厳冬期の日光白根山:2日目

【1月18~19日 厳冬期の日光白根山:2日目】

コースタイム
避難小屋6:45(7:00)発-日光白根山山頂9:00(8:40)着9:20
(9:00)発-避難小屋10:30(10:00)着(昼食とテント撤収)11:45
(11:00)発-前白根山12:50(12:10)発-この間道迷い1時間-
外山鞍部14:50(13:20)発-登山口15:55(14:30)発-
湯元P16:30(15:00)着
( )内数字は計画した時間です

画像
日光白根山山頂にて


避難小屋に到着してからの様子については随分端折って書いてしまいました。
30分後に効きはじめることを見込んで呑んだ睡眠導入剤の効果に、
左右1本ずつの人差し指の操作が追いついていかなかったからです。
なので大人ながらにも「超楽しい!」尻セードなどの写真を省いてしまいました。
「まっいいでしょう」
楽しげな写真はいっぱいありますから。

小屋に到着。
アイゼンを外して窓から侵入。
ザックを解き必要な調理具や食料やアルコール類をセット。
山慣れた和光市のA女子が暖かな2階にツェルトでねぐら作り。
私たちは3~4人用テント2張りを1階に設えてから一服。
ある者は入り口の雪かき。
ある者は尻セードを楽しんだり滑落停止訓練に励んだり。
A女子も加わって豊富に持ち上げたアルコール類を片っ端から消費。
千鳥足と浮浪者?数人が小屋内を徘徊。
鳥南蛮そば+焼餅の夕食。
全ての衣類を着込み貼るカイロをベタ貼りして18時には「おやすみなさ~い」

画像
完全に明るくなる7時を待たずに2日目のスタートをきりました

画像
広豁なアスピリンスノー(テルちゃんの弁)の雪原(瞑想の谷)を進んでから右に折れ、ゆったりした樹間に緩やかなトレースを刻んで行きます

画像
ほんの数分だけ雲が割れて薄日が見えました。Aさんが追いついてきて私たちと行動を共にすることになりました

画像
私の指は一瞬たりとも油断が出来ないので『佐々木小次郎』スタイルはこの日も崩せず。3枚重ねのオーバーグローブで撮ったので設定ミス。でも何故か雰囲気が出ているような・・・

画像
当初ダイレクトに山頂を目指そうと考えていましたが、初心者用に復路のトレースを残すべく、大きく斜めトラバースして夏道に出ました。これも設定がズレていたようです


荒漠とした岩と氷だけの異次元に白根山神社が・・・ポツン。
ここまで辿りつければ関東以北最高峰の盟主との面会は叶えられたも同然。
だけどその瞬時の油断を戒めるとともに無事の下山も願って足を留めたのでした。

画像
神社付近

画像
同上


一旦関門の谷に降り最後の護りの岩を攀じれば、
そここそが日光連山の盟主の御座す(おわす)ところ。

そして8人いや9人全員が盟主からの祝福の握手を受けました!

画像
固い絆で結ばれた雨巻家族8人の晴れ姿を見てやってください
画像
同上
画像
Aさんも一緒に

画像
全てに前向きな3人の女子。「念ずれば花ひらく」
画像
同上

画像
テルちゃんとイシちゃん。ボッカとラッセルありがとう


以下は特別公開です。
-20℃・風速15~20mをより感じ取ってもらえそうなので。

画像
テルちゃん
画像
同上

画像
カッチン

画像
イケちゃん
画像
同上

画像
和光市の単独行女子Aさん、日光白根山に立つ
画像
同上


お会いいただけなかったこともあります。
1分間の面会しか許されなかったこともあります。
なのに今回は20分もの間胸襟を開いて会話してくれましたね~。
美女がいたからですか?
何はともあれ
「ありがとうございました」
「さようなら。またおしゃべりさせてください」

