槍穂のパノラマコース:燕岳・大天井岳・常念岳・蝶ヶ岳(その1)

【9月7日 中房温泉から燕岳】

当初は参加を予定していた剛健なテルちゃんが、
直前になって坐骨神経痛と肩痛を発症してしまい登山はリタイア。
その代わり中房温泉と三股までの送迎役を担ってくれることになりました。
寝不足の早朝発往路運転と疲れ果てた挙句の復路運転を任せられるなんて、
ありがたや!ありがたや!
と言う訳で今回の登山者は、
久々のKちゃん、毎回のハツちゃん、泣き虫のイケちゃん、
テン泊初縦走のウララ、そして私の5人。

画像
燕山荘附近から望む雲間の槍ヶ岳

30日31日の富士山登山以来天気予報図とにらめっこ。
いつもであれば劇的な変化もありうる7日から9日までの空模様は、
相も変わらず曇り・曇り(どちらも降水確率が高い)・晴れのまま。
「ン~~~!?」
心の動揺を映したかのように上信越道を走るフロントには、
玉のような雨粒がぶつかっては弾け飛んで逃げていく、状態でした。

でもウトウトの後に安曇野ICを降りる頃には、
一面重い雲ながら雨も上がり天候回復の兆しが感じられるではありませんか。
「ルンルン!」

画像
路肩にはみ出した登山者の車が延々続く混雑振り。でもテルちゃんは中房温泉を利用するので最奥駐車場まで乗り入れOK。ラッキー!感謝の手を振って中房温泉をスタートしましょ

画像
一休み

画像
山では夏と秋とのせめぎあい。登山道では登る人と降る人とが激しく交差

画像
「カレーの匂いしない?」「スイカの匂いしない?」を励みに登ってきました。ようやくありつけたけどカレーがぬるい~

画像
腹を満たしてリスタート

画像

画像

画像
花は結構見られます。でも間違うのがしゃくなので名称はスルー

画像
雲が割れて青空がチラホラ。「ヤッタネ~!」本来なら槍の穂先が稜線上に覗けて狂喜乱舞する辺りです

画像

画像

画像

画像


画像
天井には青空が見え隠れしているものの周辺はまだこの通り。ダケカンバとナナカマドがいい感じ

画像

画像

画像

画像


画像
真夏の華やかさには遠く及ばないものの、落ち着いた味わいの花や実が疲れを癒してくれます。ベニバナイチゴやクロマメを美味しくいただいたりもします。「あっ、ダメ、オオヒョウタンボクだけは!」


順調に順調に合戦尾根を登り切って主稜線に飛び出しました。
残念なことに雲は2500mから3000m附近にあって圧倒的な景観はお預け。
とは言っても雲の緞帳が上がるのは時間の問題に思えます。
ハイタッチ!
もう『泣き虫イケちゃん』のつぶらな瞳から真珠がポロリ・・・。

燕山荘で宿泊(ハツちゃん)とテント泊の手続きを済ませ生ビールで乾杯~!
するとすぐ足元にブロッケンが!

画像
大ジョッキ片手に『底なしイケちゃん』が左右にユーラユラ。足元すぎてこの写真ではブロッケンがよく見えませんね。周囲の仲間に教えてあげると思い思いに手を振ったり脚を上げたり・・・

画像
雲が千切れて存在感ある燕岳が見えてきたぞ~

画像
花崗岩の白い砂礫にコマクサの残滓が密に残る雲上プロムナードを、そよ風を受けながらユル~リユル~リと登ります。振り返ると燕山荘は『天空のラピュタ』の如し

画像
定番のイルカ岩。ここに槍ヶ岳が突っ立っていてくれればもっと絵になるんだけど・・・これだけでも大満足!

画像
山の妖精がほほを撫でて通り過ぎ、小鳥が耳元でささやき砂礫が足元で歌を奏でる。人間の幸せって、こんなことなんですよね


この付近を夢見心地でゆれ登っている最中現実に引き戻されました。
進入禁止の砂礫大地(コマクサ群生地)の中に無数の登山靴の痕跡。
それも1ヶ所にとどまらずめったやたらの状況。
「なぜ?」「どうして?」の疑問と憤懣とがこのか弱い胸を突き刺しました。

画像

画像
実も葉も赤く染まり・・・ここは既に秋です

画像
「これでもか!これでもか!」とブロッケンが付いて回ります
画像
本来なら「とてもラッキ~!」なんだけど・・・

画像
これも定番中の定番メガネ岩。眼鏡の奥に天空のラピュタ

画像
やっとこさ北アルプスのランドマーク槍ヶ岳が雲を破ってお出まし!

