テーマ:最近の登山

近況報告

皆様お久しぶりです。 もろもろの事情やとある理由からPCを離れてアナログ生活をしてました。 情報が入らず入れられずといった多少の不便さはあるものの、 時の流れがごくごく緩やかで年寄りにとっては捨てたものでもなし。 でも精神的&肉体的異状を心配してくれる方々からの連絡もあるので、 近況のみお知らせすることにします。 …
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

ハクサンイチゲの飯豊山

【6月7日(土) 足の松尾根~朳差岳避難小屋】 モノクロのシャチと七色の虹 4月に再発足したばかりの「益子いくべ会」第7回目行事は飯豊山山行。 水無月は梅雨月でもあるから多くの岳人に敬遠されがちだけど、 私にとっての水無月は、 イコール飯豊山山行の月と言えるほどに待ち遠しく親近感を抱ける月です。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

神々の住む屋久島・丸ごと満喫4日間・その3

【5月28日 世界自然遺産の屋久島を一周】  既に1ヶ月という日月が経ち記憶が薄れてしまった屋久島の記事を、 今頃(6/26)になって認めているのには幾つかの理由があります。 1つは、厚い手袋をはめていて写真が思うように撮れなかったこと。 2つは、ラッキョウ雨でカメラが次々と(3台)故障してしまったこと。 *一晩中エア…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

神々の住む屋久島・丸ごと満喫4日間・その2

*6月26日に仲間から寄せられた写真を追加したところ、 20000文字をオーバーして「公開拒否」されてしまいました なので、屋久島小・中学校校歌を消去したり、 その1の最後の部分を切り取ってここに張り付けたりしました。 見苦しくてすみません ラッキョウ雨何するものぞ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

花と展望の尾根・社山-黒檜岳

【6月1日 花と展望の尾根・社山-黒檜岳】 2014年度「益子いくべ会」第10回目の山行『社山-黒檜岳』(実質7回目)は、 幹事長への連絡状況からこれまでにないほどの反応を肌で感じたので、 おせっかいとは知りつつも事務局員として中型バスを手配しておきました。 案の定あっちからこっちから25人もの参加者! 計画は 益子…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

神々の住む屋久島・丸ごと満喫4日間:その1

【5月25日 淀川(避難)小屋入り】 あまりにも物凄い暴風雨と、激流と化した登山道と、10年に1度とも30年に1度とも称されたヤクシマシャクナゲの繚乱に、あきれ果ててただ笑うことしかできなかった(26日の写真です) 私たち『益子いくべ会』の今回の山旅の目的は、 神々の住む島であり日本最初の世界自然遺産でもある屋久島…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

袈裟丸山:ツツジ類繚乱(その2)

【5月17日 袈裟丸山:ツツジ類繚乱(その2)】 ひとしきり山頂をにぎわしたら後袈裟丸山に向かいましょ。 後袈裟丸山 鋸十一峰と庚申山。残念なことに皇海山も日光白根山もその仲間たちの姿も見えません でも、部分的ではあっても爽快な景色が 雨巻山・加波山・筑波山も 前袈裟丸山から八反張のコルまではシャ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

袈裟丸山:ツツジ類繚乱(その1)

【5月17日 袈裟丸山:ツツジ類繚乱(その1)】 5月7日に下見をしてから既に10日が経過。 私の若かりし頃だと情報に乏しく開花状況にヤキモキした筈だ。 なのに現代の利器は100Km離れていても1000Km離れていても関係なく、 リアルタイムでモヤモヤを解消してくれる。 「ありがたや!ありがたや!」(年齢が知れるね~) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リベンジ足和田山

【5月11日 リベンジ足和田山】 益子ロータリークラブで計画した2月の足和田山は、 大雪で登山口に近づくことすら適わずに、 急きょ静岡県の浜石岳へと変更したのでした。 その甲斐もなく富士山を眺められたのは、 下山時の車道から奇跡的瞬間に遭遇できた僅かな人だけだったのです。 そのような経緯から、 1月に下見にまでして…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

袈裟丸山:地図にないルートを辿って

【5月7日 袈裟丸山:地図にないルートを辿って】 あまりにも知れ渡っていてバリエーションルートとは言えないものの、 一応は『地図にないルート(南西尾根)』を辿って袈裟丸山に登ってきました。 郡界尾根登山口P8:00発~南西尾根~前袈裟丸山11:00着(昼食) 11:40発~八反張~後袈裟丸山11:25着11:30発~…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