画像
避難小屋へ

画像
温かく暖かな一夜をありがとう。避難小屋を後にします

画像
前白根山へ
画像
同上

画像
外山鞍部を目指します
画像
同上
画像
同上


ここで、
コースタイムに記載されている1時間の道迷いについて触れておきます。
前白根山と外山鞍部との間に2325mピークがあります。
夏道では通らないピークですが雪山登山で忠実に尾根を辿ると必ず通過します。
このピークが曲者。
下山時にはよりハッキリした右側の尾根に引きずり込まれやすいのです。
私たちはそのミスを犯しました。
最後尾の私はすぐ前を行くNちゃんに言いました。
「この尾根を行くと下山方向とは末広がりに離れていってしまう。ニッチモサッチモ
(二進も三進も)行かなくなる前に左にトラバースするよう伝えよう」と。

結局は200m戻って2325mピークと左側の緩い尾根を確認して一件落着。

家に帰ってウララから言われました。
「そんな場合はすぐに伝えるべきじゃない?」
「いや、体験に優るものなし!」
最後尾で楽をさせてもらっているのに、
「そこは右・左・直進」
などとついつい言葉を発してしまうので心を鬼にした一件でした。

*このブログはテルちゃんの写真を多数拝借して作っています*

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ハツちゃん
2014年01月23日 18:43
こんばんは。
1月に入って高山、社山、雲竜、前白根山下見、今回の奥白根山避難小屋泊り!と雪山が続きましたが、夏山も経験不足な私が、厳冬期の奥白根山に良く登れたものだと驚きです。前白根山頂は下見を含めて2度目でしたが、寒さと強風の厳しさは半端じゃなかったです。真っ白な雪は、時に斜面を平原に見間違えるような錯覚も経験しましたが、大きな恐怖感もなく、みんな一緒!と言った安堵感で2日間が過ぎました。避難小屋も寒かったけど、八海山とワインと仲間と…楽しい経験ができました。天狗の遊び場で見た奥白根山の絶景も、尻セードの雪遊びも、忘れられません・・・山って楽しい!楽しい思い出をありがとうございました。
2014年01月23日 20:11
ハツちゃん、こんばんは。
一度前白根山の烈風を体験してしまうと、普通
の人なら2度目は腰が引けてしまうものです。
それでも引きもせず逃げもしないのがハツちゃん
であり雨巻家族です。「みんな一緒!」の家族
意識が個々を強くさせているんだね。キット。
今回の目的は「雪と遊ぶ」だったけど、山頂にも
立てたし絶景も見られて自分にとっては三十丸。
これからもみんなで楽しい思い出をいっぱい作り
出していきましょう!
和子&徹也
2014年01月23日 21:11
凄いですね~。
イケちゃんやハツちゃん尊敬します。
白根山は冬の厳しさが半端でないと思いますが、景色も半端じゃないですね。
我々にはとても行けそうもないです。
ちい&カッチン
2014年01月23日 21:25
デイダラボッチさん、こんばんは。
この度もまたまたお世話になりました。
と同時にテルさん、イシちゃんありがとうございました。
みんなと一緒だから行けた白根山です。
白根が見えた時の感動、山頂に立てた時の喜び。
下山時に道迷いした時の自分達の無責任さ。テルさんとイシちゃんに任せっきりでした。
いろんな意味で本当に勉強になりました。
次はもっともっと戦力になりたいです
でも楽しかった~┗(^o^)┛
またまたまたよろしくお願い致します。感謝感謝39!
2014年01月23日 21:53
ちい&カッチン&ロイミー♪ちゃん、こんばんは。
そう、みんな一緒だから行けたんだよね。
そうした感謝の心があるからこそ五感に響き、
珠玉の感動とか歓喜を得られるのだと思います。
次、雲竜で会いましょう。
2014年01月23日 22:01
和子&徹也さん、こんばんは。
凄い!というほどのものではないけど、彼女たち
の貪欲なまでの好奇心は評価にも尊敬にも値す
ると思います。弱音一つとして吐かなかったし。
でも背伸びはこの辺りを限度にしないとね。
明日、スッカン沢を楽しんできてください。
くに
2014年01月23日 23:40
なるほど私の去年の3月の同ルートのGPSログを振り返って
みたらたしかに2325ピークを通っていました。
その時、なんとも思わず通過したのはトレースが
あったからでしょうね。
自戒せねば・・・と思いました。

