ヒョウタンから駒のラッキー!谷川岳

【10月21日(日) ヒョウタンから駒のラッキー!谷川岳】


画像
巌剛新道からの谷川岳


私が当初予定していた21日の山は安達太良山。
塩沢温泉~馬返し~悪路~僧悟台~笹平~箕輪山ピストン~鉄山~安達太良山~
くろがね小屋~塩沢温泉という、
大混雑するであろうメインルートとは一線を画した、静かな山歩きができる山域の周回。

ところがYさんの山の会でも安達太良山を計画しているものの、
「参加者が2人足りないのでバスが出せずマイカー2台で出かけなければならない」
とのこと。
そこで会員ではないイッシーと私が参加して人数を満たすことにした。
最終的には5人増えてバスを出せることになったらしいのだが、
他の4人には各種連絡が届いているのに私には梨の飛礫だったので自主的?に降りた。

そこへお忍びのヘバ殿が爺の隠居家にやって来て
「21日は体が空いているのじゃがどこぞ良いところはないかの~」
と言う訳でポレスター姫も加えた3人が目をつけたのが谷川岳。


真岡5:00発~SAで朝食~ロープウェイP7:20着7:40発~西黒尾根経由~
肩の小屋10:45着発~トマの耳10:50着発~混雑の為少し降って昼食11:35発
~巌剛新道分岐12:35発~巌剛新道経由~ロープウェイP14:40着15:05発~
赤城・前橋間15Km渋滞~真岡17:40着



画像
西黒尾根登山口

画像
緑の方が優っている登山口付近

画像
ブナの森を縫って登る。地形に逆らわない造りのこの登山道には好印象を得た

画像
徐々に色づく木々

画像
額縁に納まる白毛門方面


ドンヨリとした空模様。
ザワザワと梢を揺すりブルブルと身震いさせる北西からの強風。
紅葉見物主目的のお気軽登山にとっては芳しくないシチュエーションだ。
この両の眼で捉えられる山肌のコントラストやグラデーションは、
陽が射す瞬間に突然覚醒し繚乱するであろう気配を彷彿させているというのに・・・。

画像
スゴイ紅葉なんだけど陽射しが足りないな~!カメラの解像度も足りないな~!感受性も足りないな~!

画像
トマの耳・オキの耳とマチガ沢

画像


画像


画像
雲間から、ファウンデーションの白い岩に時々陽が漏れると、上品に化粧された黄葉や朱葉が目を射る


西黒尾根の内下半分ほどはブナ、ダケカンバ、カエデなどの広葉樹林が占めている。
それら紅葉の主役を引き立たせる常緑樹には助演賞を与えたいほど。
その紅葉真っ只中を、
殿と姫にボッカ役を担ってもらいながら空身(に近い)とダブルストックで悠々と登る。
このペース、この荷物なら傷めている腰も痛くない。
気がつけばザワザワもブルブルもなくなり、
ベタ雲は千切れ雲となって山肌に影を落としては流れ、
雲間からの一条の光はスポットライトとなって錦繍を際立たせにかかる。
「ウ~ン、わけあっての突然の谷川岳だったけど『ヒョウタンから駒』だな。ラッキー!」

巌剛新道分岐の手前のコブ付近からは顕著な尾根歩き・岩稜歩きになり、
時々はクサリにも頼る。
テカテカに黒光りして足元をすくう蛇紋岩累々だから1に注意2にも注意・・・5に注意。

画像
オ~~~!ウソのような蒼い空が広がってきた

画像
尖塔

画像
巌剛新道分岐とその先のコブを見下ろす。光は足りないが北斜面の衣装には見るべきものがある

画像
歩かれていないのでテカテカ黒光りはしていないが、超巨大な蛇紋岩

画像
ロープウェイ利用で天神尾根を登る人並みは途切れることがない

画像
肩の小屋と万太郎山方面


肩の小屋手前の岩陰にザックをデポしてオキの耳を目指そうとした。
ところがトマの耳のちょっとした岩を降りられない人がいて抜き差しならぬ状態。
その先もオキの耳まで大名行列状態。
殿と姫と爺が揃っているこちとらが正真正銘の大名行列なのに・・・先を越された。

仕方ないのでオキの耳を諦め豪華にランチタイム。
料理そのものは、パンにキュウリとハムを挟んでカラシやマヨネーズをかけたものや、
スープやコーヒーだけなので、決して豪華とは言いがたいもの。
だけど、天上を仰ぎ、四方を見渡し、天下を睥睨しながら、
天上天下唯我独尊に浸っていられるなんて・・・、そうそうないから・・・、ヤッパリ豪華!

