袈裟丸山:ツツジ類繚乱(その2)

【5月17日 袈裟丸山:ツツジ類繚乱(その2)】

ひとしきり山頂をにぎわしたら後袈裟丸山に向かいましょ。

画像
後袈裟丸山

画像
鋸十一峰と庚申山。残念なことに皇海山も日光白根山もその仲間たちの姿も見えません

画像
でも、部分的ではあっても爽快な景色が

画像
雨巻山・加波山・筑波山も


前袈裟丸山から八反張のコルまではシャクナゲ街道だ。
とは言っても今年は花芽が少なく時季的にも未だしの感がある。
ところで今回のリーダーはテルちゃんに務めてもらっていたのだが、
八反張のコル通過には注意を要するので、
終始最後尾を担っていたイシちゃんに先回りしてもらいサポート担当に。

画像
「コピッと歩いてけれよ!」:テルちゃんとイシちゃんとで安全確保

画像
その八反張のコルを乗越したユキワリソウ群生地(まだ固い蕾)に遊山通信のくにさんとbettyさんの姿が!!!。腰よりも深い笹薮を漕いで到着した後袈裟丸山で、お2人にも記念撮影に加わってもらいました


跡袈裟丸山で昼食をとるお2人と別れて一足先に下山開始。

画像
アカヤシオツツジの大木

画像
蒼天とアカヤシオツツジ

画像
アカヤシオ・・・ああアカヤシオ・アカヤシオ


そうこうする内にアヅマシャクナゲが登場~!
10日前は小さく固く目立たない蕾だったのに・・・自然の移ろいってスゴイね。

画像
アヅマシャクナゲ
画像
同上
画像
同上

画像
アヅマシャクナゲ街道を行くいくべ会

画像
アヅマシャクナゲ
画像
同上
画像
同上


アヅマシャクナゲとアカヤシオツツジの競演に現をぬかしつつルンルン下山。
すると登りに使わせてもらった南西尾根やその斜面が左手に展開してきます。
「ウ~ム、自分たちって偉いね。あんなところを登ったんだ~!」
自画自賛。
これもまたよし。

画像
南西尾根
画像
その斜面。「登っている時は尾根上のものしか目に入らなかったけど、下の方はスゴイことになっていたんだね!」

画像


画像
逍遥


いつしか樹林が途切れた笹原の八重樺原に差しかかってました。
私のみならず誰しもが好むビューポイントではないでしょうかね。
そしてまた小さな花(スミレ・ワチガイソウ・ヒメイチゲなど)たちの楽園だから、
くにさん&bettyさんたちは足止めを喰らうに違いありません。

画像
自分たちが足跡を残してきた尾根が見えます。山頂もコルも見えます

画像
この辺りからはトウゴクミツバツツジが主役を担いだします
画像
同上
画像
「花に負けてるからよせ」と言えば「着ているものは自分の方が派手」とか何とか御託を並べて・・・

画像
ヤマツツジも交じり始めました


するとナカちゃんがトウゴクミツバツツジの花の林を指さし、
「あの後姿テントミータカさんじゃないかな~?」
「お~、あのデカザックとザックカバーはまさしくテントミータカさんだね」
一旦は通り過ぎたものの丸太階段を登り返して
「もしかしてテントミータカさんではないですか?」
すると奥様が
「はい、その通りです」

