神々の住む屋久島・丸ごと満喫4日間・その3

【5月28日 世界自然遺産の屋久島を一周】 

既に1ヶ月という日月が経ち記憶が薄れてしまった屋久島の記事を、
今頃(6/26)になって認めているのには幾つかの理由があります。

1つは、厚い手袋をはめていて写真が思うように撮れなかったこと。
2つは、ラッキョウ雨でカメラが次々と(3台)故障してしまったこと。
*一晩中エアコンをドライで動かしておいたお蔭で最終日は復活*
3つは、仲間が送ってくれた1300枚の写真を、
迷惑メールと勘違いしてゴミ箱に捨ててしまったこと
気づいて拾い出したんだけど・・・
4つ目のもっとも大きな理由は、
同行した仲間から次々と写真が届けられたにもかかわらず、
アップ時期を逸してしまったことからやる気が失せてしまったことです


3日目(5/27)はペンション泊。
久しぶりに他人任せの料理とアルコールに舌鼓を打ち、
二次会三次会と重ねてから柔らかい布団でくつろぎもしました。
そして旅の最終日(5/28)は絶好の観光日和。
「丸ごと満喫4日間」の千秋楽には打ってつけ。
でも「少年・・・みたい・・?」の二番煎じになるのでササーッと進めます。

画像
アカウミガメの産卵地

画像
世界自然遺産に登録されているのは島全体ではなく、
島の西部が主な指定地区になってます。照葉樹林の繁茂がありヤクシカやヤクザルの生息域でもあるんだよね

画像
ほほえましいヤクザルの母と子。ラッキョウ雨などの自然環境に適するよう体毛は細く長く密です。外敵がいないのでシカもサルも超小柄

画像
すべからく赤ちゃんは「カワイイ~!」

画像
当然のことヤクシカも登場。屋久島ではヤクシカとヤクザルが共存共栄助け合って暮らしている。その感動的シーン(サルが地表のシカに木の葉を落としてあげる)を見られなかったのは残念!

画像
大川の滝。これまでに数回お目にかかった中ではもっとも水量が豊富で見応え満点だった

画像
同上

画像
同上


私たち8人12人は2台のタクシーに分乗して島内1周したのだけど、
私を案内してくれたドライバーは栗生(くりお)出身でした。
ほとんどの地区から奥山を窺い知ることはできないのに、
ここからは永田岳の山頂を拝することが可能です。

画像
前山の奥に、私たちの脚が届かなかった永田岳が見えます

画像
永田岳アップ。今回黒味岳と永田岳を逃しているので、再び屋久島を訪れる口実ができてよかった~

画像
ここで貝殻やサンゴの欠片を拾いました。海なし県の私たちにとっては宝物。屋久島のお土産(とがめられません)としても最高!我が家ではビンに入れたり、貝殻と欠片を組み合わせたりして飾ってます

画像
NHKのまんてんのロケ地。アリャリャ?天然記念物のガジュマルにヤクザルではない動物が登ってるぞ!?

画像
今回もまた最高・最強のメンバーが揃ってる。だからメッチャ楽しい!


立ち寄る所々で自然と一体に化してノンビリしてしまったので時間が押し、
要所要所はタクシー内で説明を受けながら千尋滝(せんぴろのたき)へ。

画像
「屋久島という島の生い立ちが如実にわかる」と言われる大岩盤と、そこに生え始めている植物との相乗効果で、見事なまでの景観を醸し出す千尋滝。1尋は5尺(1.515m)とか6尺(1.818m)と言われているから千尋は誇大表示に当たらないね

画像
定番の記念撮影。屋久島を訪れる機会はまだまだあるとしても、この8人12人が揃うチャンスは少ないだろうから・・・(文章を認めている最中に、仲間イコール侍というキーワードが頭に浮かびました。仲間=侍=7人ということで、いつしか8人という人数が独り歩きしてしまいました。老人性痴呆の極み!)