画像
ランチ


ランチを摂りながら下山コースを検討。
選択肢は(1)天神尾根~田尻尾根(2)西黒尾根~巌剛尾根の2つ
結論は簡単に出た。
「(1)案ではすれ違いに時間がかかりすぎて何時になったら降り終えられるやら・・・?
(2)案の方なら登ってくる人は少なそうだし圧倒的に景色がいい」

画像
巌剛新道分岐:途中、天神尾根で滑落事故(遠目には50~60mほど落ちたように見えた)が発生し、ヘリによる
救出活動の一部始終を見ていたので山頂から丁度1時間かかった。無事であることを祈る

画像
トマの耳とオキの耳

画像


画像


画像


画像


画像
マチガ沢上部

画像


画像


画像


画像


画像
マチガ沢:「この付近から大滝が見えるらしいんですが・・・?」と追い抜きざまの質問。私たちも巌剛新道に詳しくないので
「・・・・・?」。それより何より、水が全く流れていないのでは小滝も大滝もない。今年は何処も彼処も水が少ない


午前中の溌剌とした光には恵まれなかったものの、
晩秋の午後の、穏かで優しく包み込むような光には恵まれたので足は止まりっぱなし。
地図を読むと道も半ばを過ぎたようなので、足の止まりついでに一服することに。
するといかにも山ヤらしき屈強そうな若者が降りてきて立ち止まった。
駄菓子を勧めると素直にも「ご馳走になります」と口に頬張ってくれたので山談義に。
「冬山の下見で茂倉岳まで行ってきたんだけど、ど素人ばかりですれ違いできなくて~。
もっとどこかでキャリアを積んでから登ってきて欲しいよ~」
もっともな話だ。
山に登る人は誰もが平等に有している通行手形だけど、そこには歴とした区別がある。
尾瀬ヶ原を散策する人と劔岳に登る人を同列では語れないでしょ?
語ったって会話は成り立たないでしょ?
これは決して差別ではありません。住み分けでありけじめなんですよね。

そしてその続きだが
「那須塩原市からやってきました」
「私たちも同じ栃木県の益子からです」
「エッ!もしかするとデイダラボッチ?」
「ハイ、そうです」
そこから共通の山仲間遊山通信のくにさんの話になった。
彼の名は「山助平」さん。

画像


画像



巌剛新道から清水街道に降り立つと、大勢の観光客が往来していた。
一ノ倉沢までの3.3Kmほどを歩いて岩壁を見上げ、
その後スタンプを押してもらって戻れば何らかの記念品をいただけるらしいのだ。
疲れた人は500円也を払えばシャトルバスで帰ってもこられる。
「ウ~ン、すごいアイデア!すごい地域興し!」

安達太良山は雨と強風だったそうな。
強風でゴンドラが止まり大幅に時間オーバーしたそうな。
私たちの“瓢箪から駒の谷川岳”は大満足なままに終わることができた。
ラッキー!ラッキー!

*このブログを作っている最中に殿が一眼レフのSDカードを持って来てくれた。
物凄く明るくて色抜けもいい。私の写真とは雲泥の差。後ほど別枠で紹介したいと思う*


11月6日、
ヘバ殿の写真を別枠ではなくこのページで追加紹介します。


画像
旧道入り口

画像
西黒尾根登山口

画像
赤萌え

画像
マチガサワと東尾根

画像
滅多に登場しない私の写真

画像
オキの耳とトマの耳

画像
萌え~

画像
西黒尾根北斜面

画像
巨大蛇紋岩

画像
巌剛新道(下山時)よりのトマの耳・オキの耳

画像
赤萌え

画像
同上

画像
錦衣

画像
山助平さん

画像
スポットライト

画像
巌剛新道登山口

"ヒョウタンから駒のラッキー!谷川岳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント