雨巻山情報:カタクリ開花

【3月25日 藪漕ぎと開花確認】
「藪漕ぎ」などと大げさな言い回しをしているけど、
所詮は藪化してしまった昔の作業道を辿っているだけのたわいない遊びです。
たったそれだけのことなのに皆がはまり込んでしまうのは、
すべてが新鮮だからなのかな?

6~70年も昔の里人の暮らしへの懐古、
フカフカな腐葉土から五感に伝わる感触、
見えるはずのないない角度からの景色、
まだ見ぬ花や植物との出合い、
そしてちょっとだけ好奇心を満足させてくれる・・・。

この日もまずキクザキイチゲに挨拶をしてから、
林道~453mピーク~雨巻山~三登谷山~三登谷山登山口と歩きました。
私だけが三登谷山~鉱泉上に出たのだけどイバラが酷くて酷くてNGコース。

画像
キクザキイチゲ:白
画像
キクザキイチゲ:薄紫
画像
ユリワサビ
画像
どんぐり


暖かな日だったので尾根を吹きわたる風がとってもさわやか。
上っ張り1枚脱ぎ捨てて尾根を闊歩します。

画像
馬蹄形の東側の尾根は、いつもの年に比べてダンコウバイが目立ちます。
当たり年には違いないけど「こんなにあったっけ~?」

画像
シキミ:開花を確認。「悪しき実」が語源とのことだけど、花は怪しいまでに
匂い、葉をもむとハーブのような香りが鼻孔をくすぐります
画像



ショートカットで足尾山や御岳山をスルーしてしまったので、
雨巻山頂へは11時丁度着。
少し早すぎるけどランチタイムにしましょ!

画像
駐車場で顔をあわせて一緒に登ったのは、ナベちゃん・ハツちゃん・エミちゃん・ウララと私
画像
姉妹でおにぎり比べ。お姉ちゃんの勝ち~!


人心地ついたところでカタクリ園地方面へ。
「おっ!」「おっ!」お~~~っ!」
と鞍部で感嘆詞が飛び交いました。

4日前に枯葉の蒲団から這い出して緑の葉を覗かせたエンレイソウが、
2日ほど背伸びしただけですでに花を抱えているではありませんか!?

画像
花を抱く直前のエンレイソウ
画像
花を抱いたエンレイソウ


「ルンルン!」
よくよく目を見張れば仲良く寄り添うシュンランがポツリポツリと目立ち、
トリカブトやエイザンスミレの活き活きスクスクも観察できました。

さあ、
皆さんが「まだでした~」と言いつつ戻ってきたカタクリ園地はどうでしょう?
目を見張るほどのうずら葉群生だけど・・・はたして?
するとナベちゃんが見つけました。
園地の外れに咲くたった1輪を。

画像
ほとんどはこのような状態
画像
今年雨巻山で最初に出逢ったカタクリの花
画像
最初に見つけたカタクリにしては初々しさに欠けるけど・・・?これからに期待しましょ。何はともあれこの時季の一時の日差しは通常の10日分にも匹敵するようですね


幸せ気分で三登谷山方面に足を向けます。
マンサクはチラホラだけどダンコウバイの密度の濃さと言ったら!
ノッポとチビの黄緑色が尾根のアチコチに化粧を施してくれてます。

画像
当たり年であることは事実としても、これだけ目立つのは幼木が花をつけ始めたから?


文頭の紹介のように4人は三登谷山からダイレクトに降りました。
私は新しいルートを下調べした後に旧林道跡をも藪払い探索。
許可をもらえたなら花と広葉樹とのスポットにしたいとの思いがあるからです。
ここで孤高に咲く見事なまでに凛としたカタクリと遭遇!
思わず「わお~!」
なのに電池切れ。
「ついてない・・・」と嘆く前にミスが多発する現実を直視しなければ!


さて、藪漕ぎと開花確認をした後は野良遊び。
信頼できる家族ばかりなので「秘密の園」へと案内しました。
「え~、何これ!?
こんなに目立つ場所なのに盗掘されてないなんて奇跡的だね~!」

画像
ウララが撮った1枚だけを紹介


おまけに、
我が家に咲いている花の一部と「よこやま山野草園」の今日の様子を紹介。

画像
牛久のMさんからいただいたものが見事に咲いてくれました
画像
トサミズキ
画像

画像
ボケ
画像

画像
ショウジョウバカマ


ここからは「よこやま山野草園」

画像
カタクリ
画像
白花のカタクリ
画像
白花のショウジョウバカマ
画像

画像

画像


ちょっとでも参考になったでしょうか?
「藪漕ぎじゃ参考にならん」
・・・仰せのとおりです。
でもどうぞ皆さん雨巻山へ、
そしてどうぞ皆さん益子町へ遊びに来てください。
花たちと一緒に「お待ちしてま~す」