画像
焼肉屋で遅い昼食

画像
牛肉と豚肉と鹿肉と・・・


私にとっては、
想像を絶するような天変地異も含めて大満足の屋久島4日間でした。
神々の住む屋久島に感謝!
そしていついかなる時も笑顔を忘れなかった7人11人の侍に感謝!

画像
「Good-by!」屋久島

画像
「Thank you!」7人11人の侍



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ヤホホ
2014年06月27日 21:35
いいなぁ~いいなぁ♪屋久島っていいなぁ。
絶対次もありますよね? 今度は行くぞ♪ やる気が回復されて良かったw。
2014年06月27日 22:01
ヤホホさん、しばらくです。
「イイデー!」は決して飯豊山に限った言葉で
はないってことですね。とか何とか言っておき
ながら、飯豊山のハクサンイチゲ・尾瀬のトガ
クシショウマ・男体山のコウシンソウ・雨巻山
情報のブログが溜まってる
屋久島は2~3年先にまた浮上するんじゃない
かな?何てったってツアーの半値だもんね。
イケちゃん
2014年06月30日 06:01
デイダラボッチさんおはようございます。

その2.3とブログ拝見させていただきました。
屋久島に帰りた~い次は黒味、永田、モッチョムにも登りたいウミガメが産卵してるところ見てみたい。
忙しい合間をぬってのブログ作成色々とご苦労があるようですけど次も楽しみにしていますよ(^o^)
みー猫
2014年06月30日 19:19
こんばんわ。
皆さんの満足げなお顔の様子から、もう何も説明必要ありませんねと思います!いつか良いタイミングで行かねば・・・と思いました。デイダラボッチさん、素敵な記事をありがとうございました。次回も!楽しみにしてますよ。
カッチンです。
2014年06月30日 23:34
デイダラボッチこんばんは。
過去を引きずるカッチンは楽しすぎた屋久島で焼酎が進む一方です。最終日は屋久島をご一緒して下さった皆さんと別れることと日常に戻る辛さで楽しいはずが一日中切なかったです。そんな中でも宮之浦の宿でデイダラボッチが歌ってくださった『いつかある日』は晴れ晴れとしていて切ないメロディでしたね。いつかオイラもこっそり歌いたいと思いました。
お忙しいとは思いますがまたご一緒して下さい。
2014年07月04日 18:30
イケちゃん、こんばんは。
屋久島の後、社山&黒檜岳・飯豊山・尾瀬沼&
尾瀬ヶ原・男体山(+下見)・FUKUSHIMA-NASU
ロングトレランボランティア(雨の中8時間以
上も立ちづくめで山登りよりも大変だった)・
そして今、乗鞍岳&高山&白川郷&白山&金沢
から戻ってきたところ。これらの間に雨巻山&
その他も入ってるから、体が幾つあっても足り
ないブログはその内・・・
2014年07月04日 19:00
みー猫さん、こんばんは。
誰もがそうだと思うけど、私の山歩きの楽しみ
は「計画を立てる時点」から始まり、カッチン
のように(ったって全く呑めないけど)「振り
返る」ことで一先ず締めくくり、「思い出すこ
と」でまたまた楽しんでます。デイダラボッチ
はグループ山行が多いのでいつも+αを心がけ
ていて、今回の乗鞍岳&白山なんかは観光が
主役で山行は+αだったような
兎にも角にもハチャメチャ楽しんできました
2014年07月04日 19:27
カッチン、こんばんは。
今回の乗鞍岳&白山は「わざわざ遠くまで出か
けるのに2泊3日では勿体ない」ということで
3泊4日に。そのことで平均年令67.7才の
リタイア組は大満足だったけど、現役組の参加
は望むべくもなく反省しきりです。
これからは「会員の誰もが納得できるような山
行を心掛けよう」とみんなで話し合ってます。
都合が合った時にはまたご一緒ください。

この記事へのトラックバック