ハクサンイチゲの飯豊山

【6月7日(土) 足の松尾根~朳差岳避難小屋】

画像
モノクロのシャチと七色の虹


4月に再発足したばかりの「益子いくべ会」第7回目行事は飯豊山山行。

水無月は梅雨月でもあるから多くの岳人に敬遠されがちだけど、
私にとっての水無月は、
イコール飯豊山山行の月と言えるほどに待ち遠しく親近感を抱ける月です。

今回の山行目的は当然のこと『ハクサンイチゲを愛でる』

そのハクサンイチゲ繚乱を誰もが堪能できるコースとして
第1日目:足の松尾根~朳差岳分岐~頼母木小屋(周辺散策・泊)
第2日目:小屋~分岐(鉾立峰・朳差岳サブザックでピストン)~足の松尾根

の1泊2日を選択。

実際の第1日目は
奥胎内ヒュッテ8:05発-足の松尾根登山口9:10発~姫子の峰10:25着
10:35発-英三ノ峰附近風よけ休憩5分-水場分岐12:30着(融雪水汲み)
12:40発-イチジ峰13:25発-朳差岳分岐14:15着14:30発-鉾立峰
15:20発-朳差小屋16:00着(泊)


参加者は
イッシー・yamasanpoさん・テル&タカ3・テッちゃん・ハツちゃん・私の7人。
10人乗りキャビンをレンタルしての移動でした。



アカショウビン目当てに押し寄せた車列を後目に、
奥胎内ヒュッテ(14日まで休業)(340m)から足の松尾根登山口を目指します。

画像
いい気分でスタート

画像
雰囲気が良くて気分は益々高潮

画像
垣間見る山々のシャチ模様の白の少なさから、雪解けの早いことが
容易に想像できます。雪解の水が駆ける!駆ける!


深緑の森にタニウツギのピンク。
白い谷筋には残雪とほとばしる清流。
いつ降られてもおかしくない状態なので雨ズボンは着けているけど、
ルンルン歩きであっけなく登山口(470m)に到着しました。

画像
足の松尾根登山口


登山口から山に踏み入るとそこは御用平と呼ばれる森。
辺り一面をブナに覆われた安楽地だけど5分と経たない内に急登へと変貌。
足の松尾根は確かにタコの脚のように根っこが張り出ているけど、
その実態と本性は『顎だし尾根』だね。

画像
ブナ林の御用平
画像
ウ~ム、これぞブナ!
画像
顎だし尾根
画像
姫子の峰
画像
ちょっと寂しいシャチ模様
画像
水場分岐手前のヒドノ峰
画像
水場分岐。シャチ模様が寂しく感じると同様この附近も雪解けが早まっていて、何と融雪水が得られました
画像
ヤマツツジ
画像
花はなくはありません。でもいつもに比べちょっと精彩に欠けるような・・・?他にはマンサク・カタクリ・イワウチワ・イワナシ・ユキツバキ・ツクバネソウ・マイヅルソウ・サンカヨウ・コイワカガミ・ムラサキヤシオ・ショウジョウバカマなど


ハッキリしない空模様とは裏腹に7人の周りはいつも晴天。
おしゃべりも表情筋も活発だし脚の運びもテンポのいいスタカート。

で、ここで私から提案。
「自分が車を回送するからみんなは丸森尾根を飯豊温泉に降ってみては?」
と言う訳で頼母木小屋泊の予定を行動効率のより良い朳差小屋泊に変更。

画像
大石山手前のイチジ峰
画像
大石山から鉾立峰に脚を向けた途端雨が・・・
画像
でも一山越えればそこにはホテルがあるし・・・
画像
ご覧の通り周りは花畑だし・・・
画像
ちっとも辛くなんか・・・ない・・・、と気張ってみても風は吠えるし雨は叩くし・・・
画像
しとど濡れたシラネアオイに励まされながら・・・
画像
大草原の小さな家(朳差小屋(1636m)=山のホテル)が間近に・・・




【6月8日(日) 朳差小屋~頼母木小屋-丸森尾根~飯豊山荘】

第2日目は
朳差小屋(朳差岳ピストンの後)5:20発-鉾立峰5:50発-分岐6:55着
7:05発-頼母木小屋7:55着8:30発-頼母木山8:55発-丸森尾根分岐
9:40着9:45発-ホワイトアウトで停滞40分-夫婦清水12:55発-
飯豊山荘15:00着


私は車回送のため
頼母木小屋手前7:25発-分岐7:35発-水場7:55着8:00発-足の松
登山口9:15発-水場修理に5分-奥胎内ヒュッテ10:00着10:10発~
関川道の駅で15分休憩~飯豊山荘11:40着



朳差小屋での夕べは、
2階に1グループ10人ほどが潜んでいたらしきものの(ものすごく静か)、
1階は私たち7人と40代女性1人だけという丸で専用リビング状態。
思う存分呑んで、食べて、くつろぎのおしゃべりができてラッキー!

