
2014年01月21日 23:31
栗生Aさん、こんばんは。
それなら良かった。IさんとMさんの2人から
「ない!」と伝えられたので早とちりしました。
釜戸は便利だけど疑問符がついて当然。
正月などどうしても必要な場合だけ持ち上げる
ことにし、普段は降ろしておきましょう。
セとナ
2014年01月22日 14:04
デイダラボッチさん、こんにちは。
雪山はいいな~
18日、生瀬富士から見えた日光方面
晴れてるなと思っていました。
神々しい白根山の姿を見る事が出来
本当に良かったですね。
指は良くなっていますか?
あまり無理しないで大事にして下さいね。

2014年01月22日 19:52
セとナさん、こんにちは。
雪山は単独か小人数が当たり前なのに、今回は
8人という大人数だったことと絶景に恵まれた
こととで、思い出に残る山行になりました。
指は、整形外科の先生が凍傷を診るのが初めて
らしくてあたふたしましたが、今日、まだ真っ
黒でパンパンながら無事が確認されました。
心配いただきありがとうございました。
和子&徹也
2014年01月22日 20:48
デイダラボッチさん 日光白根は写真で見ると素晴らしいけど、相当寒かったのではないですか?
指の凍傷が大変ですね。
山頂の写真誰が誰だか?
山小屋ではワインや焼酎で体の中から温めた方は5人位でしょうか?
24日にスッカン沢に行って来ます。
雲竜楽しみにしています。
イケちゃん
2014年01月22日 23:18
デイダラボッチさんこんばんわ

私たちが日光白根山楽しんでいる頃
雨巻山には整備のお手伝いやらでにぎわっていたようですね!
ホントちょっとした一人ひとりの協力が形となりよりよい山になっていくのですね。ありがたいですね。
指の事は一安心‼︎大事にしてください。




2014年01月22日 23:48
和子&徹也さん、こんばんは。
関東以北で最高峰の白根山だから流石に寒さは
厳しいものがあります。-19~20℃の気温
と10~15mの風とがあいまると、10分と
はジッとしてられません。乞う!2日目。
よく分かってますね~。その通りです。ワイン・
焼酎・ウィスキー・日本酒・梅酒などリカー・
ショップ並みです。それと貼るカイロが大もて。
スッカン沢楽しんできてください。
私の雲竜は微妙な雲行きです。
2014年01月23日 00:09
イケちゃんな、こんばんは。
今雨巻山は最もいい時期にある。会立ち上げ・
ブログ立ち上げ・無償貸与協定が締結されれば
事業は山積・各種団体との関係も蜜・差しあた
っての整備も準備万端。ありがたいことです。
医者に脅されたけど指は大丈夫。自分の見立て
の方が正解だった。心配アリガトネ。

筑西市のK
2014年01月24日 01:33
15日にお世話になりました筑西市のKです。
デイタラボッチさん、雨巻家族のみなさんありがとうございました。
山頂では数種のナベをご馳走になり下山までご一緒させていただきとても楽しい一日でした。
その時の様子を勝ってながらfacebook(小林博)にアップさせていただきました。
雨巻山は園児や子供達にも浸しみやすい里山ですね。
登山歴十数年の自分も初心のころは里山からステップアップしてきました。
里山は気負わず楽しめるのが魅力のひとつで、そのためには怪我など危険率を下げる登山道整備はテクニカルな山以上に必要かと自分は感じてます。
また雨巻山を訪ねた日は微力ですがお手伝いさせていただきます。
筑西市のK
2014年01月24日 02:07
日にち間違えました。
16日です
失礼しました。
2014年01月24日 08:52
筑西市のKさん、おはようございます。
16日は資材搬入と楽しい時間を共有いただ
きありがとうございました。おっしゃる通りで
里山には里山なりの整備が必要です。
4月には新生「益子いくべ会」が新たな活動を
始めますので、その折もまたよろしくです。
ところで、年寄りの私はfacebookを見る方法を
知りませんこれから検索して覗きに伺います。

2014年01月24日 18:45
デイダラボッチさん こんばんは
16日、18日は遠路にもかかわらず、雨巻山登山道整備にご協力いただいた山仲間が増えて本当に嬉しい日々になりました。
山頂ではゴチになったり、ゴチしたり… 里山の雨巻山があるから楽しめています♪あらためて雨巻山と山仲間に感謝ですm(__)m
2014年01月24日 19:28
Kちゃん、こんばんは。
ここ1年から1年半の間に、雨巻山整備人口
は5倍にも10倍にも増えた気がします。
自分たちが知りえない場所や時間で、知りえ
ない人たちが資材を運んでいる現実があり、
いつしかデポ地点に割り丸太が増えていたり
する。作業現場の資材がゼロになったことでも
あるので、27日午後に予定されている会議で
「2月を整備強化月間に!」を提案しようと
考えています。
ヒデ
2014年04月10日 20:58
整備されすぎて面白くないと思うのは自分だけかな?山道は公園の遊歩道じゃないんだから・・・。雨巻山好きだけどここ数年は行ってない、いやもう行かないな。
2014年04月11日 22:19
ヒデさん、貴重な意見ありがとうございます。
但しヒデさんの文面は齟齬だらけ(数年は行って
ない人がなぜ今頃のコメントなんですか?。また
この文面なら雑記帳に記入すれば済むのでは?)
であり、無知と悪意しか感じられません。多分、
私のよく知る人物だと推察してますが・・・。
反論する気も起きないので、ヒデさんから具体的
な意見が届くまでは削除せずこのままにしておき
ます。

この記事へのトラックバック