残雪季の至仏山グルリップ

【5月4日 残雪季の至仏山グルリップ】 5月5日に3~4人で残雪季の至仏山を歩くことにしてました。 ところが雨巻山頂テンプラレストラン会場でそのことが会員に知れ渡り、 挙句の果てに、 より天気の良い4日に9人で歩くことに急きょ変更されていたのです。 何と変わり身の早いことか! そればかりか女性5人組までもが月山ア…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

大佐飛山絶景紀行

【4月11日 大佐飛山絶景紀行】 「登山口を3:30に出発した」方と大佐飛山30分手前の爽快な雪稜ですれ違いました 1月半ばから神経痛を患っていて渋面での医者通い45日・・・。 4月に入って低山歩きは始めたものの時々は整体院のお世話に・・・。 そんなテルちゃんが「大佐飛山に登りたい!」んだって。 誘われた私も故…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

古賀志山のヒカゲツツジとアカヤシオ

【4月9日 中尾根から反時計回り】 14時からの地図読み講習会の前にちょいと足慣らし。 実は13日に控えている「益子いくべ会」第1回山行・古賀志山のヒカゲツツジ の下見も兼ねていたって訳です。 清楚にして妖艶・妖艶にして清楚。男をも女をも虜にしてしまう世にも味わい深い花。その名はヒカゲツツジ(これは13日に撮ったものです…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

筑波山のカタクリ

【4月8日 筑波山のカタクリ】 カタクリとニリンソウの群生地。他にキクザキイチゲなど多数 裏筑波から登ったことのない会員のたっての希望で急きょ実施に。 コースは 男の川~薬王院コースと合流~御幸ヶ原~男体山ピストン~女体山~ 白雲橋コースを少し下った地点~キャンプ場~男の川 男の川コースから 早々と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

下檜沢のイワウチワと宝篋山+α

【4月5日 下檜沢のイワウチワ】 イワウチワ群生地が際限なく現れます。踏みつけないように注意!注意! 石川@さんの案内で、 ちい&カッチン・イケちゃん・セとナさん・ナカちゃん・ハツちゃん・私の9人が、 常陸大宮市下檜沢地内山林のイワウチワ群生地をさまよってきました。 その様子について石川@さんは当日の内に、 セとナさ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

厳冬期の日光白根山:2日目

【1月18~19日 厳冬期の日光白根山:2日目】 コースタイム 避難小屋6:45(7:00)発-日光白根山山頂9:00(8:40)着9:20 (9:00)発-避難小屋10:30(10:00)着(昼食とテント撤収)11:45 (11:00)発-前白根山12:50(12:10)発-この間道迷い1時間- 外山鞍部14:50(13…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

厳冬期の日光白根山:1日目

【1月18~19日 厳冬期の日光白根山:1日目】 私たち雨巻家族は、 時々の飛び入りを加えながらも年間計画に沿って山行を重ねています。 1月は雪や氷との遊びが主役の座にあるので、 3日・高山、11日・社山、12日・雲竜氷瀑、13日・日光白根山下見と続け、 そして主役中の主役の日光白根山には18~19日に訪れました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

氷柱の殿堂:雲竜渓谷・その2

【1月12日 氷柱の殿堂:雲竜渓谷・その2】 賓客を迎え入れる殿堂の奥座敷(接待室)は堂宇と共にあります。 共にあるとは言え賓客を迎え入れる奥座敷は一段上に位置しているのが常。 この一段高く(20cmほど)なった奥座敷を、 益子の方言なのでしょうか?代々上台(うえんだい)と呼び習わしています。 奥座敷の貴人・雲竜瀑 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

氷柱の殿堂:雲竜渓谷・その1

【1月12日 氷柱の殿堂:雲竜渓谷・その1】 雲竜渓谷が変貌を遂げるのは1月末と相場が決まっています。 ところが11日の社山での雪遊び中に 「既に結氷しているらしい」 との玉のような情報を入手してしまいました。 「よしっ、明日でかけよう!」 即断即決です。 雲竜瀑を背負って得意満面のイシ&ハツ&テルちゃん 稲…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日光結構雪遊び:シャザ~ン・その3

 【1月11日 日光結構雪遊び:シャザ~ン・その3】 山頂西側展望広場のアチコチにそれぞれの指定席を設えランチタイム。 と思いきや・・・ 手作りケーキやらお赤飯(既にカチカチに凍ってました)やら (穴のない)ドーナツやら ロイミー♪ちゃんからのメッセージ1やら メッセージ2やら 裏面やらで チョコレートチップ・ホ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