でも壁と窓を揺すり屋根を突き叩く「交響曲第5番ハ単調作品67『運命』」は、
奏者が一時も手を休めることなく延々と演奏され続けました。
夜っぴて。

画像
朝方小止みになった間隙をついて山頂へ


雨は残っているけどガスは上昇を続けていて天気は回復傾向。
昨日うつむき加減で歩いた道を、
胸を張って景色を楽しむ余裕をもってルンルン歩き。

画像
登山道のすぐ脇には暴れ雪が
画像
シャチ模様
画像
同上
画像



雨は鉾立峰(1573m)で上がりました。
そして大石山から頼母木小屋にかけてはハクサンイチゲの楽園です。
蕾もあり既に花びらを落としたものもあり・・・ってことは今この時が至上?

画像
ハクサンイチゲ
画像
同上
画像
同上


頼母木小屋手前で私は踵を返してしまったので、
ここから先は提供された写真のベタ張りになりますが悪しからず。

画像
地神北峰から丸森峰へ。この広い雪原でホワイトアウトになり、30~40分ほど道を探したそうです
画像
サンカヨウ。透明感のある白い花びらに何故か薄倖を感じて・・・
画像
ヒメサユリ。丸森尾根に群落はなし。ポツリポツリ
画像
ムシカリ(オオカメノキ)。匂いに敏感な私は遠く離れていてもその存在を知ることができる
画像
タニウツギ。日本海側の山では豊富に見かけるなじみの花
画像
サラサドウダン
画像
眼下に集落が見えた~
画像
丸森尾根の急坂降り


一方私は足の松尾根をトットと御用平に駆け下り、

画像
ブナ
画像
ブナ林
画像
水場のパイプを修理し
画像
車を回収してから「道の駅せきかわ」に立ち寄り


11時40分には飯豊山荘に着いてしまったので未知の山中を徘徊。
頃合いを見計らって丸森尾根を45分登り再開を果たしたのでした。

画像
無事、いや晴れ晴れと下山


今回もまたいい山行だったな~!
6人に感謝!

*仲間から寄せられた写真を多用しています*




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yamasanpo
2014年07月07日 12:56
お世話になりました。
ディダラボッチさんのお気遣いでよりドラマチックな山旅となりました。ありがとうございました。
山良し仲間良し花良しと全てに満足です。
また次の機会にもよろしくお願いします。
ハッちゃん
2014年07月07日 18:03
毎日?お世話になってます。
飯豊のブログはいつかなあ~と心待ちにしておりました・・・楽しかった飯豊山行の記憶が甦りました!
苦しかった大荷物と、足の松尾根の急登!やっとたどり着いた朳差小屋で、風の音を聞きながら、楽しく食べて、飲んで!二日目の絶景とハクサンイチゲ!虹が4回も出た?! 丸森尾根は花が多く、急な下り坂で長かった~ 同行の皆さんに助けられて、デイダラボッチのご配慮で楽しい思い出に残る飯豊山行となりました。病みつきになりそう・・・もっと鍛えて、また宜しくお願いします!
のんびり夫婦の山遊び
2014年07月07日 19:07
デイダラボッチさん、こんばんわ!
花とシャチ模様、それに虹まで、飯豊山、
素晴らしかったですね。ハクサンイチゲが
好きで、今年も平標山、宮城蔵王と鑑賞
してきましたが、本場はスケールが違いま
すね。
6日(日)、筑波山で徹也さんにバッタリ、
今月の南ア山行に向けてトレーニングとの
ことでした。
和子&徹也
2014年07月07日 20:55
デイダラボッチさん 皆さんお世話になりました。
ハクサンイチゲ、シラネアオイの綺麗なこと。
デイダラボッチさんのお骨折りで丸森尾根の花々を楽しませて頂きました。
有難う御座いました。
朳差小屋での夜は楽しかったなぁ~。
今度はお酒類を持っていきます。
2014年07月07日 21:59
yamasanpoさん、こんばんは。
色々あって恥ずかしいアップになりました。
既に1ケ月近くも前の山行が今ごろだものね。
でもその後尾瀬沼&尾瀬ヶ原&トガクシショ
ウマがあり、男体山が2回あり、FUKUSHIMA
-NASUトレランボランティアがあり、乗鞍岳
&高山& 白川郷&白山&金沢がありと忙しく
してます。
またどこぞの山をご一緒ください。
2014年07月07日 22:19
ハツちゃん、こんばんは。
yamasanpoさんへの返信にある山行や事業は
全て一緒だったね。これから雨巻山の環境整備
が目白押しだし山行も数多く計画されているか
ら、幾度も顔を合わせることになるだろうね。
まっ、飽きずに顔を突き合わせてください。
2014年07月07日 22:38
のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんは。
今年の飯豊の花々は何故か精彩を欠いていた
から、平標山に一歩譲った感がありました。
素晴らしいことに変りはないのだけど・・・、
目が慣れ過ぎてしまったのかもしれませんね。

