大佐飛山絶景紀行

【4月11日 大佐飛山絶景紀行】

画像
「登山口を3:30に出発した」方と大佐飛山30分手前の爽快な雪稜ですれ違いました


1月半ばから神経痛を患っていて渋面での医者通い45日・・・。
4月に入って低山歩きは始めたものの時々は整体院のお世話に・・・。
そんなテルちゃんが「大佐飛山に登りたい!」んだって。

誘われた私も故障者リスト入りしている身なので、
おいそれとOKサインもGOサインも出せるはずがありません。
でも、
「西高東低の冬型気圧配置だけど天気はよさそう」
「等高線の間隔が広めだから寒さもたかが知れてそう」
「無理・無駄・無茶をせずにイザの場合には潔く引き返えそう」
身障者2人の意見が一致したので今年も大佐飛山に出かけました。


10日:益子20:00発~登山口22時着(車中泊)
11日:登山口5:30発~分岐5:55発~三石山6:05着6:10発~
サル山6:40発~山藤山7:20着7:25発~黒滝山8:35着8:50発~
西村山9:20発~大長山10:20着10:30発~大佐飛山11:25着
(昼食)12:05発~大長山12:55着13:05発~西村山13:40着
13:50発~黒滝山14:05着14:10発~山藤山14:45発~サル山
15:20発~三石山15:40発~分岐16:00発~登山口16:15着


画像
日の出とともに出発

画像
三石山

画像
三石山から雪がつながりました。まだつぼ足です

画像
ブラブラ梯子から登ってきたスキーヤーが追い越していきました

画像
ファイントラック・ミズノブレスサーモ・モンベルミトン(専用インナー付)の4枚重ねでも時々懐手でないと痛みます。風は終始吹いていたけど気温は高々
ー5℃程度なのにな~

画像
サル山

画像
那須見台をスルーしてから撮った流石山方面

画像
ダケカンバ林を行くテルちゃん

画像
同上

画像
那須連山

画像
山藤山。4月11日だと例年この辺りから雪がつながるんですが

画像
那須連山

画像
黒滝山。雪庇状の幅広雪原がつながっているので、初めての人は樹林内の山頂に気づかず通過してしまいそうです。スキーヤーはこの付近から遅れだしました

画像
爽快な雪稜。これだもの病みつきになりますよね

画像
爽快で痛快な景色です

画像
トレースは左上を高巻いてますが、雪庇が崩れ落ちていたので直進

画像
西村山にて(帰りに撮ったもの)

画像
那須連山

画像
同上

画像
同上茶臼付近をちょっと大きく

画像
同上流石山附近をちょっと大きく。甲子旭も見えてます

画像
中央が大峠

画像
那須連山

画像
大長山(帰りに撮ったもの)

画像
日留賀岳や鹿又岳方面。その奥の会津駒ヶ岳は霞んでいて認められませんでした

画像
大長山から大佐飛山に続く爽快な雪原

画像
登ってきた尾根を逆に辿ります

画像
ワクワクする雪稜

画像
高原山でこの通り。日光の山々を眺めることは一度もありませんでした

画像
那須連山が少しずつ角度を変えていきます

画像
降りてくる人と大佐飛山

画像
-栃木県で一番遠い山-大佐飛山

画像
那須連山全景

画像
大佐飛山山頂

画像
大佐飛山山頂の私

画像
大佐飛山山頂のテルちゃん

画像
大佐飛山山頂からの大長山

画像
往復10時間の予定に10時間45分を費やしましたが、故障者2人無事登山口に戻ってきました


ー大佐飛山絶景紀行ー
という大業なタイトルの割には少し霞みがかった写真ばかり。
でも両の眼には鮮明な映像がインプットされました。
テルちゃんの神経痛も私の指も何とか持ちこたえ、
実に実に実に実のあるいい山旅でした。

*同行者テルちゃんの写真を半分以上お借りしています*

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

テル&タカ3
2014年04月15日 18:37
デイダラボッチさん
大佐飛お世話になりました。
病みあがりで体力も十分回復していないのに
無理を言って山行実施しましたが、案の定
大長山手前で失速、後はデイダラボッチに
おんぶにだっこで、無事に帰ってこられた
事に感謝しています。

天気にも恵まれ、那須連山の雄大な景色を
眺めながらの今年の大佐飛は忘れられない
山行にななりました。

しかし
今でも筋肉痛で体がギシギシいっています。
さすがに栃木で一番遠い山ですね!
次回は万全の体調で臨みたいと思います。
その時はまたよろしくお願いします。
2014年04月15日 21:00
テルちゃん、こんばんは。
一ヶ月半のブランクは思いの他筋力を奪うもの
なんだね。同じ故障者リストに名前があっても
デイダラボッチは指だけなのでOKだった。

