春に三日の晴れあり

【4月17日 春に三日の晴れあり】

画像
ヤマブキソウ?。このところ山中にハナニラなどが植えられて駆除に懸命です。この花は場所柄人工植栽とは思えません。でも初お目見えです


故事来歴といえど必ずしも当てはまるとは限らないようですね。
晴天続きで空気の乾燥度合いが極みを示してます。
群馬県で発生した山火事が栃木県にまで延焼しているのもその現れでしょう?
明日は久しぶりに降雨予報が出されているので、
火伏せの雨神様が必ずや神通力を発揮してくれると信じましょう。

遊びほうけている人間にとって晴天はいいものです。

ハツちゃん・タカ3・ウララは雨巻山(テル&モリ&エミちゃんも駐車場で一緒)。
私は独りで好き勝手にウロチョロ動き回りました。

画像
堂ヶ入沢終点から東山歩道(地図には載っていない古道)を登っていくと、トレランコースを寸断して反対側の谷井田に降っていきます。この日は谷井田から登ってみようとの目論見です

画像
国有林の檜伐り出し工事中で先に進めず断念。作業者の弁:「へ~っ!そんな道があるの。昨日はシダの調査とかで学者らしき人が来たよ」

画像
山菜摘みに予定を変更して車を走らせている途中[水準点]発見

画像
ひとしきりタラの芽とワラビを摘んでから焼森登山口へ。シッカリした登山道はありますが、この祠が祀られている尾根を登ってみました

画像
この尾根は県境尾根(栃木県茂木町・茨城県城里町)につながっていました。ヤマザクラと萌黄色(新緑)とのパステルカラーの素地に極彩色のヤマツツジが

画像
足の踏み場のないほどのチゴユリも

画像
最終的にはここに飛び出ます


一方雨巻山登山隊は、
ノーマルに三登谷山~雨巻山~峠~駐車場だったそうです。

画像
花筏

画像
ヤマツツジ

画像
トウゴクミツバツツジ
画像
同上

画像
三登谷山からの雨巻山

画像
カタクリ園地の片隅にしか見当たらなかった珍しいラン・ヒトツボクロが、最近アチコチで見つかります
画像
葉の裏側が紫色であることが特徴

画像
今はまだ殺風景な回廊ですが、夏には見事な緑の回廊になります

画像
雨巻山でもチゴユリは元気です



私が山遊びや山菜摘みを終えて家路についている途中、
「これから山菜摘みに向かいたい」との連絡が入り再び山中へ。
そんなこともあろうと摘み残しておいたコシアブラのポイントへまっしぐら。
半数は初体験なので、
見つけては、摘んでは、量を確かめては、興奮しまくりです。

「最盛期になったら山菜摘みツアーを組んであげよう」
そう思いましたよ、ホントに。
タラの芽とワラビは均等に分けタカノツメは味見程度にお持ち帰りしたから、
今晩の雨巻家族はここもあそこも山菜三昧で決まりだね。

私のところでは大きくなりすぎたタラの芽をゴマ汚し。
テンプラよりよほどおいしかったのでダイエットを考慮してもお勧めで~す。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山菜を美味しくを追求する石川@
2014年04月18日 05:01
おはようございます、デイダラボッチさん。
今年の春の新作です。

☆混ぜご飯
①コシアブラを刻んで炒めて醤油、砂糖で味付けします。
②炊き立てのご飯にさっくりとまぜます。
春の香り漂う混ぜご飯の出来上がりですよ。

☆炊き込みご飯
①コシアブラを刻んで、醤油、砂糖、酒を混ぜて煮付けます。
②その後、具と煮汁を分けて、この煮汁を加えた水でご飯を炊きます。
③炊き上がりに煮付けたコシアブラの具を混ぜて出来上がりです。
混ぜご飯とはまた違った風味に仕上がりますよ。

☆コシアブラご飯
①こしあぶらをさっと塩ゆでし、刻みます。塩昆布も刻みます。(フジッ子の塩昆布が旨い)
②炊きたてご飯に塩昆布とこしあぶらを混ぜ合わせます。量はお好みでどうぞ。

☆コシアブラ胡麻味噌炒め
樹木のタカノツメですからね。お間違いの無いように。
①コシアブラの芽・タカノツメの芽・ハナイカダの芽をサラダ油かゴマ油でしんなりするまで強火で炒めます。(コシアブラの芽だけでも旨いです)
②みりん・味噌・胡麻・ケチャップ・砂糖を各少々入れて動かしながら過熱して出来上がりです。(ケチャップを少量入れるのが胆ですよ)

2014年04月18日 07:43
山菜をおいしく追及する石川@さんからの垂涎
のレシピ、雨巻家族のみんながすぐ実践すると
思います。ハナイカダの芽以外はコシアブラ・
タラの芽・タカノツメ・ワラビなどゲットでき
てますから。ちなみに昨夜の我が家の献立は、
ちょっと大きめのタラの芽のごまあえでした。

今音たてて雨が落ちているので、今日は久々の
休養日として山行計画の練り直しをします。
今日は39(春日部)3939(土浦)です。
ハッちゃん
2014年04月18日 08:48
お早うございます。昨日の山菜取りは、初めての経験で興奮しました 早速天麩羅で食べてみましたが、タラの芽よりはコシアブラ!コシアブラよりはタカノツメ!!苦みのあるタカノツメが一番美味しかったです。石川@さんのレシピも作ってみたいのですが、材料が・・・次の山菜取りでゲットしてから挑戦します。それにしても、自分で摘んだ山菜が食べられるとは、なんと贅沢な事なんでしょう~!
2014年04月18日 09:42
ハツちゃん、おはよう。
「タカノツメが一番美味」ってのは納得です。
飲める口の人の味覚にピッタリはまるんだね。
量的に豊富で食べて美味しいとなれば、もっと
もてはやされていい食材なのに、初物だとみん
な食べる前から腰が引けっちゃってる。
デイダラボッチを信じて何にでも挑戦する
(カンゾウやイグチ)ハツちゃんはエライ!

石川@さんのレシピに挑戦するために来週は、
「山菜摘みウイーク」にしましょうかね?
セとナ
2014年04月18日 11:48
デイダラボッチさん、こんにちは。
ハナニラには困ったものですね。
難台山にも植えた人がいて(ドイツスズランも)
今駆除するかどうか県に問い合わせています。
植えるのは簡単だけど駆除するとなると
難しいんです。
自然公園なので(困)
明日は八溝(まだちょっと早いけど)
行ってこようと思っています♪
2014年04月18日 13:23
セとナさん、こんにちは。
今朝がたいっとき雨が上がったので、簡易雨具
を着用して山菜摘みに出かけたのでしたが、
雨脚が強くなり逃げ帰ってきました。

明日八溝山ですか。あの山は麓から山頂まで
結構な標高差があるから、多分多種多様な花
たちに会えるだろうし、余禄もちょっと期待
できそうですね。

ハナニラとツワブキ、良かれと思って植えてる
んでしょうけど、国の答えは聞くまでもないの
で強制駆除してます。
石川@
2014年04月21日 14:47
こんにちは。
山菜は、長期だろうが短期だろうが保存するのは塩漬けが一番です。
そして、使う塩は岩塩に限ります。
食塩だとベタベタになってしまいます。
少し多めに岩塩を使うと、タケノコ・タラの芽・コシアブラ・ウド・ワラビはシャキシャキで食べられます。
塩を抜くときに、熱湯をかけてから普通に水でもどすと、こんなに塩を使っても大丈夫なのと思っても塩辛くないです。もどしたらなるべく早く食べないとやはりベタベタになります。
2014年04月21日 22:04
石川@さん、いつもありがとうございます。
レシピの内幾つかは早速試して味わってますし、
山菜の保存法も試してみようと思ってます。

「花と山菜の八溝山に二股かけてでかけよう」
と女房たちに鎌をかけているんですが、花より
団子でサッパリ乗ってきてくれません。明日は
栃木県側だけでもブラッとしてきます。


セとナ
2014年04月22日 09:37
デイダラボッチさん、こんにちは。
まだコシアブラ採れてないので保存方法
試してません(涙)
いい事思いつきました♪
天ぷらレストランに山菜を合わせるんじゃなくて
山菜に天ぷらレストランを合わせる(笑)
なんてね♪
2014年04月22日 17:00
セとナさん、
今日、八溝山から久慈川源流を降り、林道に出
てから最初に出合った小さな沢を登り返して、
遅い春をジックリと堪能してきました。
ジックリとは言っても、小さな沢は一部分ながら
雪に埋もれていたので、作業用の手袋では凍傷の
指が耐えられず、後半はそそくさでしたが。

年々収穫時季が早まっているので、私も同じこと
考えてました
今年はワラビやタカノツメは早めだけど、
タラの芽やコシアブラは遅れ気味なので、昨年
ほどには保存に苦労しないで済みそうです。
石川@
2014年04月22日 19:20
こんばんは。
ハツさんは、タカノツメが1番と言っているので、ここはハリギリを採って来なければいけないんじゃないでしょうかね。そうするとハリギリがたぶん1番になるような。けど、5月に入りシドキのおひたし食べたらシドキが1番でしょうね。
2014年04月22日 22:10
石川@さん、こんばんは。
栃木県側の武茂川源流域だけでも・・・、
と考えて鷲子山から足を延ばしたのでしたが、
あまりもの花たちに背中を押されて鹿之又沢を
降り小沢を遡って戻る足取りになりました。