それにしても、イケちゃん、この前の日光高山が
雪山デビューだと言っていたのに、もう厳冬期日光白根。
すごいな~!
イケちゃん
2014年01月23日 23:40
日光白根山指の調子もあるのにアップするの早いですね👍
厳冬期の白根山山頂にみんなで立てた事感謝です。みんなありがとうございます
下山時の道迷い私もテルさんイシちゃんにまかせきり?!で申し訳ないと思うのと同時に今年は連れてっての山行は卒業で必ずみんなと一緒でもよく調べるなど昨年より一歩進んだ登山にしていきます。
ハツちゃん、ちいちゃん今回女子3人頑張ったし一番元気3人組でしたね!ありがとう💝

テル&タカ3
2014年01月24日 01:15
デイダラボッチさん こんばんは
指の状態はいかがですか、あまり無理をしないで
下さい。
厳冬期の白根山お世話になりました。初日天狗の
遊び場から見えた白根山の雄姿圧巻でした。
この時期に登った者しか見られないまさに絶景感
動しました。有難うございました。
今回の冬山で学んだことは、下山するまで気を抜
くなです。
強風の中前白根を越えて、風も弱くなり後は外山
へと安心したチョットした気の緩みで広い尾根で
道を見失い1時間のタイムロス(デイダラボッチ
が一緒だから間違えば教えてくれると言う甘え)
まだまだ経験不足を実感した山行でした。
今回同行していただいた7人の雨巻家族に改めて
感謝いたします。
これからも宜しくお願いします。
2014年01月24日 09:13
くにさん、おはようございます。
世帯交代を図っている最中なので極力口を鋏ま
ないよう心がけている心算。でも神社から山頂
に向う時、山頂から真っすぐ降りすぎた時、
標識通りに進んでしまいそう?になった時の3回
口を出してしまいました。習慣を直すのは容易く
ないですね。お互いにいい勉強です。
イケちゃんは確かに偉い。「微笑みの天使」では
なく「微笑みの山姥」かも
2014年01月24日 09:34
テル&タカさん、おはようございます。
軽装備&最後尾で何から何までテルちゃんとイシ
ちゃんにお世話になり、ありがとうございました。
例の尾根。Nちゃんに間違いを伝えた時「でも、
人工的に伐られた痕があるよ」と言ってました。
私たち以外にも間違いを犯す人たちがいるという
明らかな証拠ですね。エアリアマップではなく、
国土地理院の地図で読み解くと一目瞭然なので、
目を通してみてください。
次またよろしくです。
ヤホホ
2014年01月24日 09:53
厳冬の白根山(未知の世界)です。恐さも半分興味も半分、無理かな~後込みしそうな冬山です。成し遂げてしまう皆さんの、体力・気力・装備・団結力・∂ 凄いです。少しでも近付くように筋トレ頑張らないと(*_*) 良い刺激になりました。
デイダラボッチさん、ゆっくり養生してください。でも、指先以外はウズウズ動きたくなってしまいますよね。お大事にしてくださいm(__)m
2014年01月24日 13:55
ヤホホさん、こんにちは。
泌尿器科と整形外科の診療を終えて戻って
きたところです。「やんなっちゃうね~!」
年をとるっていうことは決して悪いことばかり
ではないけど、血流を良くするための点滴・
前立腺ガンのMRI・胃カメラ・緑内障の
視野検査など次から次から控えていると、
前向きな考えの持ち主でも流石に滅入ります。
昨日はありがとうございました。
明後日よろしくお願いします。
2014年01月24日 19:23
デイダラボッチさん こんばんは
厳冬期の日光白根山の厳しさは、皆の白く凍った髪の毛、眉毛、まつ毛を見て思い知らされています。
その厳しい試練をクリアして山頂に立った山友達に拍手!
下山時の2325mピークからのルートの件は、常備ナビをも確認できない厳冬期登山の怖さを知りました。
2014年01月24日 19:54
イケちゃん、おはよう!
(文章に間違いがあったので打ち直ししてます)
くにさんへのコメントの「微笑みの山姥」はスルー
