袈裟丸山:地図にないルートを辿って

【5月7日 袈裟丸山:地図にないルートを辿って】


あまりにも知れ渡っていてバリエーションルートとは言えないものの、
一応は『地図にないルート(南西尾根)』を辿って袈裟丸山に登ってきました。

郡界尾根登山口P8:00発~南西尾根~前袈裟丸山11:00着(昼食)
11:40発~八反張~後袈裟丸山11:25着11:30発~郡界尾根~
郡界尾根登山口14:55着

前々から狙っていたこの計画に同行してくれたのは、
テルちゃん・tokuちゃん・yamasanpoさんの屈強な肉食系メンバー。
左足に不具合を抱えている自分にとっては強~い味方ばかりです。

画像
中央の前袈裟丸山の右手の尾根が南西尾根です


郡界尾根登山口からわずかに降って左の砂利道に入ります。
適当な場所で右手の沢を渡り対岸に出ます。

手前から取り付いて枝尾根伝いに主尾根に出る人、
同じく手前から取り付いてトラバース気味に主尾根を目指す人、
少し先まで歩いてからダイレクトに主尾根に向かう剛の者など、
人それぞれの感性で歩くので踏み跡は乱れに乱れていました。
主尾根に乗ってしまうと快適に開けて左右が見渡せ気分はルンルンでした。

画像
郡界尾根登山口にて。先着していた車は後袈裟丸山をピストンしたようでした

画像
主尾根で初めて出逢ったアカヤシオ

画像
こんな快適な尾根で踏み跡も現れたり消えたり

画像
次々に出現するアカヤシオに足が進みません。景色が良すぎて進みません。時々地図読みを加えながらなので尚更に進みません

画像
郡界尾根の八重樺原
画像
同上

画像
赤城山
画像
同上

画像
高度を上げるにしたがって谷川連峰や至仏山も頭を覗かせ始めました


何度も地図読みしたりtokuちゃんのGPSを活用したりしながら登っていくと、
広葉樹林から針葉樹林に変わり背丈の低い笹薮に飛び出ました。
山頂までの直線距離は約400m。
昨年登った東南尾根が顕著です。

画像
山頂着。みんなは10:58着。最後尾の私は11:00着

画像
人っ子一人としていない山頂で三角点を入れて。この後裏側にただぶら下げられていた山名板を固定(撚り線を分解して長さを確保し柱に括り付けました)

画像
山頂からの景色。温かすぎて西から北にかけての景色しか得られず。残念!


私の当初の計画では、
清滝の公衆トイレ7:00発~郡界尾根登山口8:30発~山頂11:00着
(昼食)12:00発~八反張~後袈裟丸山~郡界尾根登山口15:00着
30分早く出発できたことが左足の不具合による遅れをかばってくれたので、
予定時間に山頂に立てました。
早速お腹を満たしましょ。

登りで30分余分に要してしまったのでそれを見こし20分早めて山頂出発。
すぐにビューポイントに着きます。

画像
谷川連峰

画像
谷川岳~笠ヶ岳~至仏山

画像
谷川岳アップ

画像
至仏山アップ

画像
皇海山~庚申山~日光白根山

画像
日光白根山~太郎山~男体山


「八反張のコルは危険につき通行禁止」的な内容の立札が、
前袈裟丸山側にも後袈裟丸山側にも十年一日のごとく建てられたままです。
なので手は加えられず人の通りも少なく藪っぽいです。

画像
残雪も加わって行く手を阻むけど、本番の頃に雪はなし

画像
八反張りのコル。要注意には違いありません
画像
同上

画像
同上を過ぎて前袈裟丸山を振り返り見ます

画像
登ってきた南西尾根(見えている部分の少し裏手です)

画像
後袈裟丸山直下の藪は深いです。でもかき分ければ道形はシッカリ確認できます

画像
後袈裟丸山到着。ここでもわずかに後れをとりました


さあ降るとしましょうか。
上部は完全に冬ざれているので中間点付近まで一気飛びします。

画像
中間点よりまだ上なのにアカヤシオが見ごろを迎えてます。本番17日まで花が持ちこたえてくれるかどうか・・・気がかり

画像
アップ

画像
山頂まで1.7Km登山口まで2.7Km。まだこんだけ~

画像
前袈裟丸山と後袈裟丸山の左は奥袈裟丸山?

