雨巻山情報:益子いくべ会再結成+α

【益子いくべ会再結成について】

画像
トレランコースの一部で作業しデポ(乾かす)しておいた丸太や杭を、23番標識や
その先(三登谷山方面)まで運んでいます。協力ください

益子いくべ会再結成については、
昨年10月25日の『雨巻山情報:益子いくべ会再編成について』で、
発足の所以・発足後の経緯・現在の活動状況・会としての活動趣旨・
益子いくべ会会員募集・などをお知らせしました。

半月後には活動の趣旨を理解していただいた40人からの参加希望が届き、
『会』として活動していける人数的な目途が何とか整い、
現在は55人という多からず少なからずの丁度良い人数に落ち着いています。

お知らせのほぼ1ヵ月後の11月27日に20人ほどが集まって準備会を開き、
その後も折りあるごとに寄り集まっては煮詰め作業をしていました。
相当に煮詰まってきています。


でも『益子いくべ会再編成』のきっかけになったのは、
雨巻山登山道の『国から益子町への無償貸与』話だったので、
その協定締結の内容によっては私たちの事業計画が大きく左右されます。
そのような理由から、
国から益子町への雨巻山登山道無償貸与協定締結に必要な作業を優先させ、
2ヶ月ほどはただひたすらそのことだけに没頭していました。
そのようにして仕上げた資料は役所仕事始めの6日に手渡すことができ、
私たちの手元からは一先ず離れました。

そこで再度会議を持ち、
現在は氏名と電話番号だけの会員名簿を、
郵便番号・住所氏名・生年月日・年齢・電話番号・E-mail又は携帯mail・
血液型・山岳保険に加入しているか否か・などを聞き取る作業に入りました。
益子いくべ会再結成と事業や山行にとって連絡網の整備は、
必要不可欠な大切なものですから。
ただしこれらは個人情報を含んでいるので慎重の上にも慎重を重ねての作業。

画像
のんびり里山雨巻山




【雨巻山登山道・国から町への無償貸与について】

10日現在確認したところでは、
書類や地図は益子町から国の出先機関に渡り、
出先機関から森林管理署?管理局?林野庁?へ上申されている最中とのこと。
無償貸与協定がいつ結ばれるのだろうか?
結ばれて以降私たちの事業範囲がどこまで広げられるのか?
事業の内容によっては援助が得られるのだろうか?
夢は広がります。

画像
転ぶなよ!雨巻山




【雨巻山登山者へのお願い】

私たちは整備用の工具や資材を現場においてくることがあります。
その都度運んでいたのでは効率が悪いからです。
その工具や資材を持っていってしまう人がいます。
つい先だっては、
紫外線や岩で傷んでロッククライミングには使えなくなったロープ(ザイル)を、
三登谷山と展望コースとの間にデポしておいたところ持ち去られてしまいました。
新品を購入するとなると10000円前後します。
雨巻山のほとんどの部分は愛好者の寄付によって整備されているので、
10000円はとても貴重な金額なんです。
トレランの際痩せた岩場は危険なので手摺にしたかったのですが・・・。

どうか丸太1本杭1本でも結構ですので運び上げをお願いします。
工具や資材を持っていかないでください。
ティッシュなど捨てないでください。
心と体が安らげる山になるよう協力をお願いします。

画像
「頼みますヨ!」アオイ雨巻山隊長
画像
ミヤマシキミ




【結成後予定している事業について】

[雨巻山の環境整備]
整備を始めて20年目の節目に当るので全般に亘っての見直しをし、
「安全を担保させながらも、素直に自然に溶け込め、みんなが楽しめる山」
を目指します。

[相互協力]
これまでは保育園・幼稚園・青年の家などが行う雨巻山登山への、
ごく当たり前な協力だけでした。
会として決議されたものではないのであくまでも個人的な考えですが、
益子町は当然のこととして、
ボランティア団体の悠楽塾・サイクリング愛好会のチューリングましこ・
益子ウルトラマラソン・トレイルランニング愛好会・宝山整備グループ・
地元大羽&栗生地区などと連携を深めた上で、
協力を超えた自主的事業をも増やしていきたいと考えています。

[トレラン祭り(大会)]
地権者などの了承を得てから標識の整備に入り、
何度かのテストランの後に年内には実施したいと考えています。
コースは間違いなく素晴しい!(自画自賛)
手作りの、誰もが参加できる、心温まるお祭りにしたい!
夢を夢に終わらせないための夢は大きく広がっていきます。

[山行]
正式発足予定の3月までに行う山行を除いても、
初心者からベテランに到るまで誰しもが楽しめる「バラエティーに富んだ山行」
が目白押しです。
当然のこと、
「背伸び」=「実力+ちょっとだけα」のコンセプトに基づいた計画の上には、
「融和」があります。
若手への知識や技術の伝達がスムーズに推移しているので、
私は徐々に退いていく心算ですが「活き活き活動」を是非見守っていてください。

[広報]
「益子いくべ会」が正式発足した後の広報や活動報告については、
「デイダラボッチの山日記」と一線を画した会独自のブログを立ち上げられるよう、
事務局が鋭意努力中です。
どうぞ期待していてください。

画像
ちょっと冒険!雨巻山
画像
参考までに雨巻山北コース(仮称)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

イケちゃん
2014年01月13日 22:59
デイダラボッチさをこんばんわ

アオイ隊長もパトロールご苦労様です!
私も時間の許す限り整備是非お手伝いさせていただきます。
宝篋山オールスターズ⭐️の長老Nさんが言ってました山にはゴミと命はすてちゃいけないよって‼︎
2014年01月13日 23:35
イケちゃん、
土浦から往復30Km歩いて宝篋山に登った
途端一皮剥けたみたいだね。聞き語りではあっ
ても凄く哲学的表現になってる。
肝に銘じます。
おっちょん
2014年01月20日 20:48
日光白根は大変だったようですね。大丈夫ですか?
この記事の【雨巻山登山者へのお願い】の項目がなかったら今回のような交流はなかったかも知れませんね。
私の記事で誤解等がありましたら是非遠慮なくご指摘お願い致します。

狭山MTC(水野トレッキングサークル)は独自のブログもホームページも持っていませんので私が参加した山行だけになりますが個人的に記事にしています。
2014年01月21日 14:26
おっちょんさん、
今回は何かとありがとうございました。
ザイル、危険防止に使わせていただきます。
HPはみんなに宣伝して読んでもらいます。

日光白根山で大変だったのは私の指だけ。
他の仲間たちにとっては大満足できる山だったと
思います。今回は運良く山頂に立てましたが、
明確な目的を持って行動する中でどれかが達成
されればそれで良いのだ、と私は考えています。
これからもよろしく御願いします。

この記事へのトラックバック