リベンジ足和田山

【5月11日 リベンジ足和田山】

益子ロータリークラブで計画した2月の足和田山は、
大雪で登山口に近づくことすら適わずに、
急きょ静岡県の浜石岳へと変更したのでした。
その甲斐もなく富士山を眺められたのは、
下山時の車道から奇跡的瞬間に遭遇できた僅かな人だけだったのです。

そのような経緯から、
1月に下見にまでして絶景を拝しているOハイキング部長は諦めやらず、
『リベンジ足和田山:マメザクラと富士山を見る』を再企画したのでした。
益子5時発。
参加者31人。
イザ!レッツゴー!!

画像
秀麗富嶽:往復の車中からも登山をしている途中からも1日中燦然と輝いて見えてました


一本木バス停からスタート。
東海自然歩道として整備された快適散歩道をゆっくり進みます。
それでも歩きなれていないロータリークラブ会員からは
「ふ~っ、キツイ!」の声。

画像
気持ちのいい緑の回廊だしお金をかけてよく整備もされてます。でも打ち込みの浅い杭(20㎝程度)と階段だけで水切り処置がゼロなので、杭が抜けて傾いでいたり薬研堀が目立ったり・・・

画像
足元にはヒトリシズカやワチガイソウ、各種スミレやヒトツボクロなどが

画像
木々の合間からの富士山。その姿を認める度に声にならない声が山中にこだまします
画像
同上

画像
木々の隙間が開くと、ウ~ム、絶景かな!絶景かな!

画像
文政年間の青銅製の劔。榛名山満行と書かれてました

画像
これってフジマメザクラでしょうか?遠くてわかりません

画像
チラチラと南アルプスが白い頂を見せるようになると・・・

画像
足和田山(五胡台・1355m)到着:「キツイ!」の何のといいながらも余裕の真ん丸笑顔がありました
画像
同上

画像
歩き始めには河口湖が見えてました。山頂直下に見える湖は西湖とのこと


「ここが山頂ということは後は降る一方だよね?」
「結論としてはそういうことになるね」
期待していた通りの返答にみんなの顔は益々真ん丸に。

画像
見とれ富士
画像
同上

画像
ビューポイントに差し掛かると請わずとも集いの輪が。
これまでに添付した写真でお分かりのように、標高の低いこの山は全山木々に覆われてます

画像
樹間の富士

画像
額縁の富士


三湖台という山頂よりも開けた展望台が閉鎖(工事中)されていたので、
蹄鉄(ていてつ)跡の残る馬車道経由で紅葉台レストハウスへ。

画像
レストハウス屋上で腹ふさぎ。背景は南アルプス

画像
南アルプス南部の山々
画像
南アルプス北部の山々。仙丈ケ岳と甲斐駒ヶ岳は見えていません
画像

画像

画像

画像

画像

画像



眼もお腹も満たされて、
笑いながら、お腹を突き出しながら、悠々と下山にかかります。
登り始めのうつむいた姿はとうにありません。

画像
後姿も踊ってます


紅葉台入口付近で既に車の渋滞が始まっていたので、
渋滞と反対方向の氷穴や風穴方向に車を進め西湖の畔を走りました。
湖の北に居並ぶのは先般のんびり夫婦の山遊びさんが闊歩した

画像
鬼ヶ岳・十二ヶ岳など

画像
河口湖温泉・天水で湯に浸かってから家路についたのですが、この温泉の周りにも
画像
ビオラソロリアが繁茂していて・・・


何はともあれ、
参加者全員で飽きるほどに富嶽を堪能することができた
『リベンジ足和田山』でした。
Oハイキング部長、リベンジが適って良かったですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

のんびり夫婦の山遊び
2014年05月13日 08:59
デイダラボッチさん、お早うございます。
秀麗富士、南アルプスと眺望が得られて最高
のハイクでしたね。
17日の袈裟丸山、ご一緒しますので、よろ
しくお願いします。富士山の遠望がきく天気
になることを期待しています。
2014年05月13日 09:29
のんびり夫婦の山遊びさん、おはようございます。
昨年は富士山遠望が適ったけど、下見の時は
全くダメでした。富士山は日本人の心。その姿
を捕えられると幸せ気分になれるので、
今回も拝みたいものです。

