裏八溝山・幻のシャクナゲ探訪

【5月6日 裏八溝山・幻のシャクナゲ探訪】

石川@さんの案内で、
yamasanpoさんと一緒に裏八溝山を花探訪してきました。
探訪というよりも徘徊の言葉がピッタリだったかな?
何故って、
至仏山で痛めた左足を引きずりながらの18000歩のズルズル歩きだったから。

第1の目的は『八溝シャクナゲ』に逢うこと。
場所は特定できっこないし特定してもいけないので、
写真の羅列に留め[haretara]さんと[登山・花日記]のアップにゆだねます。

画像
石川@さんが3年かけて見つけ出した幻の八溝シャクナゲ(群生地)


集合場所と時間は八溝山山頂駐車場。
早く着きすぎてしまった私は、
寒さ除けに車中でラジオを聴きながらウトウトしていたので起こされました。
そこから移動して行動開始!

画像
八溝山神社とシャクナゲ。今は幻となってしまったシャクナゲも、ふもとの民家の庭先で当たり前に見られるのだから、山一面だったことでしょう


先ず沢筋をウロチョロ。
何せ聞くもの見るものみんな目新しくて~!

画像
シロバナエンレイソウ(周りはフタバアオイの群生)

画像
シャクナゲと並んでお目当てだったヤマシャクヤクにご対面。まだ固い蕾で「今週末ではどうか?」が石川@さんの見立て。ウッカリしてると終わっちゃうし・・・。花の旬に出合うには根気が必要なようですね

画像
同上

画像
ヤマブキソウ(大群生はなかったけど、歩く先々で見かけました)

画像
変わり花のエンレイソウ


沢筋にはニリンソウやネコノメソウが足の踏み場のないほどに密生。
さあいよいよ幻の八溝シャクナゲを探しに藪を漕ぐことにします。
左足を引きずって片足歩きの私は必死について行きます。

画像
先ずは前座の花たちのお出迎えです

画像
シロヤシオツツジ

画像
同上

画像
いよいよ主役の出番。急すぎて危険なので下らなかったものの、ズ~ッと下まで続いているようでした

画像
同上

画像
同上


シッカリ・スッカリ満足できたので藪を降ります。

画像
ヤマツツジとトウゴクミツバツツジ

画像
シロヤシオツツジとトウゴクミツバツツジ


沢沿いでランチにしました。
それぞれに準備はしてましたが、
石川@さんから「ソーメン作るからラーメンは作らなくていいよ」の声かけ。
とにかく彼は料理の達人なので花探索しながら仕上がりを待ちました。
すると花芽のないヤマシャクヤクを3本見つけました。
「やったね!」って自分をほめてる。

画像
真ん中のコッフェルと皿に入っているのが石川@お手製の山食ソーメン。コッフェル+ザルの中にソーメンを入れて茹で、スープは野菜とサバ缶でササッと。もちろん美味。ごちそうさまでした


往路を戻ります。

画像
いったん林道を歩いてから沢に戻ります。満足げな後姿

画像
私にとってては物珍しいフタバアオイが雑草並に

画像
沢から顕著な尾根を登ります。ムシカリ

画像
ブナ


2人と分かれて益子に戻る途中で八溝山を振り返り見ました。
栃木県人や茨城県人から見れば福島県側は裏になるんだけど、
裏という呼ばれ方を福島県側の人たちは快く思わないことでしょう。
ここで断っておきますが、
単なる表裏の裏ではなく、
『奥の院とか』『秘密の場所』的なニュアンスがあることをご理解ください。

画像
八溝山。あらためて「いい山でした!」


石川@さん、yamasanpoさん、ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

セとナ
2014年05月08日 09:24
デイダラボッチさん、こんにちは。
咲いてましたね♪
シャクナゲ!
蕾の時にも増して花の数が多く感じます。
そして山シャクヤク、感動ものですよね。
中々開いてくれませんね。
あんまり焦らさないで~
でも焦らされ待つのもいいのかもね(笑)
2014年05月08日 10:00
シャクナゲはほぼ満開状態だったけど、
ヤマシャクヤクはまだまだ小さく固かった。
「今週末では無理か」が石川@さんの感想でした。
ヤマシャクヤクは無理でも、
ツツジ類の大競演は間違いなしですね。
石川@
2014年05月08日 10:34
お疲れ様でした。
懐が深くて魅力的ですよね、八溝山は。
尋ねられて度忘れしていましたが、思い出しました。
山アスパラは、シオデと言います。人差し指の太さになるのに10年くらいかかりますが、これを塩茹でしてマヨネーズで食べるとアスパラより旨いですよ。
八溝山に行くと、10本ぐらいは採ってきますが、大量に収穫することは難しい山菜です。
yamasanpo
2014年05月08日 10:35
二日続けてお世話になりました。
八溝山の花、袈裟丸山の南西尾根いずれ劣らぬもので充実したものでした。ありがとうございました。
石川@さんが何度も足を運ばれ見つけられたものを自分は何の苦労もなしに・・何とも申し訳ない気持ちです。
それにしても八溝山は広いですね~。未知の楽しさが詰まってそうです。
またどこかへご一緒させて下さい。
2014年05月08日 11:28
石川@さん、こんにちは。
数日故障していたPCを開いてみたら、
何と何と会津駒ヶ岳・高陽山・奥久慈がアップ
されていて、そこに八溝山までが加わる!
ビックリ!以外の何物でもありません。

兎にも角にも、3年越しで探し当てた秘密の
場所を案内してもらって感謝!感謝!です。
あっそうそう、山菜は袈裟丸山に出かけている
間に山仲間で好評裏に消費されてました
2014年05月08日 11:36
yamasanpoさん、こんにちは。
久しぶりに家にいるので、観光課・観光協会・
住民課・生涯学習課など巡り巡ってました。

裏八溝山秘密の場所と袈裟丸山南西尾根。
どちらも楽しかったし素晴らしかった。
次にご一緒できるのは何処でしょうね。
楽しみにしてます。
イケちゃん
2014年05月08日 13:41
山の達人トリオでシャクナゲ見て喜んでいるのを想像してしまいました(^ν^)
ところで足は大丈夫ですか?
2014年05月08日 15:36
イケちゃん、こんにちは。
テンプラレストランと至仏山は良かった~。
八溝山は奥が深くて素晴らしかった~。
袈裟丸山の南西尾根も心をくすぐられた~。
左足太ももは傷と打撲の内出血でブドウ色。
でも大丈夫。
デイダラボッチは打たれ強いから。

この記事へのトラックバック