雨の燕岳+お願い

  【9月7日~8日 燕岳 1日目】

画像
イルカ岩にて

「ヤッホーうつのみや」主催の燕岳1泊2日の山行に参加。
宇都宮からはバスを仕立てて17人、
茨城県守谷からは車2台で7人、
計24人の大移動でした。

画像
守谷組の4人が先行しているとは言え20人の行列は長い。先頭はアルコール
類とテントとで30KgのN。最後尾は腰が思わしくないので、テント泊3人分の
食料のみを担当する私

画像
第1ベンチで休憩。食料担当の私は一応タップリの水を確保しました

画像
第2、第3ベンチと続きここは富士見ベンチです

画像
心配していた雨がヤッパリ落ちてきてしまいました。レイウェア、ポンチョ、傘
などそれぞれのスタイルで対応。私は一先ず傘

画像
10人ほど前がざわめいています。何ごとかと駆け寄ってみるとそこには,
天然記念物のヤマネ(山鼠)がモソモソ動いてました。冬眠明けでもあるまいに?
どこか具合が悪そうです。生きながらえて欲しいな~

画像
合戦小屋。雨空にもかかわらず名物のスイカが飛ぶように売れてました


合戦沢ノ頭まで到ると、
晴天下であれば左手稜線上に、
槍ヶ岳の穂先が千両役者のごと迫り上がってくる筈なのですが、
乳白色のガス以外にはしな垂れた花たちを足元に垣間見られるだけでした。
そして燕山荘の建つ稜線に飛び出しました。

画像
雨風が酷く、ガスも立ち込めていて展望もありません

画像
人気の山小屋燕山荘も今日はくすんだ存在。私たちが到着した時の室内の
土間は満員。「雨具とザックカバーを外してからお入りくださ~い」って言われても
雨風を避ける軒下スペースがあるわけでもなし・・・。改善の余地ありです


みんなが山荘の与えられたスペースに散っていくのを見送ってから、
Nと私が泊まる2~3人用とYが泊まる1人用のテントをテキパキと設営。
こんな日にグウタラ作業をしようものなら我が旅館は水浸し間違いなしだもんね。

設営を終えてからアルコール、食料、コンロセットをぶら下げてホテルを訪問。
最奥最上階に位置する貴賓室のような大きな部屋(言い方を替えれば大部屋)は、
従業員の言葉を借りれば
「僕の一番気に入っている眺望抜群の部屋」
だそうな。
「ウ~ム、晴れてさえいればね」

そこで一頻りどんちゃん(騒ぎはしないよ)!
みんなが夕食に出かけた後は食料担当の私の出番。
別棟で行き来が大変だったけど水もいただけて美味しい料理が仕上がりました。

画像
それがこれ。定番となった雑煮だけどNとYには好評だった・・・かな?

画像
因みに近くにあったものを並べると、3Lのワイン、大吟醸の720mmL、
缶チューハイ、缶ビールなどなどがゴロゴロ



【9月7~8日 燕岳 2日目】

この日は初日にも益す降りだったので、
燕岳に向わずホテル停滞を決め込む貴賓ばかりが目立ちました。
でも雨天=ガスという方程式は成り立たないので、
小さいながらも一定の景色を得ることができたのはめっけ物。

画像
勇躍花崗岩の殿堂を目指します

画像
花崗岩の殿堂・燕岳山頂

画像
メガネ岩:岩塔群は奇妙奇天烈な造形を見せてくれます

画像
イルカ岩:オヨヨ!青空が覗いたぞ


待ちくたびれている仲間もいることなので、
束の間の雨止みを利用してそそくさとテントを撤収し粗雑にザックへ投入。
ザック容量の増えたこと増えたこと。

画像
再び落ちてきた雨に急かされ下山開始。相変わらず景色はないので足元の
花たちに注目しましょ

画像
??トリカブト

画像
トウヤクリンドウ

画像
ミヤマコゴメグサ

画像
ウメバチソウ

画像
オヤマリンドウ

画像
降り止まぬまま下山。レンズと雨粒のWレンズで写真にもゆがみが


有明の湯でサッパリさせてから帰路に就きました。
「初めての燕岳!」
と胸を膨らませていた仲間が多数を占めていたので可愛そうなことをしましたが、
炎天下の稜線闊歩も今回のような稜線ユーターンも登山は登山。
燕岳に心を残した仲間はまた折を見て登りましょ!



【宇都宮トレイルラン2013のボランティア募集について】

募集要項と申込用紙が届きました。
要項を読まれて納得された場合のみボランティアへの協力をお願いします。
メールにて連絡いただければ幸いです。

画像
イメージとして載せましたが、トレランの受付は終了しています

画像
宇都宮トレイルラン ボランティア募集要項です

画像
同上申込用紙です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

イケちゃん
2013年09月25日 22:43
ヤマネちゃんカワイイよねなかなか見られないですね!

ところで雨巻家族のみんな一緒にトレランお手伝いしましょ私は山に登るだけで何も整備の手伝いなどできなかったので家族としてやっと活躍の場がきたと(*^◯^*)雨巻家族の一員として是非お手伝いさせていただきますのでよろしくお願いします
2013年09月26日 10:20
イケちゃん、おはよう。
参加表明第1号、39-39です!
面倒でも申込用紙に細々記入して(保険に入る
都合上必要なようです)返送してください。
2013年09月26日 14:04
デイダラボッチさん こんにちは
NHK朝ドラの「ひまわり」だったかな?番組の中で何度も登場した常念岳
その後に合戦尾根~燕岳~大天井岳~常念岳へ登山ルートを知ってから、行ってみようと思ってても未だ行けずにいます(>_<)
合戦尾根 ヘロヘロにならずに登れるようその時まで足腰をちゃんと鍛えておこうっと!
宇都宮トレイルランのボランティア 1ヶ月先だから、その頃は今ちょっと不具合の○○も元気になってるからお手伝いしますよ♪
2013年09月26日 15:07
Kちゃん、こんにちは。
この所鹿島槍ヶ岳や五竜岳でアルプスの味を知っ
てしまったMちゃんが今の今まで来ていて、
三俣~蝶ケ岳(泊)~常念岳~三俣(又は一ノ沢
に下りタクシーで)を話し込んでいきました。
27~28日の予定で29日は予備日。
トレイルランは膝に負担がかからないので、是非
お願いします。ボランティア第3号に認定~!
2013年10月31日 10:32
亀レスごめんです!
楽しかったですね~
雑煮おいしかったですね~
ってことで、また来年!

予定では、八ヶ岳?
2013年10月31日 15:52
「コメントは忘れた頃にやってくる!」ってか。
燧ケ岳は残念だったけど、
燕岳の時のように前もって流してくれれば、
暇人なのでほとんどはOK。
八ヶ岳は北も南も万人向きだからいいね。

この記事へのトラックバック