してちょうだいね
山の実力や山での楽しみ方は、一つ一つの山行
の積み重ねとか仲間の教えによって習得できて
いくもの。その習得の度合が人並み外れて
馬並み?に早いのでくにさん驚いてるんだね。
でも初心忘るべからず。謙虚に接しなければ!
2014年01月24日 20:12
Kちゃん、こんばんは。
今回の白根山。初日は100%恵まれたし、
2日目もちょっと風が強かったり少しだけ視界
が悪い時間はあったけど90%は恵まれていま
した。2325mピーク通過時も好天気。承知
の上とった行動なので全く怖さはありません。
それほど恵まれた山行だったのに、血の巡りの
悪い指先が・・・、トホホです。
モリ
2014年01月24日 21:18
厳冬期の白根山みんな楽しそうでよかったですね。
今日は芋虫さんと雲竜渓谷に行ってきました。
雪が少なく、暖かく歩くのはらくでした。
ところがツララも氷漠も小さくて今一でした。
26日はどうでしょうか?
雨巻山のかまどの件よかったですね。
2014年01月24日 23:02
モリちゃん、こんばんは。
芋虫さんとの約束をモリちゃんが守ってくれて、
どうもありがとう!気になるので「雲竜」と打ち
込んで幾つか検索してみたけど、自分たちが訪れ
た12日頃が一番良かったみたいですね。今年は
大寒後にどんどんか細くなってきてる・・・!?
26日は16人も参加するから、
愚痴を肴に懇親会をしましょう!
セとナ
2014年01月26日 13:06
デイダラボッチさん、こんにちは。
雲竜渓谷楽しんでますか~
白根山全員登頂おめでとうございます。
それにしても寒そう!
ほっぺたも凍傷になりそうですね。
スッカン沢行って来ました。
この所の暖かさでツララが落ちる、落ちる
でも素晴らしいのには変わりありませんでした。
今週末はきっと最高ですよ♪
2014年01月26日 19:51
セとナさん、こんばんは。
雲竜瀑は見るも無残なほどにやせ細っていて、
「山椒は小粒でピリリと辛い」の片鱗さえも覗
えませんでした。幾つか渡る川も幅が広くなっ
ていて難儀のし通しでした。でもアチコチから
集った16人には、天を青空に変えてしまうだ
けのパワーが溢れていて、雪原に季節外れの花
をも咲かせてしまいました。
誰にでも誇れる素晴しい家族です。
これからブログにお邪魔します。
ちい
2014年01月27日 20:53
デイダラボッチさん、こんばんは。
昨日もありがとうございました。
またまた楽しい一日で、
今日の朝礼は上の空でした(笑)
ところで、業務連絡業務連絡。
白根山の山頂集合写真がなかったので、
デイダラボッチさんのブログから
勝手に拝借いたしました
事後報告ですいません(汗)
2014年01月28日 17:28
ちい&カッチン&ロイミー♪ちゃん、
そしておじじさんこんばんは。
今年の山行を振り返ってみると、高山・社山・
白根山・雲竜と実に100%一緒だったんだ~!
驚いたね!愉快だね!
ところで白根山山頂集合写真の件、
このブログも家族からの写真を寄せ集めて
作ってます。勝手に使ってもらって結構。
事後報告もいりませんよ。
みー猫
2014年01月29日 23:37
こんばんわ。
遅いコメントになりましたがお疲れ様でした。多少の困難もなんのその、デイダラボッチさん隊の山行はいつも、幾度もの積み重ねに裏打ちされた計画性と余裕を感じます。このところ雪が少ない状況をあちこちに感じ少し気になるところですが、次はどんなスケールの大きい山行なのかと楽しみにしております。
2014年01月30日 22:26
みー猫さん、こんばんは。
こっちこそ読み逃げばかりですみません。
凍傷の中指・薬指・小指が快方に向うに連れて
(多分)傷みを増し、レポもコメントも打って
いられない状況です。東京-益子120Kmの残り
40Kmのリベンジもスッカン沢もお預け。
安達太良山&那須&八ヶ岳も微妙な状態です。
ミトンを買ってカイロを貼ってでも出かけたい
