飯豊連峰:石転び沢雪渓とハクサンイチゲ・3日目

【6月10日 頼母木小屋~地神北峰~丸森尾根~天狗平】

頼母木小屋4:45発~地神北峰5:35発~天狗平9:50着

画像
花々の咲き乱れる小路を地神北峰(丸森尾根分岐)へ


行き会った登山者の動向からすれば、
朳差小屋は私たちが下山する時に登ってきた管理人のみ、
門内小屋はゼロ、頼母木小屋も私たち以外には1人のみ。
この好天、この景色、この花の繚乱があるのにどうしたことなんでしょうね~!

梅雨の真っ最中だというのに雨の気配などコレッポッチもなく今日も青空~!
「ヤッタネ!」
画像
頼母木山

画像
花咲く草原

画像
花咲く草原をたゆたう6人

画像
ハクサンコザクラ

画像
(ボケボケ)チングルマ

画像
ハクサンイチゲ

画像
ミネザクラ

画像
地神北峰(丸森尾根分岐)に向けて花の小路を行く


地神北峰で一息入れてから大きな残雪に乗り移り下山開始です。
画像
ここが分岐点

画像
大きな残雪に乗りました

画像
進行方向右手は急勾配で切れ落ちているのでほぼ夏道に近い笹沿いを進みます

画像
昨夜はロープ結束の勉強。今度は滑落停止の訓練です。ピッケルを持っていても使いこなせないのでは「宝の持ち腐れ」だものね

画像
 朳差岳に見送られながらの一気降りが始まります


梶川尾根もこの丸森尾根も花には事欠きません。
次々に登場し心を癒してくれるからこんな急坂でも降れるのでしょう。
画像
タムシバ

画像
ツバメオモト

画像
ウスバサイシン?

画像
同上。ボケちゃったけどアッチにもコッチにも


見覚えある地形の夫婦清水に着きました。
標識も水場も膨大な雪の塊の下にあるようです。

時々大きな景色が見えなくもないけど、
丸森山を乗越してからは基本的に樹林の道なので花が主になります。
画像
カタクリ

画像
同上。とにかく豊富に見られます

画像
同上。雑草のようにあります

画像
ムラサキヤシオ

画像
この時季なのにマンサクが満開

画像
中腹よりもズ~ッと下なのにこの雪の豊富さ

画像
なかなかに厳しい道なので3日分の疲れが溜まってきたようです。一息入れます


分岐から相当降っても木の間越しに見えていた朳差岳や朳差小屋ともこの辺りでお別れ。後は根っこが露わだったり岩の急坂だったりする険路を一気降りします。
画像
ウラジロナナカマド

画像
シラネアオイ。コマクサが高山植物の女王とよばれるのに対し、気品漂うこの花には山草の女王の名を冠してあげたい

画像
チゴユリ

画像
マイヅルソウ

画像
サラサドウダン

画像
ヤマツツジ

画像
シロバナノオオイワカガミ?

画像
イワウチワ

画像
ヒメサユリ


朳差小屋泊から頼母木小屋泊に変更したことが功を奏して、
10時前の天狗平到着です。
画像
疲れたけど「ヤッタ~~~!!!」。これで冷たい水にありつけます。ユックリ温泉に浸かれます。美味しい昼食が摂れます。急かず車を走らせることができます


梅花皮荘から見える地神山付近の山並みに、
二宿六飯と晴天を恵んでくれたことへの感謝を伝えながら帰途に着きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

セとナ
2013年06月16日 19:02
いいねぇ~
いいねぇ~、やっぱりいいねぇ~
寝た子がむずむず起き出して来たみたい!

私達も
ピッケル飾りにならないように
トレーニングしたいですね。



ぶなじろう
2013年06月16日 21:06
今晩は。
素晴らしい、景色と花の数々に圧倒されてしまいました。天気予報は決していい感じではなかったと思いますが、好い方に転びましたねぇ~。
季節を考えると、距離的・日程的に、全く手の出ない山域です。定年を待つしかありません。その時、はたして皆様と同じように歩けるのかなぁ~?
みー猫
2013年06月16日 21:10
こんばんわ、デイダラボッチさん。
なんと、2泊だったんですねぇ!夕景の美しいこと!羨ましい限りです。次回の参考にさせていただきます。見逃しただけかも知れませんが、丸森尾根の方が花種も多かったみたいですね。
2013年06月16日 21:43
セとナさん、こんばんは。
寝た子を起こしてしまったようでごめんなさい
って言うか、起きるべくして起きたんだよね

19・20日の鋸十一峰は縦走を成功させること
と途中のハクサンイチゲに逢うこと、そして勿論
コウシンソウを愛でること。
23・24日の八ヶ岳はホテイランとツクモグサ
とウルップソウに逢うこと。
その前にトガクシショウマを仕上げなきゃ~!
2013年06月16日 21:56
ぶなじろうさん、こんばんは。
ぶなじろうさんやみー猫さんの精力的な山行には
近寄りがたいものを感じていて、コメントを入れ
ることさえ一瞬のためらいがありました。
なのに奇しくも2人続けてコメントを入れてくれ
たことに恐縮と感謝を感じてます。
私たち高年者にとっては“今”が最も若い時なの
で、お金と身体が続く限り精一杯活動しようと
考えてます。
2013年06月16日 22:09
みー猫さん、こんばんは。
確かに丸森尾根の方が花は多いかも知れません。
でも梶川尾根からは石転び沢も滝も見えるので、
景観では軍配が上がるでしょうね。

飯豊連峰で最も好きな峰は大日岳。
この時季には訪れていないので、みー猫さんの
レポを参考に来年は登ってみようと思います。
ちい
2013年06月17日 17:00
デイダラボッチさん、こんにちは。
飯豊、すばらしいですね!
飯豊の山は(も)さっぱりわからないので、地図を買ってきて、広げながらブログ読みました
ますます、飯豊に行ってみたくなりました。
そしてあのセリフを言いたいです(笑)
2013年06月17日 22:44
ちいさん、こんばんは。
飯豊の素晴しさなんて、
私の下手な写真やボキャ貧の文章では決して伝え
られるものじゃない。
出かけるべし。そしてあのセリフを叫ぶべし。
会駒は飯豊の前哨戦として最適だね。
Mさんによろしく。そして@さんのジャック・
ダニエル、空っぽにしてあげてください。

この記事へのトラックバック