画像
山頂手前でこらえきれずまた涙。「イケちゃん、そんな大粒の涙落としたら花崗岩に穴が開いちゃうよ~」

画像
燕岳山頂。ヤッタヤッタヤッタ~!「今鳴いた烏がもう笑った」ってか?

画像
燕岳山頂にトド現る。本人がそう言ってるから問題ないでしょう

画像
燕山荘に戻る途中もズ~ッとブロッケン


今宵の宿まで戻ってきました。

画像
残照燕岳

画像
またまた感涙にむせんでるイケちゃん。感受性豊かな証拠だね

画像
トンガリコーン(槍ヶ岳)さん、明日もお目にかかりたいものです


ハツちゃんは個室的な空間に2人だけで悠々。
私たちは風向きに関係なく入口を向き合いにしてテントを設営してあります。
少し冷えてきたので磯部巻きをお雑煮に変えてお腹と体を温め、
満月に今日の感謝と明日の願いを届けながら夢路につきました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

石川@
2014年09月11日 15:40
常念山脈の花崗岩のオブジェ、展望のパノラマコース、
いいですね。
こうなると徳本峠・明神辺りまでも歩きたいですね。
私も大したことは無いけど、2,000m越えを検討中です。じゃないと八溝山の主と勘違いされちゃいますので。
2014年09月11日 16:23
こんにちは。
石川@さんからすでにコメントが入っていると
いうのに、私のパソコンにはまだこのページが
現れてきてません。仕方なく編集管理のページ
から打ち込んでます。エイトは不思議だらけ。
あっ、八溝山の主だと思ってました
イケちゃん
2014年09月11日 19:17
こんばわ(^_^)☆
目を閉じるとあの素晴らしい山々の神々しさがよみがえってきます。
感謝、感動の山旅!
それとジョッキ片手にユラユラの写真あのアングル、スリムに見えてGOOD(^_-)-☆
その2も楽しみ!
ハッちゃん
2014年09月11日 19:37
こんばんは。・・・まだまだ余韻に耽っています。
35?年前にこのコースを歩いていますが、記憶がおぼろげです。その時は、燕岳もスルーしたので、今回の燕岳は初めて・・・強烈でした!見事な山容に圧倒されました。今日は絵画教室だったので、さっそく「燕岳」制作に取り掛かりましたが、仕上がりは???あまり期待できませんが、あの感動を表現したい!と思っています槍ヶ岳で膝の不具合が出たので、念のために小屋泊としましたが、やっぱりみんなと一緒が良いですね!一人歩きは止めようっと。いくべ会の山行には欠かさず参加していますが、やっぱり山は良い!そこに立ってみなければ見られない絶景や感動があるんだと、今更ながらに実感です!
のんびり夫婦の山遊び
2014年09月11日 20:11
デイダラボッチさん、こんばんわ!
「下界は曇り、山の上は空も澄み」と逆で、
幸先良く燕岳を皆さんで堪能されましたね。
まだまだ花も見られ、ブロッケン現象の後は
槍ヶ岳を望め、良いスタートになりましたね。
山頂での皆さんの笑顔が物語っています。
山の上は次第に秋の気配が感じられますね。
その2、楽しみにしています。
和子&徹也
2014年09月11日 20:44
デイダラボッチさん 表銀座天候に恵まれて良かったです。
中房温泉から燕岳の登りは大変だったでしょう。
合戦小屋のスイカは外せないですね。
燕岳からの展望、ブロッケン現象とイケちゃんも感嘆の涙でしたか?
それともビールの美味しさに涙が出たのか?
初ちゃんは毎回の参加凄いですね。
ケイちゃんも久しぶりですね。
テルさんはなんと言っていいやら、早く坐骨神経痛が治ってほっしいです。
ウララさんも楽しそうですね。
その2楽しみにしてます。
ちい
2014年09月11日 21:28
デイダラボッチさん、こんばんは。
合戦小屋はカレーうどんも有名なんですか?
お天気に恵まれてよいスタートですね。
泣き虫天使さん、初日からそれじゃ2日目3日目は
涙がなくなっちゃうかも(笑)
2014年09月11日 21:47
イケちゃん、こんばんは。
20時30分にやっと画面が現れたけど届いて
いるコメントが見られず、21時30分になっ
てようやくコメントが反映されました。???
自分にとっても確かに感動の山旅だったけど、
イケちゃんの足指が心配。もし登山靴を買い替
えるとしたら余程慎重にね。その2も急いで
アップする予定だけど何せ忙しくて・・・
2014年09月11日 22:01
ハツちゃん、こんばんは。
今回の山行テーマはタイトルの通り。だけど前
段階の燕岳で相当なインパクトを受けたみたい
だね。自分も疑問に思うよ。「何で燕岳が百名
山に入らないの?」って。それほどいい山。
絵の出来上がりを楽しみにしてますよ。
2014年09月11日 22:13
のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんは。
有難いことに心底から満足できる山旅が続いて
ます。特に今回は予報に反する好天に恵まれた
ことで印象に厚みが増した感じです。2日目も
3日目もドラマチックな場面満載です。急いで
仕上げますのでどうぞお楽しみあれ!
2014年09月11日 22:26
和子&徹也さん、こんばんは。
小指の具合は如何ですか?1日も早い快方を心
から願ってます。さて今回の山旅は、燕岳の味
わいある佇まい、周囲が醸し出す豊かな景観、
不思議な自然現象などなど、恵まれました。
こんな状態が続くと、幾つになっても山歩き
を止められそうにありません。
2014年09月11日 22:37
ちい&カッチン&ロイミー♪ちゃんこんばんは。
自分はいつも合戦小屋を横目に見て通り抜け。
今回初めて一口二口すすったけど、美味い不味
い以前の問題として温くては全くだめですね。
山は笑いあり涙ありでとても良かった。
いつもこうありたいものです。
涙は大丈夫。?を補給してるから。
セとナ
2014年09月12日 09:47
いいな~いいな~いいな~(^o^)
先だって登った槍が見える!感動だな~