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヤホホ
2014年03月26日 19:03
デイダラボッチさんには一本やられました。誤変換?いや私にはピッタリのヨウセイ・カレンですよ。このところのポカポカ陽気に、目覚めた花たちが可愛いですね。29日は楽しみに出掛けていきますね。
blogの更新がマメになった分、指先も快調になられて良かったです(^-^;
2014年03月26日 19:21
ヤホホさん、「一本!」の認定ありがとう。
反則か指導を取られるのでは・・・とビクビク
してたのでホッ!としてます
29日は胸を張って待っててもいいんだね?
和子&徹也
2014年03月26日 19:39
デイダラボッチさん 手の方は大分良くなったみたいですね。
イチゲやハタクリが咲き始めると嬉しくなります。
雨巻山は春の扉が開き出しましたね。
29日出席出来なくて申し訳ありません。
のんびり夫婦の山遊び
2014年03月26日 21:26
デイダラボッチさん、こんばんわ!
このところの暖かい陽気、雨巻山も急激に春
らしさが増してきましたね。
一面白銀の世界も素晴らしいですが、色とり
どりの花々の春は最高ですね。
29日、相棒は難しそうですので、私だけで
も早出して花々に逢おうかと思っています。



2014年03月26日 22:03
和子&徹也さん、今晩は。
消え去らない冷たさで手袋は離せないけど、
痛みは薄れたのでほぼ不自由なしに動けます。
「4月になれば気温も上がるから」と誘われ、
雪山さえ計画に載せるまでに気力も回復です。
心配かけてすみませんでした。
そしてありがとうございました。
2014年03月26日 22:22
のんびり夫婦の山遊びさん、今晩は。
早春季の植物たちは早送りの映像を見るほどの
スピードで成長するし、生育場所も異なるので、
おっとり構えていては置いてけ堀を食らいます。
だから東奔西走といった感じで動き回ってます。
当日、9時前に出発できれば昼食も済ませて
会場 入りできると思います。お待ちしてます。
イケちゃん
2014年03月28日 07:02
デイダラボッチさんおはようございます
雪山もサイコーだけど色とりどりの花の山もステキですね!
明日は案内よろしくお願いしま~す。楽しみだなぁ~^_^
2014年03月28日 09:32
イケちゃん、おはよう!
これから雨巻山に出かけて、
明日のベストのコースを探してくるね。
明日は天気もよさそうだし、多士済済のメンバー
が揃うし、花は咲き競うだろうし・・・、
楽しみ!楽しみ!
石川@
2014年03月29日 18:44
こんばんは。
土曜日でも日曜日でもOKです。
イワウチワ、ミツマタとともに満開です。
2014年03月29日 20:09
石川@さん、今晩は。
今日は「益子いくべ会」再結成の総会があり、
ちい&カッチン&イケちゃんたちも益子に参集。
打々(丁々)発止の議論を熱く戦わせました。
会議後イワウチワの話も出たのだけど、現役の
3人の都合を優先させて決めてもらいます。
もう少々の時間を・・・。
ぶなじろう
2014年03月29日 21:56
埼玉では、山上集落が少しずつ消え、かつてあった山道・仕事道が廃道・藪化しつつあります。メジャー系の山とは対極の様相です。藪山を歩いていると、廃村や炭焼き窯やワサビ田の跡にお目にかかったりします。絶景とは言えなくとも、時に美しい光景に出合ったりする事もあります。
雨巻山の「秘密の花園」は是非残して頂きたいです。大勢の登山者を迎える雨巻山にも「秘密のゾーン」が残って欲しいです。
埼玉の「秘密の花園」はバレバレになってしまいました。10年たったら再訪してみようと思っています。その時、花園が残っていたら嬉しいなぁ~。などと思う今日この頃でした。
2014年03月30日 08:32
ぶなじろうさん、おはようございます。
丁度20年前に「里山を復活させたい」という
思いと、「どこをどう整備すれば思いが叶うだ
ろう?」との疑問から、かつての山道・作業道
をくまなく歩いたことがあります。その昔山に
携わっていた人たちは、地形に逆らわない見事
な道造りをしていて、顕著な尾根は勿論のこと
沢沿いにも時々踏み跡を発見したりします。
沢沿いの道は藪化が酷いものの、尾根の道は
人跡が感じられるし新鮮な景色に出合えたりす
るので、仲間たちは今廃道歩きに嵌ってます。
でも藪化が激しくて人が近寄りがたい沢沿いの
「秘密の花園」数ヶ所だけは、手つかずで残し
ておきたいと、そこを知る者数人で話してます。
セとナ
2014年03月30日 14:26
デイダラボッチさん、こんにちは。
「秘密の花園」
素晴らしいですね!
このまま、荒らされることのない様に
守って下さいね。
雨巻山は色んな花が咲きホントに良い山ですね。
難台山も雨巻山みたいにもっと花が多いと
いいんだけどね♪
2014年03月30日 22:57
セとナさん、今晩は!
この場所はとある人から教えてもらいました。
教えてもらって探しに出かけてもすぐには見つ
けられず、数回通ってやっと見つけたほど。
人里に近い穴場がいつまでも穴場であり続ける
よう願うばかりです。
雨巻山はマンサクを除きすべての花が当たり年
のようです。毎日が楽しくて・・楽しみで・・。

この記事へのトラックバック