徹也さんとの南ア山行は、益子町の祇園祭と
かち合って黄信号が点ってます。一応は自治会
役員なので空席にはできず調整中です。
2014年07月07日 22:47
和子&徹也さん、こんばんは。
飯豊山は通常でもドラマティックな山。
それなのに非日常的な自然現象に幾度も遭遇し
たから、益々思い出深い山行に仕上がった。
そんな気がします。
南ア、調整が利けばいいのだけど・・・。
山好きよっちゃん
2014年07月08日 09:40
ディダラボッチさん今日は 飯豊山最高に感じます
リーダーの心ずかいで楽しい山旅が出来ましたね
ブログを楽しみに待っています
2014年07月08日 10:50
自分の身の周りだけで目いっぱい。
中々ブロガーのページにお邪魔できないでい
ますが、浅草岳に出かけてヒメサユリに代表
される花々を堪能してきたんですね。
浅草岳は大好きな山。
口からはよだれ目からは羨みの涙です。
鋭意、1ヶ月遅れのトガクシショウマに取り掛
かってます。もうちょっとお待ちを。
セとナ
2014年07月08日 13:16
デイダラボッチさん、こんにちは。
顎だし尾根!
まさしくその通りですよね。
思わず笑ってしまいました。
辛い登りだけど雲上の天国が待っている。
ハクサンイチゲが咲き乱れる朳差岳~大石山♪
喉元過ぎたので又行きたくなりました(笑)
2014年07月08日 18:11
セとナさん、こんにちは。
顎だし尾根を登りつめればそこにはパラダイス
&オアシスが存在するね。シャチ模様が山肌を
彩り日本海が広がる山紫水明の地であり、花々
が大地を埋め尽くしてもいるんだから。
今回その全てには触れ合えなかったけど、何度
も虹の架け橋を愛で、ブロッケン現象がいつ現
れるかとドキドキし(光源と被写体とスクリー
ンのマッチングが適わなかった)、風雨やホワ
イトアウトで苦労しと、自然の恩恵にも脅威に
も触れられたのだから、
〆はやっぱり「イイデー!」です。
イケちゃん
2014年07月09日 08:05
デイダラボッチさんおはようございます

飯豊山いってみたいなぁー
虹も山で見てみたいなぁー
デイダラボッチさんには昨年ブロッケンも雷鳥も見せてもらったしね!今年は何が見られるかなぁー
北岳でイチゲちゃんみられるかな?
2014年07月09日 09:10
宝篋山の小田休憩所から朝日トンネル経由で戻
ってみたけど、距離は真壁経由とほぼ同じ。
ICや笠間方面は相当に短縮されたようだけど
、益子からでは信号が少ない分早い程度かな?
白峰三山テント泊縦走、一生懸命応援してるか
ら「微笑みの天使」の底力見せてね
これから駐車場の植樹(ローバイ)です。
toku
2014年07月11日 22:47
こんばんは⌒o⌒*

ここは~行きたい!いきた~い!!と願っているところです。
いついけるのだろうと思いながら・・・です!

シェラフ買っちゃった!ないと始まらないと思いまして^。^まだ使うあてはないのですけれど。。。

泊まり山行参加したいけど、休めないーっ!のです。
2014年07月18日 18:55
XPの時は何事も起きなかったのに、
エイトに替えてから故障が多く、今日の18時
にようやく復旧したところです。丁度1週間、
アナログ生活をしてたけど中々いいもんでした。

その内ご一緒ください

この記事へのトラックバック