それにしてもおんぶにだっこは大げさだよ。
失速したとは言っても45分のオーバーだけ。
合計130うん才コンビにして11時間を切っ
ているんだから出来過ぎだと思ってます。

テルちゃんの誘いがなければ大佐飛山に登る
踏ん切りがつかなかったことは確かなので、
こっちこそ感謝!です。
ちい
2014年04月15日 21:29
デイダラボッチさん、こんばんは。
今度はこちらが指を加えて見る番ですね!
いや~お二人共素晴らしい復活です。ホント良かった良かった\(^o^)/
でも羨ましい~~~{(-_-)}
和子&徹也
2014年04月15日 21:40
デイダラボッチさん お元気そうで何よりです。
テルさんの坐骨神経痛は暴れ出さなかったですか?
此方はブログを除く余裕もない毎日です。
今年はツツジが当たり年の様な気がするんですが如何でしょう。
何処か行きたい。
くに
2014年04月15日 22:59
指の具合はいかがでしょうか?
四枚重ねでも痛むだなんて心配になっちゃいます。

この残雪の大佐飛山、毎年いいな~と思いながら
見ています。
いつか私もチャレンジしてみたいです~。
のんびり夫婦の山遊び
2014年04月15日 23:02
デイダラボッチさん、こんばんわ!
大佐武山、行かれたと聞いてはいましたが、
何とも素晴らしい眺望、行きたくなってしま
います。本当に遠くて大変な山ですね。私達
では到底無理な山、レポ拝見で我慢です。お
二人とも長時間の山行を無事こなされたので、
ほぼ完全復活、良かったですね。
石川@
2014年04月16日 06:25
イヤー、イヤー。
いいですね。
栃木県の仲間のレポを見ると、みんな大佐飛山ばかり。
誘惑がとまりません。
それに加えて、三橋さんのブログでは男鹿岳だときてる。
ハァー。出て来るのはため息以外はありません。
でもね、ここで行っちゃうと山菜見逃すことになっちゃうからなあ。
私の周りでは、『山歩きはしないけど、今年も山菜持ってきてくれるよね』という人ばかりで、オーダーを処理するのが今年は大変ですよ。職を変えようかと思うぐらい注文が有り、ビール一杯の労力では報われないですが、自然の恵みなのでそれくらいが丁度良いですね。
2014年04月16日 06:58
ちい&カッチン&ロイミー♪ちゃん、おはよう。
去年は乞われて16日に登ったけど、ぎりぎり
セーフだった。今年は雪が多くかつ締っていて
藪はほぼゼロ。条件としてまだ暫くは大丈夫。
いいな~と思った時がチャンス。指が耐えられ
ると分かったからいつでも一緒するよ。
2014年04月16日 07:12
和子&徹也さん、おはようございます。
花と雪のレポばかりで心中穏やかでないですね。
私の場合は指だったから80日間雪山に登れな
かったけど、雨巻山や花の山には出かけられ、
ストレスは少なかった。足だとね~・・・。
無理のない範囲でお出かけください。
昨年と裏腹につつじ類大当たりですから。
2014年04月16日 07:26
くにさん、おはようございます。
同行した坐骨神経痛持ちのテルちゃんは、
強力な鎮痛剤のお蔭でちょっとラリっただけ。
それでもあの時間で往復できるんだから、
登山口前泊(お勧め)で是非どうぞ。私にとっ
て宇宙人のくにさんなら間違いなくできる!
その宇宙人の花レポ。
詳しすぎてコメント入れられないよ~
2014年04月16日 07:58
のんびり夫婦の山遊びさんおはようございます。
半ば恒例となった大佐飛山。今年は無理だと思
っていたし会津駒ヶ岳縦走も山小屋の関係でお
流れだし・・・、で登れてラッキーでした。
天気のいい日の雪山は圧巻の景色です。
いつかご一緒しましょう。
2014年04月16日 09:20
石川@さん、こんにちは。
私にもやりたいこと、無理にやらされること、
やらなければならないことが山ほどあります。
体は1つしかないし与えられた時間にも限が
あるから、その都度取捨選択して最善の行動を
とるしかありませんね。
山歩きと花探索は一先ず来週いっぱいまで。
その後の行動はテンプラレストラン用の山菜摘
みがメインになります。@さんや私にとっては
日常的な行動パターンでも、仲間たちにとって
は目新しい遊びなので大いに期待されてます。
今年の山菜類はどうなんでしょう?
石川@
2014年04月16日 09:26
今年の山菜は良いですよ。
御前山辺りでは、タラの芽もコシアブラもタカノツメもヤマウドも今が摘み頃ですよ。
yamapanpoさんが行かれる赤沢富士辺りにはコシアブラがいっぱいあります。
2014年04月16日 10:03
情報ありがとうございます。
もう!ですか?
御前山も赤沢富士も未知の場所だけど、
山遊びを兼ねて出かける価値がありそうですね。
ヤホホ
2014年04月16日 10:24
うwwwwー。行きたくなってしまいます。 何とか行けそうなら頑張っちゃうのですが、チョッとハードル高いです。体力アップしないとダメですね。
お二人が見た(絶景)あhhhー見たいです。
セとナ
2014年04月16日 13:04
デイダラボッチさん、こんにちは。
大佐飛山のレポ、口を開けて見ています。
この景色、雪稜、病み付きになりますね。
栃木県は良い山が多いな~。
花追っかけ始まったばかりなのに、
雪山に誘惑されそう♪
2014年04月16日 14:45
ヤホホさん、大佐飛山は歩く距離が長いだけ。
危険個所もないから天候に恵まれさえすれば
決してハードルの高い山じゃない。
メンバーが揃うようならこの老いぼれも一肌
脱ぎますよ!
2014年04月16日 14:51
セとナさん、こんにちは。
石川@さんに感化されて近くの山を覗きに出か
けたところ、コシアブラが結構大きくなってい
てビックリしました。例年より伸びが早いから
今年もまた保存に苦労しそうです