日光結構雪遊び:シャザ~ン・その2

【1月11日 日光結構雪遊び:シャザ~ン・その2】 阿世潟峠(1410m)でほんのひと時ながら心と体をくつろがせ、 標高差おおよそ400mの高みを目指しておもむろに足を踏み出しました。 再スタートをきりました 最後尾は楽だナ~の図 いつもあったかいナ~、社山の雪は 嫉妬するほどに仲良しのSご夫妻 何…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日光結構雪遊び:シャザ~ン・その1

【1月11日 日光結構雪遊び:シャザ~ン・その1】 社山(1826.6m)は、 中禅寺湖を真ん中において日本百名山の男体山(2486m)と対峙する、 三角形のカッコイイ山です。 見晴らし抜群の立地条件に恵まれている上いつも門戸を開けてくれているので、 「迷ったときの社山だのみ」と公言してはばからないほどの名山です。 私の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

初春の日光高山雪遊び

【1月4日 初春の日光高山雪遊び】 ダケカンバに囲まれた高山山頂にて 年明け3日の高山登山は、 個人的山行とクラブ山行とをあわせれば15年以上続いている恒例行事。 ところが今年はそれぞれの都合がつかず翌日に延期しました。 週間予報でそれほど芳しくなかった4日の奥日光地方は、 何と何と青空が広がり中禅寺湖が凪ぐ、 …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

出会いの山・宝篋山(2)

【11月29日 出会いの山・宝篋山(2)】 馬目ご夫妻の案内で初めて宝篋山(461m)を訪ねたのは、 足元の山野草たち、眼前のヤブツバキ、頭上のコブシが新緑を彩る春3月でした。 この山との出合いはいろいろな意味で衝撃的! 山そのものが器量よしだったことに加えて、 偶然の出会いと必然とも思える出会いに恵まれたことなど、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

yamasanpoさんと歩く奥久慈ミステリーツアー

【11月23日 yamasanpoさんと歩く奥久慈ミステリーツアー】 湯草側のモミジ谷 心待ちしていた『yamasanpoさんと歩く奥久慈ミステリーツアー』当日です。 空は蒼く澄み渡っています。 顔なじみや初顔合わせを含め26人の参加者を数え昨年を上回りました。 それも春日部2人・神栖2人・かすみがうら2人・那須2…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

錦繍の屏風絵:二ツ箭山

【11月10日 錦繍の屏風絵:二ツ箭山】 月山よりの男体山と女体山。錦繍の屏風絵に屏風岩が描かれています 9日は終日秋晴れの好天だったというのに、 たった1日違いの10日には北海道から東北北部にかけて、 『爆弾低気圧』と恐れられる『二つ玉低気圧』に支配されてしまいました。 気象庁の解説によれば、 「日本列島を挟んで、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

出会いの山・宝篋山+α

【11月9日 出会いの山・宝篋山】 牛久市の馬目ご夫妻に案内やら説明やらをしてもらいながら、 「負んぶに抱っこ」で興味津々宝篋山に登り、 『宝篋山整備オールスターズ』に出会ったのはついこの間の出来事。 なのにそれから2回歩く機会を得、 4回目となる今回もまた馬目ご夫妻と訪れて様々な出会いに恵まれました。 宝篋山山頂に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

宝篋山(ほうきょうさん)

【10月30日 宝篋山】 宝篋山山頂の宝篋印塔 益子町の雨巻山(桜川市と茂木町に隣接)も、 つくば市の宝篋山(土浦市に隣接?)も、 里山としての整備を進めていく上で数多くの問題を抱えています。 1つは、 その里山には国有林・市町村有林・地域共有林・民有林という縛りがあるので、 許可や了承が必要なこと。 2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛秋の谷川岳-霧中逍遥-

 【10月22日 盛秋の谷川岳-霧中逍遥-】 谷川岳(オキの耳)(1977m) 梅雨空のごとくシトシト降り続け、 さわやかに澄み渡ることがほとんどない秋の空。 平年の倍以上も襲来し多大な被害をもたらし続ける大型台風群。 週間天気予報に晴れマークを見出すと小躍りしたくなる今年の秋10月です。 「先に年間計画ありき」…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

裏越後三山(越後駒ケ岳・中ノ岳・荒沢岳)周回:その2

【10月14日 駒ノ小屋~中ノ岳~兎岳~陽の水・テント場】 錦秋の山々とまだ遥かに遠い荒沢岳 中ノ岳避難小屋(2085m)10:55着(昼食)12:00発~中ノ岳(2085.2m) 12:05着12:10発~鞍部(1727m)~小兎岳(1858m)14:15着14:30発 ~兎岳(1925m)14:55着15:00発…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more