画像
失礼にあたるので後姿だけ入れさせてもらいました

画像
登山口間近
画像
同上

画像
予定通りの時間に無事下山しました

画像
登り始めにはしぼんでいたフデリンドウが開いてました


16人中15人が「見ていない」と言うので小中の大滝に立ち寄りました。

画像
小中大滝
画像
小中大滝の世にも珍しい斜めの吊橋


そして〆は「れんがya」のやきそばでした。
コースよし。
花よし。
仲間よし。
出会いよし。

満足満腹の山旅。
いつもこうありたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

和子&徹也
2014年05月19日 17:54
デイダラボッチさん、ウララさん昨日は有難う御座いました。
色々な山談義楽しかったです。
アカヤシオ今年は凄いですね。
レポを見て最高の一日が良くわかりました。
早く皆さんと御一緒出来ることを願ってます。
2014年05月19日 18:38
和子&徹也さん、こんばんは。
立ち寄ってくれてありがとう!
私は1445段の階段をバカにしてたけど、
ストレス解消に持って来いだったとはね~。
先ずはよかったよかった。
あの元気さなら一緒に歩ける日も近いね!
のんびり夫婦の山遊び
2014年05月19日 19:55
デイダラボッチさん、こんばんわ!
17日は、大変お世話になりました。良き
メンバーと一緒に地図にないルートを辿る
袈裟丸山は初めてのルート、お蔭様で眺望
も花も最高の楽しい一日でした。
さらに山行の後には小中大滝の観光もある
盛りだくさんのデラックスな山行でした。
本当に有難うございました。
セとナ
2014年05月19日 20:44
デイダラボッチさん、こんばんは。
素晴らしい尾根ですね!
おまけにシャクナゲまで咲いていて。
あ~ぁ行きたかったな~
そして素敵な出会いありと、
やっぱり前袈裟丸まで足を延ばせば良かったと
ちょっぴり後悔してます。
でも友を置いていくのも後ろ髪惹かれるし、
いつか又山でバッタリ出来るのを楽しみに
してます。
ハッちゃん
2014年05月19日 20:55
こんばんは。袈裟丸山のアカヤシオ!そして展望と、今回もたっぷりと堪能させていただきました。去年登った尾根は何と言うのかしら??見事なアカヤシオの群落に仰天したものでしたが、今年の南西尾根から郡界尾根も見事なアカヤシオでした!景色も良かったし、ちゃんと登れて満足の山旅でした。みんなで登るのってホント楽しいですね!
2014年05月19日 22:05
のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんわ!
風がちょっと強く冷たかっただけで、
降られることなく歩けたのだからヨシ!ですね。
況してや5種類ものツツジに出逢えた訳だし、
サプライズの出会いもあったことだし・・・。
またいい山歩きをしましょう。
ぶなじろう
2014年05月19日 22:28
今晩は。
楽しげな尾根ですね!
人影も少ないようだし、いつか行ってみます。

(その1)の冒頭の写真に写っているお一方と、雨巻山でおしゃべりしておりましたです。
2014年05月19日 22:30
セとナさん、こんばんは。
早く到着すれば待っていてくれるだろうし、
遅くなっても私たちがランチを摂っている間に
は着くだろう、と心待ちにしてたんですよ。
行動開始時間が違いすぎたし、
小丸山からUターンでは会うべくもなかったね。
残念!
あの日は寒くて指先が痛くて、右手は手袋を
はめたままポケットに突っ込み歩きでした。
花はどっちの尾根ともGOOD!
朱色・紫色・白色・紅色の4色のツツジに
アヅマシャクナゲまでもが加わるんだもの。
もうメロメロでした!

2014年05月19日 22:39
ハツちゃん、こんばんは。
昨年登ったのは東南尾根。ツツジ類大外れの年
だったのに喜んでくれたことを思い出します。
今年は大当たりだったし、2つの尾根の持ち味
が違ったから、1粒で2度美味しいアーモンド
グリコ(古っ!)みたいだったかな?
次の山行も花に恵まれますよう・・・。
2014年05月19日 22:50
ぶなじろうさん、ご無沙汰してます。
楽しい尾根です。
展望のいい尾根です。
すごく静かな尾根です。
私たちは大勢で押しかけちゃったけど、
行き会ったのはたったの2人だけでしたよ。
それと周回できるのが実にいい!
お出かけあれ!

くに
2014年05月20日 00:59
お会いできて本当によかったです。
いくべ会の皆さんにも紹介していただいてありがとうございました。

南西尾根のアカヤシオ、郡界尾根から見てもきれいでしたが
こうして画像で見るとすごいですね。
郡界尾根はアカヤシオもきれいでしたが、下部の
トウゴクミツバツツジも見事ですばらしかったです。
イケちゃん
2014年05月20日 06:01
デイダラボッチさんおはようございます。
今年はツツジは当たり年ですね!
袈裟丸山はもしかしてバッタリの山なのですね、昨年のんびり夫婦さんに会ったのもそうでしたね。
それだけメジャーなのですね(^o^)
2014年05月20日 06:02
くにさん、おはようございます。
あんなに大勢の仲間を無事周回させられたし、
花々と景色にも恵まれたし、
2つものサプライズもあったしで、
袈裟丸でなく花丸山行になりました。