シロヤシオの話題ばかりでアカヤシオが何処か
に掻き消えてしまいましたが、山いっぱいに
咲き競っていてくれるといいですね。
Oさんです
2014年05月13日 13:58
先日は大変大変お世話になりました。道中の案内感謝しております。一日中富士山を見ることができたことと五湖台でのフジマメザクラ満開に感激です。次期関口会長のハイキングにもお手伝いください。よろしくお願い申し上げます。明日のロータリーの例会でこのブログをご披露いたしますのでご了承ください。
2014年05月13日 21:05
Oさん、こんばんは。
先ほど1度返信コメントを入れたのですが、
何故かコメント欄に反映されません。
以前にも同じことが起きてます。???です。
何かとお世話になりありがとうございました。
またよろしくお願いします。
粗末なブログで恥ずかしい限りです。
和子&徹也
2014年05月13日 21:40
デイダラボッチさん 富士山を見ながらのハイク気持ち良さそうですね。
17日の袈裟丸山楽しみしていたのですが、不幸事が有り参加出来なくなりました。
楽しみにして休日出勤も調整していたのに残忍です。
2014年05月14日 06:30
和子&徹也さん、おはようございます。
文面上で大騒ぎはしてませんが、朝から午後
4時頃まで一点の蔭りも現れない見事さで、
秀麗富嶽を堪能し尽くしました。

袈裟丸山。休日の調整までして参加に漕ぎつけ
たというのに本当に残念ですね。今日一部の人
たちが開花状況を探りに寝釈迦からピストンし
てきます。花よ、17日まで待っていてくれ!
イケちゃん
2014年05月14日 07:25
デイダラボッチさんおはようございます。
富士山やっぱりいいですねぇーあの存在感20年くらい前、忍野八海とか山中湖とか遊びに行った時にシミジミみたな考えてみたら20年前ケータイはあったけどカメラはバカチョンでした(-。-;
セとナ
2014年05月14日 09:26
デイダラボッチさん、おはようございます。
足和田山から見る富士山の姿はかっこよく
素敵ですね。
皆さんの歓声が聞こえてくるようです。
17日は別ルート(折場口)から袈裟丸に行きます。
バッタリ出来たら嬉しいですね♪
2014年05月14日 09:49
イケちゃん、おはよう。
あの凛々しさとあの単純明快さは、何だかんだ
と言っても日本の誇りだし日本人の心だね。
どの山に登っても最初に探すのは秀麗富嶽。
そして見つけるとワクワクウキウキする。
ところで屋久島のメール、
今送ったところです。みのがさないようにね。
2014年05月14日 09:55
セとナさん、おはようございます。
足和田山から眺める富士山&のんびり夫婦の
山遊びさんが歩いた十二ヶ岳ともに、
とってもカッコよかったです。
17日折場口からですか。会えると良いですね。
17日まで待ちきれずに一部のメンバーは今日、
塔ノ沢からピストンしてます。花情報がもたら
されることでしょう。
yamasanpo
2014年05月14日 20:04
今日、折場口から前袈裟まで往復してきました。
アカヤシオ情報ですが、
賽の河原までは花に傷みが出ていてピークは過ぎてます。
電波塔周辺はほぼ満開で見頃です。
小丸山付近は3、4分咲でしょうか。蕾が目立つ状態です。
前袈裟から見た限りでは南西尾根は赤く色付きが見られました。咲き始めているようです。
2014年05月14日 20:28
yamasanpoさん、情報ありがとうございます。
地図にないルートと書いたことが逆に好奇心を
駆り立ててしまったらしく、想定外の大人数で
実施することになりました。
でもこの情報であれば何処かで間違いなくアカ
ヤシオに出合えるしトウゴクミツバツツジやシャ
クナゲにも出会えると知れました。天気も良さ
そうなので思いっきり楽しんできます。

この記事へのトラックバック

  • 「リベンジ足和田山」について

    Excerpt: 「リベンジ足和田山」について 先日は大変お世話になりました。Oさんです。道中の案内感謝しております。一日中富士山を見ることができたことと五湖台でのフジマメザクラ満開で感激しました。次期関口会長のハイキ.. Weblog: yoshitsuguのブログ racked: 2014-05-13 13:50