気持は山々だけど、ここで暫らく養生するのは、
若手へのバトンタッチ為にはおあつらえ向きな
のかも知れません。
おっちょん
2014年02月01日 22:50
狭山MTCのおっちょんです。
日光白根はこの時期には登ったことないですが挑戦したいです。私たちは次は15日に西上州の碧岩と大岩に登って来ます。
凍傷も快方に向かわれているようですね。
2014年02月02日 23:09
おっちょんさん、こんばんは。
日赤の医師2人共凍傷治療の経験がないらしく
、手当てどころか痛み止めの薬さえくれません。
血流を良くする点滴だけです。
なので浸出液を自分自身で抜いたりしてます。
酷く痛むので快方に向かっているのだと勝手に
解釈してますが、友達からは専門医(多摩川
病院のK医師または松本市のI病院)に診ても
らうよう勧められています。明日にでも電話を
入れてみます。
白根山、指がOKならご一緒したいところです。
セとナ
2014年02月13日 11:46
デイダラボッチさん、こんにちは。
その後指の具合は如何ですか?
デイダラボッチさんの事だからブログ更新は
なくても元気にしてると思っていますが・・・
でもこの所の雪はシンドイかな。
難台山から雨巻山を見ながらどうしてるかな~
と噂(心配)してました。
クシャミ出ませんでしたか(笑)
2014年02月13日 17:03
セとナさん、こんにちは。
指先が痛むのでパソコンが開けず打てもせず、
久しぶりにSWを入れコメントを見つけました。
異常体質で鎮痛剤の効いた験しがないので、日々
顔をしかめながら過ごしてますが、仰せの通り
懐手とカイロで指先を温めながらアチコチ出かけ
てますよ。能天気なので指先以外は快調々々
更新のネタは沢山あっても指先がNG。コメント
もまだ暫らくは入れられそうにありませんので、
読み逃げゴメンナサイ!です。
ご無沙汰しております
2014年02月24日 07:26
おはようございます。
ご無沙汰しております。
レポを書かないで、ご心配させて申し訳ありませんでした。
隣町の那珂川町辺りでは、福寿草やザゼンソウが咲き始めましたよ。
石川@
2014年02月24日 07:28
御免なさい、前文は石川@でした。
2014年02月24日 11:20
石川@さん、ご無沙汰しています。
いつも雨巻家族の底なしとザル一行がお世話に
なり、ありがとうございます。
私自身は凍傷の痛みと不自由さでパソコン操作
が出来ない状況が続いていました。が17日に
凍傷治療の第一人者である多摩川病院のK先生
から「切断の心配なし」のお墨付きをいただい
たので一安心。痛みも徐々に和らいできたこと
も手伝い「一ヶ月のご無沙汰でした」のブログ
を今日書き始めたところです。
雨巻山ではマンサクが咲き出しダンコウバイも
日を追うごとに蕾を膨らませています。山肌は
まだ真っ白だけど「もうすぐ春ですね~
2014年02月24日 21:53
何とかブログを書き始めたものの、
痛みで中座(指を温めると痛みが和らぎます)
することが多すぎて、サッパリ進みません。
もう少し時間をください。
カッチン
2014年02月24日 23:48
デイダラボッチ、無理なさらず今後の為に静養して下さい。近々『デイダラボッチに会いに行くッ』ついでに雨巻山に行こうと、ちい が仰っております。(笑)
tettu
2014年02月25日 22:21
今週は久しぶりに雨巻山に行こうと思っています。
2014年02月27日 14:03
カッチン&tettuさん、こんにちは。
やっと立ち上げたページだけに気をとられて、
24日&25日のコメントを見逃してました。

1日は町民会館で「益子いくべ会」立ち上げの
会議を持つので、15時頃にならないと家に戻
れないかも?です。その頃まで雨巻山で雪遊び
していてください。
降らないように願ってます。
希望山行を考えてきてください。
れんがyaのヤキソバ準備して待ってます。

この記事へのトラックバック