前日はスミレ=くにさんの噂話で持ち切り。
当日も「これ程スミレが多くてはくにさんと
bettyさん足が進まないだろうね」・・・と。

この年寄り奴と一緒に写真に納まってくれて
ありがとう。私にとっては(一方的だけど)
何とかアンとか娘にしか映らないので
ホント嬉しかった。またどこかで会おうね。
石川@
2014年05月20日 06:57
やっぱり標高の高い山は、見通しがスッキリしていていいですね。
もう藪から飛び出して、少しは高い所を歩かねば!
私は、郡界尾根コースの南尾根を登り詰めた周回をした事が有るのですが、南西尾根と南尾根は異なるのでしょうか?
石川@
2014年05月20日 07:32
お尋ねするのに、歩いたコースが抜けてますね。
駐車場(空き地)⇒沢を渡る⇒東から延びている小尾根に取り付く⇒大きな岩を右へ高巻く⇒枝尾根⇒前袈裟丸山⇒八反張⇒後袈裟丸山⇒中袈裟丸山⇒奥袈裟丸山⇒中袈裟丸山⇒後袈裟丸山⇒石宮⇒八重樺原⇒群界尾根登山口⇒林道⇒駐車場(空き地)
2014年05月20日 15:01
イケちゃん、こんにちは。
男体山に登ったんだね。エライ!エライ!
あのデッカイ体が示す通りで楽じゃないから。
オッと初っ端から話がそれたけど、袈裟丸山は
出会いの山に間違いなし。メジャーとマイナー
の差はあるけど雨巻山と同じだね
オッと、ここで八溝山を落とすと後ろに控えて
いる石川@さんにお目玉喰らうかもね
2014年05月20日 15:24
石川@さん、こんにちは。
裏八溝ファン垂涎のヤマシャクヤク。@さんの
記事を読んでどれほどの人があの山中を徘徊し
たことでしょう?袈裟丸山から飛んだくにさん
も逢えたようで、他人事ながら喜んでます。

指摘のコース。折場口からの登りの左手に見え
ている尾根を東南尾根。郡界尾根からの登りの
右手に見えている尾根を南西尾根と呼んでいる
ようです。まさしく@さんが歩いていると同じ
ルートですね。違っているのは、大きな岩を高
巻かずに左下を斜め上にトラバースしたことぐ
らいかな。呼称については参考にしたHPを継
承しただけ。最短距離で前袈裟丸山に登れるこ
とから、その内登山道ができて正式名称がつけ
られるのではないでしょうかね?
ヤホホ
2014年05月20日 22:13
お世話になりました(^^)
何度か登っている袈裟丸ですが、周回出来るコース景色が全く違い新鮮でした。登り始めて直ぐに、獣が横に走り抜けたのを見てビックリ!でも、見たのは私だけ?猪のように・・最近藪付いていたので、膝下の笹はど~ってことなく??振り向くと富士山、見上げると花・はな・ハナ。グリーンの濃淡の山々。(チョー気持ち良い)の山。
最高の出会もあり、blogが繋ぐ人・ひと・ヒト。こうしていくべ会の仲間と歩けるのもblog。
今週末、まだ蕾だったシロヤシオ・アズマシャクナゲ・ユキワリソウに会いに同じルートを歩いてみます。
そうそう、レンガyaの焼きそばも美味しかったで~す。HAPPY・HAPPYの一日でした。皆さんありがとうございますm(__)m
2014年05月21日 05:29
ヤホホさん、おはよう!
これだけ絶賛してもらえると企画者冥利に尽き
ます。今週末はイワハタザオ・ユキワリソウ・
シロヤシオ・ヤマツツジなどでもっと大変なこ
とになってるね、キット。25日からの大きな
山行があるので自分たちは無理だけど、ヤホホ
さんからの報告にを首を長くして待ってるね。
差し当たって明日ヨ・ロ・シ・ク!
山好きよっちゃん です
2014年05月23日 08:59
行者道にて 良い情報頂き有難うございます
今度からブログ拝見させて頂きます
益子の山にも行きたいです
宮之浦岳のブログ楽しみにしています
又どこかのやまで逢いましょう
2014年05月23日 11:15
こちらこそありがとうございます。
このところ世界の、日本の、山の狭さを実感さ
せられることが連続しています。出会い。いい
ものですね~。またどこぞの山で!

この記事へのトラックバック