画像
ひまわり娘のtokuちゃん、何思う・・・

画像
爽快な笹原の八重樺原から振り返り見るスキッとする景色

画像
前袈裟丸山の全容

画像
ポツンと1台


この日出会ったのは折場口からの登山者1人だけ。
登山口に戻った時も朝の車はすでになくyamasanpoさんの車のみ。
実に静かな山行だったけど、
心の中では激しく熱く高ぶる思いがたぎってました。
いい山行でした。
テルちゃん、yamasanpoさん、tokuちゃんありがとうございました。



益子いくべ会通信の補足

行先:袈裟丸山
実施日:5月17日
集合場所と時間:益子町民会館P6:00発 
           清滝公衆トイレP7:20発
           どちらで合流するか事務局まで連絡ください
コース:郡界尾根登山口~南西尾根~前袈裟丸山~後袈裟丸山周回
グレード:レポを参考にしてください
*現在連絡が届いているのはごく少数です。希望される会員は至急の連絡を
       事務局までお願いします。人数の把握も車の手配もできないので*


ビオラソロリアの駆除について
むーみんままから指摘のあった外来種のビオラソロリアの駆除は、
都合のつく数人で行えば良いと思ってましたが、
会の事業として行った方が良いとの意見なのでお知らせします。

5月16日 大川戸駐車場 9:00集合 園芸用スコップとビニール袋持参
*当日はむーみんままも来て指導してくれます*


これらの記事は後日益子いくべ会通信からも発信される手筈です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