シドキってモミジガサのことですかね?
モミジガサだとしたら味わったことがあります。
それとハリギリ?これも興味津々です。
石川@
2014年04月22日 22:53
はい、そうです。モミジガサです。
ハリギリは、タラボよりトゲの大きな木です。
小さい木は根元から、4本ぐらいに分かれています。
大木に育ちますよ。大きくなっても鋭いトゲがあります。
鹿ノ又沢は、少しだけ雪が残っていますね。
和子&徹也
2014年04月24日 19:49
デイダラボッチさん 山菜やツツジの花を楽しんでるんですね。
今年はツツジが当たり年の様で良いですね。
此方は、来年楽しめるように今頑張ってます。
2014年04月24日 22:41
石川@さん、ハリギリという名前は聞いた覚えが
あるんですが、手持ちの山渓フィールドブックス
・樹木・春夏編&秋冬編を見る限りでは
「現物を見ないと分からない」ってところです。

登り返した小さな沢は真北に位置しているから
でしょうが、結構豊富な残雪でした。
それにしてもあの程度の冷たさで指が悲鳴を
上げていたのでは、先が思いやられます。
2014年04月24日 23:00
和子&徹也さん、暫くです。
雨巻山はトウゴクミツバツツジが満開に近く、
ヤマツツジは5分咲き程度です。ヤマザクラも
咲き残っていてそれはそれは清々しい景色!

他の山々もツツジ類(石楠花も含む)は当り年
のようです。そんなことを聞かされるのは悔しい
でしょうが養生第1に願いますよ。
石川@
2014年04月27日 05:36
おはようございます。
デイダラボッチさん、八溝山の誘いはもうチョットお待ちください。どうせ行くならシロヤシオが咲いて石楠花が咲いた頃が良いでしょうから。
昨日も歩いて来て、山芍薬を7本見つけてきました。
これも、たぶんその頃に咲くかと思いますが、なんせ花が短命ですからどうなるかは?。ナさんも言っているようにヤブですからね、大勢で出掛けるのにはむきません。
2014年04月28日 21:13
石川@さん、こんばんは。
昨日はイニシャルIも加わって、須佐木から
福島県まで伸びている八溝林道沿いでの山菜
摘みでした。面白くて楽しくて大量ゲットした
ものの、扱いに慣れていないので持ち帰った
時点で少し焼けてしまったのは残念でした。
シロヤシオ・シャクナゲ・ヤマシャクヤクの頃、
仲間に抜け駆け(?)で駆けつけますので、
連絡よろしくです。
むーみんまま
2014年05月01日 09:39
突然の訪問で失礼します。
先日久し振りに雨巻山を歩かせていただきました。
以前にも気になっていたんですが、林道沿いに増えているビオラソロリアの白花が益々増えているようです。
アメリカ・スミレサイシンで外来種(園芸種)が逃げ出したと思われます。
繁殖力が強いので、早めの駆除をお勧めします。
綺麗なのでちょっと躊躇するかもしれませんが、交雑する可能性もあるかもしれません。
在来種に害が及ばないうちにと思い、老婆心ですが・・・
2014年05月02日 06:25
むーみんままさん、おはようございます。
このところ忙しさにかまけて自分のブログさえ
覗かないものだから、反映が遅れました。

基本的に外来種は排除するスタンスでいます。
ただ何とも植物に疎いので、区別できないのが
現実です。いつか日時を決めて教えていただけ
れば有難いのですが・・・、如何でしょうか?

最近ヒトツボクロが方々で見つかっています。
それと「イカリソウとヤマブキソウを今まで見
かけなかった場所で発見」との連絡も。両者と
も元々杉林などで見られたものなので、判断に
迷うところです。今後ともよろしく願います。
むーみんまま
2014年05月02日 07:34
私しでお役にたつ事が有りましたら、お手伝いさせて頂きたいと思います。ヒトツボクロは以前から見かけていますが、増えているようですね。
2014年05月02日 18:21
今日、テンプラレストランの荷揚げの行き帰りに
林道を歩いたので、ビオラソロリアの駆除につい
て話しをしました。結論は「むーみんままに教え
てもらうのが手っ取り早い」でした。
amamaki5333@sky.plala.or.jp
で都合の良い日を指定いただければ幸いです。

この記事へのトラックバック