雨巻山情報

【11月5日 登山者の?落し物】


駐車場に下記の2点が落ちていました。
マップBOXの左サイドにかけてあります。

画像
スカーフでしょうか?それともバンダナでしょうか?

画像
スペア・キーのように思います。小銭が入っています



【11月6日 登山道整備の準備 着々と進行中】


各地の山々(特に人気の高い山)で見受けられる登山道の薬研堀(雨水にえぐられて
V字形になった堀のこと)は由々しき問題だ。
酷い場所では2~3mもえぐれているので歩きにくい上に危険。
それ以前に、人間界+自然界の集合事象が自然破壊の元凶となっていることが怖い。

だから私は
「雨巻山には絶対に薬研堀を造らせない!」
の信念に基づいて、
大勢の協力者と力を合わせながら登山道を整備してきた。

しかしながら今や雨巻山は完全なるオーバーユーズ(今年の登山者数は25000人
越え確実の状況)。
多くの愛好者に踏まれ続けた登山道は周囲より低くなり、舗装道路のように固くなり、
ちょっとやそっと水切り個所を設けた程度では自然の猛威を防ぎきれなくなりつつある。
どうあがいても「登山道の水路化からは逃れられなかった」のだった。

そこで数年前から“ウッドチップ(木片)”を敷き詰める方策を探り続けてきた。
「散在している間伐材からウッドチップを造って自然に戻そう」が一つの方法だが、
木材粉砕機を購入する費用はおろか設置する場所もない。

そんな折届いたのがヨシミッチャンからの朗報(11月5日の雨巻山情報に記載)。



【11月7日 登山道整備の準備+α】


“雨巻山の登山道にウッドチップを敷こうプロジェクト”が転がりだしたようなので、
ヨシミッチャンと連れ立って真岡市にある“S木材リサイクル工場”へ確認に出かけた。
太い木材よりも植木屋さんが作業をした名残の細い枝葉が多いとのことで、
3種類の“ウッドチップ”は全てが細かかった。
最も細かいものは土も混じっていて肥料向け。
雨巻山用には最も粗いものが適しているように思えたので、
試し敷き用にゴミ袋にタップリいただいてきた。
登山道に、チップが流されない工夫を施してから試し敷きする予定にしている。
因みに、
U木材(本業は間伐や枝降ろし)→S木材リサイクル工場→戻りのダンプにウッドチップ
を積んで(チップは無料、運送謝礼は多少必要)→雨巻山駐車場に降ろし→袋詰め→
登山者に必要個所まで運び上げてもらう→みんなで敷き均す、
というのが目論見。

+αは
その1:ヨシミッチャンがU木材から調達した欅板でクサビを作ってきてくれたので、
     整備基金で購入した金属性クサビやセットハンマーや小振りのカケヤ、
     チェーンソーを用いて、皮を剥いておいた檜を2分割あるいは4分割した。
     こうしておいてから乾燥させて土留めや杭に使うと2倍は長持ちする。

画像
ちょっと太目の檜の端にチェーンソーで溝を作り、そこに金属製クサビを叩き込み、割れた部分に次々と欅の
クサビを打ち込んでいくとご覧の通り

その2:同じく整備基金を使って標識用のハケや筆を購入。
     差しあたって2ヶ所の標識を交換あるいは追加してきた。

画像
三登谷山登山口の標識が見づらくなってきたので交換

画像
峠コース登山口の標識に、←雨巻山・大川戸→を新設。峠から降りてきた時に、
大川戸が右方面なのか左方面なのか迷う人が続いたため



【11月8日 イッシー、619回目の雨巻山頂】


「何でこんな半端な回数で・・・?」
答えは600回登頂の時にもらったリンゴが619gだったので、
「619回目のこの日にリンゴをいただこう」
との魂胆。
魂胆というよりも雨巻家族は揃いも揃ってお祭りが大好きな人種だから、
何かにかこつけて雨巻山頂で食事会を催したがるのだ。

画像
ご馳走の数々:ギョウザ、ヤキソバ、ダンゴ、ロールケーキ、イモフライ、渋皮煮、ノンアルコールワイン、
漬物などの他619gのリンゴやおせんべい

画像
619回登頂おめでとう!カンパ~イ!

画像
メイン料理のギョウザ(イワちゃんの手作り)

画像
ヤキソバ

画像
下山


[追記1]
宇都宮さん家の真っ赤に色づくモミジの今日現在です。
真っ赤に燃えてからたった1週間の短い命。
見ごろは来週中?

画像
現在でも十分キレイです。イロハカエデの1種のショウジョウノムラというモミジらしい?

[追記2]
11月11日(日)の二ツ箭山は天候不順のため11月10日(土)に変更します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちい
2012年11月08日 20:29
デイダラボッチさん、こんばんは。
いつもいつも美味しそうなご馳走ですね。イッシー♡さん619回登頂おめでとうございます!!
雨巻山もちょっとずつ色づいているようですね。
真岡のI
2012年11月08日 20:47
デイダラボッチさん、こんばんは!
以前お話を伺っていた、ウッドチップの件
なんだか目処が立ちそうですね、デイダラボッチさんの執念、ご努力本当に頭が下がります。
登山道への運搬、敷詰め作業、是非ともやらせしてください。
昨今の、栃木県の山々の登山道の荒れ具合は、本当に目に余ります。雨巻山だけは、あんな具合になって欲しくない、本当に切に願っている今日この頃です。
2012年11月08日 20:58
ちいさん、こんばんは。
雨巻山にもようやく秋がやってきたけど、
本格的な色づきは12月にずれ込むんだろうな~。

差し当って10日(11日から変更)に“がんばろう東北その11・紅葉に遊ぶ・二ツ箭山”で紅葉と岩とが織り成す絶景を楽しんできますね。

奥久慈ミステリーツアーでロイミー♪一家(?)と会える25日を、ウララ・アオイ共々楽しみにしてます!

2012年11月09日 07:49
真岡のIちゃん、おはようございます。
着信とコメント欄への反映との間にタイム・ラグが
あるので、昨夜は見落としてしまったようです。

リサイクルされた枝葉を自然に還す“雨巻山にウッドチップを敷こうプロジェクト”は長年の夢でありながら数多の障害に阻止され続けてきました。でもウッドチップの入手が現実味を帯びてきたし、雨巻家族のやる気も機が熟し登山者の応援も得られそうなので、
一気呵成に推し進めようかと考えてます。
差しあたっては、ウッドチップを敷きたい場所をウッドチップが敷ける状態に整備することから始めます。
折角敷いたウッドチップがすぐに流されてしまって、水泡に帰したり元の木阿弥にさせないためにも。

ちょっと長くなりますが、昨日出会った九州出身で栃木県在住の御仁Mさんは:「単身九州に戻って数ヶ月間登山道整備のボランティアをしていた」私:「そのボランティア活動のノウハウを教えてください」M:「アハハハハ~!雨巻山の整備方法を見習って九州まで逆輸入しただけです」私:「・・・・・?!」
“雨巻山にウッドチップを敷こうプロジェクト”を是非とも成功させ、その運動の輪が全国に広がるよう、
智恵と力を貸してください。
サッチャー
2012年11月09日 10:25
デイダラボッチさん、おはようございます。
昨日、奥久慈(籠岩~明山)を歩いて来ました。
登山道の所々に、ゴミは持ち帰りましょう。などの看板がありましたが、ピークの名とか他所からの登山者が知りたい看板は、字が消えていたり、倒れてたりと心細い
山々でした。道も工事中の案内板が、実際地の矢印と反対を向いていて、細い道のUターンに難儀しました。
改めて雨巻山は、温かい山だ!と実感してます。
ミッキー
2012年11月09日 12:41
イッシーの雨巻山600回の記念すべき登頂から半月で、早くも619回とは!
おめでとうございます。
今月からは16kgのザックを背負い、時には日に2度の登頂も果たしているとは恐れ入ります。

そのお祝いも手作りのご馳走、飲み物、デザートで満載、そして和気藹々、お腹も心も一杯に満たされてきました。ご馳走様でした。

かくも雨巻山にはこのように御仁が集まるのか。
立冬を過ぎたというのに、雨巻山の頂上には熱い噴煙(いや内に秘めた温かい心か)が棚引いているようです。紅葉も一気に進みそうな気配です。

"ウッドチップを敷こう"もすばらしいアイディアです。
微力ながらお手伝いさせて頂きます。
この輪がどんどん広がり、自然の荒れの歩みが少しでも遅くなればいいですね。
2012年11月09日 14:04
サッチャー、こんにちは。
奥久慈の下見お疲れさまでした。
有名無名を問わず、どんな山でも長所があれば短所もある。雨巻山も然り。でも、優れた部分を引き立たせ劣っている部分を埋め合わせれていけば、総合評価としては及第点をもらえそうな気がします。
今日も檜皮を剥いて4つ割りにして井桁に組んで(乾燥させるため)きました。その一部で三登谷山登山口付近を補修し、試験的にウッドチップを敷いてきました。11日が雨の予報なので翌12日に状況を確かめ、その後の試行錯誤の中から最善の方法を見つけていきたいと考えてます。
雨巻家族に期待するところ大です。
2012年11月09日 14:30
ミッキー、こんにちは。
雨巻山から発信された幾種類かの整備システムが、
近隣の山々でも採用されつつあります。
ウッドチップを自然に還して環境回復を図る目論見も、一個人・一家族だけでなく、雨巻山を訪れる人たちの協同一致で上手く回転させることができれば、
更なる率先垂範になり得ると思います。
微力などと言わず思いっきり力を貸してください。

明日の二ツ箭山、どうぞよろしく!
セとナ
2012年11月09日 20:51
こんばんは。
二ツ箭山の紅葉楽しんで来て下さいね。

登山道の荒廃はどこも頭が痛いですね。
一度荒れてしまうと元に戻すのは大変、
うまく行くといいですね。
2012年11月09日 21:28
セとナさん、こんばんは。
そうなんです。
登山道を一度荒らしてしまうと、膨大な費用と労力と時間とを傾注しない限り再生が難しくなります。
雨巻山はまだ間に合う状態ですが、手をこまぬいて
いれば悪評高い山々の仲間入りすること必至です。
“プロジェクト”、キット成功させます。
遠巻きで結構ですので見守っていてください。
セとナ
2012年11月10日 18:59
こんばんは。
今日は高笹山を越えて八溝山に行って来ました。
良かったです。

見守隊第一号になります。
陰ながら応援しています。
2012年11月10日 20:14
セとナさん、こんばんは。
見守隊第一号、ありがとうございます。
私たちは11人で二ツ箭山でした。
紅葉真っ盛りを迎えないままに終盤に突入してしまった感じだったし、ちょっと雨に降られたりもしましたが、二ツ箭山が持っている器量はそれらのマイナス要因を打ち消して余りあるものがありました。
二ツ箭山はいい山ですね~!

この記事へのトラックバック