ウララさん、テン泊初縦走(^o^)
トドと言われてもいいから私もやってみたい(笑)
2014年09月12日 10:16
セとナさん、こんにちは。
見えなかったのは白馬連峰と頸城山塊程度。
あとはほぼ全て眼中に収められラッキーでした。
『先に計画ありき』の会山行で天候に恵まれる
ことのありがたさ。しみじみ感じました。
槍ヶ岳山頂でのトドスタイルならもっとインパ
クトありますよ
くに
2014年09月12日 22:45
イケちゃんの感動が伝わってくるようですよ~。
ウララさんもいつもに増してうきうきしているみたい。
それにしても良い展望ですね。
夕陽に赤く染まる雲をまとった燕山が美しい!
やっぱり山の泊まりはいいですね~。
2014年09月13日 08:23
くにさん、おはようございます。
私たちが山に登るのは、端的に言えば心のとき
めきや生きている証を得たいがためですよね。
だから山上で涙を流せるのは素晴らしいこと。
イケちゃんの涙に接する度に、「感動をありが
とう!」とこの年寄奴までもウルウルします。
年令に似合わず心だけは若いんですよ
山好きよっちゃん
2014年09月13日 09:17
デイダラボッチさん今日は
燕岳の様子が羨ましいです 天気に恵まれ最良の
山旅を満喫できましたね 燕からの遠望は格別ですよね 数年前の 槍ヶ岳までの縦走がよみがえります
感動の連続が手に伝わります
これからも楽しい山旅を続け下さい

2014年09月13日 15:31
山好きよっちゃん、こんにちは。
ここ数回の山行は恵まれすぎの感があります。
「下界は雨なのに雲を突き抜けたそこは青空」
と言った状態が続いてます。個人山行は何れに
しても、あと数回の会山行だけは晴天に恵まれ
て欲しいものです。
励ましをありがとうございました。

この記事へのトラックバック