ヤホホさんも気があるようだから、
浮気して大佐飛山に出かけてみませんか?
toku
2014年04月16日 21:49
こんばんは*⌒o⌒*

今年も行かれたのですね~!毎年毎年こなしているのは凄いです!!長丁場ですからね。。。

那須山から日留賀、男鹿が際立って白く、大佐飛だ~と9日に眺め・・・13日行きたかった甲子山から旭岳行ってきました。

天ぷらレストランには、今年もお邪魔させて頂きたいと思っとります~!
楽しみにしてます



みー猫
2014年04月16日 23:21
こんばんわ。
行っちゃいましたね。雪は??とおっしゃってられたのに~(笑)デイダラボッチさんの記事だけみているとあっさりと行けるように見えてしまいますね♪・・・自分も今回、大佐飛2回目になりましたが、いいもんですよね。指の具合、良さそうでなによりです。お疲れ様でした~。
2014年04月16日 23:40
tokuちゃん、こんばんは。
相も変わらず「鮪三昧」じゃなく「雪山三昧」
なんだね。tokuちゃんはいつも元気でいいな~。
へっぴり腰でも懐手でも1回体験できたから、
デイダラボッチも少しは自信ついたけどね。

5/3に早咲きのヒマワリを咲かせてください。
2014年04月17日 00:03
みー猫さん、こんばんは。
行っちゃいました
誘われたことだし1月とは全く気温が違うから、
「大丈夫だろう」とも思えたのでね。みー猫さん
の時ほどクリアな景色がなかったのは残念。
でも、ダメ元なのに登れて良かったです。

日中に袈裟丸山・南西尾根を検索したところ、
みー猫さん、たそがれさん、ハイトスさんを
アチコチで見かけました。
私もその筋の方々(但し膝下程度の藪漕ぎに
限定)に興味がわいてきたかな?
セとナ
2014年04月17日 17:21
デイダラボッチさん、こんにちは。
甘~い誘惑に、
大佐飛山、浮気しそうになりました♪
だけど見るからに長丁場、
まだ体力出来上がってないのです。
今回は残念だけど・・・(涙)
「コシアブラ」
9人家族なもので直ぐに食べてしまいます。
でも今度採ってきた時は保存の方法を
色々試してみますね。
2014年04月17日 18:25
セとナさん、こんにちは。
今日、初めての山に踏み入ったところ、巨大な
タラの芽を沢山見かけました。巨大すぎるので
3分の2は見捨て、山火事跡でワラビ摘みをし
ました。ワラビも伸びすぎていたけど、これは
後から後から出てきそうです。その後雨巻山に
登った仲間と合流してコシアブラ摘み。初めて
の体験にワアワアキャアキャアにぎやかでした。
今晩はどの家も山菜三昧ってところでしょう。
我が家は山菜+ノビル・タゼリ・ヨモギ・ノラボ
ウナ(菜の花の一種)と只のものばかりです

この記事へのトラックバック