厳冬期の日光白根山:1日目

【1月18~19日 厳冬期の日光白根山:1日目】

私たち雨巻家族は、
時々の飛び入りを加えながらも年間計画に沿って山行を重ねています。
1月は雪や氷との遊びが主役の座にあるので、
3日・高山、11日・社山、12日・雲竜氷瀑、13日・日光白根山下見と続け、
そして主役中の主役の日光白根山には18~19日に訪れました。

メンバーは
CLのテルちゃん、SLのイシちゃん、ナカちゃん、カッチン、私の男性5人と、
ハツちゃん、ちいさん、イケちゃんの女性3人という8人編成。
18日のコースタイムは
湯元P8:25(8:30)発-登山口9:10(9:20)発-外山鞍部11:10
(11:45)着(昼食)11:40(12:15)発-天狗の遊び場-前白根山
13:10(13:30)着13:15(13:40)発-避難小屋14:00(14:25)
着(避難小屋内テント泊)
( )内数字は計画した時間です

画像
威風堂々、日光白根山


今回は計画当初から「避難小屋泊で日光白根山に遊ぶ」と決めていました。
厳冬期なので避難小屋の中にテントを張って泊まります。
必要なテントは3~4人用が2張りと2~3人用が1張り。
ところが出発2日前の16日に私が背筋を痛めてしまい黄色信号が点滅。
結局は17日の12時を回ってから「軽量化を計って参加」に決めました。
私が受け持つべき2~3人用テントとコンロ類と水は捨て、
その捨てた分の何十パーセントかがみんなの負担になりました。

画像
湯元のPにて

画像
営業開始20分前なのに空っぽの、圧雪されたスキー場を行きます


試運転中のリフトが物悲しげな音を響かせています。
「・・・・・さもありなん」

みんなはシングルあるいはダブルのストックで颯爽と進みますが、
血流の悪い私は『佐々木小次郎風』にピッケルを背中に斜め差しし、
『昔の商人風』に腰をかがめ揉み手で手を温めながらのトボトボ歩行です。

画像
リフト最上部近くの登山口をスタート

画像
急坂何するものぞ!

画像
外山鞍部はもうすぐ

画像
外山鞍部にて。パウダースノー・無風・蒼い空・ポカポカ陽気・眺望絶佳・粗末ながらも美味なランチ・微笑返し・・・・・、もう何もいらないくらいし・あ・わ・せ

画像
外山鞍部のパフパフ雪面


もっともっとくつろいでいたいけど外山鞍部はまだ行程の半ばに満たず、
難易度から言えば3分の1にも満ちていないと考えるべきです。

画像
再スタート。名残を惜しみつつ爽快なダケカンバ林を縫って登ります

画像
振り返れば鎮座する男体山と開豁な戦場ヶ原

画像
最後尾にいると後姿しか撮れないので、たまには前から雄姿を狙います。登る!

画像
登る!
画像
登る!
画像
登る!
画像
登る!
画像
登る!

画像
ダケカンバと男体山と中禅寺湖

画像
ダケカンバ林を行きます

画像
もうすぐ『天狗の遊び場(前白根山手前の岩場を勝手にそう呼んでいます)』

画像
『天狗の遊び場』着。下見の際には全く見られなかった突然の絶景に唖然!そして雲竜氷瀑に続いて誇らしげに「どんなもんじゃ~い!」

画像
『天狗の遊び場』にて(カッチンの写真を23日に追加)

画像
同上から盟主・日光白根山と白根隠し山

画像
同上から日光白根山と前白根山


『天狗の遊び場』で撮影会を繰り広げている脇を単独行の女性がスス~ッと
通過して行きました。
「お主、出来るの~!」

画像
私たちも指呼の距離の前白根山を目指します

画像
前白根山へ

画像
稜線上は微風。風が凪いでいる前白根山はたこの入っていないたこ焼みたいなものですね。右から男体山・大真名子山・小真名子山・女峰山と帝釈山

画像
前白根山山頂着

画像
前白根山山頂からの霧氷と蒼空

画像
前白根山山頂にて「ヤマ~ッ!!!」

画像
同上にて男性人もちょっとカッコつけてみました

画像
泰然自若


前白根山頂を微風で越えられるとなれば先ずは一安心して良いかも。
先を行く単独行の女性の足元には吹き溜まりもアイスバーンも見当たらないし。

画像
避難小屋へと歩を進めます(カッチンの写真を23日に追加)

画像
避難小屋へと歩を進めます

画像
前白根山は背中を押してくれます
画像
前白根山は背中を押してくれます

画像
日光白根山は手招いてくれています

画像
避難小屋への降り口

画像
小屋へ

画像
凛然

画像
避難小屋に無事到着しました。一先ず窓から入り、一呼吸置いてから雪かき・尻セード・滑落停止などで至福の時間を過ごしました


2階には単独行の女性・Aさんが陣取っていたので、
私たちは3~4人用テント2張りを1階に設えました。
そして・・・・・、
どんちゃんどんちゃん、クチャクチャペチャペチャで夜は更けていきました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

のんびり夫婦の山遊び
2014年01月23日 07:43
デイダラボッチさん、お早うございます。
いや~超絶景ですね。まさに 日本 日出国
の美しさを見せて頂きましたね。私達では冬
は無理なので、花の咲く時期に歩いてみよう
かと思います。
手指の凍傷、大事には至らなかったようで良
かったですね。
2014年01月23日 17:52
のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんは。
先ほど一度コメントしたのですがサーバーが
工事中だったので送れなかったばかりか、
何処かに消えてしまいました。
その2もアップしましたが、今回の日光白根山は
本当に恵まれた山行となり、凍傷は負ったものの
大満足しています。
花の時季に是非ご一緒願います。
イケちゃん
2014年01月23日 22:50
デイダラボッチさんこんばんわ

凍傷大事にいたらなくってなによりです。
前白根からみた日光白根山あの山登れるの?と思ったけどみんなで登れたことに感謝しまたよい経験でした。小屋についてからの滑落停止訓練、尻セードに夕ご飯に一夜限りの山の上での赤ちょうちん🍺楽しかったぁ(o^^o)
また行きたい雪景色の白根山💕
2014年01月24日 14:38
イケちゃん、おはよう!
自分の診立ての方が確かで、指はどんどん良く
なっているけど、冷たくて痛くてまだ感覚は鈍い
ままです。ホカロン貼って、編んでもらった3本
指を覆う手袋はめて、これから病院です。
避難小屋を赤提灯に変えてしまうパワーや発想
はイケちゃんならではのもの。そうした若い家族
に恵まれている爺は幸せ者です。

この記事へのトラックバック