セとナ
2014年05月08日 18:29
デイダラボッチさん、こんばんは。
やっぱりいい尾根ですね。
私達も袈裟丸山予定しているので
この尾根登ってみたいですね。
アカヤシオの開花状況、
とても参考になりました。
足が命!お大事にして下さいね。
のんびり夫婦の山遊び
2014年05月08日 19:58
デイダラボッチさん、こんばんわ!
事前踏査、ご苦労様でした。17日は2人で
参加(清滝公衆トイレ集合)させていただく
予定です。後袈裟丸山までは足を伸ばしたこ
ともなく、かつ、今年のアカヤシオは当たり
年のようですので、超楽しみです。
よろしくお願いします。
yamasanpo
2014年05月08日 20:05
お疲れ様でした。
そしてお世話になりました。
南西尾根良いですね。
花あり展望ありと飽きさせません。
南西尾根~群界尾根の周回ルートはお奨めですね。
満足されること疑いなしです。
ご一緒でき感謝してます。ありがとうございました。
2014年05月08日 20:40
セとナさん、こんばんは。
やっぱりいい尾根でした。
思わく通りに事が運ぶと、夕日岳・薬師岳同様
「してやったり」と得意顔になってしまいます。
益子いくべ会の山行もこのコースに決定。
セとナさんも是非!ぜひ!
2014年05月08日 20:46
のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんは。
袈裟丸山はお互いの出会いの地ですね。
昨年は東南尾根がご縁を取り持ってくれて、
今年は南西尾根をご一緒できるなんて・・・
何と素晴らしいことか。
楽しみにしてます。
2014年05月08日 21:00
yamasanpoさん、こんばんは。
八溝山・袈裟丸山と2日連続で脚を引っ張って
しまいましたが、南西尾根の花と展望に免じて
お許しあれ。最強のメンバーが揃っていたので
脚の不具合があっても安心して歩けました。
また面白いコース見つけますね。
ぶなじろう
2014年05月08日 21:52
南西尾根ですか!
私は未踏ですが、楽しそうなルートですね。ツツジシーズンでも静かなルートなのか、本番を注目しています。
2014年05月08日 22:06
ぶなじろうさん、こんばんは。
先ほどお邪魔したんだけど、なぜかコメントが
飛び込まなくて・・・。再挑戦してみます。
このコースは『たそがれさん』『みー猫さん』
も登っていると思います。
一応は地図に載っていないルートなので、
先ず混むことはないと思いますが・・・。
ヤホホ
2014年05月08日 22:28
袈裟丸山の下見、ありがとうございますm(__)m 何度か登った山ですが、未知のコースです。楽しみに出掛けて行きます。(事務局に申込み済)
連日の山行、ゆっくり身体を休ませて下さいね。昨日は疲れすぎて爆睡でした。1日に2つの事は少々キツかったです(-.-)Zzz・・・・
和子&徹也
2014年05月08日 22:31
デイダラボッチさん 左脚の怪我は大丈夫ですか?
八溝山、袈裟丸山と素晴らしい景色や花を見れば忘れてしまいそうですね。
17日は仕事の予定ですが、休日出勤交代出来るか調整中です。
休日出勤の交代が出来れば参加したいです。
2014年05月09日 07:26
ヤホホさん、おはよう。
昨夜は「何の地鳴りなんだろう?」って思った。
疑問が解けました。震源は笠間だったんだ~。
昨年は東南尾根から塔ノ沢へ。今年は南西尾根
から郡界尾根グルリップ。ちょっとした綾が
好奇心と冒険心をくすぐってくれるのですごく
楽しいんだよね。藪漕ぎもあるでよ~。
2014年05月09日 07:35
和子&徹也さん、おはようございます。
左足の不具合は怪我よりも氷による打撲。
太ももが内出血していてパンパンに腫れて
いたけど、徐々に回復してきてます。
休日出勤交代ができるといいね。
私のにならずみんなも祈ってるよ。キット。
みー猫
2014年05月09日 20:24
こんばんわ、デイダラボッチさん。
自分が行ったことがあるのは南東の尾根です。
こっちは未踏で気持ち良さそうなので、いつ行こうか楽しみにしておりますよ。お疲れ様でした。
2014年05月09日 21:00
みー猫さん、こんばんは。
頂上直下まで広葉樹林が続くので、両サイドの
尾根を見渡しながら気持ちよく歩けました。
踏み跡も明瞭だったから、私たちが地図読みを
したのは単に実地勉強をしたかったからです。
地図を読んでからGPSと比較してみる作業は、
なかなかに有意義でした。
toku
2014年05月09日 23:59
こんばんは⌒o⌒*
南西尾根の開けたところからみる景色はサイコーでしたね 
地図と実際の尾根と確認しながらの歩きは、こんな歩きか方をしてもいいんだと勉強になりました。
お世話になりありがとうございました。
そして・・・奥袈裟、最高峰が気になるこのごろです!
2014年05月10日 06:00
tokuちゃん、おはよう!
想像以上に優れた尾根で楽しかったね。
tokuちゃんのGPSも地図読み作業の講師的な
役割を存分に発揮してくれて心強かった。
上記みー猫さんたちが歩いている足尾側から幾
つかある社山へのルートなども、同様の歩き方
で試してみたいね。>そして・・・奥袈裟?
う~ん・?う~ん・・?う~ん・・・?
toku
2014年05月11日 21:52
こんばんは⌒o⌒*

本日、気になっていた、後袈裟から先の中袈裟、奥袈裟、最高峰いってきました。後からは、しゃくなげの藪こぎ、なかなか手ごわかったです!!

沢から上がって直登はいいかなといっていたところは、下見したルートがいいです。直に登ると足場、掴むところもままならないので、巻いたほうが安全です。

2014年05月12日 15:28
tokuちゃん、こんにちは。
ヤッパリ行ったか~!
シャクナゲの藪漕ぎで柔肌傷めなかった?
自分は藪屋じゃないけど、体験した中では
シャクナゲの藪がもっとも癖が悪かったから。
ルートの助言ありがとう。結局はあの時の
判断が正しかったってことなんだね。

この記事へのトラックバック