前袈裟丸山

【5月18日 前袈裟丸山】


画像
アカヤシオの中間に富士山が浮かんでいます


年間山行計画書のフラワートレック!第4弾は「袈裟丸山のアカヤシオ」
アカヤシオやシロヤシオについては、
各地から「花付きが悪い」「大外れ」の声が届いてきます。
最後の砦の袈裟丸山も決して例外ではないとのことです。
まっ、
小雨が曇りに変わり晴れマークまで現われてきたのだから、
それだけでもラッキー!だと捉えることにしましょう。

今回のメンバーはテル&タカ3、Kちゃん、ハツちゃん、イケちゃん、ミチヨちゃん
という僅か1ヶ月から半年前に知り合ったばかりの6人とモリちゃん、栗生Aさん、
そして私の9人編成。

折場橋付近からバリエーション・ルートで前袈裟丸山に登り、
賽の河原まで一緒に降ってから渓谷美の塔ノ沢を降る班と、
尾根コースで折場登山口に降る車回送班に分かれる計画です。
今回はこのルートを熟知しているテルちゃんにリーダーを務めてもらいます。

画像
取り付き地点付近の景色

画像
取り付き地点

画像
ご覧の通り道はありません

画像
シャクナゲ

画像
シロヤシオ

画像
大岩の一本松。「登山口付近の景色」の中に見えている松です

画像
笹薮漕ぎ

画像
アカヤシオがチラホラ

画像
いい天気!

画像
サクラも散見

画像
アカヤシオ

画像
四姑娘(スークーニャン)

画像
富士山に見参。見えるでしょうか?

画像
「富士山が見える~!」

画像
雪山が見えてきた。いい気持!

画像
ホント~に気分のいい日だ

画像
トップの写真をちょっとアップ

画像
日光白根山と、手前右から庚申山・鋸十一峰・皇海山

画像
前袈裟丸山の山頂を目指して一直線に登ります


一般的なルートではないので説明を端折りましたが、
山頂直下で小丸山からの登山道と合流します。
ゾロゾロ・・・、すごい数の登山者が押し寄せてきます。

画像
袈裟丸山へのアプローチの途次何度か顔を合わせたので、合流地点で
バッタリした際お声かけしたところ、yamasanpoさんの「登山・花日記」の
コメント欄でお見かけする「のんびり夫婦の山遊び」さんでした

画像
前袈裟丸山山頂にて

画像
同上


山頂にもいい空といい景色が広がっていました。
何とついていることでしょう!
ここで早めの昼食を摂りました。

画像
右から至仏山・上州武尊岳・谷川岳・苗場山

画像
至仏山・笠ケ岳方面

画像
上州武尊岳方面

画像
谷川岳・苗場山方面


至福のひと時を送り下山にかかると、
山頂直下の最もすれ違い難い急坂で渋滞に出合ってしまいました。
そうは言っても降りはラクチンです。

画像
避難小屋付近に見られたヒメイチゲ

画像
同上


避難小屋から小丸山に登り返す辺りからアカヤシオの色が濃くなりました。
濃いけど例年の半分から3分の1程度かな?

画像
小丸山から袈裟丸山を振り仰ぐ。小屋でもここでも「のんびり夫婦の山遊び」
さんに出会いました

画像
アカヤシオ

画像
小丸山から賽の河原に向う途次、アカヤシオの下で幸せ一杯!な家族

画像
賽の河原にて。テルちゃんと私はここで7人を見送り笹薮に突入しました

画像
笹薮漕ぎの途中から贅沢な景色が得られました

画像
同上

画像
同上

画像
ニリンソウ(訂正:サンリンソウだそうです)

画像
ヤマエンゴサク

画像
寝釈迦


賽の河原から折場橋付近の車まで40分で降ってしまったので、
塔ノ沢登山口の駐車場に車を回送してもまだまだ余裕の時間がありました。
寝釈迦に向けて歩を進めてみます。
大岩と清流の渓谷沿いに緑がしたたる素晴しい登山道です。
でもいつも見られるヤマツツジの繚乱がありません。
やはり今年はツツジ類の外れ年なのでしょう。
外れと言っては失礼ですね。
1シーズン英気を養っているのでしょう。

30分弱登ってニコニコ顔に再開しました。
「いい山だったね」
「ん、いい山だった~!」

*賽の河原で別れてからの塔ノ沢の写真は当然のことないので、
  他の部分も含めて栗生Aさんからお借りし貼り付けました*

"前袈裟丸山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント