yamasanpoさんと歩く第5回奥久慈ミステリーツアー

【2月11日 yamasanpoさんと歩く第5回奥久慈ミステリーツアー】


画像
奥久慈男体山


大好評のこのシリーズも第5回目を迎えた。
飽きたわけでもないのだろうがクラブ山行とかち合っていたりして反応は鈍く、
yamasanpoさんに「今回は10人程度」と連絡を入れた。
ところが当日西金駅に参集したのは19人。
昨年秋の山行と同等の盛況だった。

滝倉登山口に移動して登山開始。

画像
滝倉には大円地からの健脚者コースと合流する登山道が存在するが、私たちは沢を詰めるとのこと

画像
最初は荒れた沢を進む

画像
妙義山・耶馬渓・寒霞渓と同じ集塊岩で形成された爽快な沢を進む

画像
倒木群。雨巻山と同じく基盤は岩であり、その岩に堆積した土層はごく薄いので、倒木は両者甲乙つけがたいほどに多い

画像
元より悪い天気ではないが沢筋なので陽は差し込んでこない。時折木漏れ日がこぼれると景色は表情豊かになる

画像
小さな冒険心を満たしてくれるこの程度の沢歩きはみんなお気に入り。表情は明るく足取りは軽く・・・

画像
冬季の沢にほとんど水は流れていないが一応ここが源頭部。小腹をふさぎながら一休み

画像
源頭から支尾根に這い上がると、目と鼻の先には大円地からの健脚者コースが

画像
健脚者コース

画像
四阿(あずまや)着

画像
奥久慈男体山(654m)山頂にて

画像
同上


昨年秋の第4回山行は、変化に富んでいた&キレイだった&楽しく面白かった&
天気に恵まれた&少しきつかったけど・・・、などで評価は満点に近かった。
今回は凍てた部分もある冬ザレの山中を闊歩するので、
シッカリした登山道と顕著なトレースがある部分とをあわせて織り上げてもらった。

画像
山頂と四阿を後にして袋田の滝方面に進路をとる

画像
北斜面の登山道には雪が残り一部凍てていて・・・、慎重に降る

画像
直進すれば白木山、左折すれば袋田の滝の分岐で衣装換え。風が冷たかったりポカポカ陽だまりだったりと、気温差が目まぐるしかったので

画像
白木山目指して植林地を行く。3年ほど前までは踏み跡も希薄だったそうだが、白木山直下に道路が通ったことも手伝ってか明瞭になったとのこと

画像
全員は確認できないけれど19人の行列は壮観

画像
尾根が道路によって分断されてしまったので、切通しの脇を一旦下る。正面が未開通の道路。右手が持方牧場

画像
道路に降る途中の陽だまりで、それぞれが丹精込めて手作りしたご馳走を披露しながらの昼食。元気に歩けて、美味しく食べられて、幸せだな~!

画像
一旦道路に降ってから対岸の切通し20mほどを登る。吊橋でも架けてくれたなら楽しいんだけどな~。寸断してしまったことへの罪滅ぼし?なのか標識や階段が設置されていた

画像
白木山へ

画像
白木山への登りは急な直登。長々と太いロープが渡されていた。「フ~ッ、暑い!」

画像
白木山山頂

画像
恋人峠。「昔々、持方の若者と小生瀬の娘がこの峠まで登ってきて、ひと時の逢瀬を楽しんだ・・・」とか。逢瀬という古い言い回しに年甲斐もなく興奮!

画像
恋人峠で50年タイムスリップした19人

画像
またまた車道に降り反対側を登り詰めればそこが高崎山。私たちはピストンしたのだが、直進すると安寺集落に通じているらしい

画像
高崎山山頂にて。開けた場所がなく周囲が林ばかりなので風景写真は撮り難い。従って人物の入った写真ばかりに

ピストンしてからは暫らく村内の車道を歩き、そして未開通の道路をも歩く。
のどかな里山風景に突然登場するこの不釣合いな道路。
生活道路とも観光道路とも思われない。
登山道脇にヒッソリ咲くという、
カタクリやイワウチワなどの山野草盗掘の片棒を担ぐことにならないよう願うばかり。

画像
立派なトイレ(と言っても凍って使えなくちゃ何にもならない)があるここで通行止め

画像
通行止めの部分から左の林道を進み、腰掛石の先で再び左の山道に入ると大円地越

画像
大円地越へ

画像
男体山の初心者コースで大円地に降る

画像
大円地から滝倉まで15分ほど車道を歩けばミステリーツアーのフィニッシュ。この日もyamasanpoさんとヨシエちゃんが用意してくれたお茶、コーヒー、お菓子、果物などの接待にあずかった。何から何までお世話になりました


今回は時季が時季なので冒険性もミステリー性も控え目にしてもらったが、
参加された方々には満足していただけたことと思う。
次回は3月のミスミソウと5月のシロヤシオでミステリーツアーを組んでもらう
予定にしてます。
どうぞご参加あれ。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

和子&徹也
2013年02月13日 18:10
ミステリーツアー今回も楽しませて頂きました。
念願の白木山に登れて満足でした。
7時間の奥久慈ハイキングは楽しい一日でした。
次回も宜しくお願いします。
2013年02月13日 18:32
和子&徹也さん、こんばんは。
奥久慈ミステリーツアーの楽しい1日を、
共に送らせていただきありがとうございました。
新メンバーも増えて益々にぎやかになりそう。
ミスミソウとシロヤシオでもまたyamasanpoさん
とヨシエちゃんのお世話になっちゃいましょう!
yamasanpo
2013年02月13日 19:16
お疲れ様でした。
好天に恵まれて多くの仲間と楽しい一日でした。
雨巻家族は新しい仲間も次々と増え、活性化してますね。
次の機会も楽しみにしています。
H?・・・ハッちゃんです。
2013年02月13日 19:35
初めての奥久慈ミステリーツアー!十分に楽しませていただきました。大きな岩に押しつぶされそうな気持を抑え、皆がいるから怖くない!(笑)花が見られたら、もっと興奮!です。体力・気力アップ!で、もっと参加できるよう頑張りますので、よろしくお願いします。
モリ
2013年02月13日 20:03
奥久慈の山yamasanpoさんの山行は毎回うきうきで
参加させていただいています。
今回もいかにもミステリーで楽しい1日でした。
次の機会も宜しくお願いします。
ありがとうございました。
テル&タカ3
2013年02月13日 20:33
お世話になりました。
初めての奥久慈の山々、大勢の仲間と楽しませていただきました。
次回もぜひ参加させてください。
ありがとうございました。
石川@
2013年02月14日 06:43
おはようございます。
今は、あまり歩かれなくなった滝倉沢の登山道。
いいですね。健脚コースよりスリルがありますし。
男体山の山神様も、そんなところから大勢の人が出てきたら、さぞやビックリしたでしょうね。
2013年02月14日 09:14
石川@さん、おはようございます。
奥久慈の山々はどの沢を遡っても巨岩累々なので
ワクワク、ドキドキ、ウキウキさせられます。
痕跡は見当たらなかったけど、到るところロック
ガーデンだから岩トレには最適ですね。不帰ノ険
やジャンダルムを希望している仲間を連れて、
実際にトライしてみようかな?
2013年02月14日 21:42
yamasanpoさん、遅ればせながらこんばんは。
見逃したのか?トラブルがあったのか?
今頃になってyamasanpoさん、ハツちゃん、モリ
ちゃん、テルちゃんのコメントに気付きました。
だから石川@さんと順序が前後しちゃいました。
参加したお三方のコメントの通り!
ありがとうございました。
次もまたよろしくお願いします。
2013年02月14日 21:46
H?ちゃん、こんばんは。
強力なアイゼンをゲットしたとのことなので、
活躍するフィールドが広がったね。
あっ、そうそう、スケッチの前にスキーも教わり
たいんだけど・・・、ダメですか?
2013年02月14日 21:52
モリちゃん、こんばんは。
10日に金時山、11日にはミステリーツアーを
廻ったのに、12日にも大活躍してくれてどうも
ありがとう。あれだけ運び出せば暫らくの間作業
できます。篠刈りもあと1日もあれば終了です。
次はビスターリしましょう!
2013年02月14日 21:56
テル&タカ3さん、こんばんは。
今日は作業協力ありがとうございました。
ふくらはぎの痛み引きましたか?
養生に励み16~17日に備えてください。

この記事へのトラックバック